NZからのメッセージ ニュージーランドへ留学中の仁高生から届いたメッセージをご紹介いたします。メッセージは英語と日本語で掲載しております。

2016年11月04日

Maya
maya01.jpg
 
Hi, everyone!! It’s me, Maya Iwami!!! How are you doing? 9 months have already passed since I came to New Zealand. I can’t believe that!! When I came here, it was summer but now spring has come, and summer is coming soon again. I think that time is moving very quickly… 
 
I’m staying in Ngatea on the Hauraki Plains. It is a very small town, but it’s a lovely town for me!! I met my great friends, great host family and many kind people here. I’m having a really good time with them!!
 
maya02.jpg
 
I go to Hauraki Plains College with my partner, Seira. At first, I tried to talk to kiwi students but it was hard for me to speak English and understand spoken English. Also, the students had already made friend groups, so I couldn't join them from myself. I didn't have any confidence and guts to try to do by myself. However, if I kept thinking negatively like that, I wouldn't be able to change, so I decided to change my school life. Then, I joined some clubs to expand relations with new friends. I’m a member of the choir and I joined the girls’ soccer club and volleyball club. I’m going write about what I experienced in these clubs. 
 
I have been a member of the choir from the end of term 1. Choir is the same as the chorus club in Japan. When I first thought to join some clubs, my host mother and my host sister recommended this club to me. At the beginning, it was hard for me to know how to connect the lyrics and pronunciation of English in songs. So, I couldn't have any confidence to sing for some time. However, even if I join this club, if I didn’t do anything, it could be the same as not joining. Then, I made my motto: “ASK if I don’t know". I began to ask many questions to members or the teacher. I felt better because I went from not knowing to knowing, so it became fun to sing songs after that. Also, I talked more to them though asking questions. I am far from a good singer, but I have got my confidence, so I enjoy singing. I have participated in some concerts. In the concerts, we have sung not only English songs but also Spanish songs. I got nervous when I sang the songs in front of many people, but all the members looked grandly so I got grand naturally. At the end of this term, my school will hold a school concert. We are practicing new songs to perform at this concert. I think it will be a good memory for me, so I want to have fun singing there, too!! 
 
Next, I’m going write about the girls’ soccer club. I had joined this club from term 2 to term 3. When I was an elementary school student, I had joined a soccer team, but it was for boys. So, I decided to join the girl’s club before I came here. However, it did not always go well. Besides practicing soccer, I had to communicate with other teammates to play well. Though, at first, I didn’t even know their names, and I couldn’t even say, “pass”. Also, I didn’t know what to talk during games. I just could ask them “what I had to do”. However, one day, one of my teammates said to me, "Maya, you are a good soccer player, but you have to talk to us more during the game!! You don’t need to say difficult things. I can speak to you and help you!!" Then, I realized an important thing. I just need to start from what I can do without thinking too much about what I can’t do. It’s necessary to think using my head. But others can’t understand what I’m thinking if I don’t show it with my action. From then on, I have begun speaking about small things, and I could talk more than at the first. I could communicate during the game with my teammates as well. I have scored three goals this season. When I made a shot, they hugged me and said, “Maya!! Nice goal” or “Good job, Maya!!” Then, I was really glad. After I finished this year’s soccer season, we don’t meet together every day. But when my teammates see me at school, they talk to me every time. I feel I met the best soccer members in this country. I was really happy playing soccer here.
 
maya03.jpg
 
Though coming to New Zealand, I could have awesome experiences. Also, I got awesome friendships with many people. I may never have such a valuable experience in my life again. Thanks to my family, I was able to come to this study abroad. So I really appreciate my family. My family, my friends, my classmates, my Japanese teachers, my New Zealand's teachers, my host family, and people I have engaged in this study abroad…, I want to express my appreciation to all of you from the bottom of my heart. 
 
I can stay in New Zealand only for a short time, but it hasn’t finished yet!! I keep trying to complete “My Happy New Zealand Life” until the very end of my stay!!
 
I’m looking forward to seeing you soon.
 
Thank you for reading my essay.
 
Big love...xxx
 
Maya Iwami
 
--------------------
 
こんにちは、皆さん!私です、岩見摩耶です。お元気ですか?ニュージーランドに来てから9ヶ月がすでに過ぎました。信じられません!ここに来たときには夏だったのに、今は春が来て、そしてまたすぐに夏が来ます。時間は本当に早く過ぎていきますね。
 
私はハウラキプレインズという地域の、ナティアという町に住んでいます。とても小さな町ですが、私にとってはすてきな町です。ここですばらしい友達、ホストファミリー、そしてたくさんの優しい人たちに出会えました。彼らと毎日楽しい日々を過ごしています。
 
今私は、ハウラキプレインズカレッジにパートナーの星来と通っています。初めは、キウイ(ニュージーランド人の別の名称)の生徒に自分から話しかけようと心がけていましたが、英語で話すことも話されている英語を理解することも大変でした。また、すでにグループができている子たちの中に自分から入ることもできませんでした。自分から行動を起こす自信も勇気も持てなかったのです。しかし、このままネガティブに考え続けても何も変えられないと考え、学校生活を変える決心をしました。そこでまず、私は新しい友達との関係を広げるためにいくつかの部活に入りました。今は声楽部のメンバーで、以前は女子サッカー部とバレーボール部にも入っていました。次にこの部活での経験を話したいと思います。
 
私は1学期の終わりから声楽に入りました。声楽は日本でいう合唱部のようなものです。部活に入ろうと考えていたとき、ホストマザーとシスターがこの部活を勧めてくれました。最初は英語の歌詞をどうつなげればいいのか、発音をどうすればいいのかわからず苦戦しました。しばらくは英語の歌を歌うことが怖かったです。しかし、例え部活に入ったとしても何もしないのであれば、結局入っていないのと同じだと考えました。そこで私は自分のモットーを決めました。それは「わからないことは必ず聞く」というものです。他の部員や先生にたくさん質問するようになると、わからないことがわかるようになり、少しずつ歌うことが楽しめるようになりました。また、質問する中で彼らとたくさん話すようにもなりました。今も自分の歌がうまいとは言えませんが、自信を持って楽しんで歌うことはできるようになりました。コンサートにもいくつか参加しました。コンサートでは英語だけではなくスペイン語の歌も歌います。たくさんの人の前で歌ったときにはとても緊張しましたが、他のメンバーが堂々と歌う様子を見て、私も同じように自然と堂々と歌えるようになりました。今の学期の終わりには、学校主催のコンサートがあります。その為に今私たちは新しい歌を練習しているところです。自分にとってよい思い出になるはずなので、思い切り楽しみたいです。
 
次に、女子サッカー部について話をします。私はこの部活に2学期と3学期の間に参加していました。小学生の時、私はサッカーチームに入っていたことがありますが、男の子だけのチームでした。なので、ここに来る前に、絶対ニュージーランドでは女子チームに入ろうと決めていました。しかし、物事はいつも思った通りにいくわけではありません。サッカーの練習に加え、自分のプレイをよくするためにもチームメイトと積極的に交流する必要がありました。けれど最初は彼女たちの名前さえ知らず、「パスして」とも言えませんでした。試合中に何を話していいかもわからなかったので、私ができたのは「何をしなければいけないか」を尋ねることだけでした。しかしある日、チームメイトの一人が私にこう言ってくれました。「摩耶、あなたはいいサッカー選手だけど、試合中にもっと私たちと話さなきゃ。難しいことなんて言わなくていいの。私も話しかけて助けてあげるから。」これを聞いて、やっと大切なことに気づきました。私はできないことばかり考えていましたが、ただできることから始めればよかったのです。頭を使ってよく考えることは必要ですが、行動で見せなくては私がいったい何を考えているか周りの人にわかってはもらえません。それから私はささいなことから話すように心がけましたが、そうすると以前よりずっと話せている自分がいました。試合中もチームメイトたちとコミュニケーションをとることができるようになりました。このシーズンに私は3つゴールを決めることができました。シュートが決まったとき、チームメイトは私を抱きしめていってくれました。「摩耶、いいゴールだったよ。」「えらいよ、摩耶!」と。本当にうれしかったです。今年のサッカーの季節が終わった後、彼女たちに毎日会うことはなくなりました。けれど、今でも学校で私を見かけたときには、いつも声をかけてくれます。私はこの国で、最高のメンバーに出会えたと思います。ここでサッカーができて本当に幸せです。
 
ニュージーランドに来られたことで、すばらしい経験をすることができました。たくさんの人たちとすばらしい友情を築けました。このような貴重な体験は今ここでしかできなかったと思います。日本にいる家族のおかげで、私は留学に来ることができました。本当に感謝しています。日本の家族、友達、クラスメイト、仁愛の先生方、ニュージーランドの先生方、ホストファミリー、この留学で関わった全ての人たちに・・・心からの感謝を伝えたいです。
 
ニュージーランドで過ごせる期間はあとわずかですが、まだ終わったわけではありません!「私の幸せなニュージーランドでの生活」をやり遂げるためにも、最後の最後まで頑張り続けます。
 
皆さんに会えるのを楽しみにしています。
 
読んでくださりありがとうございました。
 
愛を込めて。
岩見摩耶

一覧へ戻る

メッセージ

PAGE TOP