NZからのメッセージ ニュージーランドへ留学中の仁高生から届いたメッセージをご紹介いたします。メッセージは英語と日本語で掲載しております。

2016年11月07日

Miyu
miyu001.jpg
 
Hi guys! I'm Miyu. I go to Taumarunui High School with my classmate, Kaho. It's spring now. Almost all of the cherry blossoms are gone and the weather in Taumarunui is wet. It rains on and off all day. I have 1 month left in NZ. I can't believe it. Anyway, I'm going to write about my NZ life.
 
First, I will introduce my host family. My host family is father, Don, mother, Margaret, and a cat, Sam. Don and Margaret have a radio station called, "Radio Hikurangi". On this radio show, they broadcast only old songs. He loves talking and he always talks to me about his experiences, his thinking about Taumarunui, and many other things, so I have learned a lot from him. Margaret always listens to me, so I can talk my problems, my happy times, school life, friends...everything. Sam always meows when he wants some food.
 
Next, I'll write about my school life. I study English, technology, science, ESOL and snow sports. From Monday to Wednesday, I have 4 subjects and on Thursday and Friday I have snow sports all day. Isn’t it very different from Japanese school style? I did skiing in term 3. On Thursdays, we had some free time for self-practice and on Fridays the ski coach gave us lessons. It has been two years since I last skied and NZ's snow is different from Japan's. So it took some time to get used to skiing here. Most students managed to ski very well and enjoy going down snow hills very fast. The first time was very difficult for me, but my coach taught me kindly how to do it. So I think I became a better skier than I was before. Besides skiing, my school has many other kinds of activities. They change with each season, so we can try various activities easily. In another season, I did mountain biking, too. I had never done it before, so it was very exciting for me to try the new activity. 
 
miyu03.jpg
 
When I first arrived in NZ, I was not a very confident person. It had been quite usual for me to think about things in a negative way. But when I was in Japan, my homeroom teacher often said to me, "You should think about everything in a positive way". So I've been trying to think in that way since then. It may sound very easy but it is difficult for me because I was unconsciously thinking in a negative way. So I had to make a lot of efforts to think about everything positively.
 
At first, 10 months for studying abroad sounded like a very long time. During this last 10 months, I have not been able to see my family and friends in Japan. I have had to speak English every day, even though I didn't have the confidence to speak it for a while. I was very nervous!!! I think most of my classmates had the same thought, too. However, I realized that if I thought about my life in a positive way, it would become easier. I would be able to meet new people. I would be able to have the confidence to speak English. I would be able to do lots of new things. Right? By thinking with a positive attitude, I will become a positive person. So, I did and everything changed in my mind. I feel like I am a new person. Honestly, before coming here, I thought studying abroad was just to learn English but it wasn't. Of course, I am learning it but I have learned many other important things such as the way to be positive as I wrote above. Studying abroad has not been easy, but I have managed to keep trying. So I’m proud of myself now. I would like to try in this way even after I go back to Japan.
 
I have only few days left in NZ so I want to spend day by day treasuring the people and things around me. I want to say, "Thank you", to my family, host family, kiwi friends.... everyone who have supported me through my study abroad.
 
Thank you for reading my essay.
 
Arohanui
 
Miyu Ishimori
 
--------------------
 
こんにちは、皆さん。私は石森美優です。クラスメイトの佳穂と一緒にタウマルヌイハイスクールに通っています。こちらは今春ですが、すでに桜の花はすべて散ってしまって、少しじめじめした天気です。一日中雨が降ったり、止んだりしています。ニュージーランドでの生活も、残すところあと1ヶ月です。信じられません。今日は、皆さんに私のこちらでの生活を少しご紹介します。
 
まず、ホストファミリーを紹介します。私のホストファミリーは、ファザーのドン、マザーのマーガレット、そして猫のサムです。ドンとマーガレットは「ラジオ ヒクランギ」という自分のラジオ局を持っていて、いつも昔の歌を流しています。ドンは話すことが好きで、彼のこれまでの経験や、タウマルヌイについてどう感じているか、などたくさんのことをいつも話してくれます。そのおかげで様々なことを彼から学ぶことができています。マーガレットは逆にいつも私の話を聞いてくれます。なので、困ったこと、うれしかったこと、学校生活について、友達についてなど、どんなことでも話すことができます。サムはいつも何か食べたいときに、「ミャー」と鳴きます。
 
次に、学校生活について書きたいと思います。私は授業で、英語、テクノロジー、化学、留学生用の英語の授業ESOL、そしてスノースポーツをとっています。月曜日から水曜日までは4科目あり、木曜日と金曜日はスノースポーツを一日中します。日本の学校とはとても違うと思いませんか?スキーは3学期に受講しました。毎週木曜日は、自分で練習する時間です。毎週金曜日はコーチが来てレッスンをしてくれます。前に日本でスキーをしてから2年ぶりでしたし、ニュージーランドの雪は日本の雪と少し違います。なので、こちらでのスキーに慣れるまでしばらく時間がかかりました。ほとんどの生徒は何とかうまく滑れるようになり、雪の丘を楽しそうに滑り降りていました。私も最初は上手く滑れませんでしたが、コーチがとても親切に教えてくれました。そのおかげで以前よりスキーが上手くなったように感じます。スキーに加えて、私の学校では参加できるアクティビティが他にもたくさんあります。それらは季節によって変わるので、様々な活動に簡単に参加することができます。別の季節には、私はマウンテンバイクにも乗りました。それまでしたことがなかったので、新しい活動ができてとても楽しかったです。
 
ニュージーランドに来たばかりの頃、私は自分に自信を持てませんでした。何でもネガティブに考えてしまうことが当たり前になってしまっていたのです。しかし、日本にいるとき、担任の先生によく「何でも前向きに考えるようにした方がいいよ。」と言われました。なので、その後からは前向きに考えるように心がけてきました。簡単なように聞こえるかもしれませんが、私にとってはとても難しいことでした。無意識にでもネガティブに考えてしまうことがあったからです。その為、考え方をポジティブするにはたくさん努力しなくてはいけませんでした。
最初、10ヶ月の留学期間は本当に長い時間のように感じていました。これまでの10ヶ月、日本にいる家族にも、友達にも一度も会えていません。自信がなくても、毎日英語で話さなくてはいけませんでした。本当に緊張ばかりしていました!おそらく私のクラスメイトのほとんども、同じ気持ちだったと思います。しかし、自分の生活を前向きに考えさえすれば、何事ももっと簡単になっていくのだと気づくことができました。そうするだけで、新しい人たちに出会うことができ、自信を持って英語を話せるようになります。そして、新しいことにたくさん挑戦することもできるでしょう。そう思いませんか?前向きに行動するよう心がけることで、私自身も前向きな人になれるのです。そう思って実際に行動してみると、全てが変わっていきました。新しい自分になった気分です。正直な気持ちを言うと、ここに実際に来るまで、私は留学はただ英語を学ぶことが目的だと思っていました。しかし、それだけではありませんでした。確かに英語を学んでいますが、それ以外にも大切なことをたくさん学べました。例えば先ほど書いた前向きになる方法がそうです。留学は決して簡単なことではありませんでしたが、何とか頑張り続けることができました。なので、今は自分を誇らしく思えます。日本に帰国した後も、この調子で頑張っていきたいと思います。
 
ニュージーランドでの生活は残りわずかとなってしまいました。一日一日を、周囲の人たちやものを大切にして過ごしていきたいです。留学中私を支え続けてくれた、家族、ホストファミリー、友達、そして全ての人たちに感謝を伝えたいです。
 
読んでくださりありがとうございました。
 
アロハヌイ(ニュージーランド先住民マオリの言葉で「深い愛を込めて」)
石森美優

一覧へ戻る

メッセージ

PAGE TOP