NZからのメッセージ ニュージーランドへ留学中の仁高生から届いたメッセージをご紹介いたします。メッセージは英語と日本語で掲載しております。

2016年11月05日

Seira

 

seira01.jpg
 
Kia ora everyone! I’m Seira. I go to Hauraki Plains College with my lovely partner, Maya. My town is called Ngatea and Ngatea is conveniently located to go to the city. There’re a lot of farms and a lot of cute calves were born recently. My host sister is starting to do a calf club and many kinds of calf competitions are coming up. I hope that she gets a good result. The season has changed to warm weather, but we’re still drinking hot drinks. I used to drink a hot chocolate every morning in New Zealand but I’m not drinking it now because I’m worried about my weight. haha I’m a good hot chocolate maker in my house, and my host family always asks me to make a good hot chocolate. So my host mother calls me “Hot chocolate queen!”.
 
seira04.jpg
 
Anyway, I would like to start with introducing my school life to you. I take English, Mathematics, Drama, Horticulture (Gardening), DTC (Computing), PE, Maori Cultural Studies and ESOL. Among them, I’m quite enjoying Maori Cultural Studies and Drama. 
In Maori class, we’re doing a lot of fun things. I made an original Maori design and traced a traditional Maori design, called “Koru”, on a piece of wood. After this, I painted the wood. My hands were shaking when I drew the design of Koru. It took me many days to finish my work. So, when I finished painting, I was filled with a sense of accomplishment. Also, everyone praised my painting like, “Your painting is beautiful! Awesome!” I was very happy to hear that. In addition, we’re learning “kapa haka”. I had to memorize all Maori songs and dances as soon as possible. It was very hard for me. I wanted to pronounce each Maori word clearly, so I asked my teacher and classmates how to do many times. Thanks to this, I had good communication with them and I can pronounce each Maori word properly now. We have Kapa haka festival at the beginning of November. I think it’s going to be my last Maori experience for me, so I want to enjoy doing the kapa haka and express my gratitude to my classmates and teachers through my behavior.
 
Also, I’m having a quite good time in drama class. I didn’t like acting in front of other people, but I took it because I wanted to change my personality. My drama classmates divided themselves into groups of five. I had to act in public for an exam and I picked a character, “Pantalone”. He likes money and is always angry. It was very difficult to get right into the character. We practiced hard, so after the performance we were full of self-confidence. My drama teacher said to us, “Well done!” Our successful performance actually strengthened our bonds of friendship. 
 
Besides classes, I have joined an activity of the Christian group at school as well. It is a gathering held every Monday during lunch time. When my friends invited me, I thought it would be good for me to learn a different culture. We often share stories of our daily lives and watch some movies together. Through this, I could have a golden opportunity to make a lot of friends.
 
Next, I would like to talk about my hardship in New Zealand. I have a problem with pronunciation of English. Especially, I’m not good at pronouncing L and R. Because of this, when I came to New Zealand, I couldn’t make myself understood in English. I confused many words because I couldn’t get my tongue around them. In Japan, I practiced pronunciation in English classes but honestly I didn’t work very hard for it. I didn’t realize its importance. So I didn’t care much about it in Japan and I had thought that vocabulary is more important than pronunciation. But, now I know that it was a big mistake. For example, when I left my work in the locker, I tried to explain about it to the teacher. But he couldn’t understand what I wanted to say because I couldn’t pronounce ”locker” correctly. I was very sad. Although I think my English skill has improved, I still can’t pronounce words as well as I wish. Sometimes a word that I want to say comes to my mind but I can’t say it, because I don’t have any confidence in myself. If I could pronounce words correctly, I’d be able to have a more lively conversation with kiwi people. Even to memorize vocabulary correctly, it is important for me to pronounce well. So I will keep trying in pronunciation until I go back to Japan. 
 
There’s a little time left until we go back to Japan. Before coming to New Zealand, I didn’t like standing in front of the people. Also, I was afraid of making mistakes and stayed away from facing my weak points. However, now I don’t mind standing in front of people and making mistakes. I want to try anything as much as I can. 
 
I deeply appreciate my family for letting me study abroad. I could change my personality through this experience because they have supported me from Japan. We can’t easily study abroad as a high school student. I want to carefully spend my remaining time here. 
 
I’m looking forward to seeing everyone!!
 
Thank you for reading my essay.
 
Big love,
 
Seira Tabata
 
 
-------------------
キオラ(ニュージーランド先住民マオリの言葉で「こんにちは」)、みなさん!私は田畑星来です。素敵なパートナーの摩耶と一緒にハウラキプレインズカレッジに通っています。私の町はナティアといって、ここは大きなシティにいくのにとても便利な場所に位置しています。たくさんの牧場があり、最近たくさんのかわいい子牛が生まれました。私のホストシスターは各家庭で飼育してきた牛や羊などを品評してもらうカーフクラブを始めたのですが、そのコンテストが近づいてきたのでいい結果が出てほしいなと思います。こちらはだんだんと暖かい季節になってきましたが、まだ温かい飲み物を飲んでいます。私は以前毎朝ココアを飲んでいましたが、今は体重が気になってきたので飲むのをやめました。家族の中で私が作るココアが評判になり、みんないつも私に作ってほしいといってくれます。なので、ホストマザーは私のことを「ココアの女王」と呼んでいます。
 
次は学校生活について紹介したいと思います。私は、英語、数学、ドラマ(演劇)、園芸(野菜などを実際に育てる授業)、DTC(パソコンを使った授業)、体育、マオリ、そして留学生対象の英語の授業ESOLをとっています。この中でも、特に気に入っている授業がマオリとドラマです。
まずマオリの授業では、たくさんの楽しい活動ができます。自分でマオリのデザインを考え、「コル」と呼ばれる伝統的なマオリのデザインを板に描き写し、それを元に色を塗りました。コルのデザインを描くときには手が震えてしまいました。何日もかけてやっと仕上げたので、書き上げたときには達成感でいっぱいでした。クラスのみんなにも、「きれいだね!すごいね!」と褒めてもらえ、とてもうれしかったです。また、カパハカ(マオリの踊りや歌のパフォーマンス)もならっています。できるだけ早くマオリ語のすべての歌と、踊りを覚えなくてはいけなかったので、私にはとても大変でした。正しくマオリ語を発音したかったので、何度も先生やクラスメイトに教えてもらいました。そのおかげで、彼らとの交流も楽しめ、また今ではマオリのそれぞれの言葉もきちんと発音できるようになりました。11月のはじめにはカパハカのお祭りがあります。最後のマオリ文化のイベントになるので、カパハカの発表を楽しんで取り組み、また助けてくれたクラスメイトや先生たちに感謝の気持ちが伝わるようにがんばりたいです。
 
また、ドラマ(演劇)の授業もとても楽しんでいます。以前は人前で演技をすることが嫌でしたが、自分の内面を変えたいと思い受講しました。ドラマの授業のクラスメイトは、5人ずつのグループに分けられています。私はテストとしてみんなの前で演技をすることになり、「パンタロン」という役を選びました。彼はお金が好きで、いつも怒ってばかりのキャラクターです。役になりきることは本当に難しかったです。私たちは一生懸命練習したので、本番を終えると、大きな自信を得ることができました。ドラマの先生は、「よくがんばったね!」と褒めてくれ、この活動での成功は友達との絆を強めてくれました。
 
授業のほかにも、学校でクリスチャングループの活動に参加しています。それは毎週月曜日の昼食時にある集まりです。友達が誘ってくれたとき、わたしはほかの文化を学べるよい機会になるはずだと思いました。活動では、自分たちの日常生活の話を共有したり、一緒に映画を見たりしています。このおかげでたくさんの友達を作ることができました。
 
次に、ニュージーランドで経験した困難について話をしたいと思います。私は英語の発音があまり得意ではなく、特に「L」と「R」の発音が苦手です。このせいで、こちらに来た当初は、英語を理解してもらうことができませんでした。うまく舌を動かせず、いろいろな単語を間違って発音していました。日本では英語の授業で発音の練習をしていたのですが、正直私はそれほど熱心に取り組んでいませんでした。その重要さに気づいていなかったのです。そのため、日本ではあまり発音に気をつけることなく、語彙の方がもっと大切だと思っていました。しかし、それは大きな間違いだったのです。たとえば、ロッカーの中に作品を置き忘れてしまったことがありました。私はそのことを先生に説明しようとしましたが、“locker”という単語を正しく発音できなかったために、先生に私が何を言っているのかわかってもらえませんでした。とても悲しかったです。英語力は伸びてきたと思いますが、今でも発音は思うようにはうまくできていません。時々、言いたい言葉を思いつきますが、自信がなくていえなくなってしまうこともあります。もし発音が正しくてきているなら、もっとニュージーランドの人たちと会話を楽しむことができるのでしょう。語彙を正しく覚えるためにも、もちろん発音が重要です。日本に帰国するまで、発音はがんばり続けるつもりです。
 
帰国まで残りあとわずかとなりました。ニュージーランドに来るまでは、人前に立つことが苦手で、間違いを犯すことを恐れ、自分の弱点に向き合うことからも逃げていました。しかし、今は人前に立つことも、間違うことも怖くありません。できることはすべて挑戦したいと思えるようになりました。私はこのように留学を経験させてくれた家族に心から感謝しています。日本からずっと支え続けてくれたおかげで、自分を変えることができました。高校生のうちに留学するということはなかなかできることではありません。残された時間を大切に過ごしたいと思います。
 
皆さんに会えるのを楽しみにしています!
 
読んでくださりありがとうございました。
 
愛を込めて。
田畑星来
 

一覧へ戻る

メッセージ

PAGE TOP