NZからのメッセージ ニュージーランドへ留学中の仁高生から届いたメッセージをご紹介いたします。メッセージは英語と日本語で掲載しております。

2016年11月06日

Yu
Kiaora! Yu, Yoyo, will tell you a message from New Zealand. “Yoyo” is my important second name in New Zealand. My partner, Nana, who goes to Waiuku College with me, gave me the name. It’s because my name “Yu” makes kiwi people confused with the word, “You “. So, that’s why I’m Yoyo! My host family and my friends call me that. Of course I regularly use it as well. 
 
Then, let me introduce my kiwi friends and my host family a bit more. To start with, I’ll talk about my kiwi friends. My group which I always hang out with has 6 people including me. Reliable Pete, Baby Jade, Bunny Georgia, Cool Mackenzie and Clever Fin. I’m really feeling comfortable when I hang out with them. I thought if I were a kiwi student, I could stay with them forever.
 
yu001.jpg
 
Next, I’ll introduce about my host family. I can express about them using three words. They are so friendly, generous and have strong family love. My host family has 5 people. My host mother, Beck, who is similar to OSONO-SAN in MAJYO-NO-TAKKYUBIN in GHIBLI. She is generous, kind and attentive to the people around her. She is working as a host family coordinator as well. My host father, Chris, is American. He often dances, sings song and says jokes to me. He is hilarious, kind and his favorite word is “lovely”. My host brothers, Zack and Caleb, are actually shy, but they are really kind to me. They get along well with each other. Lastly, my host sister, Brie, is my second sister in New Zealand. Sometimes, she comes to my room from window. She is an active girl, right? She also loves adventure, so we went on an expedition in the farm. It was so fun! I’m really happy because they treat me as a member of the family. Through staying with my host family, whom I love, I’ve got good incentive for me to learn something for my growth. They give me some jobs, correct my incorrect English and say opinions directly to me. I really feel this situation is great for my growth. However, for a while at first, I used to feel discomfort at this house. I often said to myself, “Why is their life style quite different from those of other houses? Why are they thinking like that? I’m tired of doing housework as my job.” At that time, I felt stress building up. But I couldn’t explain my honest feelings to them because I was afraid about whether or not they would be hurt because of my words. I mean I hesitated, and I pretended not to care about it.
 
One day, finally I decided to tell my mind to my host mum. I really wanted to change my attitude! I encouraged myself and did it. But, it was too late to say that. She got upset and angry. Also, she said to me, “I didn’t know that!”. I was confused and I couldn’t explain clearly, seeing her. It was our first time to have a quarrel between us. After that, we were hurt by each other. I was almost giving up. However, I wanted to tell my feeling more clearly again and be honest with each other. I thought like that from the bottom of my heart, so I decided to write a letter to her. In the letter, I wrote what I was feeling and what I really wanted to tell. I wrote all of those things. I was really nervous when I was reading it in front of her. But, I tried to look at her eyes and tell her seriously. After I finished reading, Beck smiled at me and said, “Thank you. It’s sweet. I understand.” My host sister helped me to write the letter. So, she smiled next to me as well. I was really happy and I said, “Thank you” to her again and again. 
 
We often tend to grasp “quarrel” as something negative. However, in my case, I feel it was a chance for me to grow. I could tell my opinions and be honest. I’ve learned how important telling and saying my mind on the spot. Moreover, I could stop denying other’s sense of value with my sense of value which was normal just for me. It also became a good chance to be a person who can listen to other opinions through a different way of thinking. Then, to me now, “different life style” in every house means something positive that makes the house special and interesting. Without my present family, I could not have had this experience. Doing house work every day is to help each other as a member of the family. When I go back to Japan, I will help my mum. 
 
Everyone wants to have a happy and comfortable life. However, I noticed I can’t grow with just being comfortable. Actually, we grow up when we face and overcome some troubles and pains. I even think we can learn from those more than from staying comfortable. I really am thankful to encounter this family who have made me grown. Especially, I want to tell my appreciation to my host sister, who gave me ice cream and tissues when I was crying. My agent, Ms. Oi from Education Focus, and my host family coordinator, Ms. Amber helped me a lot to deal with my worries or problems throughout this program. Only one month of study abroad life is left. I’ve set the goal of telling my mind on the spot, so I’ll gather all my strength for it.
 
With lots of love and a hug,
 
Yu Tsujishin (Yoyo)
 
--------------------
 
yu002.jpg
 
キオラ!(ニュージーランド先住民マオリの言葉でこんにちは)優、またの名をヨーヨー、がニュージーランドから皆さんにメッセージを送ります。「ヨーヨー」は私がニュージーランドで作った大切な二つ目の名前です。私のパートナーでワイウクカレッジに一緒に通っている那菜が考えてくれました。本名の「ゆう(優)」は、キウイ(ニュージーランド人の別の名称)の人たちには英語であなたという意味の「You」と紛らわしくなってしまうからです。なので私はヨーヨーでもあります。ホストファミリーや友達もそう呼んでくれますし、自分でも使っています。
 
それでは、キウイの友達とホストファミリーを紹介したいと思います。まずは友達です。私がいつも一緒にいるグループは私を入れて6人います。頼もしいピート、可愛らしいジェイド、明るく元気なジョージア、かっこいいマッケンジー、そして賢いフィンです。彼女たちと過ごす時間は私にとって本当に居心地がいいものです。もし自分がキウイの生徒なら、ずっと一緒にいられるのにと思ってしまうほどです。
 
次にホストファミリーを紹介します。彼らは3つの言葉で言い表せます。「とてもフレンドリー」で、「思いやりがあって」、「強い家族愛を持った」人たちです。5人家族です。ホストマザーのベックは、ジブリの魔女の宅急便に出てくるおそのさんに似ています。思いやりがあって優しく、彼女の周りの人たちにいつも気配りをしています。彼女の仕事はホストファミリーコーディネーターです。ホストファザーのクリスはアメリカ人で、よく踊ったり、歌ったり、ジョークを言ってくれます。本当に面白い人で、優しく、よく「lovely(素敵だね)」という言葉を使います。ホストブラザーのザックとケイレブは、実は内気な男の子たちですが、私には優しくしてくれます。二人はとても仲良しです。最後に、ホストシスターのブリーはニュージーランドでできた2番目の妹です。時々彼女は窓から私の部屋に入ってくることがあります。活発な女の子だと思いませんか?彼女は冒険することが好きなので、牧場で一緒に探検したこともあります。とても楽しかったです。私は彼らが私を家族の一員として扱ってくれるので幸せです。このような愛する家族と暮らす中で、自分を成長させるために必要なことを学べる良い刺激をもらえます。例えば、家の中の仕事を任せてくれたり、私の英語の間違いを直してくれたり、そして率直に私に意見を言ってくれたりします。このような環境にいられることは、自分の成長にとって素晴らしいことだと思えます。しかし、最初のうちは、家にいることが辛い時もありました。当時はよく「なんで彼らの生活のスタイルはほかの家と違うのだろう?なぜ彼らはこんな風に考えるのだろう?どうして家事を手伝わなくてはいけないのだろう?」と不満に思っていました。しかし、自分の正直な気持ちを言えば傷つけてしまうのではないかとためらってしまい、結局は何も言わずに気にしないふりをしてしまったのです。
 
そんなある日、私はついにホストマザーに自分の思いを伝える決心をしました。自分の行動をどうしても変えたかったのです。自分で自分を勇気づけて、伝えました。けれど、伝えることが余りにも遅かった為、彼女はショックを受けて「そんなこと知らなかったわ!」と怒ってしまいました。私は戸惑い、それ以上彼女を見て説明することができなくなりました。それは私たちの間で経験した初めての口論でした。その後、お互いに傷ついてしまい、私はもう諦めてしまおうかとさえ思いました。けれど、やはり何としてでももっとちゃんと自分の気持ちを伝えたい、正直になりたいと思いました。心の底から強くそう思い、今度は手紙を書くことにしました。手紙の中には、自分がどう感じていたのか、本当に伝えたかったことは何なのかをすべて書きました。彼女の前でそれを読むのは、とても緊張しました。けれど、彼女の目を見て真剣に思いを伝えました。読み終えた後、マザーのベックは私に微笑んで、「ありがとう。そう言ってくれてうれしかったわ。あなたの気持ちがわかったわ。」と言ってくれました。手紙を書くのを手伝ってくれたホストシスターはその時隣にいたのですが、彼女も笑ってくれました。私は嬉しくなり、何度も「ありがとう」と伝えました。
 
私たちはよく「口論」することはネガティブなものだと考えがちです。けれど私の場合は、自分を成長させるチャンスでした。私は自分の意見を伝えて正直になることができました。そして、その場で考えを伝える大切さを学びました。そのおかげか、自分の考えだけが当たり前だという思いだけで、他の人の価値観を否定することもなくなりました。別の考え方から他の人の意見に耳を傾けられる人になれたと思います。今では、各家庭の「異なった生活スタイル」を前向きに受け入れることこそが、そこでの生活を特別で素敵なものに変えてくれるのだと考えられるようになりました。今の家族と一緒にいなければ、このような経験はできなかったでしょう。家事を手伝うことも、家族をお互いに手助けすることです。日本に帰ったら、ちゃんと母を手伝いたいと思います。
 
誰もが幸せで居心地の良い生活を送りたいと思います。けれど、居心地の良い環境にいるだけでは成長できないことに気づけました。実際、私たちは問題や痛みに向き合って乗り越えた時にこそ成長できます。このように私を成長させてくれるホストファミリーに出会えたことに感謝しています。特に、私が泣いている時に、アイスクリームとティシュをくれたホストシスターに感謝を伝えたいです。また、私のエージェントである、エジュケーションフォーカスの大井さん、そして私の学校のホストファミリーコーディネーターのアンバー先生がいたからこそ、留学中の悩みや問題に立ち向かえたのだと思います。あとたった一カ月しか留学生活は残されていません。その場で自分の気持ちを伝えること、この姿勢を胸に全力で頑張りたいです。
 
たくさんの愛とハグを皆さんに
辻新優(ヨーヨー)

一覧へ戻る

メッセージ

PAGE TOP