NZからのメッセージ ニュージーランドへ留学中の仁高生から届いたメッセージをご紹介いたします。メッセージは英語と日本語で掲載しております。

2017年06月11日

Moka
Moka.jpg
 
Hello, this is Moka from Waipukurau, Central Hawke’s Bay.  It has already been four months since I came here.  I’m living with my host family, Kerri and Tammy and Devyn.  Kerri is good at cooking and I love her cooking.  Tammy is a police officer and I often watch TV with her.  Devyn is a very bright girl and I teach her Japanese.  We have three dogs, Ziya, Brun and Wolf and one cat, Pumba.  They are lovely and they make us laugh.

At school, I take drama, maths, hospitality, ESOL, geography and PE.  I like PE the best because we can play whatever sports we want.  I’m also involved in stage challenge now, which is great fun for me.  My job is to put makeup on heaps of dancers, so it’s not easy.  I’ve experienced many things that I had never done before.

I have been enjoying my NZ life very much, but I’ve often had a sad and hard time because of not understanding the language and how I am supposed to act.  At first, when I asked questions to my friends and classmates, they could not understand me.  I knew that would happen.  However, I felt sad because I was best at English in all the subjects when I was in Japan. The more often that happened, the less confident I became.  When my kiwi friends were talking to each other, I, of course, wanted to join them, but I could say nothing.  I just smiled, pretending as if I understood what they were talking about.  One day, when I was introduced to some students by a girl who is in my drama class, I was very frustrated because she said I was a quiet girl.  I know the reason of these sad experiences.  It was because I was not brave enough.  I know who caused those sad situations.  That’s me.  I looked back what I’d done and found something.  It was I who caused these situations, but I was definitely bitterly disappointed.  Why?  It’s because I knew what to do, but I couldn’t.

I suddenly remembered a saying which was said by Emma Watson, who I love and respect the best in the world.  That is “I am inviting you to step forward to be seen and to ask yourself, if not me, who?  If not now, when?”  This encourages me to be brave and step forward.  I think I was stupid and made mistakes.  However, I don’t think I wasted time.  It’s because I’ve learned what to do from now on thanks to those experiences.

Term 2 started on 1st of May.  I’ve become used to my life here, listening to English and speaking English.  I talk more than I did in Term 1.  As I talk with my friends, they talk with me as their friend.  I try to listen to them and they try to listen to me.  When I ask questions, they absolutely answer me.  I was afraid of what they would think of my English, but no one makes fun of my English when I try hard.  That’s what I have wanted to do.  Now I know what to do, when to do it, and how to do it.  Making mistakes and regretting is not very bad if we make them into a process of making things successful.  I keep trying and I’ll enjoy my rest of  time here.

Thanks for reading

Big love
                                                                                         
Moka Morida

---------------

こんにちは。ワイプクラウにあるセントラルホークスベイカレッジに通っている萌加です。ここに来てから、4か月が経ちました。今ホストファミリーのケリーとタミ-、デヴィンと一緒に暮らしています。ケリーは料理が得意で、私は彼女の料理がとても好きです。タミ-は警察官で、一緒にテレビを見ます。デヴィンはとても明るい子で、日本語を教えてあげています。ジーヤとブラン、ウルフという犬3匹と、プンバという猫1匹もいます。

学校で、私はドラマ(演劇)と数学、ホスピタリティー(家庭科)、ESOL(留学生用の英語)、地理、体育の授業を履修しています。私は体育が一番好きです。何でも好きなスポーツができるからです。また、今、ステージチャレンジ(グループで何らかの発表をする企画)にも関わっていて、とても楽しいです。私の役割はたくさんのダンサーに化粧をしてあげることです。簡単なことではありません。今までしたことがなかったことをたくさん経験しています。

私はニュージーランドでの生活を楽しんでいますが、悲しいときや辛い時もあります。言葉やどう行動すべきかがわからないからです。最初、友達やクラスメートに質問しても、私が言っていることが分かってもらえませんでした。そのようなこともあるだろうと分かってはいました。しかし、やはり悲しかったです。日本にいたときは、英語が一番得意な教科だったからです。このようなことが起こるたびに、だんだん私は自信を無くしていきました。現地の友達同士が話しているとき、もちろん私は会話に加わりたかったのですが、何も言えませんでした。彼女たちが話していることを分かっているふりをしながら、ただ笑っていることしかできませんでした。ある日、ドラマを一緒にとっている子が、私を他の生徒に紹介してくれたのですが、彼女が私のことを「静かな子」と言っているのを聞き、とても悔しかったです。このような悲しい経験をした理由は分かっています。自分の勇気がなかったからです。誰のせいでこのような状況に陥ったのかも分かっています。自分のせいです。自分の行動を振り返り、気づいたことがあります。このような状況になったのは自分のせいなのに、そんな自分にとてもがっかりしていました。それは、自分がどうすべきか分かっていたのに、行動を起こせなかったからです。

ふと、私が一番尊敬しているエマワトソンの言葉を思い出しました。「前に進み、表に出て、自分に問いかけてください。自分でなければ誰が?今でなければいつ?」という言葉です。この言葉が私に、前に進む勇気をくれました。私は愚かで失敗をしてきたと思います。でも、時間を無駄にしたとは思っていません。このような経験をしてきたことで、今から何をしていくべきかを学べたからです。

5月1日に2学期が始まりました。ここでの生活、英語を聞いたり話したりすることに慣れました。1学期よりもたくさん話をしています。友達に話しかけると、友達として私に話しかけてくれます。友達の言っていることを一生懸命聞こうとすると、みんなも私の言うことを一生懸命聞いてくれます。質問すると、答えてくれます。私は、みんなが私の英語をどう思うか心配していましたが、私が一生懸命頑張っていると、誰も私の英語を馬鹿にしてくることはありません。これが、私が望んでいたことです。今は、自分が何をすべきか、いつそうすべきか、そして、どのようにすべきかが分かっています。失敗や後悔をすることは、成功への過程となるのであれば、悪いことではないです。私は、頑張り続け、ここでの残りの生活を楽しみたいと思っています。

読んでくださって、ありがとうございます。

愛を込めて。

森田萌加より
 

一覧へ戻る

メッセージ

PAGE TOP