NZからのメッセージ ニュージーランドへ留学中の仁高生から届いたメッセージをご紹介いたします。メッセージは英語と日本語で掲載しております。

2017年06月15日

Yuika
Yuika.jpg
 
Hi guys!  How have you been doing?  It’s Yuika here!

Now, let me introduce myself.  I live in Whanganui and go to Cullinane College.  I’m known as a foodie, which means someone who loves eating, by my friends.  Actually, it’s true.  One day, when I was not hungry, I said,“ I’m not hungry, so I don’t want to eat.”  One of my kiwi friends said,” What?!  You are not Yuika!  Where is the real Yuika!” :)  It is one of my funniest memories.
 
Anyway, I’d like to tell about my New Zealand life!  First, I’d like to tell you about my school!  As I told you, I go to Cullinane College.  Cullinane College is one of the Catholic schools in New Zealand, so many religious ceremonies are held at school.  I think basically Cullinane College is similar to Jin-ai Girls’ High School.  By the way, I take religious education, English, music, tourism, food, ESOL and math classes.  Also I have health and career classes every other week.  My most favorite class is music because we can play any instrument as we like.  During the class, I always practice playing the piano.  Speaking of the piano, I’m going to play the piano accompanying a year 13 student!  It’s going to be a good experience for me!  Also teachers and students here are very kind to me.   At first I couldn’t understand what teachers said and what I should do, so I always desperately asked the teachers or the students sitting next to me.  Then they taught me kindly!  In addition, I made friends through asking questions.  Understanding classes is still hard for me, but everyone supports me, so I’m not afraid of classes now.

Second, I’d like to tell you about my host family!  My host family has two dogs, one cat and three chickens!  My host mother Toni and her partner Keith are crazy about cars, so they often take me to car events on weekends!   In fact, I didn’t know about cars at all.  However, I’ve gradually come to understand about cars, so everyone says, “You will be an expert on cars!” :)  Also I have two host brothers, both of whom go to Cullinane College.  They are very kind to me and very funny.  The older one is Conner.  He is good at cooking, so he can cook many things by himself, and he often gives me ice cream!  Also, he pedals a bicycle very, very, very fast, so he can go home quickly from school.  I’m so jealous!  (haha)  The younger one is Hamish.  He loves playing games, so he introduces a lot of games to me.  I often clean up the kitchen with him, but it often takes very long because we start playing a game.  I don’t think it’s a bad thing, though.  Don’t you think so?  My host family helps me have many experiences.  For example, my host mother takes me to piano lessons once a week.  I didn’t think I would take piano lessons in New Zealand, but I’m very, very, very happy to be able to take piano lessons!  Also, the piano is in my room!  The piano was in another place but they moved it to my room.  I cannot thank them enough.   

Finally, I’d like to tell you an important thing.  I have tried to be a very cheerful girl since I was a first grader at Jin-ai Girls’ High School.  And now, thanks to my smile, I’ve made a lot of friends.  I think it is important to have a friendly atmosphere because everyone speaks to me easily.  Of course, speaking to people from myself is also important, but if I looked serious all the time, people wouldn’t speak to me.  I’ve noticed that smiles are important through staying in New Zealand.

Now, I have to finish writing this essay.  I hope you guys enjoyed reading it.

I’m going to continue being happy for my host family, teachers in NZ and Japan, my family in Japan, and myself!

Big love

Yuika Tono

----------------

皆さん、こんにちは。お元気ですか。私は結加です。

まずは、自己紹介をさせてください。私はワンガヌイにあるカリナン高校に通っています。友達には「食いしん坊」だと思われています。本当のことですが・・・。ある日、あまりおなかがすいていなかったので、「私はおなかがすいていないので、食べたくない。」と言ったら、ある友達が、「え!結加じゃないわ!本物の結加はどこ?」と言いました。一番面白い思い出の1つです。
 
では、私のニュージーランドでの生活について書きます。まずは学校についてです。先にも述べましたが、私はカリナン高校に通っています。カリナン高校は、ニュージーランドにあるキリスト教系の学校で、たくさんの宗教行事が行われます。カリナン高校は仁愛高校と似ていると思います。私は、宗教、英語、音楽、観光、フード、ESOL、数学の授業をとっています。1週間おきに、健康とキャリアという授業もあります。私が一番好きな授業は音楽です。好きなようにどんな楽器でも弾いていいからです。音楽の時間に、私はピアノの練習をします。ピアノと言えば、今度13年生(日本でいう高校3年生)の生徒の伴奏をします。私にとって、いい経験になるでしょう。ここの先生や生徒はとても優しくしてくれます。最初は先生が言っていることや何をしていいのか分からなかったので、いつも必死で先生や隣に座っている生徒に質問しました。すると、みんな親切に教えてくれました。また、質問をすることで友達を作ることもできました。授業についていくのはまだ大変ですが、みんな助けてくれるので、別に怖くはありません。

次はホストファミリーについてです。犬が2匹と猫が1匹、鶏が3羽います。ホストマザーのトニーとパートナーのキースは古い車にはまっているので、週末によく私を車のイベントに連れて行ってくれます。実のところ、私は車についてそんなに詳しくはありませんでした。でも、少しずつ車のことが分かってきたので、みんな「車の専門家になれるね。」と言います。ホストブラザーも2人いて、2人ともカリナン高校に通っています。年上の方がコナーといいます。料理が得意で、自分でいろいろな物を作ります。そして、よく私にアイスをくれます。彼は自転車をこぐのがすごく早くて、学校からすぐに家に帰って来られます。うらやましいです。年下の方がハミッシュといいます。ゲームが好きで、私にたくさんのゲームを教えてくれます。よく彼と一緒にキッチンの片付けをするのですが、片付けに長い時間がかかります。ゲームを始めてしまうからです・・・。悪いことではないと思っています。みなさんもそう思いませんか。ホストファミリーのおかげで、私はたくさんの経験ができています。例えば、ホストマザーは、週に1回私をピアノのレッスンの送り迎えをしてくれます。ニュージーランドでピアノを習うとは思ってもいませんでしたが、習うことができて、とても嬉しいです。そして、今、ピアノが私の部屋にあります。別の場所にあったピアノを私の部屋に運んでくれたんです。感謝でいっぱいです。

最後に、大切なことをお伝えします。仁愛高校の1年生だったときから、私は明るくいるようにしていました。そして今、自分の笑顔のおかげで、たくさんの友達を作れました。話しかけてもらえるようなフレンドリーな雰囲気を作ることはとても大切だと思っています。もちろん、自分から話しかけることも大切ですが、もしいつも深刻な顔をしていたら、誰も私に話しかけてきてはくれないでしょう。ニュージーランドでの生活を通して、笑顔の大切さに気づきました。

そろそろ終わらなければいけません。このエッセイを楽しんでもらえたでしょうか。

私は、ホストファミリーのため、ニュージーランドと日本の先生のため、日本の家族のため、そして、自分自身のために、これからもハッピーでいるつもりです。

愛を込めて。

當野結加より

一覧へ戻る

メッセージ

PAGE TOP