NZからのメッセージ ニュージーランドへ留学中の仁高生から届いたメッセージをご紹介いたします。メッセージは英語と日本語で掲載しております。

2008年10月04日

Suzuka
suzuka.jpg

Hello, Everyone,?
I'm Suzuka Yamada. I go to Hauraki Plains College and I'm living in (a town called) Paeroa which is 30 minutes from my school. Now about 8 months have already passed. Time flies so fast! I'm enjoying in my life in New Zealand now.

At first, many hardships awaited me. I had homesickness at times.... It was terrible. I often cried when I was homesick. Although I was spending many difficult days, my Japanese friends and Kiwi friends helped me. I was happy that I could get over the state. I thought I was depending on many people. It is important to learn something, but I have to do things by myself. Also I need to have more confidence in my action.

On the other hand, I could get some great experience during terms 1, 2, and 3. In term1, I represented Hauraki Plains College in Athletics. I participated in the 'senior girl's long jump'. In term2, I took part in badminton club at school. Also, there was a badminton competition held in term3. I got a lot of experiences in these sports events. During the time I played each sport I could speak English and make friends day by day. It was a good experience for me!!

I'm deeply grateful to my family who support me. I could make one of my dreams come true because there are a lot of people who support me. I hope my English gets even better and I become a "great girl" like our senior students(in the Eiryu Course). Please cheer for me and our Study Abroad Course at Jin-ai Girls' High School!!

こんにちは皆さん。山田涼花です。私はHauraki Plains Collegeに通っていて、そこから30分ほど離れたPaeroaに住んでいます。(ニュージーランドに来て)もう約8ヶ月が過ぎてしまいました。時の経つのはなんて早いのでしょう。今私はニュージーランドの生活をエンジョイしています。
最初は、たくさんの苦しみが私を待ち受けていました。私はホームシックにかかり、とてもつらい思いをしました。ホームシックの時はいつも泣いていました。私はとてもつらい毎日を過ごしていましたが、そんな私を日本の友達やKiwiの友達が助けてくれました。私はホームシックを乗り越えることができてとても嬉しかったです。私はたくさんの人に支えられていることが分かりました。何かを学ぶことは重要なことですが、自分自身の力で何でもやらなければなりません。また、自分の行動にもっと自信をもつ必要もあります。
一方、1・2・3学期を通していくつかの素晴しい体験をすることができました。1学期は体育大会でHauraki Plains Collegeの代表となりました。私は幅跳びのシニアガールズ部門に参加しました。2学期は、学校のバドミントンクラブに参加しました。また、3学期はバドミントンの試合が開催されました。私はこれらのスポーツイベントでたくさんの経験をしました。それぞれのスポーツをするうちに英語が話せるようになり、日に日に友達が増えました。私にとってとても良い経験になりました。
私は私を支えてくれている家族に深く感謝しています。私を支えてくれている人々がいたからこそ私の夢の一つをかなえることができました。私は、英語がより一層上達し、私たちの先輩のような"すばらしい女性"になりたいです。私たち仁愛女子高等学校の英語留学コース、応援して下さいね。

2008年06月12日

Chihiro
chihiro.jpg

I have been in New Zealand for about 4 months. Time files so fast, and at school.Term2 has already started. In Term1, I struggled to get used to my school. Its structure and customs are different from schools in Japan, so I was at a loss about what to do, at first.
At OHS(Otamatea High School),my?New Zealand?school, there are Year 7 to 13 students. I thought that all NZ schools were organized the same way, so when I heard about my friend's school, I was surprised because it is different from my school. In many other schools, there are only Year 9 to 13 students.

During Term 1, I joined the KapaHaka group. It is traditional Maori songs and Haka(like fierce dances) that many NZ students learn, particularly Maori students. I practiced in the activity time once a week and I had weekend practice, too. The weekend practice, from 9 a.m. to 5:30 p.m., was very hard, and I didn't like it because some students didn't come to the practice. I had to work very hard on formation, but when the students who had been absent joined the group again at activity time, the formation was changed. The songs and the movement was also hard to learn.
On the 16th April, I went to the Tai Tokerau Festival at which all schools in North Land perform KapaHaka. I wore the Otamatea KapaHaka uniform and put on make-up. The performance was superb. We all performed in unison. It was the best KapaHaka that I have ever done. Our principal, Mr. Hutching was very pleased.
Through belonging to the KapaHaka group. I learned Maori culture and, as well, I've made friends with group members. The practice was very hard, but I am glad that I've had such a wonderful experience.

When I came to?New Zealand, there were delightful things and hardships, too. Honestly, at times, I thought that I wanted to go back to Japan. But thanks to people who help me, I am beginning to cope and to enjoy life in?New Zealand. And I'm deeply grateful to my family who support me.
While I'm here, I'm doing my best to improve my English.

ニュージーランドに来て、もう約4ヶ月が経ちました。時が過ぎるのはとても早く、学校はすでにTerm2が始まっています。Term1の間は、学校に慣れるのに必死でした。学校の構造や習慣が日本とはとても違うので、最初は何をしなければいけないのか、とても戸惑いました。私のNZでの学校、オタマティアハイスクールにはYear7(小6)から13(高3)くらいの生徒がいます。私は、NZの学校は全て同じ制度だと思っていたので、友達に学校の話を聞いた時、自分の学校とは違うことに驚きました。ほとんどの違う学校には、Year9から13の生徒しかいないそうです。
Term1の間、私はカパハカグループに参加していました。カパハカとはマオリの伝統的な歌とHaka(荒々しいダンス)のことで、多くのNZの生徒、特にマオリの生徒が学びます。私は、週に一度のアクティビティの時間と週末にも練習をしました。週末練習は朝9時から夕方5時30分までで、とても厳しかったです。そして私はこの練習が嫌いでした。なぜなら、何人かの生徒が練習に来なかったからです。私はフォーメーション練習を一生懸命しなければならなかったのですが、練習を休んでいた生徒がアクティビティの時間に再び参加すると、フォーメーションは変えられてしまったのです。歌や動きを覚えるのも大変でした。
4月16日に私は、Tai tokerau Festival 行ってきました。そのフェスティバルでは、ノースランドにある学校がカパハカを発表しました。私はオタマティアのカパハカ衣装を着て、メイクもしました。私たちのパフォーマンスはとても素晴らしかったです。私たちは一致団結して踊りました。それは、私が今までに踊ったカパハカの中で一番の出来でした。私たちの校長、ミスター ハッチングもとても感動していました。カパハカグループの一員を経て、私はマオリ文化を学んだと同時に、グループのメンバーと仲良くなりました。練習はとても厳しかったけれど、私は素晴らしい経験ができてうれしかったです。
私がNZに来た時、楽しい事もつらい事もありました。正直、日本に帰りたいと時々思うこともありました。しかし、私を助けてくれる人々のおかげで、私はニュージーランドでの生活を楽しむことを始めました。そして私は、私を支えてくれる家族に心から感謝しています。私がここにいる間、私は英語力を向上させるためにベストを尽くします。

メッセージ

PAGE TOP