NZからのメッセージ ニュージーランドへ留学中の仁高生から届いたメッセージをご紹介いたします。メッセージは英語と日本語で掲載しております。

2011年11月16日

Mana
mana.jpg


Kiora, everyone.  My name is Mana.  I commute to Napier Girls' High School in New Zealand.  One of my friends told me that quite a few of our classmates had written essays to put on the home page of Jin-ai Girls' High School.  She also told me the topic of the essay could be anything I want to write about.  So I'm going to write about my New Zealand life, including both my good experiences and bad experiences.  I hope my essay can help the first grade Eiryu students who are going to start studying in NZ soon.  However, I also hope you will not take what I say too seriously because it's only my personal experience.  Each of you may have different experiences in NZ. 

Firstly, I want you to try things actively and think positively, especially at the beginning!!!!!  On the first day of school, I went to school and no one talked to me.  When I talked to some students, some of them answered me, but other students ignored me and even discriminated against me because I'm an exchange student from Asia.  Since I didn't have any good friends, I had quite a hard time for the first few months at school.  However, eventually I could make friends with some kiwi students.  It was one of my accomplishments that I could make friends with them.  At the beginning, everything wasn't going well.  I really couldn't understand what other kiwi students were talking about at all.  I was just sitting with them and pretending I was talking with them.  Soon, I realized just sitting with them was not good.  So I tried to listen to them carefully first and then I tried to talk to them.  The next thing I realized was that I needed to improve my English if I wanted to talk to them.  I started to study English much harder so that I could talk with my friends more.  I also learnt lots and lots of things from my friends.  This is my advice to you, junior students.  There are many groups of friends having lunch together so you have to join one of them.  Be brave and just go find a good group and talk to one of them!!!!!!  At the beginning, I want you to try something you would be able to do.  A little thing is really fine!!!  If you keep waiting for someone to talk to you, you will never have friends. 

I struggled with my new life not only at school but also at home,  I had to change my host family eventually because we didn't get along very well.  I cried heaps of times and I was always thinking about Japan.  When I felt sad, my partner who goes to the same school as mine, Saki, helped me a lot.  She always listened to me very nicely.  I'm really pleased to have Saki as my partner.  I think I couldn't have lived a nice life here in NZ without her!!!   

As you can see, I had some problems, especially at the beginning.  It is true that I tried to solve my problems and that my partner Saki helped me a lot.  However, please remember that you can't always solve your problems by yourself.  I want to say that if you have any problems, you should talk with your Dean at school or the lady from the agency in NZ.  They helped me a lot and I'm sure they will help you. 

By the way, I played badminton as one of the representative players of our school because the coach of the badminton club had asked me to play on the school team.  I competed with all the members and then I managed to be one of the top four players at my school.  Badminton for me was a starting point for making other new friends.  They are very nice to me and I really enjoyed spending time with them.  Like me, I want you to join many activities even you haven't tried them before.  It makes quite a big difference.  Do not waste your precious time!!!!!
Good luck to you!!!

P.S.  I'm really looking forward to seeing my family and my friends in Japan.


みなさん、こんにちは。私は真菜です。ニュージーランドにあるネピア女子高校に通っています。私の友達の一人が、かなりたくさんのクラスメートが仁愛のホームページにエッセイを載せていると教えてくれました。また、何でも書きたいことを書けばいいということでした。だから、私も、いい経験も悪い経験も含めて、私のニュージーランドでの生活について書きたいと思います。私のエッセイが、もうすぐニュージーランドでの留学生活を始める英語留学コースの1年生の役立つといいです。でも、これはあくまで私の個人的な経験なので、あまり深刻には受けとめないでほしいです。それぞれの人がニュージーランドでまた違った経験をすると思います。

まず、皆さんには、積極的にそして前向きに物事に挑戦していってほしいと思います。最初のころは特にそうです。私が初めて学校に行った日、誰も私に話しかけてくれませんでした。私から何人かの生徒に声をかけてみると、答えてくれた人もいましたが、私がアジアからの留学生だということで、無視したり差別したりする人もいました。初めの数カ月は、いい友達がいなかったので、学校で結構辛い思いをしました。しかし、最終的には、現地の生徒の何人かと友達になることができました。友達ができたということは、私が頑張って成し遂げたことの一つです。初めのころは、全てがうまくいっていませんでした。現地の生徒たちが何を話しているのか全く分かりませんでした。みんなとただ一緒にいて、話しているふりをしていました。でもすぐに、一緒にいるだけではいけないと思いました。だから、まずはみんなが話している内容を注意深く聞き、それから話すようにしました。次に気づいたことは、話したければ、自分の英語力をもっと上達させなければいけないということでした。もっと友達と話せるように、英語をさらに一生懸命勉強するようになりました。友達からもたくさんのことを教えてもらいました。ここからが後輩へのアドバイスです。ランチを一緒に食べている友達グループがたくさんあるので、その一つに加わってください。勇気をだして、いいグループを見つけて、自分から話しかけてください。できることから始めればいいです。ほんの小さいことでも大丈夫です。誰かが話しかけてきてくれるのを待っていては、友達はできません。

私は、学校だけではなく、家でも新しい生活に慣れるのに苦労しました。最初のホストファミリーとはうまくいかなかったので、ホストファミリーをかえることになりました。私は何度も泣き、いつも日本のことを考えていました。でも、私が悲しい時は、同じ学校に通っている相方の幸(Saki)が、私のことを助けてくれました。彼女はいつもとても優しく私の話を聞いてくれました。幸が私の相方で本当によかったです。彼女がいなかったら、ニュージーランドで楽しい生活を送ることはできなかったと思います。

お分かりのように、私は特に最初のころ、困ったことがありました。自分で問題を解決しようと努力しましたし、相方の幸も助けてくれました。でも、自分の力だけでは必ずしも問題は解決しない、ということを心に留めておいてください。困ったことがあったら、ぜひ、学校の留学生担当の先生やニュージーランドの代理店の方に話をしてください。私のこともいろいろ助けてくださいましたし、皆さんのこともきっと助けてくれると思います。

話は変わりますが、私は学校の代表としてバドミントンのチームで活躍しました。学校のバドミントンクラブのコーチに誘われたのがきっかけです。メンバー全員と試合をし、四人のトップ選手の一人になることができました。バドミントンに参加することで、また新たな友達を作ることができました。皆私に優しくしてくれ、一緒に過ごすのがとても楽しかったです。私のように、ぜひ皆さんも、今までしたことがなかったとしても、たくさんの活動に参加してください。活動に参加するかどうかで、いろいろなことが違ってきます。貴重な時間を無駄にはしないでください。
みなさん、頑張ってください。
 
追伸:もうすぐ日本の家族や友達に会えることを楽しみにしています。

2011年11月05日

Nao
Nao_2.jpg

Hey guys!!!  How's it going?  I'm Nao Yamaguchi.  I go to Dargaville High School.  Dargaville is a rural town.  When?you look around, you can see cows even in the town.  The main street of our town is just about 300m, so you can walk from one end to the other in 15-20 minutes.  Can you imagine?  Sad to say, we don't have any shops where we can buy clothes for young people our age in Dargaville.  Therefore we have to go to Whangarei, which is a neighboring bigger town 40 minutes away by car from here.  But it's not too bad living here because we can go shopping and watch a movie with friends.  Fortunately, there is a store called Warehouse, which has everything from office supplies, kitchen utensils, house utensils to plants, CDs, toys etc...  If you go to Warehouse, you are able to get most of the stuff you want.  Of course, you can get clothes as well.  They are not fashionable, though.  

Now, I'm going to tell you about animal hunting and shooting.  Guess what!!  Speaking of animals, I couldn't touch most animals, even dogs and cat before I came here.  I thought dogs would bark at me and cats would scratch me so I was scared of them.  However, I can touch dogs, cats and even horses, cows and goats now.  It's pretty cool, isn't it?  Moreover, they're adorable!!  Anyway I'm going back to the topic about hunting.  Possums are the most famous target of shooting in NZ.  Basically, the hunting season is summer.  By the way, do you know possums?   They are like big mice and they came from Australia.  In Australia, it's not allowed to shoot possums.  Snakes eat them, anyway.  On the other hand, in NZ, possums eat kiwis.  Kiwis are native birds in NZ.  Kiwis are tiny.  We seldom see them because they are nocturnal animals.  Their activity time is during night.  Needless to say, it's opposite to normal people and animals?  That's why we rarely see them during a day.  I saw a kiwi in the kiwi house when we went to Tepuia, which is a sightseeing spot in Rotorua.  The tour guide told us kiwis are awake for only 4 hours and it is rather difficult to see?them.  Fortunately we could see one.  It was pretty, tiny and quickly running.  It was a good experience for me.  Well, I?should go back to the topic of possums. I digressed from my story in the middle, haha.  Anyway, New Zealanders need to kill possums?to protect kiwis.  I'm still?wondering why there are much more possums in New Zealand than in Australia, where they were originally from.

Oh, I'll tell a story about possums.  I used to stay in a house in a very rural area where there was nothing around.  All I could see were just hills, cows and their manure.  As you can see, the place where I used to live was what is called a farm.   I changed my host family so I no longer live in a farm.  The reason why I changed my host family was not because the previous host family had a farm.  Acturally, I loved living on a farm.  When I just started living there, I was astonished one day.  I left my house and was heading for the bus stop.  At that time, I saw animals lying on a mat.  I didn't doubt at all that they were our pet dogs, which always slept outside on the mat.  I was going to?touch them as usual but I couldn't.  Do you know why?  They were possums, not our dogs!  Since they were already dead, I was relieved a little bit.  But I couldn't go past the dead possums.  Later, I found out that my host father had laid them there.  From that day, I've seen a lot of possums in a lot of places.  My host father often went possum shooting in the bush close to our house.  Every time he went shooting, he shot some possums and brought them back home.  He would take off the possums' fur to sell it or make hats, socks and many other things. Then he sold most of these items to get money.  After he took off?the far, he left them in the garage.  The dead possums were smelly and looked weird because dozens of possums were there.  Haha!  In addition, we can often see possums on a mountain road at night.  They suddenly come running from the road side.  Occasionally drivers can avoid?them but when they can't avoid?them, they run the possums over.  That's why we can see dead possums on the road sometimes.  When I had the experience of seeing a dead possum on the road for the first time,?I felt?"Oh!  It's terrible!" but it seems normal to me nowadays.

People in New Zealand shoot and hunt other kinds animals such as pigs, ducks, birds and deer. They go hunting for wild pigs.  They hunt not small cutie pigs, but big huge pigs.  Dogs have a keen sense of smell and they can find wild pigs.  While dogs bite a pig and hold it down, people kill it with a knife.  Also they carry the dead pig on their shoulder.

Secondly I will talk about the Rugby World Cup!!  The Rugby World Cup?is being held in NZ at the moment.  (I'm afraid it will have finished by the time this essay is put on the homepage.)  I watched its opening on TV.  It was absolutely beautiful and I was impressed.  My host family likes to watch rugby games so I watched rugby games every day on TV before the World Cup started.  Of course, we have been watching the Rugby World Cup games as well.  Do you know the NZ team, ALL BLACKS, is the strongest team in the world?  When I came here, I didn't know anything about rugby except for the name.  Needless to say, I didn't know how to play rugby, how many players they need and nor any of the rules.  Thanks?to my host family, perhaps I know better than other people now.  Indeed, I can explain about rugby with confidence.  In addition, do you know HAKA?  Rugby players dance HAKA before each game.  HAKA is a traditional?Maori dance in NZ and the dance looks forceful.  Originally it came from a war.  The dance was performed to make their enemies from other countries threatened and frightened in a war.  That's why the dance is powerful and dynamic.  Other?pacific countries such as Tonga,?Samoa and Fiji, have similar dances?as well, but the dance in each country has its own originality.  I saw their?performances on TV.  Though I like all of them, I especially like New Zealand's, which is way cooler.  In 2019, the Rugby World Cup will be held in Japan.  If you have an opportunity, you should go and watch real games. 

By the way, do you know Japanese team played in the Rugby World Cup?  As?you know, rugby is not popular in Japan.  I rarely have seen someone play rugby.  I reckon that if someone plays rugby, he started playing it in university, not in primary school.  In NZ, lots of boys start playing?rugby in primary school.  They start playing rugby much earlier, compared?with Japanese rugby players.  It makes a big difference.  Anyway, the Japanese rugby team is not strong.? It sounds impolite, but in short, they're weak in the?world.  However, they have gotten stronger.? Eight years ago, when they participated in the Rugby World Cup, they got the worst record ever against NZ, which was 17-145.  This year they played four games and lost three games against NZ, France and Tonga but tied with Canada.  NZ and France were too strong for them.  They are two of the strongest teams in the world as well.  Miraculously, they will play in the final match this year.  GO NZ!!  The game between Japan and Tonga was quite good.  When Japan played with Canada, Japan was wining at the end of the first half.  But unfortunately, in the second half, Canada caught up with Japan and the game ended in the tie.  But I suppose the Japanese team has made big progress, compared with 8 years ago.  I reckon Japan has gotten stronger thanks to the coach who came from NZ and is an ex-ALL BLACKS member.  Apparently he used to wear no.11 and was the best player in?NZ.  I expect him to make the Japanese rugby team stronger.  I'll bet they can win the next World Cup held in France 4 years from now.

I hope my English has improved like the Japanese rugby team.  I'm enjoying my NZ life with my?fantastic friends and extremely nice host family.  I'm so grateful to my?lovely and great parents for having let me?come here.
If?you are wondering whether to come to NZ or not, you should come.  You can learn a lot of things from a NZ experience.  Also you will be able to live a marvelous and precious?life and the life here will become permanent memories for you.

Thank you for reading. See you soon. xoxo


 皆さん、こんにちは。調子はどうですか。私は山口菜緒です。ダーガビルハイスクールに通っています。ダーガビルは田舎町です。周りを見渡すと、町中でも牛がいます。街の目抜通は300メートルほどしかなく、端から端まで15分から20分で歩けます。考えられますか。残念なことに、ダーガビルには私たちの年齢の若者向けの洋服を買える店がありません。だから、ワンガレイという、車で40分くらいのところにある少し大きな街に行かなければなりません。でも、友達と買い物や映画に行けるので、ここに住むのも悪くはありません。幸いにも、ウエアハウスという店があり、オフィス用品や台所用品から植物、CD、おもちゃまで、何でも売っています。ウエアハウスに行けば、必要なものはほとんど買えます。もちろん、洋服も。おしゃれなものはないですが・・・。

では、狩猟についてお話します。聞いてください。私は、ここに来る前は、動物には、犬や猫さえも触れませんでした。犬は噛むし、猫はひっかくので、怖かったです。でも、今は、犬や猫はもちろん、牛や馬、ヤギにも触れます。すごいと思いませんか。そして、とてもかわいいんです。あ、狩猟の話に戻します。ニュージーランドでは、ポッサムが一番狩りの対象となる動物です。基本的に夏が狩猟シーズンです。ところで、ポッサムって知ってますか。大きなネズミのような動物で、オーストラリアからやって来ました。オーストラリアでは、ポッサムを撃つことは禁止されています。いずれにしても、蛇が食べてしまうそうです。それとは反対に、ニュージーランドでは、ポッサムがキウイを食べます。キウイはニュージーランド特有の鳥です。キウイは小さいです。夜行性の鳥なので、見かけることはあまりありません。夜に活動します。普通の人や動物と活動時間が反対であることは言うまでもありません。そのため、昼間にキウイを見ることはめったにありません。私は、ロトルアの観光地であるテプイアというところに行ったときに、キウイハウスでキウイを見ました。ガイドの方が、キウイは一日4時間しか起きておらず、キウイを見るのはかなり難しいと教えてくれました。私は見ることができラッキーでした。とてもかわいく、小さく、すばやく走っていました。とてもいい経験でした。あ、また本題に戻らないと。途中で話がずれてしまいました。とにかく、ニュージーランドでは、キウイを守るためにポッサムを殺さなくてはいけません。なぜポッサムが、元いたオーストラリアによりも今はニュージーランドにより多くいるのか、私にはまだ合点がいきません。

あ、ポッサムに関する話をさせてください。私は前に、周りに何もないとても田舎にある家に滞在していました。見えるものといえば丘と牛と牛の糞だけでした。お分かりの通り、私の住んでいたところはいわゆる農場です。ホストファミリーを変わったので、今はそこには住んでいません。ホストファミリーを変わったのは、前のホストファミリーが農場を経営していたからではありません。むしろ、農場に住むのは大好きでした。そこに住み始めたばかりのある日、びっくりした出来事があります。私は家を出て、バス停に向かっていました。そのとき、マットに動物が寝ているのを見かけました。家で飼っている犬たちだと思いました。その犬たちはいつも、外にあるそのマットの上で寝ていたからです。いつものように犬に触ろうとしましたが、できませんでした。なぜだか分かりますか。犬ではなく、ポッサムだったからです。すでに死んでいたので、ちょっとだけ安心しましたが、死んだポッサムを通り過ぎるのもいやでした。その後で、ホストファザーがポッサムをそこに置いたということが分かりました。その日から、多くの場所でたくさんのポッサムを見てきました。ホストファザーはよく家の近くにある藪にポッサム狩りに行きました。狩りに行くといつもポッサムを数匹撃って家に持ち帰りました。ポッサムの毛皮をむいて、その毛皮をそのまま売ったり、帽子や靴下やその他のものを作ったりしました。それからその品物を売ってお金にしていました。毛皮をむいた後はポッサムをガレージに置いておきました。死んだポッサムが何十匹も置いてあると、臭くて気持ち悪いです。また、夜山道でポッサムをよく見かけます。ポッサムは道端から突然飛び出してきます。運転手は、時にはよけることもできますが、よけられないとひいてしまいます。だから、時々山道に死んだポッサムを見かけます。初めて道に死んだポッサムがいるのを見たときは、「わ、ひどい!」と思いましたが、今では当たり前のことだと思っています。

ニュージーランドの人は、他の動物も狩りに行きます。例えば豚、アヒル、鳥、鹿などです。野生の豚を狩りに行くんです。小さくてかわいい豚ではなく、デカイ豚です。犬は嗅覚がいいので、野生の豚を見つけることができます。犬が豚を噛んで押さえている間に、人間がナイフで殺します。そして、死んだ豚を肩に担いでいきます。

次に、ラグビーワールドカップについてお話します。今、ニュージーランドでラグビーワールドカップが開催されています。(残念ながら、この文章がホームページに掲載されるころには、終わっているでしょう。)私は、開会式をテレビで見ました。とても素敵で感動しました。私のホストファミリーはラグビーが好きなので、ワールドカップが始まる前も毎日テレビでラグビーの試合を見ていました。もちろん、ワールドカップの試合はずっと見ています。ニュージーランドのチーム、ALL BLACKS(オールブラックス)は、世界で一番強いチームだと知っていますか。私がここに来たときは、ラグビーについて名前以外は何も知りませんでした。どのようにプレーするのかも、何人で試合をするのかも、どんなルールがあるのかも知らなかったのは言うまでもありません。ホストファミリーのおかげで、今は他の人よりよく知っています。自信を持ってラグビーの説明をすることもできます。そして、HAKA(ハカ)を知っていますか。ラグビーの試合の前に選手達がHAKAを踊ります。HAKAはマオリの伝統的な踊りのことで、とても力強い踊りです。もともとは戦争から生まれました。戦争のときに他の国の敵を脅して怖がらせるために、その踊りを踊りました。そのため、とても力強く躍動的です。トンガやサモア、フィジーといった他の太平洋にある国々にも同じようなダンスがあり、各国の踊りはに特徴があります。私はそれらの踊りもテレビで見ました。私は、全部好きですが、やはりニュージーランドの踊りが一番好きで、他の踊りよりもずっとかっこいいです。2019年には、日本でラグビーワールドカップが開催されます。もし機会があれば、皆さんも、ぜひ生の試合を見に行ってください。

ところで、日本チームもワールドカップに出場したことを知っていますか。ご存知の通り、日本ではラグビーはあまり人気がありません。私はラグビーをする人にほとんど会ったことがありません。また、もし誰かがラグビーをしているとしても、大学で始めたのであって、小学校のときに始めたのではないと思います。ニュージーランドでは、たくさんの男の子が小学校でラグビーを始めます。日本に比べて、とても早い時期にラグビーを始めるので、大きな差が出てくるのです。とにかく、日本のチームは強くありません。失礼ですが、世界では日本チームは弱いです。しかし、強くなってきています。8年前にワールドカップに出場したときは、対ニュージーランド戦で、17対145というそれまでに類を見ないひどい点差で負けました。今年、日本チームは4試合戦い、ニュージーランド、フランス、トンガとの3試合に負けましたが、カナダとは引き分けでした。ニュージーランドとフランスは日本にとっては強すぎる相手です。世界でも強い2チームです。奇跡的にも、この2チームが決勝戦で戦うことになっています。頑張れ、ニュージーランド!日本とトンガとの試合はとてもいい試合でした。カナダとの試合では、前半戦は日本が勝っていました。しかし、残念ながら、後半でカナダが日本に追いつき、引き分けに終わりました。でも、日本チームは8年前に比べて、大きく進歩したと私は思います。強くなったのは、ニュージーランド出身で元ALL BLACKSの選手だったコーチのおかげだと思います。聞くところによると、そのコーチは、背番号11をつけていて、ニュージーランドで最高の選手だったそうです。彼が日本チームをもっと強くしてくれると思います。4年後にフランスで行われるワールドカップでは、日本は勝ってくれるでしょう。

日本のラグビーチームのように、私の英語力も伸びているといいです。私は、素敵な友達と最高のホストファミリーとともに、ニュージーランドでの生活を楽しんでいます。ここに来させてくれた私のすばらしい家族にとても感謝しています。
もしニュージーランドに留学するかどうか迷っているようなら、来るべきです。ニュージーランドでの経験から多くのことを学べます。また、最高で貴重な生活を送ることができ、ずっと心に残る思い出になるでしょう。

読んでくださってありがとうございます。では、近々お会いしましょう。

2011年10月24日

Chihiro
Chihiro.jpg

Hello everyone!  I'm Chihiro Yamada and I go to Pompallier Catholic Collage in Whangarei, a port town in the North of New Zealand.  It has been eight months since I left Japan. Time goes so fast!  It's spring here in New Zealand now and the weather is really strange!!  It often rains in the morning, but before I go to bed, it is clear and I see a beautiful moon every night.  (I can see it from my room's skylights.) 

I've read all the essays my classmates wrote on the web site.  My friends are amazing and their essays are great!  It's my turn now.  Actually, though, I'm a little bit nervous about writing this essay.   There are so many things that I want to write about, but I've chosen two topics which are really important to me.  I'd like to write about "friendship" and "appreciation for the people who support me."

Firstly, what do you think about friendship?  I used to think, "Friendship is a good relationship between friends.  Friends don't disagree with each other."  But in reality, true friendship is very different from what I used to imagine.  For example, I used to follow my friends' opinions even though I didn't quite agree with them.  I didn't want to hurt them by disagreeing with their opinions and I didn't like to argue with them.  In that way, I tried to keep a good relationship with my friends.  However, one of my friends, who always expressed her own opinion, changed my mind.  She kept saying to me that she didn't understand what I was thinking and she kept telling me to say my opinion honestly.  Therefore, I started to say my own opinion.  At the same time, we started to have arguments every time we had different opinions.   However, the more arguments we had, the more we came to understand each other.  I felt our bond of friendship became stronger and stronger.  Now I can say my opinion more clearly and honestly than before.  Agreeing with friends without saying your own opinion is really easy but I've learned it does not always help build a true friendship.  I mean, arguments with friends may be the best way to develop a friendship.  In my case, I've argued with my friend a lot while I'm here.  

Here is one more thing I learned about making friends.  The most important thing to remember when making friends in a foreign country is to approach to others on your own.  I mean, you have to speak to others and ask questions because nobody helps you to make friends or understand the class.  When I came here, I was very shy.  Also, I was not good at speaking English.  For these two reasons, I hesitated to speak to people.   Since nobody spoke to me, I had no kiwi friends at first.  I knew I had to start speaking to people.  Prior to class I prepared sentences I wanted to say in my mind so that I could speak to the students in the same class.  All I had to do was to say to them the sentences I had prepared.  Although I was ready, I didn't have enough courage to do it when the time came for action.   However, finally one day, I succeeded in speaking to a girl who always sat next to me in English class.  Now we are friends!  I did it~~!!  I'm really happy!!  

Secondly, I've come to appreciate the support of my friends and family.  I've cried a lot since I came to New Zealand because of many difficulties I had to face and worries about my future.   Every time I cried, my friends always told me "Stay strong!  Everything will be fine."  At first, I didn't believe them because it seemed to me that the fruit of my efforts didn't appear no matter how hard I tried to overcome my hardship and anxiety.  However, one day, I realized that every experience had made me strong day by day.  Now, I DO feel that putting in one's best effort will always lead to improvement.  I could overcome my problems thanks to the support from everyone around me.  Whenever I was sad, many people supported me and encouraged me.  Now I can say that I'm not alone.  Not only do the people around me encourage me, but also my classmates who are living quite far away from me.  I'm sure they are also trying very hard  like I do.  I really thank everyone!

By the way, how much do you talk with your family a day?  Actually I was obsessed with technological devices such as the Internet, a cell phone and an iPod when I was in Japan.  I always used them even while I was eating food!  In short, I didn't spend much time with my family.  Therefore, when my Kiwi friends asked me questions about my family, I sometimes couldn't answer the questions.  New Zealand children really love their family.  Living here has made me realize how important my family is to me and how rude I was to them.  After I go back to Japan, I will use those technological devices less and spend more time with my family.  If I had not come to NZ, I would never learn this lesson at my age.  I really appreciate my family always supporting me and giving me such a special opportunity of studying abroad.  Whenever I think about my family and friends, I always miss them and sometimes shed tears.  I feel that I'm always supported by everyone.  Although expressing my feelings with words is difficult, I want to tell them  "Thanks a lot and I love you."

Thank you for reading.
Love, Chihiro


みなさん、こんにちは。私は山田千尋です。ニュージーランドの北方にある港町、ワンガレイにあるポンパリアカトリックカレッジに通っています。日本を離れてから8ヶ月になります。時間が経つのはとても早いです。今ニュージーランドは春で、天候は不順です。朝よく雨が降りますが、寝る前は、晴れていて美しい月が見られます。(私の部屋の天窓から見えるんですよ。)

ホームページに載っているクラスメートの文章を全部読みました。友達はすごくがんばっていて、文章もすばらしいです。今度は私の番です。でも、いざ書くとなると少し緊張します。書きたいことはたくさんありますが、自分にとってとても大切なことを2つ選びました。「友情」と「私を支えてくれる人々への感謝の気持ち」について書きたいと思います。

まず、みなさんは、友情についてどう考えますか。私は、「友情とは、いい友達関係で、友達なら意見の相違はない」と考えていました。しかし、実際は、本当の友情とは、私が思い描いていたものとは全く違っていました。例えば、私は、自分の意見が友達と違ったとしても、友達の意見に従っていました。友達に反対することで、相手を傷つけたくなく、言い争うのも嫌だったからです。そうすることで、友達とのいい関係を保とうとしていました。しかし、友達に、いつも自分の意見をはっきりと言う子がいて、私の考えを変えてくれました。彼女はいつも、私が何を考えているのか分からない、と言ってきました。そして、私に、自分の意見を率直にいうように言い続けてくれました。そのおかげで、私は自分の意見を言えるようになりました。同時に、意見が違うたびに言い争うようになりました。しかし、言い争う回数を重ねると、お互いをより理解できるようになりました。友情がより深まったと感じました。今、私は自分の意見をはっきりと正直に言えます。自分の意見を言わずに友達に同調することは簡単ですが、それが必ずしも本当の友情を築くことにはならないということを学びました。つまり、友達と意見を言い合うことが友情を築く最善の方法だということです。私の場合、ここにいる間に、友達とたくさん言い争いをしてきました。

友達を作ることに関して、もう一つ学んだことがあります。外国で友達を作る際に覚えておくべき最も大切なことは、自分から他の人に近づいていくということです。つまり、自分から話しかけたり質問をしたりしなければならない、ということです。誰も、友達を作ったり授業を理解したりするのを助けてはくれません。私がここに来たときは、私はとても恥ずかしがり屋でした。また、英語を話すのもうまくありませんでした。そのため、周りの人に話しかけることに躊躇していました。誰も私に話しかけてくれなかったので、始めのころ現地の友達はいませんでした。私から話しかけなくてはいけないと分かっていました。同じクラスの生徒に話しかけられるように、授業の前に、頭の中で言いたい文を考えておきました。あとは、その文を言うだけでいいのです。心の準備はできていましたが、いざとなると行動に移すだけの勇気がありませんでした。しかし、とうとうある日、英語の授業でいつも私の隣に座っていた女の子に話しかけることができました。今は私たちは友達です。私はやりました!とても嬉しいです。

次に、私は、友達や家族の支えに感謝するようになりました。ニュージーランドに来てから、向き合わなければならない困難や将来への不安のために、何度も泣きました。私が泣くたびに、友達は「気持ちを強く持ちなさい。全てうまくいくから。」と言いました。私は、始めは友達の言うことが信じられませんでした。辛さや不安を乗り越えようとどんなにがんばっても私の努力は実らないように思えたからです。しかし、ある日、経験の一つ一つが私を強くしているということに気づきました。今は、全力で努力すれば必ず進歩すると感じています。周りの人たちからの支えがあったから、私は自分の問題を克服することができました。悲しいときはいつも、多くの人が私を助けてくれ、励ましてくれました。自分は一人ではありません。近くにいる人だけでなく、遠くにいる私のクラスメートも私を励ましてくれています。私のように、クラスメートも一生懸命がんばっているはずです。私は、みんなに心から感謝しています。
 
ところで、みなさんは一日にどのくらい家族と話をしますか。私が日本にいたときは、インターネットや携帯、iPodなどの電子機器のとりこになっていました。食べながらもこれらの機器を触っていました。つまり、私は、家族と過ごすことはあまりありませんでした。そのため、ニュージーランドの友達から家族について質問されても、答えられないことがありました。ニュージーランドの子ども達は、家族のことをとても大切にしています。ここに住むことで、家族がどれほど私にとって大切な存在か、私が家族に対してどれほど失礼な態度をとっていたのかがよく分かりました。日本に帰ったら、それらの機器を使わないようにして、もっと家族との時間を持ちたいと思います。もしニュージーランドに来なければ、この年齢でこの教訓を学ぶことはなかったと思います。いつも私のことを支えてくれ、留学するという特別な機会を与えてくれた家族に心から感謝しています。家族や友達のことを考えると、とても会いたく思い、時々涙が込み上げてきます。みんなに支えられていると感じています。言葉で私の気持ちを表すのは難しいですが、「ありがとう。大好きです。」と伝えたいです。

読んでくださってありがとうございます。

2011年09月15日

Mio
Mio1.jpg   Mio2.jpg   Mio3.jpg

Hi guys!!!  My name is Mio.  How's it going?  I'm very good but I had a high fever and stayed in bed for 5 days last month.  I go to Hauraki Plains College in Ngatea, which is one-hundredth as large as your city, Fukui.  I have been living in Kerepehi, which is a small rural town, since the end of January.  I have already spent about 7 months here since I left Japan.  Strange to say, time passes so fast.  I never felt this way in Japan except when I felt very excited about things I liked, but I feel that time passes so fast  every day here.  I don't want to go back to Japan and I wish I could stay here.  My family and friends who live in Japan may feel sad if they read my essay.  Sorry dear...:(  Anyway, I love New Zealand!!!!!  I'm having a very good time every day.  I will try to have no regrets every day for the rest of my time here.

Well, I'd like to tell you how I spend my time every day at school and home.  Firstly, I'm going to write about my fantastic host family.  My host family members are my host dad, mum, brother and sister.  ( The children in the picture on the left are my host brother and sister.)  They live in Kerepehi, which is about 100km away from Auckland, the biggest city in New Zealand.  It takes about 1 hour to go to Auckland from our house by car.  I often watch DVDs on weekends.  I often become a playmate for my host kids and I often talk to my host parents.  Honestly, I cannot write all things about my host family because they are fantastic!:)  They always smile when they talk to me.  Also, even when I am in trouble but I cannot make myself understood, they still smile and they are kind enough to help me.  Anyway, I love their smiling face.  I'm really happy to see them and I'm living a full life with them. 

Secondly, I'm going to write about my kiwi friends.  My teacher took the two photos above on an athletic event day.  Guess what!!  In New Zealand, on an athletic day, students aren't divided into some colour groups like red, blue, yellow, as we do in Japanese schools.  In my school, we are made up of 4 groups, which are named after the rivers around the town.  They are called Waiho, Tikapa, Piako and Ohinemuri.  I'm a member of the Waiho.  On the athletic day, we had 100-meter races, 200-meter races, 400-m races, 800-m races, 1000-meter races, 1500-m races and a couple of field events.  I took part in a 100-meter race and 200-meter race.  The result was not good.  To be honest, I was the last in both of the races.  I was shocked and it must be because I got fatter than before. Haha:)  However, I got a chance to make some kiwi friends on the day.  
The girl student next to me in the photo in the middle is my kiwi friend who lives in the same town as me.  Her name is Courtney.  She looks quiet but she doesn't stop talking when she talks to me.  I sometimes go to her house to talk with her and her sister after school and on weekends.  Also, I would often visit her place to go into the swimming pool when I felt hot in summer.  It was awesome!!!  I want to go into the swimming pool again after winter.  Haha:)  Next, the girl student wearing a special hat in the photo on the right and the boy student who is next to her are my best kiwi friends.  The name of the girl is Ruth and the boy is Tristan.  They are fantastic:)  I talk with them, eat morning tea and lunch every day.  To be frank with you, I couldn't understand their English at first but I kept talking to them every day.  Thanks to them, my English has gotten better than before.  If I hadn't talked to them, I couldn't speak English well.  I think my life has changed because of them.   Anyway, I want to say 'thanks' to them.  I do many fun things with them.  For example, I watched movies with them during the school holiday.  Also, I went to youth group after school with them.  Have you heard about youth group?  It is a religious organization.  There are many people who believe in Christianity.  As you know, Christianity is believed by most people in New Zealand.  My kiwi friends believe in Christianity, too, and what is more, their names come from the Bible.  Anyway, I was taught a lot of things by many people when I went to the youth group.  It was fun and interesting.  I sang a Christian song but it was like rock music.  Then I did orienteering.  I had a very good time with them and I got a chance to communicate with a lot of other people as well.  On the next holiday, I'm going to an amusement park in Auckland for my kiwi friend's birthday.  I'm really excited about it. Haha:)  Anyway, my life in New Zealand is drawing to an end.  I will try to make good use of the rest of my life here.

I have found a new dream for my future here.  Of course, I had a dream when I entered Jin-ai Girls High School but recent events changed my mind.  Did you watch the news that a big earthquake happened in the south island in New Zealand near the end of February?  It became the talk of New Zealand and I think it did in Japan as well.   Rescue teams from many countries came here to rescue people who were buried in collapsed buildings.  After a short time, our own country was hit by tsunami and it caused a great deal of damage to Japan.  After one month my mum in Japan sent a birthday card and some newspapers to me on my 17th birthday.  I was surprised to read the newspaper about the tsunami and the damage was beyond my expectation.  My mum only sent a birthday card and newspapers to me, but she might have wanted to say to me that it is not always natural to live an uneventful life and also that I should be grateful.  I think my mum taught it to me.  At the moment, I think it is a miracle that I can study abroad and I can live a peaceful life.  I learnt about a feeling of gratitude due to the news of the big earthquake in New Zealand and the tsunami in Japan.  As far as I know, there are many people who are having a hard time because of a dispute or because of a natural disaster.    There are many children who are suffering from food shortages and children who can't get enough education at school.  There are many places in the world which are not safe.  There are many countries where there aren't enough doctors who can treat people injured in a disaster.  I'd like to get a job where I can help those people in need and bring back their smiles.  I hope I can make a happy environment for them.  This is my dream.

Thanks for reading my essay.


皆さん、こんにちは。私は実央です。調子はどうですか。私は元気ですが、先月は高熱を出し、5日間寝込みました。私は、ナティアという町にあるハウラキプレインズカレッジに通っていて、ナティアは、福井市の100分の1の大きさです。私は、1月の終わりから、ケレペヒという小さな田舎町に住んでいます。日本を離れてからもう7か月も過ぎてしまいました。不思議なことですが、時間が経つのがすごく早いです。日本にいるときは、好きなことをしてうれしい時以外、こんな風に感じたことはありませんでした。でも、ここでは、毎日時間が経つのが早いです。日本に帰りたくなく、できれはここにいたいです。日本の家族や友達は、これを読むと悲しむかもしれませんが...。ごめんなさい。とにかく、私は、ニュージーランドがとても好きです。毎日楽しく過ごしています。ここでの残された時間を、後悔しないよう毎日を送りたいです。

私が学校や家でどのように過ごしているのかをお話ししたいと思います。まずは、私の素晴らしいホストファミリーについてです。私のホストファミリーは、お父さんとお母さんと弟と妹です。(左側の写真に写っている子ども達がホストブラザーとホストシスターです。)ケレペヒという町に住んでいて、ニュージーランド最大の街であるオークランドから100キロほどにあります。オークランドまでは車で1時間くらいです。週末は、よくDVDを見ます。子供たちともよく遊び、ホストファザーとホストマザーともよく話をします。正直言うと、あまりにも素敵な家族なので、全てを書きだすことはできません。ホストファミリーは、私に話しかけてくれるときは、いつも笑顔です。私が困っていて、どう気持ちを表していいか分からない時も、笑顔で私を助けてくれます。とにかく、私は、家族の笑顔が大好きです。この家族に出会えたことをとても嬉しく思い、心から楽しい生活を送っています。

次に、ニュージーランドの友達について書きます。先生が、運動会の日に上の2枚の写真を撮ってくれました。そうそう、日本では運動会の時は生徒たちは、赤や青、黄色といった色のグループに分かれますが、ニュージーランドではそうではありません。私の学校では、4つのグループがあり、町の近くを流れる川の名前がついています。ワイホ、ティカパ、ピアコ、オヒネムリという名前です。私は、ワイホグループです。運動会の日では、100メートル走、200メートル走、400メートル走、800メートル走、1000メートル走、1500メートル走といくつかのフィールド競技がありました。私は100メートル走と200メートル走に参加しました。結果はあまりよくありませんでした。正直言うと、2つともビリでした。ショックでした。きっと前より太ったからだと思います。でも、その日に友達を作ることができました。
真ん中の写真で私の横にいる女の子は、私と同じ町に住んでいる友達です。コートニーという名前です。物静かに見えますが、私に話しかけてくるときは、話が止まりません。放課後や週末は、時々彼女の家に家って、彼女や彼女の妹とおしゃべりをします。また、夏暑かったときは、よく彼女の家のプールに入りに行きました。とても楽しかったです。冬が終わったら、またプールに入りに行きたいです。右の写真ですごい帽子をかぶっている女の子とその横にいる男の子は、私の親友です。女の子の名前はルースで、男の子はトリスタンです。二人ともとてもいい友達です。私は毎日二人と話しをし、モーニングティーとランチを一緒に食べます。正直言うと、最初、二人の英語が分かりませんでした。でも、私は、毎日二人に話しかけました。二人のおかげで、私の英語は前よりもずっとうまくなりました。もし、二人と話していなければ、英語が今のようにうまくは話せていないと思います。二人のおかげで、私の生活は変わりました。とにかく、二人には「ありがとう」と言いたいです。私は、彼らと楽しいことをたくさんします。たとえは、休暇中には、一緒に映画を見ました。また、放課後には、ユースグループに行きました。ユースグループって聞いたことがありますか。それは、宗教的な集まりです。キリスト教を信仰している人がたくさんいて、ご存じの通り、ニュージーランドでは多くの人がキリスト教信者です。私のニュージーランドの友達もキリスト教を信仰していて、さらには、彼らの名前も聖書からとられています。とにかく、ユースグループに参加したときは、たくさんの人からたくさんのことを教えてもらいました。楽しく興味深かったです。キリスト教の歌を歌いましたが、ロックミュージックのようでした。それから、オリエンテーリングをしました。とても楽しい時間で、他の人とも話をする機会になりました。今度の休暇には、友達の誕生日にオークランドの遊園地に行きます。とても楽しみです。とにかく、ニュージーランドでの生活は終わりに近づいていますが、残りの時間を大切にしたいです。

ここに来てから、新たな将来の夢を見つけました。仁愛高校に入学した時にも夢はありましたが、最近起こった出来事のために、私の気持ちは変わりました。2月下旬にニュージーランドの南島で起こった大きな地震のニュースを見ましたか。ニュージーランドでは大きな話題となりました。日本でもそうだったと思います。崩壊した建物に埋もれた人々を助けるために、多くの国々からレスキュー隊がやって来ました。その直後、日本では津波が発生し、大きな被害を受けました。1か月後、私の17歳の誕生日だったので、日本の母がバースデイカードと新聞を送ってくれました。津波に関する新聞を読み、私の予想をはるかに超えるものだったと知り驚きました。母は、カードと新聞しか送ってきませんでしたが、私に、「平穏無事な生活を送れることが当然であるとは限らず、感謝すべきだ」ということを伝えたかったのかもしれません。そのことを母は私に教えてくれました。今、私は、留学をして平和な生活を送れていることを奇跡だと思っています。ニュージーランドの地震と日本の津波から、私は、感謝の気持ちを学びました。私の知る限り、世界には、紛争や自然災害で過酷な生活を強いられている人がたくさんいます。食糧不足で苦しんでいる子どもたちや、学校で教育が受けられない子どもたちもたくさんいます。世界には安全ではない場所がたくさんあります。災害での負傷者を治療してくれる医者が十分にいない国がたくさんあります。私は、困っている人たちを助け、笑顔を取り戻せるような仕事に就きたいと考えています。そして、幸せな環境を作っていきたいです。これが私の夢です。

読んでくださってありがとうございました。

2011年08月30日

Itsumi
itsumi.jpg

Hello guys!  I'm Itsumi Takamura.  Studying in New Zealand for about one year seemed so long, but in fact, seven months have already passed. You know what I want to say?  I really suppose "Time Flies."  Therefore, I always try to spend my precious time in New Zealand carefully and lively! :) 

 I'm going to talk about my REAL life in New Zealand.  In short, I'll tell you what's going on around me now!  First of all, I'll introduce myself a little bit.  I came to New Zealand to study English, make foreign friends, learn about myself and reconsider everything around me.  Another purpose is to find the exact dream for my future.  I mean, so far, I don't know what I want to do in the future.  I hope to think about it step by step during my education here.  I live in Whangarei and I go to Pompallier Catholic College.  There are about 500 students including six exchange students.  As you can see, my host school is a religious school.  It means that all students are Christian except for some students like me.  In Religious Study class, we learn holy stuff, the reasons why people were born, who Jesus is, what the justice is, and so on.  By the way, there are many options of subjects to choose from at this school.  I take Media, ESOL, Sewing and Designing, Hospitality, Religious Study, Math and Biology.  Actually, Biology and Media are quite hard for me to understand because they have many difficult terms.  Moreover, I'm not good at sewing and cooking.  However, I decided to take Sewing and Designing and Hospitality because I wanted to try something I am not good at in New Zealand.  I always try to make myself better as best I can! 

Next, I'll tell you about my host family.  They are so kind to me.  I have host mom, host dad, host brother and a cat.  All of them like kidding me! :D My host mom teaches P.E. at Pompallier College.  She always thinks about the health of our family members and cooks yummy and healthy meals!  My host dad is a calm man, and he always gives me good advice about my English, especially about my pronunciation.  My host brother is a really nice and cool boy!  Haha.  He loves Japanese cars and he is interested in Japan, so we sometimes talk about Japanese stuff. 

I have found many hobbies since I came to New Zealand.  One of my present hobbies is listening to music!  I never listened to Western music in Japan but one day, my friend gave me some nice Western HIP-HOP music.  I really loved it!  And I also like singing so I always imitate songs, checking the lyrics.  I reckon it's a really good practice for me because I can understand what they want to say in the songs deeply.  I can read and speak English faster through reading lyrics of songs and singing songs as well.  My other hobby is dancing!  Afterschool every Friday, I join a dance club at school.  My friends and I can enjoy nice music, so I really like the club!  We are now practicing for the competition held in October. 

My next topic is about food in New Zealand!  What I recommend to you is wonderful and yummy snacks!  I like "Tim Tam" and "One dollar cookie" very much!  I always get them at the canteen or a supermarket.  I'm sure that most New Zealand sweets are sweeter than Japanese ones, and really yummy!  But I know they make me fat. Haha!  New Zealand's iconic foods are Hokey Pokey ice-cream, Fish and Chips and Pavlova.  They are also delicious!  We can't eat them in Japan, so I gonna miss them after I go back to Japan...  

As for my routine for English, I keep doing three things every day.  First, I keep my journal in English every day.  I like doing that because I can reflect on what I did on a particular day when I read my journal later.  Second, I always do homework and study English by myself using vocabulary textbooks.  It is hard for me to memorize many words but I can feel that it makes me tough.  Third, I always make sentences using the new vocabulary I learn on the day and say these sentences aloud to my host family.  They check these and give me advice every night.  It helps me a lot!  I appreciate my host family's help. 

Lastly, I want to talk about the changes of my perspective after coming to New Zealand.  I used to have a narrow outlook on everything before.  In other words, I was set in my view and I thought I was always right.  But somebody told me it's wrong!  She suggested I should listen to others' opinions and make a decision!  Now I listen to others before I decide if my idea is right or wrong.  And also, I've realized how important my family, friends, teachers and Japan are!  I think all of my classmates have realized the same thing, too.  I still miss the people and things in Japan, but I'm sure I will miss the people and things in New Zealand after going back to Japan because I really like them!  I have only three months left, so I have to do everything I want to do here in haste!   At the same time, I can't wait to see my lovely Eiryu members, my family, my friends and my teachers! 

Thank you for reading! xoxo 


皆さんこんにちは。私は高村伊津美です。ニュージーランドで約1年間勉強するのは、とても長いように思っていました。しかし、実際には、もう7か月が過ぎてしまいました。私が言いたいことが分かりますか。「光陰矢の如し」です。そのため、わたしは、常に、ニュージーランドでの貴重な時間を大切に、そして、元気に過ごすように努めています。

私のニュージーランドでの実生活についてお話します。簡単に言えば、私の周りで何が起こっているかについてです。まずは、簡単に自己紹介をします。私は、英語の勉強をするため、外国の友達を作るため、そして自分を見つめなおすためにニュージーランドにきました。もう一つの目的は、将来の夢を見つけることです。今のところ、将来何がしたいのか分かりません。ここで勉強している間に、少しずつ考えていきたいと思います。私は、ワンガレイというところに住んでいて、ポンパリアカソリックカレッジに通っています。6人の留学生を含め、全校生徒は約500人です。お分かりの通り、この学校は宗教的な学校です。つまり、私のような数名の生徒を除いては、皆キリスト教信者ということです。宗教の授業では、神に関することについて、人間はなぜ生まれたのか、イエスキリストはどのような人なのか、正義とは何か、などについて学びます。ところで、この学校には、選択できる授業がたくさんあります。私は、メディア、ESOL(=外国語話者への英語の授業)、裁縫、ホスピタリティー(=料理などをする授業)、宗教、数学、生物の授業をとっています。生物とメディアは、専門用語がたくさんあるので、理解するのがかなり難しいです。さらに、私は裁縫と料理が苦手です。でも、ニュージーランドでは苦手なことにも取り組もうと思い、裁縫とホスピタリティーを選択しました。いつも、できるだけ自分を高めようと努力しています。

次に、私のホストファミリーについてお話します。みんなとても親切です。お母さんとお父さん、弟、ねこがいます。みんな私をからかうのがすきです。お母さんはポンパリアカレッジで体育を教えています。いつも家族の健康のことを考え、おいしくて健康にいい食事を作ってくれます。お父さんは落ち着いた人で、私の英語、特に発音に関して、いつもアドバイスをくれます。弟はとてもかっこいいです。日本の車が好きで、日本に興味があるので、私たちは日本のものについて時々話をします。

私は、ニュージーランドに来てから、たくさんの趣味ができました。今の私の趣味の一つは、音楽を聴くことです。日本では、洋楽を聞いたことがありませんでしたが、ある日、友達がとても素敵なヒップホップの音楽を聞かせてくれました。その音楽がとても気に入りました。歌を歌うのも好きなので、いつも歌詞を見ながら真似して歌っています。その歌の意味をしっかり理解できるので、私にはとてもいい練習になっていると思います。その上、歌詞を読んだり歌ったりすることで、英語を速く読んだり話したりできるようになりました。もう一つの趣味は、ダンスです。毎週金曜日の放課後、学校でダンスクラブに参加しています。友達と一緒に素晴らしい音楽を楽しめるので、クラブが大好きです。今は、10月に行われる大会に向けて練習しています。

次の話題はニュージーランドの食べ物です。私のおすすめは、おいしいお菓子です。私は「ティムタム」と「1ドルクッキー」がとても好きです。いつもキャンティーン(=学校の売店)やスーパーでそれらを買います。ニュージーランドのお菓子は、日本のものより甘く、すごくおいしいです。でも、それらを食べると太るということも分かっています。ニュージーランドの伝統的な食べ物はホキーポキーアイスクリームとフィッシュアンドチップス、パブロバです。それらもおいしいです。日本では食べられないので、日本に帰ったら、恋しいと思います。

私の英語に関する日課ですが、毎日3つのことをしています。まずは、毎日英語で日記を書いています。後で読み返してみると、その日に何をしたかを思い出すことができるので、とても好きです。2つ目は、宿題をすることと単語の本を使って自分で英語の勉強をすることです。たくさんの単語を覚えるのは大変ですが、そうすることで粘り強くなったと感じています。3つ目は、その日に学んだ単語を使って文を作り、その文を声に出してホストファミリーに言うことです。ホストファミリーは、毎晩それらの文を確認してくれ、アドバイスをくれます。とても助かっています。ホストファミリーが助けてくれることをとても感謝しています。

最後に、ニュージーランドに来てから、私の見方が変わったことについて述べたいと思います。私は以前、何事に対しても見解が狭かったと思います。言い換えれば、自分の考えだけにとらわれ、いつでも自分が正しいと思っていました。しかし、ある人が、それは間違っている、と教えてくれました。他の人の意見を聞いてから判断すべきだと言われました。今は、私の考えが正しいか間違っているかを判断する前に、他の人の話を聞くようにしています。また、家族や友達、先生方、日本という国が自分にとってどれだけ重要なものであるかにも気づきました。私のクラスメート全員が同じようなことに気付いていると思います。私は今でも日本の人々や物が恋しいですが、ニュージーランドの人や物も大好きなので、日本に帰ったらそれらを恋しく思うだろうと思います。もう3か月しかないので、ここでしたいことを急いでしようと思います。同時に、英語留学コースのクラスメートや家族、友達、先生方に会えるのが待ち遠しいです。

読んでくださって、ありがとうございました。

2011年08月04日

Nao
nao.jpg 

My Discoveries in NZ

I'm Nao Fujita and I go to Central Hawke's Bay College in New Zealand.
I've found many differences between Japan and New Zealand since I started to live here. Today I'll tell you about some of those things.

Firstly, I'll write about the environment of the town where I live.  The town is called Waipukurau and it's a small town.  I can see a lot of farms and farm animals if I go out a little bit into the country.  The scenery is very nice and beautiful.   I can also see the wonderful sky with plenty of shiny stars and a big moon.  I can see them much more clearly than I could in Japan because most buildings here are not so high.  I feel as if I were in a planetarium.  Furthermore, people who live in my town are very friendly.  They give me their big and lovely smiley faces whenever I greet or talk to them.

Secondly, I'll write about my life.  I can sleep much longer in New Zealand.  I get up at seven every morning and go to bed at 10:30.  My host sisters go to bed at 7:30 every night, and all of the lights are turned off by eleven o'clock at the latest.  Who does that in Japan?  After I go back to Japan, I'm sure that I will not be able to stay up as late as I did last year.  Thanks to the long sleeping time, I am very healthy.  However, there is one thing that I don't think is good for my health.  I'm putting on weight day by day!  It's because there are five meals in New Zealand.  People have breakfast, morning tea, lunch, afternoon tea, and dinner each day.  At first, I wasn't hungry at morning tea time and afternoon tea time because we don't have such a custom in Japan.  Now, however, I cannot help eating something during morning and afternoon tea time.  I'm always starving.  Speaking of food, Kiwis' favorite food is fish & chips.  I see it on every menu if I visit a shop to get food.  In addition, I found another interesting difference.  The way of washing the dishes is totally different.  People in NZ don't use any water to wash the soap away.  When they do the dishes, they use a bucket of hot and soapy water and wash the dishes in the bucket.  Then, they dry the dishes with a towel without rinsing the dishes.  It was unbelievable for me when I saw that for the first time.  Many people do use a dish washer, though. 

There are many differences at school as well.  In New Zealand, many school buildings are single-story.  Students move from classroom to classroom, and they take only six subjects.  In my art class and music class, there are many skillful students.  They create their own art work or music using their sensibility.  In my math class, calculators are necessities to solve questions and they have many functions.  Also, schools in New Zealand have a pretty interesting day called "mufti day."  Mufti means private clothes.  On that day, students go to school in clothes they like, not in the school uniform.  But the clothes should be black or red.  On this day our school looks very different and interesting.  On a mufti day, students are supposed to donate some money.  I wish Japanese schools had such an interesting event.  I think Japanese schools are solemn. 

Living in another country is not very easy for me because people speak different languages and have different cultures and customs.  However, it is very interesting and special at the same time.  I can learn many new things from other viewpoints.  I'm really enjoying living here in New Zealand. Today, I eat like a kiwi, wear clothes like a kiwi and talk like a kiwi.  I've become KIWI-IFIED!


ニュージーランドでの発見

私は藤田奈央です。ニュージーランドのセントラルホークスベイカレッジに通っています。
ここで生活を始めてから、日本とニュージーランドの違いをたくさん見つけました。今回は、それらの違いについてお伝えしようと思います。

まずは、私が住んでいる町についてです。ワイプクラウという小さな町です。少し田舎の方に行けば、たくさんの農場があり、動物もいっぱいいます。景色はとても素敵できれいです。たくさんの星が輝き大きな月が浮かぶ空を見ることもできます。ここにあるほとんどの建物はそれほど高くないので、日本でよりもずっとはっきり見えます。まるで、プラネタリウムにいるようです。さらに、私の町に住む人々はとてもフレンドリーです。私が挨拶したり話しかけたりすると、みんないつも素敵な笑顔を見せてくれます。

次に、私の生活についてです。ニュージーランドでは、たっぷり寝ています。私は、毎朝7時に起きて、10時半に寝ます。私のホストシスターたちは、毎晩7時半に寝ます。そして、全ての電気は、遅くても11時までには消されてしまいます。日本で誰がこのようなことをするでしょうか。私は、日本に帰ったら、去年のように遅くまで起きていることはきっとできないと思います。よく寝ているおかげで、私はとても元気です。しかし、健康によくないと思うことが一つあります。日に日に太ってきていることです。これは、ニュージーランドでは、一日に5回食事をするからです。みんな、朝食、モーニングティー、昼食、アフタヌーンティー、夕食をとります。初めは、私はモーニングティーとアフタヌーンティーの時間は、おなかがすいていませんでした。日本ではそのような習慣がなかったからです。しかし、今は、モーニングティーとアフタヌーンティーの時間に何も食べないではいられません。私はいつもおなかがすいています。食べ物と言えば、ニュージーランドの人の好きな食べ物は、フィッシュ&チップス(白身魚を揚げたものとフライドポテト)です。食べ物を買いにお店に行くと、どこのメニューにものっています。さらに、もう一つおもしろい違いを見つけました。皿洗いの仕方が全く違います。ニュージーランドの人々は洗剤を流すのに水を使いません。バケツにお湯と洗剤を入れてその中で皿を洗うのですが、その後すすがずにタオルで皿を拭きます。初めてその光景を見たときは、信じられませんでした。たいていの人は食器洗い機を使うみたいですが。

学校にもたくさんの違いがあります。ニュージーランドでは、多くの校舎が平屋建てです。生徒が教室を移動し、授業は6教科だけです。芸術と音楽のクラスには、能力がある生徒がたくさんいます。自分達の感覚で、芸術作品や音楽を創造します。数学の授業では、問題を解くのに計算機が必需品で、計算機は多機能です。また、ニュージーランドの学校には、「マフティデイ」と呼ばれる面白い日があります。「マフティ」とは私服のことです。その日は、生徒は制服ではなく、私服で登校します。私服は黒か赤でなければなりません。学校の雰囲気はいつもとは違っていて興味深いです。マフティデイには、生徒達は小額の募金をします。日本にもこのような楽しい行事があるといいのですが。日本の学校は厳しいと思います。

外国に住むのは、私にとっては簡単なことではありません。みんな違う言語を話し、違う文化や習慣があるからです。しかし、同時にとても興味深く特別なことでもあります。違った観点からたくさんの新しいことを学ぶことができます。私はニュージーランドでの生活をとても楽しんでいます。今、私はニュージーランドの人と同じように食べ、同じような服装をし、同じように話します。私は、ニュージーランド人のようになってしまいました。

2011年07月15日

Mizuki
mizuki_2.jpg

Hello, everyone!! 
I'm Mizuki Amaya and I am a Year 11 student at Waiuku College.  I've been here for about five months.  I really enjoy staying in New Zealand.
Have you read the messages from my friends?  Their messages are amazing, aren't they??  I don't think I can write well like them, but I will try very hard, so please read my message.
I have a dream of becoming a flight attendant.  I've been thinking about it since I was twelve years old.  As you know, flight attendants speak very good English and I admire how perfectly they talk in English with foreign people.  In order to be a flight attendant, I need to be able to speak English well.  That's why I decided to go to Jin-ai Girls' High School and study in New Zealand.
I started to study English when I entered junior high school.  In high school, I studied English much harder.  I studied English every day so that I could lead a successful life in New Zealand.  Before I left Japan, I set a goal : "By the time I come back to Japan, I will be good at speaking, listening, writing and reading English."
However, in spite of my four-year-study of English, I couldn't make myself understood in English and I couldn't understand anything at all when I arrived in New Zealand.  Actually in February and March, when I talked to my friends, they said "Ha???", and I could not understand what they were talking about.  It was really embarrassing and I was very upset.  Also I was afraid of making mistakes.  Even so, I didn't give up.  I never thought, "I don't want to talk to kiwis any more."  I do like talking in English and I always try to talk to my kiwi friends and my host family.  If I don't understand what they are talking about or I don't know the meaning of a word, I ask them and they explain to me with easier words so that I can understand.  Kiwi people are really kind and they never think it is very troublesome to explain it to me.  They always try to understand me and communicate with me.  I don't think my English ability is good enough, but thanks to my host family and my friends, I can feel my English speaking and listening skills improving day by day.
Now I enjoy talking not only with native people but also with other international students.  We have our own languages but we can talk in English.  It is interesting, isn't it?  I can talk about my own county and I can learn about other countries.  It is fun to understand that there are many different cultures in the world.  I'd like to talk more with more people.
On the other hands, I am not good at reading and writing English.  Every time I try to read English, I feel really tired.  Even when I get a piece of paper to read in class, I usually don't read it.  However, when I took the geography exam, I had to read a two-page-long newspaper article.  I regretted that I had not practiced reading harder.  Of course, I could not pass the exam.  It took me a long time to read the article, so I didn't have enough time to write down my answer. 
When I came here, my host family lent me a book called "TWILIGHT" to me.  I started to read it, but it was too difficult to read it.  I had to use my dictionary many times, so I gave up reading it.  However recently I've  started to read it again to improve my reading skill.  I was surprised because I can read much better than before.  I feel really good!  I've read up to page 203.  My goal is to finish reading the book I am reading now and to start reading the twilight second series "New Moon" before going back to Japan.
I usually can't keep doing something longer than a day or two.  For example,  I had never kept a diary.  My family knows that very well. Hahaha lol!   However,  I've been keeping my diary in English since I came here.  
 Do you know what the exams are like in New Zealand?  In New Zealand, there is a lot of free space on a test where students are supposed to write their opinions.  It means that I have to write down my opinions on a test.  Speaking of exams, guess what!!!  I made it!!  I got a MERIT on the math exam.  In Japan I hated math.  No matter how hard I studied, I could not get a good scors.  Do you think math exams in New Zealand are just to test your ability to calculate??  NO WAY!!  We have to explain many things in English to solve questions. HAHAHA:D  If I didn't keep my diary, I couldn't have written down my answers and couldn't get a merit. 
I think my English skill is improving day by day.  Still there is a lot of things that I have to study.  I will keep making an effort so that I can achieve my goal which I mentioned above.  And also I keep trying to do my best to realize my dream in the future.
Now I really appreciate this chance of staying and studying here in New Zealand.  I can have this valuable experience abroad thanks to my family, my friends, teachers and people who support me.  I really want to say "Thank you" to everyone.  I'll try my best the rest of my New Zealand life. 
Thank you for reading my message!

皆さんこんにちは。
私は天谷瑞葵です。ワイウクカレッジのyear11に所属しています。ここに約5ヶ月います。私はニュージーランドでの生活をとても楽しんでいます。
私の友達からのメッセージを読みましたか。とてもうまく書けていますよね。私は、それほど上手に書けませんが、がんばって書くので、ぜひ読んでください。
私は、キャビンアテンダントになりたいと思っています。12歳からそう思っています。ご存知の通り、キャビンアテンダントの方々は英語がうまく、外国の方々と英語で話している姿に私はあこがれています。キャビンアテンダントになるために、私も英語がうまくならなくてはいけません。だから、仁愛高校に来て、ニュージーランドで勉強することにしました。
私は、中学校に入学したときに英語の勉強を始めました。高校では、もっと英語の勉強を頑張りました。ニュージーランドでうまくやっていけるように、毎日英語を勉強しました。そして、日本を発つ前に、「日本に戻ってくるときには、英語のスピーキングも、リスニングも、ライティングもリーディングも上達していたい」という目標を立てました。
しかし、4年間英語を勉強していたにも関わらず、ニュージーランドに着いた当初は、英語で自分の言いたいことを言うこともできず、全く何も分かりませんでした。実際、2月や3月には、友達に話しかけると、「はっ?」と言われましたし、友達が何を話しているのか分かりませんでした。とても恥ずかしく、戸惑いました。そして、間違えるのも嫌でした。それでも、私はあきらめませんでした。「もうニュージーランドの人たちとは話したくない!」と思ったことは一度もありません。私は英語で話すのが好きなので、いつもニュージーランドの友達やホストファミリーに話しかけるようにしています。みんなが何を話しているか分からなかったり、単語の意味が分からなかったりしたら、質問すれば、みんなは、私が分かるようにもう少し簡単な言葉で説明してくれます。ニュージーランドの人々はとても親切で、私に説明するのが面倒だとは思いません。いつも私の言いたいことを理解しようとしてくれ、私と話そうともしてくれます。私の英語力は十分だとは言えませんが、ホストファミリーや友達のおかげで、私のスピーキング力とリスニング力が日に日に伸びているのを感じています。
今は、現地の人とだけでなく、各国からの留学生と話すのも楽しいです。それぞれの母語は違っても、英語で話をすることができます。おもしろいと思いませんか。自分の国のことを伝え、他の国について学ぶことができます。世界には、違った文化があるということを知るのは楽しいです。もっと多くの人ともっとたくさん話をしたいです。
一方で、私はリーディングとライティングが苦手です。英語を読もうとするといつも疲れてしまいます。授業で読むべきものをもらっても、私はあまり読みません。しかし、地理の試験を受けたときは、2ページもある新聞記事を読まなければいけませんでした。もっと読む練習をしておけばよかったと後悔しました。もちろん、試験には合格できませんでした。記事を読むのに時間がかかりすぎて、答えを書く時間がなくなってしまったからです。
私がここに来たときに、ホストファミリーが"トワイライト"という本を貸してくれました。その本を読み始めましたが、難しすぎました。辞書を何度もひかないといけなかったので、すぐ読むのをやめてしまいました。しかし、最近、リーディング力をつけるために、もう一度その本を読み始めました。前よりもすらすら読めることにびっくりしてしまいました。気分がいいです。203ページまで読み終わりました。日本に帰るまでに、今読んでいる本を読み終わり、第2巻を読み始めるのが今の目標です。
私は、何事も三日坊主です。たとえば、今まで日記を続けたことはありません。私の家族はそのことをよく知っています。でも、ここに来てからは、英語で日記を続けています。
皆さんは、ニュージーランドの試験がどのようなものかご存知ですか。ニュージーランドでは、試験には、生徒が自分の意見を書くような解答欄がたくさんあります。私も自分の意見を書かないといけないということです。試験と言えば、いい報告があります。私、頑張ったんです。私は、数学のテストで合格点をとりました。日本では、私は数学が大嫌いでした。どんなに勉強しても、いい点数をとれませんでした。ニュージーランドの数学の試験は、計算力だけを測るものだと思いますか。全くそうではありません。問題を解くのに、たくさんのことを英語で説明しなければならないのです。もし、日記を書き続けていなければ、私は答えを書けず、合格点をとれなかったと思います。
私の英語力は日々伸びていますが、まだまだ勉強すべきことがあります。先ほど書いた目標を達成するために、私は努力を続けます。そして、将来の夢をかなえるために頑張ります。
私は、今ここニュージーランドに滞在し勉強できる機会を得たことをありがたく感じています。私が海外でこのような貴重な経験ができるのも、家族や友達、先生など、私を支えてくれる人たちのおかげです。みんなに「ありがとう」を伝えたいです。残りのニュージーランドでの生活を頑張って過ごします。
読んでくださって、ありがとうございました。

2011年05月09日

Yukiko
yukiko.jpg

Hello everyone!  I'm Yukiko Nakaya.  I go to Otamatea High School, where you can find at least 10 sheep or cows before you meet some other people! LOL
I'd like to write about "mistakes."   Tomoki, my homeroom teacher, asked me to write an essay like "My daily life in NZ", but this is what I really want to tell everyone in Japan more than just to tell about my daily life.
First of all, I have to tell you what I was like in Japan.  I was QUITE an annoying girl.  For example, I rarely handed in the homework I hated, which was to correct my wrong answers on exams.  Whenever I was scolded for my bad behavior, I often didn't listen to what my teachers were saying and said in my heart "How come you scold me?  You don't know much about me.  I was too tired to do it.  There was nothing I could do about it!"  I must confess I knew my attitude negatively affected even my classmates, but I never apologized.  Also, I was afraid of making mistakes when I studied English because I didn't want to look foolish by making mistakes.  I never tried to use English words when I was not sure of their meanings or how to use them.  (Still I made heaps of mistakes, though.  lol) 
Can you see a problem in my attitude?  I HATED admitting my mistakes and that I was wrong.  If I had the same personality now, I'd write "Hi everyone!!  How are you doing?  I'm alright and spending an AWESOME time! See you in November!" as if I had no problems.
However, I got the opportunity to fix myself up here in New Zealand.  One day night, suddenly I was seized with disquiet. "Can I really become a good speaker?" "It's already April....am I really the person now who I had expected to become in Japan?" "What am I supposed to do?  I need to improve my English right now!" "My English hasn't improved while other girls' has!"  I also remembered other senior students and classmates who could speak English more fluently than me.  The thought upset me even more.  The next day, the anxiety was still with me.  So I cried at school...and I told my Kiwi friend what I had been thinking about since the previous night.  She told me "No one can improve something at the same pace as someone else, right?  Take your time, then you'll be alright." and gave me a hug.  Every single word and the hug relieved my anxiety.  Since that day, I feel less upset, and I'm not afraid of making mistakes because I am taking my time and going at my own pace.  I guess I just didn't have inner reserves of strength to accept my mistakes.
Sometimes making mistakes can be really risky for people.  No one wants to get negative attention by making mistakes. I still feel hesitant to make mistakes.  However, since I'm in New Zealand, my duty is learning not only English but how to communicate beyond the boundaries of countries even if I make a lot of mistakes.  I'll never be able to reach my goal without making mistakes. 
When I was in Japan, I thought that people scolded me because they didn't know about me. At that time, a crooked nose named "I AM RIGHT" was growing in the center of my face and the crooked nose must have hit people around me.  Now I know I was wrong.  People scolded me because they actually KNEW about me.  Now the crooked nose has been broken.  What I have to do now is to grow my nose as straight as I can from scratch.  It might be the hardest thing for me and take a long long time, but I can definitely say that this discovery has been one of the biggest benefits in my life so far.
Dear my family, teachers in Jin-ai, my cheerful classmates in NZ, and Tomoki.  I don't want to say "Sorry." but rather "Thank you."  You didn't leave me alone even though I distracted and annoyed you, and you always kept trying to put me right.  I have realized how much you guys love me and how much I love you!!
By the way, do you know how painful it is if a crooked nose hits you? You must ask Tomoki or my parents!  They must know it better than anyone else!
Thank you for your reading.
xoxo
Yukiko


こんにちは!みなさん!私はオタマティアハイスクールという、人よりも先に羊や牛を10匹は見つけられるようなところに通っています。
私は"失敗"について書こうと思います。ともき先生(担任の先生) から'私のNZの生活'という内容で作文を書いてほしいと頼まれましたが、これから書くことは、それよりも日本の皆さんに伝えたいことです。
初めに、日本で私がどのようだったか、からお話します。それはそれは迷惑な子でした!まず、私の一番嫌いな宿題、テストの直しをして再提出するという課題は、ほとんどだしませんでした!この悪い態度について怒られているときは、大抵先生の話は聞いておらず、心の中で、"なんで怒るんやし!うちのことなんてなんも知らんくせに。すっごい疲れてたし、仕方なかったんやもん!"と言っていました。白状すると、私のこの悪い態度がクラスメートにさえも悪い影響を与えていたのは知っていました。でも、謝ることは絶対しませんでした。また、英語の勉強をするときは、間違えるのが嫌でした。間違えて、馬鹿だと思われるのが嫌だったので。だから、英単語の意味や使い方に自信がなかったら、絶対に使いませんでした。(それでも間違えてばっかりでしたけどね!)
私の性格の問題、わかりますか?自分の失敗や間違いを認めるのが大の苦手だったんです。もし今の私が、日本にいたときの私と同じ性格のまんまだったら、この作文にはこう書いたでしょう。"みなさん元気ですか?!私はすっごい元気でこっちで最高のときを過ごしています!では11月に会いましょう!!"と。まるで問題なんて全くないフリをして。
しかし、そんな私にも、ここ、ニュージーランドで自分自身を改める機会がありました。ある日の夜、私は突然不安に襲われました。"本当に英語をうまくしゃべれるようになるの?""もう4月・・・日本で想像していた自分に今なれてるの?""どうしよう。今すぐ英語を伸ばさなきゃいけない。""他の子は、こうしてる間にも英語力を伸ばしているのに。!" そして私は英語を私よりもはるかに流暢にしゃべる英留の先輩や友達を思い出しました。私は更に焦りました。次の日、不安は残ったままでした。学校でも泣いてしまいました。そして私は昨日からの不安をKIWIの友達に話ました。すると彼女は"他の人と同時に同じものを伸ばせる人なんていないでしょ?落ち着いて、きっとよくなるよ"と言ってハグをしてくれました。彼女の一つ一つの言葉とハグは私の不安を和らげてくれました。その日から、私は前のように焦らなくなり、失敗を前のように恐れないようになりました。なぜなら、自分のペースでやっているからです。前の私の心には、自分の失敗や間違えが入るような隙間さえなかったのでしょう。
時々失敗をすることは大きなリスクを伴います。失敗をして否定的な注目をあびることなんて誰もされたくないですよね。私はいまだに前のように失敗をするのに抵抗を感じます。しかし、私は今ニュージランドにいる以上、課題は"英語を学ぶ"だけでなく、"失敗をしてでも、国境を越えてコミュニケーションの仕方を学ぶ"ことです。失敗しないでこの目標を成し遂げることはできません。
日本にいたときは、私のことを知らないから、みんな私のことを怒るのだと思っていました。そして、'私が正しい!'という名の曲がった鼻が私の顔の真ん中にのさばり、周りの人を攻撃していました。今なら、私が間違っていたと言えます。みんな、私のことをよく知っていたから、私のことを怒ってくれていたのです。曲がった鼻は今はもう折れてしまいました!今私がすべきことは、できるだけまっすぐな鼻をのばすこと、それも最初から。それは私にとって一番辛いことになるかもしれないし、すっごく時間がかかるかもしれません。でも、確かに言えるのは、この学んだことは今までで最も大きな収穫のひとつだということです。
家族、仁愛の先生、クラスメート、そしてともき先生へ
"ごめんなさい"よりも"ありがとう"と言いたいです。私がどれだけ迷惑をかけても、いつもほっとかないで正そうとしてくれてありがとう。今、みんながどれだけ私を思ってくれて、また私がどれだけみんなを思っているか気付きました!
ところで、曲りくねった鼻がぶつかったときの痛さって知っていますか?ともき先生や私の両親に聞いてみてください!彼らが誰よりもよく知っているでしょうから。
読んでくれてありがとう!
侑紀子

2011年05月02日

Miyu
miyu.jpg

KIA ORA!!!

HELLO everyone! How are you doing? My name is Miyu Takamura. I live in Te Awamutu. Am I the first one writing this kind of message? Three months have already passed since I left Japan. When I look back, each day has been VERY long and difficult especially at the beginning, but HOW FAST TIME FLIES! I'm getting used to NZ life and having a WONDERFUL time. 

Yes! Holidays! Most of the schools are on Term 1 holidays for about 2 weeks. Guess what? Last weekend I went to the Auckland Camp. I spent 3 days with my EIRYU mates discussing our lives in NZ and just kept TALKING TALKING and TALKING until the sun rose up:) 3 days went SUPER fast. It was a good opportunity to catch up with everyone. We won't see each other till November. It's quite long aye? I'M MISSING THEM LOTS ALREADY! LOL Anyway, I went to a camp called EASTER CAMP for 5 days. I only knew a few friends going there and was a little bit worried to go. However, I've made many friends from different towns. With 200 people, we had a game competition and I WON! Hahah The highlight of the camp was the bright big CARNIVAL. We played on the bouncy castle, games, danced, ate a lot and heaps more! I had HUGE fun:P I'm participating in lots of events at school and also in the community and I'm learning from them NOT only enjoying them. LOL To be honest, I don't want to go back to school for Term 2. Hahaha

Talking about my FANTASTIC host family, we live on the edge of town in a lifestyle block with a host father, mother, brother Eli and CUTE pets! (dogs, a fish, a horse, sheep and cows) All of the members in my family are REALLY nice and VERY funny. They understand me and listen to me. I feel HAPPY when I'm with them. I thought I'm going to miss Japanese food but NAR! My host parents cooking is SO YUMMY:P I can't stop eating because it is all so delicious! Hahah Guess what's happening? The pants I brought from home are getting TIGHTER and TIGHTER! What a shame...Anyway, it was EASTER WEEK last week! With Eli, we had egg hunting in the house. Cool aye? LOL I'm having a great time with my host family.

I have 7 more months in NZ. (to tell the truth, 7 months seems VERY long for me. Hahah) When I was back home, I often forget how much I owe to my family. I want to say THANK YOU VERY MUCH to my family in Japan for giving me such a valuable experience that not everyone can have. I don't know if my English is improving or not, but I'll work hard. By the time when I go back, I hope I can be like a KIWI! Hahaha

I'll write again. Hope my English will be BETTER by then!


KIA ORA!!!(マオリ語で「こんにちは」の意味)

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしですか。私は高村美優です。Te Awamutuという町に住んでいます。今年度、このようなメッセージを書くのは、私が初めてですね。日本を離れてから、すでに3カ月が過ぎました。振り返ってみると、特に初めのころは、一日が長くて大変です。でも、時間が過ぎるのは早いですね。今、私は、ニュージーランドの生活にも慣れ始め、楽しい毎日を送っています。

私は、今(=4月下旬)は休暇中です。大体の学校は、1学期が終わった後、約2週間の休暇があります。聞いてください。私は先週、オークランドでのキャンプに行きました。英語留学コースのクラスメートと3日間過ごし、お互いの留学生活について話し合いました。夜が明けるまで語り合ってしまいました。3日間はあっという間でした。みんなと意見を交換し合うとてもいい機会でした。もうみんなには11月まで会えません。長いと思いませんか。もうすでにみんなに会いたい気持ちでいっぱいです。それはさておき、そのあと、イースターキャンプという5日間のキャンプにも参加しました。私が知っている人で参加する人は少なかったので、参加するのが少し不安でした。しかし、他の町からの人とも友達になることができました。200人でゲームをし、私が勝ちました。すごいでしょ。そのキャンプの一番の目玉は、お祭りでした。ふあふあのお城で遊んだり、ゲームをしたり、踊ったり、たくさん食べたり、他にもいろいろなイベントがありました。とても楽しかったです。私は、学校行事や、このような地域の行事にたくさん参加していて、楽しんでいるだけでなく、多くのことを学んでいます。正直言って、2学期、学校には戻りたくないくらいです。

素敵なホストファミリーの話をしましょう。私は、ホストマザーとホストファザー、ホストブラザーのEliと動物たち(犬、魚、馬、羊、牛)と一緒に、街のはずれにある小さな農場に住んでいます。私のホストファミリーは皆とても優しく面白いです。私のことを理解してくれ、話も聞いてくれます。一緒にいると楽しいです。日本食を食べたくなるだろうと思っていましたが、全くそうではありません。ホストファザーとマザーの料理はとても上手で、おいしくて食べるのがやめられません。そのため、どのようなことが起こっていると思いますか。お恥ずかしいことですが、日本から持ってきたズボンがきつくなってきています。ま、仕方ないですね。そうそう、先週は、イースターでした。Eliと家で「卵探し」をしました。いいでしょ。とにかく、私は、ホストファミリーとの生活を満喫しています。

ニュージーランドにいるのはあと7か月です。(7か月って、長く感じます。)日本にいるときは、自分がどれくらい家族に頼っているのかなんて、忘れていたことが多いです。日本の家族には、皆ができるわけではない経験を私にさせてくれたことに対して感謝の気持ちを伝えたいです。私の英語が伸びているかどうかはわかりませんが、一生懸命頑張ります。日本に帰るころまでには、ニュージーランドの人のようになっていたいです。

また書きます。その時までには、私の英語がもっと上手になっているといいです。

メッセージ

PAGE TOP