NZからのメッセージ ニュージーランドへ留学中の仁高生から届いたメッセージをご紹介いたします。メッセージは英語と日本語で掲載しております。

2014年02月25日

Natsuka

natsuka.jpg

 

Hello, everyone.  How are you?  I’m Natsuka Yamamoto.  I go to Bream Bay College and I’m enjoying my life in New Zealand.  A month has passed since I left Japan.  In only one month, I have already had many interesting experiences, so I’ll tell you about them.
 
My classmates and I stayed in Rotorua for the first two weeks, and we commuted to John Paul College.   We learned about New Zealand, such as Maori culture, its geography, its history and sports.  It was during the holiday for kiwi students, so the classes were just for us.   In the morning, we studied in the classroom, then in the afternoon, we visited exciting places.  Among the places we visited, Te Puia was the most exciting place for me because I could see kiwi birds there.  Kiwi birds live only in New Zealand and they are an endangered species.  The house of kiwi birds was very dark because they are nocturnal, but I was able to find them.  They were so cute and I want to see them again!  In Te Puia, I also enjoyed seeing Maori culture and geysers.  I had a very good time there.
 
After we spent two weeks in Rotorua, I came to Ruakaka, where I live now.  At school, I take English, math, science, music, geography, hospitality and E.S.O.L.  I join the classes as a usual student.  It is hard for me to understand what my teachers say, but some subjects are easy for me because I have already learned the information in Japan.  My aim is to speak to kiwi students whom I haven’t talked to and to make friends.  It is not easy for me, but I’ll never give up.
 
I’ll introduce my host family.  There are only my host mother and a dog in my host family, but we enjoy our life.  We often go to the beach because we can go there in five minutes by car!!  The beaches in New Zealand are not crowded and the water is very clear!  A couple of weeks ago, I collected many shells at the beach and put them on the mirror which is hung on the wall in my room.  Decorated with the shells, the mirror looks so pretty.  My host mother talked to some neighbours about the mirror, and then they visited my room to see it.  The mirror is my favourite thing in my room.
 
The other day, I went fishing on a boat with my host mother and her friends.  Actually, I had never been fishing before, so I was worried if I would be able to catch fish.  However, to my great surprise, I caught five fish.  They were including the first one and the biggest one. On the other hand, my host mother didn’t catch anything. She and her friends praised me.  The next day, we ate the fish I caught as fish and chips for dinner.  It was so yummy.  Since the day of the fishing trip, I have begun to be called “fisherwoman” by some people who know my fishing skills.
 
As you can see, I experience new things every day, and I really enjoy my life in New Zealand.  I already don’t want to go back to Japan!! (I’m sorry for my family, teachers, friends and other people who are waiting for me to come back.) Anyway, I learn English and experience many things here.
 
Finally, I want to say thank you to everyone who is supporting me. 
 
Thank you for reading.
 
Natsuka
 
P.S. The picture is me with the first fish I caught.
 
 
------------
 
みなさん、こんにちは。お元気ですか。私は山本夏香です。私は今、ブリーム・ベイカレッジに通っていて、ニュージーランドでの生活を楽しんでいます。私が日本を出発してから、1ヵ月が過ぎました。たった1ヵ月ですが、私はすでに、おもしろいことをたくさん体験したので、それをみなさんにお伝えしたいと思います。
 
最初の2週間、私とクラスメイトはロトルアで生活していて、ジョン・ポールカレッジに通っていました。私たちはニュージーランドのマオリの文化や地理、歴史、スポーツなどについて学びました。その2週間は、ニュージーランドの生徒にとっては休み中だったので、授業は私たちのためだけのものでした。午前中は教室で勉強をして、午後は楽しい場所に出かけました。テ・プイアというところが私にとっては最も楽しめた場所で、そこでキウイを見ることができました。キウイはニュージーランドだけに生息していて、絶滅危惧種に指定されています。また、キウイは夜行性の動物なのでキウイハウスはとても暗かったのですが、私はキウイを見つけることができました。キウイはとてもかわいかったので、もう一度見たいです。そこでは、マオリの文化や間欠泉を見ることもできました。とても楽しかったです。
 
最初の2週間が終わって、私は今住んでいるルアカカに来ました。学校では、英語・数学・理科・音楽・地理・家庭科・E.S.O.L.の授業をとっていて、普通の生徒として参加しています。先生方が言っていることを理解するのは難しいのですが、いくつかの教科はすでに日本で習ったことがあるものなので簡単です。そして、私の今の目標は、自分で友達を作るために、まだ話しかけたことのない生徒に話しかけることです。これは私にとって簡単なことではありませんが、あきらめません。
 
私のホストファミリーを紹介します。私のホストファミリーはホストマザーと犬だけですが、私たちなりに生活を楽しんでいます。私たちはよくビーチに行きます。なぜなら、車で5分で行けるからです。ニュージーランドのビーチは混雑していなくて、海水がとてもきれいです。少し前に、私はビーチで貝殻を拾って、ホストマザーが私の部屋の壁にかけてくれた鏡のまわりに付けました。貝殻を付けたことで、その鏡はとてもかわいくなったので、ホストマザーがそのことを近所の人たちに話し、みんなが鏡を見に私の部屋に来ました。その鏡は、私のお気に入りです。
 
先日、私はホストマザーと彼女の友達と一緒に船に乗って魚釣りに行きました。実は、私はそれまで魚釣りに行ったことがなかったので、釣れるかどうか心配でした。しかし、驚いたことに、ホストマザーでさえ一匹も釣れなかったのに、私はその日の一匹目と最も大きな魚を含む5匹を釣ることができました。ホストマザーと友達は、私をほめてくれました。次の日、私たちは夕食にその魚をフィッシュ&チップスにして食べました。とってもおいしかったです(何より、自分で釣った魚ですから!!)。魚釣りの後、私の魚釣りの才能について聞いた人たちから、「フィッシャーウーマン(女性の漁師)」と呼ばれるようになりました。
 
このように、私は毎日新しいことを体験しています。そして、ニュージーランドでの生活をとても楽しんでいます。だから、もうすでに日本に帰りたくありません!(家族や先生方、友達、そして私の帰りを待っている方々、ごめんなさい。)とにかく、私はここで英語を学び、様々なことを体験します。
 
最後に、私を支えてくださっているすべての方々に‘ありがとう’と伝えたいです。
 
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
 
夏香
 
P.S. 写真は私と一匹目の魚のものです。

2013年11月09日

Yuria
Yuria.jpg
 
Hello, everyone. How are you doing? I’m Yuria Matsuoka. I go to Bream Bay College. I can’t believe that I’ve stayed here in New Zealand for more 9 months already and I have only less than a month until I go back to Japan. I’ve experienced many things, and I want to tell you about some of them.
 
Around in April, I played the piano in an assembly in front of all of the students at school. I got this opportunity by being asked by my international dean. When I performed, I was soooo nervous and my whole body was shaking, especially my hands.  I played classical music, but in this school rock music is very popular, so I had thought that everyone would be not interested in the classical music and was worried that everyone would get bored during my play. But they listened quietly till the end. And after I finished playing, they gave me a big hand. After the assembly finished, many people who I passed by praised me by saying things like, “It was great!”, “How did you remember that song?” and so on. I think it was the first time for me to be praised by so many people. My friend told me that there was a student who even stood up and clapped his hands for me. I was so glad. I appreciate the teacher who gave me such an opportunity. 
 
About a month ago, we had another school music event called, Music Night, and I performed there as well with my best kiwi friend, Caitlan, and my partner, Kaori. We performed a Japanese song, “Eikou no Kakehashi.” Kaori sang, Caitlan played the guitar and I played the piano. We practiced it in music class, at lunch time and after school together. Playing music with others is fun! In music class when we did a rehearsal, people who were around us clapped their hands and some of them said they love the song. Even our music teacher seems to have liked it. He said “The song stuck in my head!” and he was even singing it. It was very funny. On the night of Music Night, even though there was a big audience, I wasn’t so nervous because I was with Kaori and Caitlan. But actually I was worried whether the audience would enjoy it because the song is Japanese. However, after we finished the performance, everyone showed enthusiasm and gave us a big hand. The next day, in classes and when I passed by, my friends and many people who I don’t know or even haven’t talked with praised us about the performance and my piano. They seem they like the song. I was really happy and felt a sense of achievement. And I thought music is universal all over again. 
 
Lastly, I’ll tell you about my host family. I live with my host mother, Rose and my host brother, Aidan now. I also have a host father, Paul, who is staying in Dubai for his work, and a host sister, Ciara, who is staying in Dunedin for her university. Sometimes they come back home. They are Philippine but have lived in New Zealand for a long time and speak English at home. My host mother’s cooking is very delicious, so I’m always looking forward to dinner every night. Now I’m getting along with her, but actually it was different in the beginning. 
 
When I first came to the house, I tried to talk to my host mother a lot to get along with her, but her reaction wasn’t something I expected. She is a quiet person, and didn’t talk much and didn’t smile often. She invites her Philippine friends to the house often. Of course, at those times, she talks in Philippino and I can’t understand the language at all, so often I exchanged only greetings and went back to my room. When I saw her with her friends, she talked a lot and always smiled, so I started to wonder if she doesn’t like me. Around in May, I still didn’t have a good relationship with her. Eventually, I stopped talking to her. I felt she talks in Philippino much more than talks in English in front of me. At that time, Aidan was still not getting used to me and often shut himself up in his room and played games alone. I was feeling alone even while staying with them. I couldn’t find what I was studying abroad for. Before coming here, I was actually determined not to change my host family, but I even started to consider changing it seriously. Then, I got an e-mail from my mom full of warm messages. I thought that even if I’m staying far away from my family and not seeing each other, they are always supporting me. And there was a message like, “Try to think positively and find a way to enjoy your stay instead of worrying about what happened in the past.” When I read it, I realized we couldn’t have a good relationship because of my behaviour and my negative way of thinking. I decided to try a little more. One day, my host mom’s friends came to the house, and one of them asked me what my special ability is. While I was thinking, my host mom said, “She plays the piano very well, her fingers move really smoothly”, and then she asked me to play. I was very surprised but felt happy to hear that. While I was playing, she and her friends praised me a lot. After that we talked and watched movies together. From that day on, when her friends come to the house, she calls me, introduces me and sometimes asks me to play the piano. I realized I had misunderstood her feeling about me. Now I like her. I talk with her a lot, and the other day we talked for more than an hour about her past history and my future recently. It’s a big progress, isn’t it? Aidan also got used to me, and we often play together. Sometimes, he gets really rough, though.. I really think it was a correct decision not to give up trying. 
 
I have experienced and learned many things here in New Zealand. I just have less than one month, but I want to talk and play with my friends and host family more, challenge many things, especially which I can’t experience in Japan, and use the remaining time meaningfully. Most of all, I want to enjoy my life in New Zealand not to regret anything after I go back to Japan. 
 
Finally I want to say thank you to my friends, teachers, host family, and my family. Thanks to them, I could have got so many wonderful experiences. To be honest, I don’t want to go back to Japan, but on the other hand I’m very looking forward to seeing everyone in Japan. 
Thank you for reading, and see you soon!
 
Yuria
 
------------
 
こんにちは、皆さん。いかがお過ごしですか?私は松岡友里愛です。ブリームベイカレッジに通っています。すでにニュージーランドで9カ月以上過ごし、帰国までに一か月もないなんて信じられません。ここでたくさんのことを経験できたので、今日はぜひ皆さんにいくつかお話ししたいと思います。
 
4月頃、私は全校生徒の前で集会中にピアノを演奏させてもらいました。これは、留学生担当の先生の提案でした。演奏した時はとても緊張して、全身、特に両手が震えていました。クラシックの曲を演奏したのですが、学校ではロックの方が人気だと知っていたので、皆が興味を持てないのではないか、飽きてしまうのではないかと不安でした。けれど、皆最後まで静かに演奏を聴いてくれました。演奏を終えると、大きな拍手をもらうことができました。集会の後には、通りがかった人たちから「すごかったね。」「どうやって覚えたの?」などとたくさん褒めてもらいました。あんなにたくさんの人に褒めてもらえたのは人生でも初めてでした。友達が、中には立って拍手をしてくれた生徒もいたことを教えてくれました。本当にうれしかったです。このような機会を下さった先生に感謝しています。
 
1か月前には、ミュージックナイトという音楽のイベントも開催されました。そして私はそこで、親友のケイトリンとパートナーの香央理と一緒に、日本の歌の「栄光の架橋」を演奏しました。香央理が歌って、ケイトリンがギターを弾き、私はピアノを弾きました。私たちは、音楽の授業中や、昼食時間、放課後を使って練習してきました。他の人と一緒に音楽をすることは本当に楽しかったです。音楽の授業でリハーサルをした時には、クラスメイトが拍手をしてくれて、日本の歌にもかかわらず何人かは歌が好きになったといってくれました。音楽の先生も好きになってくれたようでした。先生は「歌が頭から離れなくなったよ!」と言ってくださり、歌ってくれました。とても面白かったです。ミュージックナイトの夜、たくさんの観客がいたのですが、今回は香央理とケイトリンが一緒にいてくれたのでそれほど緊張はしませんでした。けれど、日本語の歌を観客が気に入ってくれるかは少し心配でした。しかし、パフォーマンスの後、みんなとても興奮し大きな拍手をしてくれました。次の日、どの授業に行っても、廊下などですれ違うときにも友人や今まで話したことがないような知らない生徒にまで、私たちのパフォーマンスやピアノを褒めてもらいました。私はとてもうれしくなり、また達成感も感じることができました。そして、改めて音楽は全世界共通のものだと思いました。
 
最後に、ホストファミリーを紹介したいと思います。家族には、一緒に暮らしているホストマザーのローズ、ブラザーのエイダン、そして仕事でドバイに単身赴任中のファザーのポール、大学に通うためダニーデンで暮らしているシスターのシアラがいます。2人は時々家に帰ってきます。フィリピン出身のホストファミリーですが、ニュージーランドにずっと住んでおり、家では英語で生活しています。マザーは料理上手なので、毎晩夕食の時間が楽しみです。今では彼女と仲良くなれていますが、実は最初はそうではありませんでした。
 
初めて家に来たとき、私はホストマザーと仲良くなりたいと思いできるだけ話しかけるようにしましたが、彼女の反応は私の予想とは違っていました。物静かな方で、あまり話すこともなく、笑うこともない人だったのです。彼女はフィリピン人の友人をよく家に招きます。もちろんその時には彼女もフィリピン語で話し、言葉が理解できない私は挨拶だけして自分の部屋で過ごしていました。友達といるときは、彼女はよくしゃべり、笑っているように見えてしまい、私はいつからか彼女が私のことをそれほど好きではないのではないかと思ってしまうようになりました。五月頃、まだ彼女との関係は進展していませんでした。徐々に私自身も話しかけるのをやめてしまいました。私は、彼女が自分の前で英語よりフィリピン語ばかり話しているのではないかと感じていました。当時、ブラザーのエイダンも私にまだ慣れておらず、部屋にこもって1人でゲームばかりしていました。一緒に暮らしているのに、寂しいと感じてしまうようになりました。どうして留学に来たのだろうと悩んでしまうこともありました。留学に来る前は、決してホストファミリーを変えないで頑張ろうと決意していたのですが、やっぱり変更した方が良いのではないかと真剣に悩むようになりました。そんな時に、私は日本の母から温かいメッセージが書かれているメールを受け取りました。離れて暮らして顔を合わせることがなくとも、いつでも家族が支えていてくれているのだと思えました。そして、その中にこのようなメッセージがありました。「終わったことをずっとくよくよ悩んでいるのではなく、前向きに考えて、残りの留学生活をどうすれば楽しめるか考えなさい。」それを読んだとき、マザーと良い関係を築けなかった本当の理由は、自分の行動と後ろ向きな考え方だったのだと気づいたのです。私はもう少し頑張ってみることにしました。ある日、ホストマザーの友人が家に来たとき、そのうちの1人の方に特技は何かと聞かれました。私がどう答えようか考えていると、マザーが「彼女はとてもピアノが上手いのよ。指が本当になめらかに動くの。」と言ってくれ、私にピアノを弾いて欲しいと言ってくれたのです。それを聞いてとても驚きましたが、嬉しくなりました。私が演奏している間、マザーもマザーの友達も私をとても褒めてくれました。その後、私はみんなと一緒におしゃべりを楽しみ、映画を見ました。その日から、彼女の友達が来たときには、マザーは私を呼んでくれ、紹介してくれ、時にはピアノを弾いて欲しいと言ってくれるようになりました。私は彼女の私への気持ちを誤解していたことに気づきました。彼女ともっと仲良くなるよう頑張れるようになりました。今は、マザーのことが好きです。一緒によく話すようになりましたし、この間はマザーの昔話や私の将来のことについて一時間以上も話しました。すごい進展だと思いませんか?諦めなかったことが正しい決断だったと本当に思いました。
 
ニュージーランドで私はたくさんの経験をし、多くのことを学べました。すでに帰国まで1ヶ月を切りましたが、友達やホストファミリーともっと話をして一緒の時間を過ごし、たくさんのこと、特に日本では体験できないことに挑戦し、残された時間を大切に使いたいと思っています。なによりも、後で後悔のないよう、ニュージーランドでの生活を心から楽しみたいです。
 
最後に、私の友人、先生方、ホストファミリー、そして日本の家族に感謝の気持ちを伝えたいです。皆さんのおかげで、素晴らしい体験をすることができました。正直なところを言えば、日本に帰りたくはないのですが、皆さんに日本でお目にかかることをとても楽しみにしています。
 
読んで下さりありがとうございました。
 
松岡友里愛
 

2013年11月09日

Lisa
Lisa.jpg
 
Kia Ora!
Ko Lisa toku ingoa. E haere ana ahau ki te kura o Otamatea. 
 
Hello everyone! This is a New Zealand's traditional Maori expression. It says, "Hello!
My name is Lisa. I go to Otamatea high school." Maori is a really interesting culture. I especially like Kapahaka which is their traditional dance. It’s so cool. Maori language looks difficult but very interesting to learn. So if you go to New Zealand, you should watch the Kapahaka dance and listen to some Maori songs!! I think you'll like them!!
 
Now, I’d like to introduce my home town, host family and friends here. First is about my school and town. The Otamatea High School area, where I'm living, is a countryside town. To be honest, I thought my school area would be less excited because I heard there aren’t many shops and it's very rural. But now I think this area is a very good place because we can enjoy really clean air, see beautiful mountains, and if we are lucky, we can see a lot of animals. We have a 4 Square which is a cute little super market, a yummy pie and pizza shop, cool cafes, a post office, a stationery shop, an electronic shop, and a park in the town. We can get what we need here, so I think it’s convenient enough to live.
 
Next, I want to introduce about my lovely host family. I live with the Hallissey family. I have my host mother, Teresa, my host father, Paddy, and my host sister, Kate. We also have a big fluffy white dog called Shaddle, a little brown cat called Kitty, a lamb called Honey, a bird and 7 chickens. Teresa is a gentle lady and she is a good cook. Every day at dinner time, I tell her what happened at school, and she tells me what she did during the day. She sometime tells me about big news events so I can know what's happening in New Zealand. My host father Paddy is a nice man and he is a talented musician. He is a music teacher in Auckland and also he plays drums in a band. At my host family's home, there is a drum set and on weekend, he practices them with loud music. When
I had a school ball, he came to my school to play the drums. It was so cool!!!! I liked it a lot. My host sister Kate is a 13 years old. We go to the same school. We didn't talk to each other so often before, but now we talk at school, on the way home and at home, so I'm spending much more time with her. I'm very happy about that! Shaddle is a very friendly dog. He doesn't bark at anyone, so he used to visit elderly people as a volunteer work so that they can have a fun time with him. He is so clever, so when someone knocks at the door, he runs to the door so we can realize that someone has arrived. Kitty is a very cute and clever cat. She knows that the bed is very comfortable and also knows where all the beds are. So if we keep open our bed room door even a little bit, she will open the door with her nose, go into our bedroom, and jump on the bed quietly like a ninja! I think I'm really lucky because I could have such a good family. Thanks to them, I could have lots of wonderful and happy memories, so I really want to do something in return. What I’ve gotten from them is not only “things” which we can see or touch but their warm “feelings”. I love them as a real family. I think the happiest thing which has happened to me in New Zealand is to have met my host family.
 
Lastly, I want to introduce my cute friend. She is in year nine and she rides the same bus with me. We first met at a Christian camp in April and we became friends then. We usually sit on the same seats and ate lunch together. But our relationship wasn’t always good. We even had a fight and in the end we broke off. We stopped hanging out after that. I was a little bit sad because I lost my good friend and I became a loner. One day in August, we met at a 4 Square. I was scared but became brave to talk to her. Then, we could talk a lot like we used to. I was so happy. We actually talked till 5:00 at a park. She's so funny and cute. Of course, sometimes I have some complains about her, but I think she is the one that I can talk all of my real feelings. I'm very glad that I could get such a cool friend. :-) And I want to take a good care of her as a friend. We still have a fight sometimes, though. I hope we can stay good friends from now on, too. 
 
Thank you for reading my story. :-)
 
P.S. Have you ever heard of a singer named "Jamie McDell"? She is a famous singer in America, but she's from Mangawhai which is in the Otamatea High School area. If you are interested in, please search her on the Internet. I think you will love her songs!!
 
Lisa
 
------------
 
こんにちは、皆さん。最初の2行は、ニュージーランドの伝統的なマオリ語でご挨拶しました。「こんにちは。私の名前は理紗です。オタマテア高校に通っています。」と書かれています。マオリは本当に興味深い文化です。私は特に伝統的なダンスである「カパハカ」が好きです。とてもかっこいいんです。マオリ語は、見た目には難しく見えるかもしれませんが、学んでみると面白い言語です。もしニュージーランドに来た際には、カパハカをみて、マオリの歌をぜひ聞いてみてください。きっと気に入ってもらえるはずです。
 
それでは、私の住んでいる町、そしてホストファミリーと友人について書きたいと思います。まずは、学校と町からです。私が住んでいるオタマテア高校の周囲は、とても田舎です。正直なところを言えば、たくさんお店もないし、とても田舎だと聞いていたので、あまり面白くない場所なのかなと思っていました。けれども、今はとても良い場所だと思います。きれいな空気を楽しめ、美しい山々を見ることができ、そしてもし幸運だったなら、たくさんの動物たちに出会うことができます。またこの地域には、4スクエアというかわいらしい小さなスーパー、とてもおいしいパイやピザのお店、素敵なカフェ、郵便局、文房具屋さん、電気屋さん、公園があります。必要なものはきちんと手に入れることができるので、住むのに困ることはありません。
 
次に、素敵なホストファミリーを紹介したいと思います。私はハーリーセイ家で暮らしています。家族にはホストマザーのテレサ、ファザーのパディ、そしてシスターのケイトがいます。また大きなふわふわした犬のシャドル、小さな茶色の猫のキティ、子羊のハニー、鳥が一匹に7匹の鶏もいます。テレサは優しい女性で、料理が上手です。毎日夕食の時間になると、私はマザーに学校で起こったことを話して、マザーは私にその日何をしていたのか教えてくれます。時には、ニュージーランドで起こった何か大きな出来事についても教えてくれます。ファザーのパディは素敵な人で、音楽の才能があります。オークランドで音楽の先生として働いており、バンドをしていてドラムを演奏できます。家にはドラムのセットがあり、週末になると彼は大きな音で練習しています。私の学校でダンスパーティーがあった時には、ドラムの演奏に来てくれました。とってもかっこよかったです。シスターのケイトは13歳で、同じ学校に通っています。以前はあまり話さなかったのですが、今は学校でも、帰り道でも、家でもたくさん話すようになりました。とても幸せです。シャドルはとてもフレンドリーな犬で、誰にも吠えません。そのため、以前はお年寄りの訪問をして、一緒に楽しい時間を過ごすボランティアをしていたそうです。とても賢い犬で、誰かがドアをノックした時には、ドアに走って行って私たちにお客さんが来たことを教えてくれます。キティはとてもかわいく、賢い猫です。彼女はベッドがとても心地よいものと知っていて、家のどこにベッドがあるかよく知っています。もし寝室のドアを少しでも開けたままにしておくと、彼女は鼻を使ってドアを開けて部屋に入り、忍者のように音も立てずにベッド乗ります!このような素晴らしいホストファミリーを持てて、本当に幸運だと思います。彼らのおかげで、素晴らしく、幸せな思い出を作ることができたので、何か恩返しがしたいと思っています。彼らから貰ったものは、目に見えたり、触れたりする「もの」ではなく、温かい「気持ち」だと思います。本当の家族のように大好きです。ニュージーランドで経験した出来事で一番幸せだったことは、彼らと出会えたことだと思います。
 
最後に、私のかわいい友達について話したいと思います。私には9年生の友達がいて、彼女とはいつも同じバスで学校に通っています。初めは教会のクリスチャンキャンプで4月に出会い、友達になりました。たいていはいつもバスでは同じ席に座り、ランチも一緒に食べていました。けれど、いつも仲が良かったわけではありません。一度大きな喧嘩をしてしまい、一緒に遊ばなくなってしまったことがありました。その時、いい友達を失って独りぼっちになってしまったことが悲しかったです。8月のある日、私たちは4スクエアというお店で偶然会いました。怖かったのですが、私は勇気をだして彼女に話しかけました。すると、以前のように話すことができました。とてもうれしかったです。実際その日は、5時くらいまで公園でずっと話をしていました。彼女はとても面白くて、かわいい子です。確かに、時には彼女に不満を持つこともありますが、私の本当の気持ちを唯一話せる友達です。そんな素敵な友達ができたことが幸せです。友達としてこれからも彼女を大切にしていきたいです。今も喧嘩をしてしまうことはありますが、これからも良い友達でいたいと思います。
 
読んでくださりありがとうございました。
 
追伸)
ジェイミー・マックデルという歌手を聞いたことがありますか?彼女はアメリカで有名な歌手ですが、実はオタマテア高校の地域のマンガワイという地域出身なんです。もし興味があれば、ぜひネットで調べてみてくださいね。きっと彼女の曲を気に入ってもらえるはずです。
 
増田理紗

2013年11月09日

Kaho
Kaho.jpg
 
New Zealand... the name conjures up visions of vast green places, kiwi fruit, different cultures, sheep, sheep and sheep...
 
Kia ora! I'm Kaho Ito. I'm living in a peaceful town named Kerikeri, which is in the northern part of New Zealand called The Bay of Islands. 'Keri' means 'dig' in Maori. Isn't it interesting? It's famous because there are many orchards growing kiwi fruit, oranges and lemons and many art exhibitions held by artists. I like this peaceful town and the kind people very much. I go to Kerikeri High School, which is a big high school in Kerikeri. There are many students from year 7 to year 13 in my school. I can't believe that more than nine months have already passed since I came to New Zealand. I still remember when I said good-bye to my friends and family in Japan. I feel that everyday passes so fast like a saying, “Time flies like an arrow”. I really understand the feeling now. If I could, I would like to tell you everything that I've done in New Zealand but it would take ages to write it all down so I’ll tell you about some parts of my life in New Zealand.
 
First, let me introduce my host family. I have a host mother, a host brother and a host sister in my host family. My host mother, Rachael works at KKHS as an ESOL teacher and she also teaches dance to young children. My host brother, Jamie, who is in Year 10, is very funny and likes playing games. And my host sister, Gabriella, who is in Year 8, is very pretty and she invites me to play with her every day. Both of them are at KKHS and very nice to me. They have two lovely cats and three free-range chickens. My host family is always busy enjoying different activities such as archery, kick boxing, guitar and dance, so I feel that they are a very powerful family! I have an older sister in Japan so I was the youngest one, but I'm the oldest one now. I try to imagine how my sister and I used to play when I see my host brother and sister fighting, but I can't remember it exactly... I’m happy to have a host sister or brother because I have to speak in English to them often, and if they don't understand what I said, they always ask me and I can find out the mistakes I made in my English or pronunciation. My family in New Zealand is very kind to me so I feel like they are my real family.
 
Next, I'll introduce my school. Kerikeri High School is putting a great deal of effort into the reception of international students, so there are many international students at my school. Also, the school has a lot of local students as well. One thing I find interesting is that the local students are not all from New Zealand. I'm not sure if it's only my school but there are many students from other countries so I was surprised at first. Many tourists come and visit Kerikeri, so I think Kerikeri is a very cosmopolitan town with many nationalities mixed in one place. 
 
In my school, we can choose six subjects of whatever we want if each subject doesn't clash on the time table. It's different from Japan. When I told my friends about it, they said, “We are lazy compared to Japanese people, so the NZ education system is a bit looser than the Japanese education system. But we feel thankful for our system”. I think it's interesting that something which is natural for us could be a strange thing for the people living in other countries. It's fun to find different things compared to Japanese culture here. 
 
What I was worried about most was if I could make friends in New Zealand. However, as I told you, now I have many friends, especially from other countries. They make me laugh sometimes by speaking some Japanese words which they've learned from other Japanese students. At first, I was surprised when I saw other international students because so many of them came to our school. Actually, I also didn't feel good about it because I felt my ability in English was poor compared to them. However, my opinion has changed through the relationships with them. We are in the similar situation. We are living in a foreign country away from our family and friends, and also we are studying English together. I realized this means we can help each other as the same group, “exchange students” and also we could be good rivals. And of course, I could make many friends from all around the world and learn about their cultures and countries. 
 
On the other hand, the good relationship with other international students caused another problem. I couldn’t try hard enough to make kiwi friends. At first, I did try to make kiwi friends but when I found that was difficult, I gave up. I ran away to international students and always talked with them to feel ' I have friends'. Of course, that was not a good idea at all for studying English. When I was thinking about it, I remembered my aim which I set upon at the beginning of this study abroad. It was 'taking active actions to make new friends'. Since then, I started to talk to local students on and on again to make friends. Of course, sometimes I felt a language barrier when I talked with them, but I always kept in mind the aim, 'to be active'. In the end, I could do it and now I have kiwi friends, too. So here is my advice for you; 'Go for broke', that is, we should not be afraid of failing. In the past, I didn’t invite my friends to hang out. I always waited for their invitations. Now I ask them first. I hang out with my good friends for watching movies, going shopping and doing baking together. My friends are really funny and make me feel I don't want to go back to Japan. Haha. Just kidding. My seniors in Eiryu course also said to me, “It's not easy to make friends but the important thing is 'keep trying and never give up talking to them'”. We can't know each other until we talk to each other and if we want to make friends, we shouldn't wait for other people to talk to us. 
 
I’ve experienced lots of things which I had never done in Japan, such as sailing, horse riding, golf, living without my family for a long time, seeing lots of cows, speaking in English every day and feeling so thankful to people around me. I think my juniors might be feeling giddy with their busy life as a student of the Eiryu course. I can't remember how many times I'd felt that 'If a day had more than 24 hours...' everyday, last year. Haha... But anyway, we have only 24 hours in a day, so I think the key point is how to do many things as efficiently as we can. I know it's not easy, but I'm sure the efforts will surely be rewarded! 
 
I'm looking forward to seeing my friends, teachers in Jin-ai High School and my family. Oh, and I want to say thank you to Miyu, who is my partner in Kerikeri. She helped me a lot, so I'm so glad to be her partner. Thank you, Miyu!! We are having a nice time in Kerikeri together. I became an easy-going person through my kiwi life. I really feel I have been changed by this study abroad experience in New Zealand. I hope my family will feel the same when I go back to Japan. It's my turn to help my family in Japan. I want to say “thank you” to everyone who has supported me and show how much I've changed in New Zealand to them in Japan. 
 
Thank you for reading.
 
Kaho
 
------------
 
ニュージーランド・・・この名前を聞けばだれもが思い浮かべる、広大な緑とキウイフルーツ、様々な文化、そして羊、羊、羊・・・
 
キオラ!(マオリ語で「こんちには」の意味)私は伊藤果穂です。現在、ニュージーランド北部に位置するベイオブアイランドと呼ばれる地域の、ケリケリというのどかな町に住んでいます。「ケリ」とはマオリ語で「掘る」という意味だそうです。面白くありませんか?この地域は、キウイフルーツ、オレンジ、レモンなどを育てる果樹園が多くあること、そして芸術家たちによる展覧会がよく開催されることで有名です。私はこののどかな町と、そこにくらす親切な人々が好きです。そして私は、ケリケリの中では大きいといわれるケリケリ高校に通っています。7年生から13年生までたくさんの生徒が通う学校です。もうニュージーランドにきて9カ月以上過ぎてしまったなんて驚きです。今でも、日本の友達や家族にさよならを言った瞬間を覚えています。「光陰矢のごとし」ということわざのように、時間が本当に早く過ぎていきます。その意味が今ならよくわかります。もしできれば、私が体験した出来事をすべてお伝えしたいのですが、長くなりすぎてしまいそうなので、今日はその中でもいくつかだけ紹介したいと思います。
 
まず、ホストファミリーを紹介します。私には、ホストマザー、ブラザー、シスターがいます。ホストマザーのレイチェルはケリケリ高校でESOLの先生として働いていて、小さな子供たちにダンスも教えています。ブラザーのジェイミーは10年生で、とても面白い子でゲームをするのが好きです。そして、シスターのガブリエラは8年生で、とてもかわいく、毎日一緒に遊ぼうとさそってくれます。二人ともケリケリ高校に通っていて、私に優しくしてくれます。そして、2匹の愛らしい猫と、放し飼いにされている3匹の鶏がいます。私のホストファミリーはいつも活動的で、アーチェリー、キックボクシング、ギターやダンスなどで忙しくしています。日本では私には姉がいて、私が一番下でしたが、ここでは一番年上です。ホストブラザーとシスターが喧嘩している時には、自分たち姉妹が小さい頃どうだったかよく思い出そうとするのですが、なかなか思い出せません。ホストブラザーとシスターがいることで、英語を話す機会がたくさんあってうれしいです。また、私が言ったことが分からなかった時、彼らはいつも聞き返してくれるので、自分の英語や発音の間違いを知ることもできます。みんなとても優しいので、本当の家族のように感じます。
 
次に、学校の紹介をします。ケリケリ高校は留学生の受け入れにとても力を入れている学校で、多くの留学生が通っています。もちろん地元の生徒もいます。けれど、興味深いことに、私の学校では地元の生徒であっても他の国から来た生徒が多いことに驚きました。多くの旅行客も訪れるので、ケリケリは様々な国籍が混ざり合う国際的な町だと思います。
 
学校では、時間割で同じ時間にならない限り、好きな教科を6教科まで選んで受講することができます。これは日本とは違う仕組みです。一度友人にこのことについて話してみたところ、「私たちは日本の人々に比べてめんどくさがりだから、教育の仕組みも日本のものと比べて少し緩いところがあるのよ。でも、このシステムに感謝しているけどね。」と言っていました。自分たちにとって当たり前だと思っていたことが、他国の人々にとってはそうでないことはとても面白いと思いました。日本文化との違いを学べることはとても楽しいです。
 
留学中一番心配していたことは、ニュージーランドで自分の友達が作れるかどうかということでした。しかし、現在はたくさんの友達、特に留学生の友達をたくさん作ることができました。彼女たちは他の日本人の生徒から教えてもらった日本語で、よく私を笑わせてくれます。最初は、あまりにたくさんの留学生が来ることがあるので、留学生の数に驚いてしまいました。実際、自分の英語力が彼女たちより劣っていると感じてしまっていたので、他の国からの留学生が多いことが嫌だなと思ってしまったこともあります。けれど、彼らとの関係を築いていったことで、この考えは変わりました。私たちは似た状況にいることに気づいたのです。家族や友達と離れ海外に住み、英語を学んでいるのです。つまり、国は違えど「留学生」という同じ仲間として、助け合い、よきライバルにもなりえるのだと気づきました。もちろん、世界各国からの友人を作ることで、彼らの文化や国についても学ぶことができます。
 
一方で、留学生たちと良い関係を築けたことで違う問題が生じてしまいました。現地のキウイの友達を作る努力を怠ってしまったのです。最初は、現地の友達を作ろうと頑張ったのですが、それが難しいと分かると私は諦めてしまいました。留学生の友達のところに逃げてしまい、「友達がいる」という感覚を持ちたくて、彼女たちとばかり話してしまいました。もちろん、英語を学ぶ為には良くないことだと分かっていました。そのことについて悩んでいた時、私は留学の当初に立てた自分の目標を思い出しました。それは、「友達を積極的に作ること。」です。それから、もう一度現地の生徒たちに話しかけるようになりました。もちろん、話す際に言語の壁を感じてしまったことはあります。けれど、私はいつも「積極的になる」という目標を忘れませんでした。そのおかげで、積極的に頑張ることができ、現在はキウイの友人がいます。ここで皆さんにも伝えたいアドバイスがあります。「とことんやる、自分のすべてをかけてする」こと、つまり、失敗を恐れてはいけないということです。以前までは、自分から友人を遊びに誘うことをしませんでした。いつも彼女たちの誘いを待っていたのです。今は、自分から誘うようになりました。その結果、映画を見たり、ショッピングにいったり、一緒にお菓子作りをしたりと、良い友人関係を築けています。とても素敵な友達ばかりなので、日本に帰りたくないとさえ思ってしまう。冗談ですけどね。英留コースの先輩に、以前「友達作りは難しいけれど、本当に大切なことは頑張り続けることと話しかけることを諦めないこと」だと教えてもらいました。実際に話をしてみるまで、お互いがどんな人か知ることはできません。そして、本当に友達を作りたいと思うのならば、他の人が話しかけてくれるまで待っていてはいけないのです。
 
日本では経験できないようなことを本当にたくさん経験することができました。たとえば、セイリング、乗馬、ゴルフ、家族と長い時間離れて暮らす事、たくさんの牛を見ること、毎日英語を話す事、そして、周囲の人たちに感謝しながら毎日を過ごす事です。英留コースの1年生の皆さんは、きっと今頃忙しさにくらくらしている頃かもしれませんね。去年、自分の時には、いったい何度「一日が24時間以上あればいいのに・・・」と考えたことかわかりません。けれど、一日は24時間時しかありません。大事なことは、どうやって多くのことをできるだけ効率よくこなしていくかだと思います。簡単なことではありませんが、努力は必ず報われると思います!
 
日本の友人、仁愛女子高校の先生方、そして私の家族に会えることを楽しみにしています。そして、私と同じケリケリ高校に通っているパートナーの美優に感謝の言葉を伝えたいです。私をたくさん助けてくれました。彼女のパートナーになれて幸せです。本当にありがとう、美優!今この瞬間も、私たちはケリケリ高校で素晴らしい時間を過ごしています。留学を通して、私は以前より自分に余裕をもって行動することができるようになったと思います。この留学のおかげで、自分自身が大きく変化したと感じています。日本に帰国したときに、家族にもこの変化を感じてもらえるとうれしいです。そして、今度は私が日本の家族を助ける番だと思っています。私を支え続けてくださって皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです。そして、私がどれだけ変わったかぜひ皆さんにお見せしたいです。
 
読んでくださりありがとうございました。
 
伊藤果穂

2013年11月07日

Ayame
Ayame.jpg
 
Hello, I'm Ayame Sakai. How have you been? I go to Hastings Girls' High School in New Zealand. I've been here for more than eight months and I'm going back to Japan in one month and a few weeks. Everyone says that time flies so fast, and it actually does. Today I'm writing about my school life.
 
First of all, I'd like to talk about my lovely friends. I have a lot of chances to talk with them because we sit and have morning tea and lunch together. I used to feel like I was being left out because I couldn't join their conversation. However, as I have tried to join them, I could talk with them much more than before. I like that they sometimes teach me correct English. For example, I realized that the word "English" was a hard word to pronounce. It sounds like an easy word, but many Japanese people pronounce it wrong. I practiced it many times in front of them, and I can pronounce it correctly now. I'm happy that I have nice friends, and sure that I will miss them when I go back to Japan. I also have friends from Korea, Thailand, China, Germany and France. It's very interesting to share our cultures.
 
Now I’d like to tell you about my classes. One of the hardest subjects is English. We do a lot of writing. I like writing English, but it's still hard for me. A few weeks ago, I made a speech in English class. The topic was "Welcome to the World of ..."and I talked about Japanese earthquakes. Honestly, I didn't want to do it because I'm not good at making speeches even in Japanese. However, my friends and host family helped me a lot. Thanks to their encouragements, I realized that the important thing was just being confident. I tried to be confident, and it made my speech much better, and I got “achieved”! I try to speak English with confidence now.
 
One of my favorite subjects is Food Technology. I often cook something in this class. I didn't do cooking at all in Japan, so it was hard and I didn't know what to do at first. However, I enjoy cooking now. I sometimes cook lunch or dinner at home as well. I realized that I do like cooking although I'm not good at cutting vegetables. I want to keep cooking food after I go back to Japan too.
 
A few weeks ago, we had “Choir Festival”. It's like chorus contest in Japan. I like music, so I joined it. We formed four groups, each called a “house”. Each house has its house color; purple, gold, blue and green. I was in purple, and we practiced the songs during interval and lunchtime. The festival was held at night, and audiences paid money to watch our performances. We performed the songs with some dancing. Although my house didn't win, I really enjoyed it. I also enjoyed watching other houses, and teachers' performances.
 
I'm going to South Island Trip with my Eiryu classmates this week. I'm really looking forward to it because I've missed two trips I could have taken because recently there were small earthquakes near the area. I hope this one won't be canceled. Also I'm really looking forward to seeing my Japanese friends and talking with them. It’s been a while to see them since we met last time.
 
I'm really really looking forward to seeing all of my family, friends and teachers in Japan soon. I want to tell them how thankful I am when I come back to Japan. 
 
See you soon.
 
Ayame
 
------------
 
こんにちは、私は酒井あやめです。いかがお過ごしですか?私は現在ニュージーランドのヘイスティング女子高校に通っています。すでに8か月以上こちらで過ごし、日本にはあと一か月ちょっとで帰国予定です。みんな時間が飛ぶように過ぎていくといいますが、本当にそうですね。それでは今日は私の学校生活について書きたいと思います。
 
まず、私の素敵な友達を紹介します。モーニングティーの休み時間や、お昼休みにはいつも一緒に座っておしゃべりを楽しむ機会があります。以前は、会話の中になかなか入ることができなくて取り残されてしまっている気持ちになったこともあります。けれど、参加しようと努力を続けたおかげで、今は以前よりたくさん話をすることができるようになりました。みんなが私に正しい英語を教えてくれることがとてもうれしいです。たとえば、「English(英語)」という単語も実は発音が難しい単語だとわかりました。とても簡単な単語に聞こえるのですが、実は多くの日本人が間違った発音をしているのだそうです。たくさん練習したおかげで、今は正しく発音することができるようになりました。素敵な友達ができ本当に幸せです。日本に帰るときにはきっとみんなを恋しく思ってしまうと思います。また、韓国、タイ、中国、ドイツ、そしてフランスの友達もできました。さまざまな文化を学べることはとても素晴らしいことだと思います。
 
次に、授業についてお話します。一番大変な授業のひとつは英語です。たくさん英作文を書かなくてはいけません。私はもちろん英語が好きですが、とても大変です。数週間前、授業でスピーチをすることがありました。題は「~の世界へようこそ」です。私は、日本の地震について話すことにしました。正直なところを言えば、日本語でもスピーチはにがてなので、あまりしたくありませんでした。けれども、友達やホストファミリーがたくさん助けてくれました。彼らの励ましのおかげで、私は自信を持つことが大切なのだと気づきました。実際に自信を持とうと心掛けたことで、私のスピーチはずっと良くなり、合格をもらうことができました。現在は、英語を話すときはいつでも自信をもって話すようにしています。
 
お気に入りの教科のひとつは、食品技術の授業です。授業ではよく調理実習を行います。日本ではほとんど料理をしたことがなかったので、最初はどうすればいいか分からず大変でしたが、今では料理をすることが楽しいです。昼食や夕食を家で作るようにもなりました。野菜を切るのはまだ苦手ですが、自分が実は料理が好きなのだと気づきました。日本に帰っても料理を続けていきたいと思います。
 
数週間前、「音楽祭」がありました。これは、日本でいう合唱コンクールのようなものです。私は音楽が好きなので、このイベントに参加しました。私たちは「ハウス」と呼ばれる4つのグループに分かれました。ハウスはそれぞれに紫、金、青、緑の色を持ちます。私は紫のハウスで、同じハウスの子達とインターバルやお昼休みに歌の練習をしました。お祭りは夜に開催され、お客さんはお金を払って私たちのパフォーマンスを見て下さいます。私たちは歌を歌いながら踊りもするパフォーマンスをしました。勝つことはできませんでしたが、本当に楽しかったです。もちろん、ほかのハウスのパフォーマンスや、先生方のパフォーマンスを見られたことも面白かったです。
 
今週、私は英留コースのクラスメイト達と南島旅行に行く予定です。最近南島付近で小さな地震があった影響で、近くの地域に行く予定だった旅行が2ついけなくなってしまったので、今回の旅行を本当に楽しみにしています。今回は中止にならないことを願っています。クラスメイトに再会して、みんなとおしゃべりするのもとても楽しみです。みんなと会うのは本当に久しぶりです。
 
もうすぐ日本で、家族や友達、そして先生方にお会いできるのが本当に楽しみでなりません。帰国した際には、感謝の気持ちを皆さんにお伝えしたいです。
 
それではまた。
 
酒井あやめ

2013年11月07日

Keiko

Keiko.jpg

 

Hello! How are you? Recently, spring is coming to NZ and it’s getting warmer. :-) My name is Keiko Iwata and I go to Waiuku College with my awesome partner Airi! I will write about my host family, my life in NZ and what I've realized since I’ve been here.

 
In my host family, there is Nick, Loretta, Riley and Sophie. Nick and Loretta are my host parents, Riley is a 5-year-old boy and Sophie is a 1-year-old girl. The first time when I saw their profile which teacher gave me, I got really excited. However, even though they are really nice and lovely family, it wasn't easy for me to live with them when I had just arrived here because my surroundings had completely changed compared to that in Japan. The thing that I got most surprised about was their age. My host parents are half the age of my real parents. I knew they are my host parents but I felt they are my older siblings more than I felt they are my parents.  I also got confused to live with little kids. I am the youngest in my family in Japan so I didn't know how to take care of them.  Immediately, I talked with my dean about my worries. Then, she said to me, "You just have got culture shock." I wasn't thinking I had gotten culture shock, so I was surprised to hear that. She gave me a lot of useful advice and cheered me up. The first month was hard, but once I've got used to living with them I became really happy with them. To be honest, at first, I wanted to change host family, but I thought better of it. Now I think I made the best decision at that time. I also feel that taking someone’s advice is very important. Nick and Loretta are really good at cooking. They can cook very delicious meals from any ingredients. :-) Actually I don't like vegetables so I didn't eat them so much when I was in Japan. But here, thanks to their delicious meals, the taste of vegetables is different from what I was thinking and I even think they are yum! So now I eat vegetables every day. :-) 
 
One of my goals was to "challenge to do many things." So I did join many activities as much as I could. For example, surfing, paragliding, horse riding, netball, badminton, etc. The first thing that I challenged was surfing. I've never done it before. To be honest, I've been afraid of the water because I'd been swallowed up by the waves many times. However, the coach taught me well so I could catch good waves and stand on the surfboard quickly. 
 
The activity that I most enjoyed was netball. I was on a team, called "the Waiuku Red". I had training on Thursdays and games on Saturdays. I played as a wing defense on my team. By the way, have you ever heard about netball before? I didn’t know about netball at all until native teachers in Japan told me. I thought it would be hard for me to play, but it wasn't as hard as I had presumed. Of course, the very first time to play netball wasn’t easy. I wasn't sure about which line I can't go over, how long I can hold the ball, which person I have to mark and some other rules. But my teammates and coaches taught me kindly. When I did something wrong, they told me it is wrong and showed me how to make my playing better. 
There was another concern. I'm not as tall as other players, so it was a bit difficult to intercept the ball and also I was scared when someone's body hit me. However, I wanted to improve my skills at netball so I just concentrated on playing aggressively. I tried to learn how to play netball well through every single training and game. 
The training was sometimes very hard. Actually, it's not “hard”. It’s just that I hated the training drills. The training that I hated most was "the 3km run". I liked the other training but I had never liked this. However, my teammates always cheered me on when I was close to giving up and I could do good work. 
 
Netball season just finished in the middle of September. There was a prize giving in September. Guess what! I've got the prize for the most improved player on my team!!!!!!  I can't thank all of my teammates enough because I couldn't win the games without their cooperation and also I couldn't improve and have such an amazing time without them. So now, I want to say thanks to them for playing with me.  
 
At school, I'm hanging out with Caitlin and Jemma who are Kiwi girls and Jeeah who is a Korean girl (she has been living in NZ for a long time with her family so she is not an international student). They always have international students in their group. The best reason why I love them is that they always make a place for me. I mean, even though I hang out with other people sometimes, they are always welcoming to me and talking to me the same as talking to their friends. They are different from other friends that I had hung out with before. At first, I thought it's not so hard to make friends here. Last year some of Waiuku College students came to Jin-ai, so I already have a few friends. However, it was really difficult for me to make friends who I can hang out with. I had been struggling to make friends for a while. I walked everywhere in the school and when I found someone who I thought I could be friends with, I tried to talk with them. Everyone said, "Yes", "Sure" and "Come on". No one said, "No" when I asked whether I could hang out with them but also there were none of them whom I could become best friends with. Everybody talked to each other about someone who I didn't know, so I got bored and felt left out even when I was with them. I did know it's not their fault and I started to think about how I could join them. But then, I realized that I don't need to stay with them if I get bored because there are lots of other people at school. So I just tried to find different people. Of course it was shameful to walk alone because everyone had their friends and none of the people were ever be alone.  It was only me that was alone. To be honest, I was about ready to give up again and again, but I thought that if I gave up now, I would regret it later. I never gave up after all, so now I have wonderful friends. I really want to praise myself for my efforts. :D (haha)    
 
The most important thing that I've found through my life in NZ is "put ideas into action". If you worry about something and you don't do anything, you can't even have a chance to get results. If you take an action, the result that you may get is not always good, but still you can get a result that can make you better! If you do not do anything, you can't even know what lacks in yourself.  
 
Time flies. I was thinking the date to go home was far away but now it's just around the corner!!! My host family, friends and teachers say, "We're gonna do something for you because you are going to leave soon!", "Are you looking forward to seeing all of your friends and family?" The thing is, I don't know what to say to them for an answer. Of course, I am looking forward to seeing my friends and family. However, on the other hand, I don't wanna say goodbye to the people who have always been supporting me while I have been here. I always almost start to cry when people ask me about leaving soon because I suddenly remember many things that had happened before now. I have just less than 1 month left now so I want to spend the rest of my time wisely and worthy.
 
I can't thank all of you enough who have supported me. I'll never forget that, thanks to my family, teachers, host family and friends, I've been able to have a precious time in New Zealand. 
 
Keiko Iwata
 
------------
 
こんにちは。お元気ですか?最近ニュージーランドは春が来はじめて、だんだんと暖かくなってきました。私は岩田恵子といいます。素晴らしいパートナーの愛莉とワイウク高校に通っています。今回は、私のホストファミリー、ニュージーランドでの生活、そしてこちらで生活している間に私が気づいたことについて書きたいと思います。
 
私のホストファミリーは、ホストペアレントのニックとロレッタ、5歳の男の子のライリー、そして1歳の女の子のソフィーがいます。先生から初めてこのホストファミリーの情報をもらった時には、とてもわくわくしました。けれど、彼らがとても素敵な家族であるにもかかわらず、日本の家庭環境と全く違っていたため、ニュージーランドに住み始めたときは大変な思いをしたこともありました。まず驚いたのが年齢の差です。ホストペアレントは私の日本の家族の半分の年齢でした。そのため、親とういうよりは年上の兄弟のような気持がしてしまいました。また、私は日本の家族の中では一番年下の末っ子だったので、小さな子供たちをどう世話すればよいかも困ってしまいました。学校の留学生担当の先生にすぐに相談すると、「それもカルチャーショックよ。」と教えてくださり、そう気づいていなかった分驚きました。先生はたくさんのアドバイスや励ましを下さりました。最初の一か月は大変でしたが、一緒に住むことに慣れたあとは、この人達がホストファミリーで良かったと思えるようになりました。正直なところを言えば、ホストファミリーを変えたいと真剣に悩んだ時期もあったのですが、今はそうしなかったことが本当に良かったと思えます。また、他の人のアドバイスに耳を傾けることの大切さを改めて知りました。ニックとロレッタは料理が上手で、どんな食材からもとてもおいしい食事を作ってくれます。日本にいるときは実は野菜が苦手でしたが、こちらに来てから彼らの料理を食べたことがきっかけでおいしいと感じられるようになりました。今では毎日野菜を食べています。
 
留学中の目標の一つに、「どんなことにも挑戦すること」を掲げていました。そのため、私はできるだけたくさんのアクティビティに参加してきました。例えば、サーフィン、パラグライディング、乗馬、ネットボール、バドミントンなどです。初めて挑戦したものはサーフィンでした。それまで一度も経験したことはありませんでした。実は今まで何度か波にのまれそうになったこともあったので、水自体少し苦手でした。けれど、コーチが丁寧に教えてくださったおかげで、良い波を捕まえることができ、サーフボードにもすぐに立てるようになりました。
 
一番楽しかった活動は、ネットボールです。私は、ワイウクレッドというチームに所属していました。木曜日に練習をし、土曜日に試合がありました。私は、ウィングディフェンスというポジションでした。ところで、皆さんはネットボールという競技を聞いたことがありますか?日本のネイティブの先生が教えて下さるまで、私も全く知りませんでした。難しいかと思っていたのですが、思っていたよりも難しい競技ではありませんでした。もちろん、最初の試合は簡単ではありませんでしたが。どのラインを超えてはいけないのか、どのくらいボールを持っていられるのか、どの人についてマークしなくてはいけないのか、などルールがよくわかりませんでした。しかし、チームメイトやコーチが親切に教えてくれました。何か間違えば、すぐに間違っていると教えてくれ、どのようにすれば上手くできるか見せてくれました。
他にも困ったことがありました。他の選手と比べ、私はそれほど背が高くなかったので、ボールを奪うことが少し大変でしたし、また誰かの体が当たるのではないかと怖くなることもありました。しかし、上手くプレイできるようになりたかったため、積極的にプレイすることを心がけました。どの練習、試合からも何かを学び、上達できるよう努力しました。
トレーニングが大変なときもありました。実際は、「大変」というより、トレーニング自体が好きになれなかったのです。特に苦手だったものは、3キロ走ることです。これはずっと好きになる事はできませんでした。けれど、私がもう少しで諦めてしまいそうになったときにはいつでも、チームメイトが励ましてくれ、そのおかげでやり遂げることができました。
 9月の半ばにはネットボールの季節は終わってしまいました。そして、表彰式がありました。聞いて下さい!私は今年チーム内で最も成長したプレーヤーとして選ばれました!!チームメイト達には感謝しても仕切れません。みんなのおかげで試合に勝ち、上手くなることができ、そしてこのようにすばらしい経験をすることができました。
 
高校では、現地の生徒のケイトリンとジェマ、そしてこちらで家族とずっと暮らしている韓国人のジーアと一緒にすごしています。彼女たちはいつも留学生をグループに招いてくれます。私が彼女たちを大好きな一番の理由は、いつも私の居場所を作ってくれていることです。時には他の友達とすごすこともあるのですが、それでもいつも私を歓迎してくれて他の友人と同等に扱ってくれます。彼女たちは私にとって特別な存在です。最初、友達作りはそれほど難しくないと思っていました。去年何人かのワイウク高校の生徒が仁愛に来たこともあり、すでに友達がいたからです。けれど、一緒に過ごす友達を作ることは本当に大変でした。学校中を歩き回り、友達になれるかなと思えた子には積極的に話しかけに行きました。みんな、「いいよ。」「おいでよ。」と言ってくれました。確かに断られることは一度もありませんでしたが、仲が良いと言える友達になる事はなかなかできませんでした。みんな私が知らない人たちのことをお互いに話すだけで、一緒にいてもつまらなくなってしまったり、取り残されていると感じてしまいました。それは、彼女たちのせいではないことはわかっていたので、どうすれば一緒に過ごせるのか考え始めました。けれど、あるとき、その必要がないことに気づきました。他にもたくさん生徒がいるのだから、一緒にいてつまらないのならば探し続ければ良いのだと思ったのです。もちろん、みんな友達がいる中で1人で歩くことに恥ずかしさを感じました。正直、何度もあきらめようと思ったこともありました。けれど、今ここで諦めたら、きっと後で後悔すると思い思いとどまりました。そして、最後まで諦めなかったことで、いまでは素晴らしい友達を持つことができています。今まで頑張ってきた自分を褒めてあげたいです。
 
留学で学んだ一番大事なことは、「考えを行動に移す」ことです。もし、怖がってばかりいて何もしなければ、結果を得るチャンスまで逃してしまいます。もし、行動に移しさえすれば、確かに良い結果ばかりではないですが、少なくとも自分自身を以前よりもっと向上させてくれる結果を得られるはずです。何もしなければ、自分に何が足りないのかさえわからないままになってしまいます。
 
日本に帰国する日はずっと先のように思っていましたが、今まさに目の前に迫っています。ホストファミリー、友達、そして先生方から「もうすぐ帰国だから、あなたの為に何かしてあげたいわ。」「日本の家族や友達と会うのが楽しみ?」と最近言われるようになりました。そんな時は本当になんと答えれば良いかわからなくなります。もちろん、日本の友達や家族には早く会いたいです。けれど、一方で、こちらで生活している間私をずっと支え続けてくれた人たちにさよならをいいたくありません。帰国の話をされると、今までのことを思い出し、いつも泣きたくなってしまいます。もう一ヶ月を切ったので、賢く、そして大切に残りの時間を過ごしたいです。
 
皆さんにも感謝してもしきれません。家族、先生方、ホストファミリー、そして友達、皆さんのおかげでニュージーランドで貴重な時間を過ごすことができたことこれからも決して忘れません。
 
岩田恵子

 

2013年11月02日

Nana

Nana.jpg

 

Kia Ora! Ko Nana toku ingoa. Sup. :-) My name is Nana. I’m a student of Otamatea High School. How's it going? I want to write about my awesome host family and lovely friends! 

 
My host family is Maori, so I introduced myself in Maori. (Maori people are indigenous people in New Zealand.) There are 7 people in my host family including me. My host parents, one sister, and three bros. I love my host family the same as my Japanese family. To be honest, I used to hate my host family. I was in a culture shock and homesick, I guess. I missed my family, friends, grandparents and food in Japan. I couldn't accept New Zealand things. For example, food, culture, school and host family. When I first came here to New Zealand, I didn't play with my host brothers at all. I stayed in my room almost all day. I knew those things were not good for me but at that time I just couldn’t try. Now I play with them every day. It's sooooo fun. :-)  I feel like a child. I'm proud of being a member of my host family. 
 
I really want you to hear my interesting experiences in New Zealand. First, I've been to a Maori funeral. It was a little bit scary because I heard they were to sleep with a body. But I slept in the car. Grave is called "urupa" in Maori. At the funeral, we ate steakes even in the morning!!!!! I was surprised!! Maori people eat a lot but I think I eat more than my HF so I'm so fat now. I don't care about that so much because I love eating and enjoying NZ food!!!
 
Second, I've eaten traditional Maori food called "hangi". It was like steamed beef, chicken, pork, kumara (sweet potato in NZ) and potato. I didn’t really like it so much because it tasted weird to me. I think it's a good experience, so I’m glad to eat it.
 
Third, I touched kiwi birds and took photos with them!!! Cool, right? :-) Kiwi birds are New Zealand’s birds and they really look like kiwi fruits the same as their names. It was my first time to see kiwi, so I got excited to see them. They looked weird because they weren't round. They were long!! But, they were sooo cute.
 
Next, I want to write about my school life. I go to sleep at 8:30 and wake up at 6:50. I can sleep a looooong time. I make my own lunch everyday so I realized my mum's feeling. I go to school by bus. I love the bus! I found an interesting thing: Cows are sometimes walking next to the bus!!!! I'm taking science, math, English, geography, fashion, which is like sewing, drama and ESOL. My classmates are awesome. I love all of the subjects. I want to write about science and geo. My science class is quite noisy. Therefore, honestly, I hated it first. But now I love it because of the awesome mates. I always talk with them. We talk about movies, books and Japan. One of my mates took Japanese class before, so sometimes we talk in Japanese, which is so funny. :-) Actually, we didn't talk so much before. After we did an experiment in the class together, we started to talk little by little and we got along so well. I also like geo and I like all of my classmates. Everyone is so funny. Especially, the teacher! In the last exam, I finally got “achieved”. I was so happy because I had always failed the test till that......
 
When I was in Japan, I thought making friends isn't hard but I realized I was wrong. My hometown is so small so I've known my friends since I was a baby so I actually didn't know how to make friends.... Now I think making friends is so hard. Since I started my school life here, I had tried to spend interval and lunchtime with Kiwis. I used to take business but I changed it to drama class. I'm glad I changed it because I could make a very nice friend in the drama class. I hung out with her a lot. She came to my house. We did hair make up. We curled each other’s hair. :-) We took heaps of photos. We had a really good time! I'm going to go to her birthday party this holiday!!! I'm looking forward to going to her place. 
 
I must really say thank you so much to my family, grandparents and my besties. They have supported me a lot. Thanks to them, I can spend really really really really good time with my lovely HF and kiwi friends here. 
 
To be honest, I don't want go back to Japan. I love staying here! By the way, my host father is half Italian, so his pasta is so amazing. I love making and eating pasta with my host family. We even made pasta from noodles before. But now his machine is broken so we can't make them anymore. I’m so sad. 
 
A happy thing happened to me!! One day, I told my host brother that I would be leaving here soon. Then, his face looked sad and he asked me to come back to New Zealand next year.  I was happy to hear that because it sounds like I'm real family!!!!!!!!!!! I really want to do that....
 
THANKS FOR READING! HAERERA ( see ya ) 
 
Nana Hirabayashi
 
------------
 
こんにちは!私は菜々です。現在オタマテア高校に通っています。皆さんお元気ですか?今回は、私のすばらしいホストファミリーと友人について書きたいと思います。
 
私のホストファミリーはマオリです。なので、最初の一行目でマオリ語で挨拶させていただきました。ちなみにマオリの人々はニュージーランドの先住民族の人々です。ホストファミリーは私を含め7人いて、ホストペアレンツ、ホストシスターと3人のホストブラザーがいます。私は日本の家族と同じくらいニュージーランドのホストファミリーが大好きです。正直なところを言えば、実は以前はホストファミリーが好きではありませんでした。カルチャーショックを受けていましたし、ホームシックにもなっていたからだと思います。当時は、日本の家族、友達、食べ物が恋しかったです。その為、ニュージーランドのもの達、食べ物、文化、学校、ホストファミリーを受け入れることができませんでした。来た最初の頃は、ホストブラザー達とも全く遊ばず、ずっと自分の部屋に1人でこもっていました。それが自分にとって良くないこととはわかっていたのですが、なかなか抜け出すことができませんでした。けれど、今は、彼らと毎日遊んでいます。とっても楽しいです。まるで小さな子供に戻った気持ちになれます。ホストファミリーの一員となれたことを心から誇りに思っています。
 
是非皆さんには私が体験した興味深い経験を知って欲しいと思います。まず、私はマオリ族のお葬式に出たことがあります。お葬式では、亡くなった方の体と一緒に眠ると聞いていたので、私は少し怖いと感じてしまいました。実際は、私は車の中で寝ました。お墓は、マオリ語で「ウルパ」と言います。お葬式では、朝からステーキを食べます!!とっても驚きました。マオリの人々はよく食べるのですが、今はホストファミリーより私の方がよく食べるので太ってしまいました。けれど、ニュージーランドの食べ物がとてもおいしく食べていて幸せになれるので、全く気にしていません。
 
次に、私は「ハンギ」というマオリの伝統料理を食べました。それは、牛肉、鶏肉、豚肉、ニュージーランドのサツマイモであるクマラ、ジャガイモなどの蒸し料理です。味は少し変な感じがしたので、あまり好きな料理ではありません。けれど、良い経験ができたことはうれしいです。
 
また、キウイバードに触って一緒に写真を撮ることができました。キウイはニュージーランドの鳥で、その名の通りフルーツのキウイに似ています。初めて見たので、とても興奮しました。イメージのように丸くはなく、細長い体型だったので不思議な感じでした。けれど、とてもかわいかったです。
 
次に、学校生活について書きたいと思います。ここでは8:30に就寝し、6:50起床しています。そのため、とても長い間眠ることができます。毎朝自分で昼食の準備をしているので、今は日本のお母さんの気持ちがよくわかるようになりました。学校にはバスで通っています。私はこのバス通学が大好きです。とても面白いことが起こることに気付いたからです。なんと牛がバスの隣を一緒に歩いていることがあります!授業は、理科、数学、英語、地理、ファッション(裁縫をします)、演劇そしてESOLです。素敵なクラスメイト達と受けることができるので、どの授業も大好きです。特に理科と地理の授業について書きたいと思います。私のとっている理科のクラスはちょっと騒がしいです。そのため、正直なところをいうと、最初は好きなクラスではありませんでした。しかし、今はクラスメイト達と仲良くなれたことで大好きになりました。いつも一緒に映画や本や日本のことなど色々なことについておしゃべりを楽しんでいます。友達の一人は以前日本語の授業をとったことがある子なので、時々日本語でお話しするのがとても楽しいです。実は、以前はほとんど話したこととのない子でした。一緒に授業で実験をしたことをきっかけに少しずつ話をするようになり仲良くなりました。また、私は地理の授業も、一緒に取っているクラスメイトも大好きです。みんなとても面白い子たちばかりです。特に、先生が!前回のテストで、私はついに「アチーブド(合格)」をとることができました。今までなかなか取れなかったので、とてもうれしかったです。
 
日本にいたときは、友達作りはそれほど難しいものだとは思っていませんでしたが、間違っていたことに気づきました。私の地元はとても小さな町で、生まれた時からみんなと知り合いだったので、実際は友達作りというものを経験したことがなかったのです。今は友達作りはとても大変なことだと思います。ここでの学校生活を始めてから、私はできるだけインターバルの休み時間やお昼休みの時間にニュージーランドの生徒たちと一緒に過ごそうと努力してきました。以前ビジネスの授業をとっていたのですが、演劇の授業に変えたことで、とても素敵な友達と出会うことができました。今は彼女とよく遊んでいます。私の家に来てくれたこともあります。髪の毛をセットして遊び、お互いの髪をカールさせました。たくさん写真も撮りました。とても楽しい時間が過ごせました。学期終わりのお休み中には、彼女の誕生日パーティーに行くつもりです。とても楽しみです。
 
私の家族、そして友人たちには本当に感謝の気持ちを伝えなければいけないと思っています。彼らはずっと私の支えになってくれました。みんなのおかげで、本当に本当に・・・素晴らしい時間を、素敵なホストファミリーや友人たちと一緒に過ごすことができています。
 
正直な気持ちをいうと、日本に帰りたくないと思っています。こちらでの滞在が楽しすぎるからです!ところで、私のホストファザーはイタリアンとマオリのハーフなので、彼が作るパスタはびっくりしてしまうくらいおいしいです。家族と一緒にパスタを作って食べることが大好きです。前はパスタを麺から作っていました。今は機械が壊れてしまってできなくなってしまったのがとても残念です。
 
とてもうれしいことがありました。ある日、私はホストブラザーにもうすぐ帰国しなければいけないと伝えました。すると、彼の顔が見る見るうちに悲しくなり、来年にでもすぐ帰ってきてほしいといってくれました。本当の家族になれたのだと思えて、うれしい気持ちでいっぱいになりました。できればそうしたいとも思ってしまいました。
 
読んでくださり、ありがとうございました!それではまた。
 
平林奈々

2013年10月29日

Mizuho
Mizuho.jpg
 
Hello guys! I’m Mizuho Kobayashi and I go to Hauraki Plains College with my best partner, Mitsuki. I have been in NZ for about 8 months. I can’t believe it. Time flies, doesn't it? I’m going to tell you about my NZ life.
 
First, I’m going to tell you about my host family. There are three people in my host family. My host father is Rob, who is a truck driver. My host mother is Tania, who is supporting students at school. My host sister is Cortney. She is 16 years old, and goes to the same high school as me. They are kind to me and when I’m in trouble they always help me. We often go to Hamilton which is a large city in NZ. I can go shopping there. I love shopping so I’m very happy. We’re going to there again during Term 3 holiday. I’m looking forward to it.
 
Second, I’m going to tell you about my school life in NZ. I take English, math, science, ESOL, Maori, social studies, Digital Technology and PE. I take mostly academic subjects so they are quite hard for me, especially science and social studies are hard. I couldn't understand what my teacher said and what I should do at first because I didn't have enough listening skills and vocabulary. So, I started to read the newspaper, watch TV programs and write down new words on my notebook. For the first few months, they were too difficult and boring, so actually I sometimes fell asleep when I watched them. However, I continued to try them all. I could improve my English better little by little. When I finally understood most of them, I smiled for joy. Recently, I had a big exam, which is NCEA practice test. I took math, science and social studies. I did my best but they were hard so I thought I definitely failed them. However, I passed and got “excellence” in science. My science teacher praised me for my good result of the exam and he said "Well-done Mizuho!!"  I was really happy. I'm going to keep on studying hard.
 
Now I’m enjoying my life in NZ, however, to be honest, I didn’t feel like this way when I first came here. I didn’t have enough English skills and couldn't make kiwi friends. I was homesick. However, I think they have become good and important experiences for me now. I want you to remember that we should never give up even when everything doesn’t go well at the beginning. I couldn't do things well at first and made many mistakes, but I never gave up. So, I can enjoy studying abroad now. If you never give up, your dreams will come true, too.
 
I have found my dream from my study abroad in NZ. It will be hard for me to realize it. However difficult it will be, I won’t give up because I’ve learned the importance of keep trying. I'll do my best from now, too. I have just less than two months left so I want to spend time wisely and I want to enjoy it.
 
Lastly, I really want to say thank you to my family in Japan. Thanks to them, I could have amazing experiences and learn a lot of things. I couldn't have had such a wonderful experience if they weren't my family. I'm really grateful to them. I love them.
 
Thank you for reading. See you soon. :-)
 
P.S I'm so getting fat... OMG! Please don’t laugh at me when you see me the next time!! Anyway, I'm really looking forward to seeing my family, friends, classmates and teachers soon.
 
Mizuho
 
------------
 
こんにちは。私は小林瑞歩です。現在ハウラキプレインズ高校に、最高のパートナーの美月と通っています。ニュージーランドで住み始めて8か月以上がたちました。こんなに時間が早く過ぎるなんて信じられないです。今回は私のニュージーランドでの生活を皆さんにお伝えしたいと思います。
 
まず、私のホストファミリーの紹介をします。私のホストファミリーは3人いて、ホストファザーのロブはトラック運転手をしています。マザーのタニアは私が通っている学校で特別支援の先生をしています。シスターのコートニーは16歳で、同じ高校に通っています。みんなとても親切で、私が困ったことがあった時にはいつでも助けてくれます。私たちはよくニュージーランドの大きな都市のひとつであるハミルトンにいきます。そこではショッピングを楽しむことができます。私はショッピングが好きなので、とてもうれしいです。3学期が終わった後のお休みにも行く予定になっているので、今から楽しみにしています。
 
次に学校生活について書きたいと思います。私は、英語、数学、理科、ESOL、マオリ、社会、デジタル技術、体育の授業を受けています。ほとんどが一般教科の授業なので、受けるのは大変です。特に、理科と社会の授業が大変です。初めは、リスニング力も語彙力も不十分だったので、先生が何を言っているのか、自分が何をすべきなのかわかりませんでした。そのため、私は新聞を読んだり、テレビを見たり、単語をノートに書き留めたりすることを始めました。どれもとても難しくて、わからない分つまらないと感じてしまい、寝てしまうことが多かったですが・・・けれど、それでもやり続けました。そして、少しずつ少しずつ英語力が上達していきました。ついにわかるようになったときには、うれしくて笑うことができました。最近、NCEAというニュージーランドの高校生が全員受ける大きなテストの模擬テストを受けました。一生懸命勉強しましたが、とても難しいテストだったので絶対にいい結果はもらえないだろうと思っていました。けれど、合格することができ、理科では一番良い成績の「エクセレンス」をもらうことができました。私の理科の先生も、この結果を見て「よく頑張ったね、瑞歩!」と褒めてくれました。これからも勉強を頑張り続けたいと思います。
 
現在はニュージーランドでの生活を楽しめていますが、本当のことを言うと、ここに来た当初はそう感じることができませんでした。十分な英語力もなかったですし、友達もうまく作ることができませんでした。そして、ホームシックにもなっていました。けれど、今ではそれもすべて良い、そして大切な思い出だと思っています。皆さんにもぜひ、例え最初はすべてがうまくいかないと感じてしまったとしても、諦めてはいけないことを覚えていてほしいと思います。私も最初は、うまくいかないことばかりでたくさん失敗もしました。けれど、今は充実した留学生活を送れています。皆さんも諦めなければ、きっと自分の夢をかなえられるはずです。
 
私は、この留学生活の中で自分の夢を見つけることができました。実現することは難しいかもしれません。けれど、努力することの大切さをしれたので、決してあきらめるつもりはありません。これからも最善の努力をしていくつもりです。あと残り2か月もないので、残された時間を大切に使い、楽しみたいと思います。
 
最後に、私の日本の家族に感謝の気持ちを伝えたいと思います。家族のおかげで、素晴らしい体験をすることができ、また多くのことを学ぶことができました。彼らが私の家族でなければ、このような経験はできなかったはずです。心から感謝しています。私は自分の家族が大好きです。
 
読んでくださりありがとうございました。もうすぐでお会いできますね。
 
 
追伸 今私はとても太ってしまっています・・・どうしよう。次に会ったときに、笑わないでくださいね!とにかく、家族、友達、クラスメイト、そして先生方にお会いできることを本当に楽しみにしています。
 
小林瑞歩

2013年10月29日

Nanami
Nanami.jpg
 
Hi, guys. How are you doing? I’m Nanami Tanabe and I go to Dargaville High School as Year 12. I have already lived more than 8 months in New Zealand. The truth makes me very surprised! By the way, have you read previous messages from New Zealand written by my classmates and elder Eiryu students? To be honest, I really wonder why their essays are so wonderful. If you haven’t read them yet, I really recommend you to read them because you can learn about real life in New Zealand and kiwi’s culture. 
 
I’m having a great time here. I already had a positive view of life even when I was in Japan so I haven’t been homesick yet and I think I won’t be after this as well. However, I’ve had a few difficult experiences in New Zealand. I’ll tell you about my life here including some painful experiences. 
 
I’ll introduce my host family first. I live with my host dad and host mum at Baylys Beach. I have one sister and one brother in Japan so my house was always noisy …no I mean lively all the time. That’s why I was glad to hear about living with only adults. Haha. 
 
My host dad, Marcus, is a pharmacist in Dargaville. When I heard that, I thought he would be a serious and strict person about everything. However, he is very friendly and of a cheerful disposition. What’s more, he likes jokes about everything and likes talking very much. I can get interesting knowledge more and more as I talk with him. He also likes riding bikes. He used to ride a bike almost every day during summer time. 
 
My host mum, Suzy, teaches chemistry at Dargaville High School, so we sometimes go to school and come home together. She likes gardening, running, baking and cooking. I was amazed that she plants a lot of kinds of vegetables, for example tomatoes, potatoes, broccolis, capsicums and so on. So, she can grow and get a lot of fresh vegetables in summer time! I really want you to know that she is very very good at cooking and baking stuff.  I help her to make dinner almost every day. I like this time because we can talk about what happened during the day. In addition, I want to know how to cook and bake like her. She teaches me how to cook. When I was in Japan, I already liked cooking although I didn’t have enough time to help my mum to make dinner. But I can do it now, so I will try to remember how to make yummy meals. I want my family to eat my food after I go back to Japan. But, Suzy uses an oven to make and bake things. At my house in Japan, we don’t have one so I wish my parents would buy one to treat my family my delicious food!! Anyway, I’m becoming a good cook thanks to Suzy! 
 
At school, I take six subjects, which are Textiles, Drama, Math, ESOL, Tourism and Hospitality classes. I chose to take these classes by myself. In Japan, we can’t choose any subjects, can we? So I think it’s an interesting system for Japanese students. 
My favourite subject is Drama. I actually didn’t take Drama at the beginning. However, after a while, I remembered my teacher’s advice that Drama helps us to improve our English speaking skills when I was in Japan. So I changed from PE to Drama. In class, for the first time since I arrived in New Zealand, I experienced a difficult time. In June, we had to show a short play in front of other students at the beginning of the class every time. There were a lot of words which I didn’t know. We didn’t have time to practice for it every time, so I couldn’t get enough time to look up those words. It was very hard to act when I didn’t know about the play because I didn’t know whether the person is happy or angry and what is going on then. Despite that, I decided that I’d try to speak loudly and clearly. Thanks to it, some people laughed while I was performing it. It means they could understand what I was saying!! I was very glad to see it.
 
We usually have a big performance at the end of each term. So it means I have already done it three times. I won’t be able to forget that SECOND performance ever. And I think this drama performance will be my best memory in New Zealand. We separated into groups of three or four, and did a lot of short plays which took from ten to twenty minutes. We performed all together for the second show. It was a very long one which took around two and a half hours. What’s more, we performed it on four evenings. So it was very huge and important event for us. We had already gotten all of our scripts for it before the start of Term 2. So we actually had enough time to remember our lines. However, I didn’t know how important the show was then, so I didn’t practice much till I realised the show would be big! Truthfully, my drama teacher offered me to play one more character in the show because my first one’s lines were very short. She thought I could play a double role. I honestly wasn’t happy to hear her offer because I didn’t think I could remember the lines of two characters. However, I thought it would be a good chance to learn more words and get to know about my other classmates, so I accepted the offer. Our play was called “The Crucible” which even Kiwi students didn’t know and which had hard pronunciation. It took me ages to get the contents of the story and remember my lines because of its difficulty. The most difficult thing for me was the pronunciation. So, I needed a lot of practices to be able to say them smoothly and so that the audiences could understand what’s going on. 
 
One week before the first day of our performance, we had a lot of practice time after school from 5 pm to 9 pm every day, even on weekends when it was from 12 pm to 8 pm!! It made me realize how important and huge this performance was. The other students also had a hard time remembering long lines. If I had been them, I would have escaped from school! When we practiced, some of them always stopped acting because they couldn’t remember their lines, even the day before the first performance …! Everybody thought our play wouldn’t succeed. And just as we expected, our play was very awful on the first day. We skipped over two whole pages and nobody said any words for about minutes at a time.  Then my scene came. I had to play a role who was afraid of the devil and shuddering. I really wanted someone to whisper my lines to my ears!! Can you imagine how nervous I was? The tense I felt at that time made me feel sad and almost want to cry … ;(  Anyway, our play was a failure that day. We talked about how to fix the mistakes we made for the next day. Thanks to that, our play was getting better day by day. 
 
The biggest audiences came to watch our play on Friday. My character was one of young girls who were mean to people they don’t like and I had more acts to play than the other role. That’s way, Marcus, Suzy, Karen, Mrs. Leach ( my dean ), my partner Yua and some my friends came that night. Although I could remember my lines, I actually couldn’t say them perfectly during the practice time because everyone was looking at me and there was a serious atmosphere … It always made me nervous so I got stuck. That’s why, I was anxious and worried about my acting that night in front of the audiences, especially the people I know. Then my friends gave me a big hug and said me that I’d be fine and I’d be able to do a good job. Thanks to them, I felt much better. And my acting was great!!!!!! My friends told me that it was amazing and I did very well!! I was very happy to hear that. In addition, my host family also praised my acting and effort. I got a bunch of flowers from them! I felt like a real actress! I still remember that the drama students looked very happy and excited after we finished our performance! That night’ performance was our BEST performance ever. 
 
If I may give some advice to you, I recommend you to try anything even if you reckon you don’t want to do it. As you know, I didn’t want to play the double roles. However, I decided not to cut corners in my work. Because of it, I could try my best and the play was successful on that Friday. I was really happy about it, and through the experience, I was able to build a very good relationship between my friends and me. So I really want to say thank you to my drama teacher for giving me such a wonderful opportunity! I also got new friends who watched the play. They told me how wonderful the play was on Friday and the following Monday. 
 
Finally, I really reckon I’m staying in a wonderful environment with my amazing host family, my friends and my teachers. And I must thank my family very much. Of course, they actually couldn’t help me when I had some troubles because we lived apart. However, when they sent some stuff I needed, they, especially my mum, always gave me letters to encourage me. It made me very happy and I could understand how much they were thinking about me. I want them to be looking forward to seeing me because I can tell them how much I’ve improved my English skill and grown up mentally!! 
 
I’ve told you my story and I hope it will be helpful or enjoyable for you, especially who are planning to go abroad! I just want to say that it really depends on our own efforts if we can be successful in studying abroad!!
 
Thank you for reading. Please take care of yourself.
                                                                                                                                   Xoxo. 
Nanami Tanabe
 
------------
 
こんにちは、みなさん。お元気ですか。私は田邊七海です。ダーガビル高校に12年生(高校2年生)として通っています。ニュージーランドで暮らし始めて8ヶ月以上になりました。本当にそんなに時間がたったのかと思うと、驚いてしまいます。ところで、私のクラスメイトや先輩方が書いたニュージーランドからのメッセージももうお読みになりましたか?どれもすばらしい内容ですよね。もしまだ読んでいなければ、ニュージーランドでの生活や文化について学ぶことができるので、ぜひ読んでみて下さいね。
 
今私はとても充実した生活を送っています。日本にいたときから、もともと前向きに物事を考える性格だったので、ニュージーランドに来てからもホームシックにはなりませんでした。けれど、やはり辛い出来事はありました。今回は大変だった思い出も含めて、ニュージーランドでの生活について書きたいと思います。
 
まずはホストファミリーの紹介をします。私はホストファザーとマザーとベイリスビーチというところに住んでいます。日本では兄弟がいたのでいつもちょっと・・・にぎやかな生活をしていました。なので、大人だけと住むことができると聞いたときはうれしい気持ちもありました。
 
ホストファザーのマーカスは、ダーガビルで薬剤師さんとして働いています。それを聞いたとき、彼はきっととてもまじめで厳しい人ではないかと思ってしまいました。しかし、実際はとてもフレンドリーで明るい人でした。ジョークを言うことも大好きで、よく話をしてくれるので、そのたびに興味深い知識を得ることができます。また、自転車に乗るのが好きで、以前は夏になるとほとんど毎日自転車に乗っていたそうです。
 
ホストマザーのスージーはダーガビル高校で化学を教えているので、私たちはよく一緒に学校に通っています。彼女は、ガーデニング、ランニング、お菓子作りや料理が好きです。私は彼女が自宅でとまとやジャガイモなどたくさんの野菜を自分で育てていることを知った時とても驚きました。夏にはいつでも新鮮な野菜をたくさん収穫できるそうです。彼女は本当に料理上手で、私はほとんど毎日夕食作りを手伝っています。私はその日起こった出来事をおしゃべりできるこの時間が大好きです。彼女のように料理がうまくなりたいので、いろいろな料理を習っています。日本にいたときも、元々料理は好きでしたが、なかなか忙しくてお母さんを手伝うことができませんでした。けれど、今は時間がたくさんあるので、おいしい料理をたくさん学んで帰りたいと思います。日本の家族に是非私の手料理を食べて欲しいです。けれど、スージーが料理によく使っているオーブンが日本の家にはないので、できたら買ってもらえたらうれしいなと思っています。
 
学校では、裁縫、ドラマ、数学、ESOL、観光、そして家庭科(調理)の6教科を受講しています。この今日は全て自分で選びました。日本ではできないことなので、皆さんにはおもしろいシステムだと思います。
お気に入りの教科はドラマです。最初はとっていなかったのですが、日本にいたときに先生がドラマととるとスピーキング力を伸ばせるというアドバイスをして下さったのを思い出し、途中から体育から変更してとるようになりました。授業では、ニュージーランドに来て始めて大変な経験をしました。6月に私たちは授業の始めにクラスメイトの前で小さな劇を見せる活動をしました。台詞の中には、私が全く知らない単語ばかりでした。私たちは毎回充分に練習する時間を持てなかったので、私は意味を調べることもできないこともありました。その為、自分が演じる役がうれしいのか怒っているのかわからず、演技をするのがとても大変でした。けれど、私はできるだけ大きな声ではっきりと台詞を言うことを心がけるようにしました。そのおかげか、私が演技をしているときに見ている人が笑ってくれることがありました。つまり、私が言っている内容を理解してもらえるようになったのです!とてもうれしい気持ちになりました。
 
私たちは毎学期の最後に大きな劇の発表会を行います。今までで3回経験しました。特に思い出に残っているのは、2回目の公演です。そしてこの経験は、ニュージーランドでの生活で一番の思い出になると思います。まず私たちは3~4グループに分かれ、10~20分くらいの短い劇をたくさんこなしました。そして、2回目の公演のため全てをつなぎ合わせ長い劇の練習をしました。2時間30分くらいのとても長い劇です。そして、4日間夜にずっと公演する、とても大きくて重要なイベントでした。2学期の始めに、すでに全ての台本はもらっていたので、台詞を覚える時間は充分にあったはずでした。しかし、その時、私はこの発表会がこれほどまでに重要だとはわかっておらず、気づくまでほとんど練習をしていませんでした。しかも、ドラマの先生に、私が元々する予定だった役の台詞が短かったので、もう一つ他の役もやってみないかと言われてしまいました。正直に言えば、二人分の役の台詞を覚えられるとは思えず、あまりうれしい気持ちではありませんでした。けれど、同時に、もっとたくさんの言葉を覚え、他のクラスメイト達と仲良くなるチャンスだとも思ったので、先生の提案を受けることにしました。私たちがした劇は、「クルーシブル」(るつぼ)という劇で、ニュージーランドの生徒達にとっても難しい内容でした。私は内容を覚え、台詞を覚えるのにとても長い時間かかってしまいました。特に難しかったのは、発音です。観客の人にきちんと伝えるため、なめらかに単語を言えるよう何度も練習する必要がありました。
 
発表会の一週間前は、放課後5時から9時まで、週末も12時から8時まで毎日練習しました。他の生徒達も長い台詞を覚えるのに苦労していました。もし私が彼らだったら、逃げ出してしまうくらい大変そうでした。練習時には、何人かが台詞を覚えられずに止まってしまうことがありました。公演の前日もそうでした。みんなこの劇は成功しないのではないかと不安になってしまいました。そして、予想通り、公演初日私たちの劇のできはさんざんな結果となりました。私たちは台詞を2ページとばしてしまい、だれも数分間何も言葉にできずに劇を止めてしまったのです。そして私のシーンが来ました。私は悪魔におびえて震える演技をしました。本当に誰かに耳元で台詞をささやいて欲しかったです!その時感じたあまりの緊張のせいで、私は悲しく、今にも泣き出したくなってしまいました。その日の劇は失敗に終わってしまいましたが、私たちは公演の後次の日のためにどうすべきか話し合い改善していったことで、日に日に上手くなっていきました。
 
そして、金曜日、それまでで一番お客さんが集まってくれました。その日は、私は意地悪な女の子役もこなさなくてはいけませんでした。私のホストファミリーのマーカス、スージー、カレンと、留学生担当のリーチ先生、パートナーである結愛が見に来てくれました。全部の台詞を覚えたはずですが、みんなが私を見ている気がして、そしてとても緊張した雰囲気に耐えられず、練習の時には上手く台詞が言えませんでした。その為、その日の公演でもたくさんのお客さん、特に私の知っている人たちの前で演技することが不安で怖くて仕方ありませんでした。けれど、公演の前、友達が私を抱きしめてくれて「きっと大丈夫、うまくいくよ」と声をかけてくれました。そのおかげで、緊張がほぐれ、本番では今までで一番のできになりました!!友達もほめてくれ、うれしかったです。ホストファミリーも演技や今までの努力をほめてくれました。みんなから花束もらえて、まるで本当の女優さんのような気分でした!もちろん、公演自体も大成功で、他のクラスメイト達もとても幸せそうでした。
 
私は皆さんにどんなにしたくないと感じたことでも、挑戦することの大切さを伝えたいです。最初は私も2つの役をしたくはありませんでした。けれど、手を抜かないと決め、挑戦したことで頑張ることができ劇も成功させることができました。また、この経験を通し友達とすばらしい関係を築けたと思います。今は、私にこのような機会を下さったドラマの先生に感謝しています。また、今まで知らなかった生徒達にも、この劇をきっかけに話しかけてもらい友達になれました。
 
ニュージーランドでは、このようなすばらしいホストファミリー、友人、先生方に囲まれるとても良い環境のもとで暮らせています。また、日本の家族には本当に感謝しています。たしかに離れて暮らしているので、困ったときに助けてもらうことはできませんでした。けれど、何か荷物を送ってくれるとき、私の家族、特にお母さんは、いつも手紙を一緒に送ってくれ励ましてくれました。みんながどれだけ私のことを考えてくれているかがわかり、幸せな気持ちになれました。ぜひ私が帰った際には、英語力の向上や、内面の成長を楽しみにして欲しいです。
 
このメッセージが皆さん、特にこれから海外に行きたいと考えている人たちにとって、何かの役に立ったり、また楽しめるものであったならうれしいです。最後に、留学を成功させる秘訣は、自分自身の努力次第だと言うことを伝えたいです。
 
読んで下さりありがとうございました。お元気で。
 
田邊七海
 

2013年10月25日

Marika

Marika.jpg

 

Hello. How have you been? I'm Marika Shimizu. I live in Dannevirke which is near Palmerston North. My town is in the country, so the air is clean. We often go to Palmerston North to do shopping. I have had very good experiences, so please read about my life in New Zealand. 

I go to Dannevirke High School. There are about 500 students here. The teachers and students are exceedingly kind to us, and the teachers always try to help the students. I have had many nice experiences here. For example, I tried to run 1.5km in Athletics Sports and I got the third place. Although my arm was broken at that time, I ran 100m and 200m. I liked to run before, but I didn't play any sports in Japan. After I started to live here, I have become more active and started to challenge sports again. I also participated in the School Gala, which is like a school festival. We had to prepare a Japanese cultural activity then, and one of my teachers suggested us to do calligraphy performances. So, I wrote other students’ name or some words in Chinese character. We tried to put a Chinese character on their English names. It was very hard for us to make up original letters from English to Japanese but we did our best and enjoyed it.
 
Also, there was a competition called Mi Biz, and I took part in that event. We competed three days to make a plan of a unique product to sell. Our product was an alarm mat. If the alarm goes off, you have to get out of bed to turn it off. Before doing Mi Biz, I didn't talk to a lot of Year 12 students. But through this competition, I could talk with my teammates a lot and they helped me. As a result of our hard work, we won the competition and got the gold medal and a certificate. 
 
Now I'm playing basketball for Dannevirke High School. I go to the school gym to practice basketball every Tuesday night and go to Palmerston North to play games on Friday night. When I played my first game, I was very nervous. New Zealand people are much stronger than me. Until I got used to it, in every game I felt hard. However, I sometimes could get a basket. I'm really enjoying it. After the basketball games, I often look at the sky in the bus on my way home from the gym. When it's a beautiful day, we can look at a nice starry sky. It's more beautiful than that of Japan.
 
I also go to Youth Group every Friday night in a church. We play many activities there, for example, playing volleyball, talking to people or thinking about Christianity etc. I'll tell you about one surprising story which happened to me in Foxton. I participated in the Foxton Camp with the Youth Group’s members. We stayed two nights. On the first day, I talked with my friends and we played soccer. In a game, the ball was kicked forcefully into my arm and my arm was broken. I felt so painful and I couldn't even move it. Many people were worried about me and my math teacher and a nurse took me to the Palmerston North Hospital. I was shocked about it, but I didn’t want to miss the camp! So, I went back there and enjoyed the rest of the camp. On the second day, we went to the beach. It was a very beautiful sea. 
 
One of the biggest changes for me is that I have touched many animals in New Zealand. Honestly, I didn't like animals at all and I couldn't touch even dogs or cats in Japan but I became more confident in New Zealand. I live with cats at my host family’s place. I learned how to ride a horse and watched hunting in Wanganui. I also watched sheep being shorn. When I went to a sheep show, I had a picture taken of me touching the sheep. The other day, I touched a lamb, too. At first, I felt scared of them and didn’t want to go even near them. However, when I touched them, I could feel their warmth of their lives. I really like them now.
 
I was very shy before I came here. I didn't have confidence in myself, so I really didn’t like to perform in front of an audience. However, I had always wanted to challenge myself. So, one day, I decided to participate in Stage Challenge. It’s a big show that students go up to the stage and perform something such as dances or plays in front of a big audience. I enrolled with my group members and we performed our student-created show in Palmerston North in front of other secondary schools’ students. It was hard for me, but after I joined, I became more and more confident. Many students in Year 13 helped me. I made many friends and learned to communicate with them. I also could talk to other Kiwi school’s students. We didn't get the first place but I felt participating was much more important than winning. I had a very wonderful experience and a great time. Thanks to Stage Challenge, I was able to grow up and overcome my weak point.
 
Thank you for reading my stories. Through living in NZ, my personality has changed a lot. Thanks to everyone, I have had a lot of awesome experiences here. I really appreciate everyone who has helped me. 
 
I'm looking forward to seeing all in November.
 
Marika Shimizu
 
------------
 
こんにちは、お元気ですか?私は清水毬花です。私は今パーマストンノースという所の近くのダニバークに住んでいます。私の町は田舎なので、空気がとてもきれいです。私たちはパーマストンノースによくショッピングに行きます。私はニュージーランドでとても素敵な経験をすることができているので、ぜひ皆さんに紹介したいと思います。
 
私はダニバーク高校に通っています。生徒はおよそ500人程度で、先生も生徒たちもみんなとても親切な学校です。先生方はいつでも生徒たちを手助けしてくれます。私はこの学校でとても素晴らしい体験をすることができています。例えば、私はアスレチックスポーツデイで1.5キロ走り、3位に入ることができました。実はその時腕を骨折していたのですが、100メートルと200メートル走にも参加しました。以前は走ることが好きだったのですが、日本ではあまり運動はしていませんでした。ニュージーランドに住み始めてから、もっと活動的になることができ、スポーツにも挑戦するようになりました。スクールガラという学校祭に参加したこともあります。そのお祭りでは、私たちは日本文化を紹介する活動を準備することになり、先生がアドバイスをしてくださった習字のパフォーマンスをすることにしました。私は生徒たちの名前や、いくつかの言葉を漢字で書きました。英語の名前に漢字を作ってあげる作業は大変でしたが、楽しむことができました。
 
また、マイビズというコンクールに参加したこともあります。これは3日間行われた行事で、実際に売ることを前提に独自の商品を考えだしその計画を競うコンクールでした。私たちの製品は、アラームマットです。このマットは、一度アラームが作動すると、ベッドから下りて消さない限り音を止められないというものです。このイベントに参加する前は、12年生(高校2年生)の生徒たちに話しかけることがなかなかできませんでした。しかし、参加したことで、同じチームのメンバーと仲良くなれ、彼らも私を助けてくれました。努力の結果、私たちのチームはコンクールで優勝し、金メダルと賞状をもらいました。
 
現在、私は学校のバスケットボール部に所属しています。毎週火曜日の夜に学校の体育館で練習をし、金曜の夜にはパーマストンノースにいって試合をします。初めて試合をしたときは、本当に緊張しました。ニュージーランドの選手は私に比べとても強いからです。慣れるまでは、毎試合辛いと感じました。けれど、時々シュートを決められるようになりました。今は本当に楽しめています。試合が終わった後、家までの帰り道に、バスの窓からよく空を見上げます。天気がいい日には素敵な星空を見ることができます。日本と比べると、とても美しい夜空です。
 
毎週金曜の夜には、教会で開かれるユースグループという集まりにも参加しています。私たちはそこで、様々な活動をします。バレーをしたり、おしゃべりをしたり、キリスト教について考えたりする活動があります。その活動の中で、フォックストンに行った際に私に起こった驚くべき出来事をお話ししたいと思います。私は、その日ユースグループのメンバーたちとフォックストンでキャンプをしていました。初日に、おしゃべりを楽しんだり、サッカーをして遊びました。試合中、ボールが私の腕にめがけていきよいよく飛んできてしまい、なんと私は腕を骨折してしまいました。とても痛くて、動かすことさえできませんでした。みんな心配してくれて、数学の先生と養護の先生が私を近くの病院に連れて行ってくれました。けがをしてしまったことはショックでしたが、キャンプから帰りたくはありませんでした!そこで、私はまた戻り、残りの時間もそのままみんなと楽しむことにしました。二日目には、とてもきれいなビーチに行って楽しい時間を過ごすことができました。
 
私に起こった大きな変化の一つは、ニュージーランドでたくさんの動物と触れ合ったことです。正直なところ、私は動物は好きではありませんでしたし、日本では犬や猫も触ることができませんでした。けれど、ニュージーランドの生活のおかげで克服することができました。今は、ホストファミリー宅で猫と一緒に暮らしています。乗馬も習い、ワンガヌイという所ではハンティングも見ました。羊の毛刈りも見ました。羊のショーでは、羊を撫でている写真も撮ってもらいました。先日は、仔羊も触りました。最初は怖くて、近づくこともできませんでしたが、触った時に彼らの体の温かさから命の温かさを感じることができました。そのおかげで、今では動物と触れ合うことも好きになれました。
 
ここに来る前までは、私はとても内気でした。自分に自信がなく、人前で何かすることが嫌いでした。けれど、いつも自分自身に挑戦したいという気持ちを持っていました。ある日、私はステージチャレンジに参加しました。これは、生徒が舞台に上がり、大勢の観客の前でダンスや劇などのパフォーマンスをする大きなイベントです。私はグループのメンバーと参加し、パーマストンノースでほかの高校の生徒の前で私たちが作ったダンスショーを披露しました。とても大変でしたが、参加したことで、自信をつけることができました。たくさんの13年生が私を助けてくれました。友達もでき、コミュニケーションもとれるようになりました。ほかの学校の生徒とも知り合いになれました。1位は取れませんでしたが、勝つことよりも参加することの大切さを学べた気がします。本当に素晴らしい経験をすることができ、ステージチャレンジのおかげで、成長し自分の欠点を克服できたように思います。
 
読んでくださりありがとうございました。ニュージーランドでの生活を通し、私は自分の性格が変わったように思います。皆さんのおかげで、このような素晴らしい経験ができています。私を助けてくださった皆さんに心から感謝しています。
 
11月に皆さんにお会いできることを楽しみにしています。
 
清水毬花

1  2 最後へ>>

メッセージ

PAGE TOP