NZからのメッセージ ニュージーランドへ留学中の仁高生から届いたメッセージをご紹介いたします。メッセージは英語と日本語で掲載しております。

2017年09月22日

Miu
Miyu01.jpg
 
Hey guys, I’m Miu.  I go to Pompallier Catholic College.  It’s been eight months since we started our lives in NZ.  I can’t believe how fast time flies.  It’s getting warmer and changing to spring, but it’s sometimes still very cold.  I have experienced so many things which are all precious to me.  I’ll tell you some things that I’ve done so far.

First of all, I’ll tell you about my school.  I’m in year 10 here.  There are three year 10 classes and we take all the classes with my classmates except two optional classes.  I’m taking French, textiles, math, English, science, social studies, religious studies, PE, health, and ESOL.  French and textiles are optional classes for this term and I took Drama and Food as optional classes in term one and term two.  I especially like math because it’s easy for me, so my classmates always ask me how to solve questions.  I’m not good at explaining things even in Japanese, but I always try to explain math problems to help them understand.  I feel so happy when they understand my explanation.  At school, I was surprised that there are a lot of students from many other countries.  In fact, I have friends from Korea, China, Philippines and Kiribati in my group.  We sometimes talk about our countries, so I have discovered so many interesting things from their stories.  Also I really like their jokes.  We always laugh together, so I’m so happy to be with them.

Now, I’ll tell you about the hard times that I had.  I couldn’t talk very much with my friends at first, so I was just listening and smiling.  I knew it wouldn’t make any changes to improve my English and that I had to change the situation.  I tried to talk as much as I could.  However, I couldn’t make them understand what I was saying.  Therefore, I was not able to speak confidently.  I wanted to know why my English wasn’t understandable, so I started to observe how people spoke.  The point I’ve found is that people speak with their mouths opening wider than I do and I see their teeth when they talk.  After I started to talk like them with my mouth opening wider, the number of the times when I was asked to say things again decreased amazingly. I also found that my accent made it difficult for other people to understand me.  I saw many people from other countries speaking with their own accent, but people understood their English while they couldn’t understand my accent.  Such an experience made me feel very sad, so I’ve been trying to speak without a Japanese accent.  It’s still very hard because I have spoken English with a Japanese accent until now.  Anyways, I really feel my English is much better than before.  I couldn’t understand what people said on the first day, but I can now, and people understand what I say.

My main aim of my studying in NZ was to improve my English.  However, I’ve found another problem that I had to solve and I think I’ve overcome it.  I used to think about everything too deeply and nervously.  Because of that, I missed so many opportunities that I should have had.  To be honest, I don’t really know why and how I thought about everything so seriously now.  I’ve become pretty calm and able to take things positively.  I mean I try everything when I’m interested.  I don’t want to regret not trying something.  It is much better to regret something after I’ve done it.  I always keep that thought in my mind.

Next I’ll tell you about Kapa Haka, which is Maori’s traditional performance of dances and songs.  I was very glad to be able to join the Kapa Haka club.  I missed the chance to join it in term one, but fortunately, there was another chance to start joining Kapa Haka from term two.  I definitely wanted to do it.  Practicing Kapa Haka was very hard for me at first because people around me had been practicing since the beginning.  Moreover I didn’t know any songs or dances, so I had to memorize everything that the other students had already known.  I think Kapa Haka was the busiest club because we practiced so hard for the competition, which Pompallier Catholic College was going to participate in for the first time.  I had a very tough time, but I didn’t give up.  I’ve decided to accomplish whatever I started until the end.  I did my best, and at the end, I was chosen to be in a front row for the competition.  I was so impressed with our performance.  Also many people praised me after the performance.  It was an extremely remarkable time.  Actually, Kapa Haka was the best experience that I could never do in Japan.  

I’ve got so many amazing opportunities through the experience of living in NZ.  I’ve recognized the importance of my family and people who support me.  I appreciate them all.  Thanks to them, I am spending a precious life, so I want to cherish the rest of my time in NZ.  I want to proudly say “Tadaima” when I see my family in November.  I’m going to make more and more memories in the rest of my time here and I’m looking forward to talking about everything to you all!  Thank you for reading my essay :)

Love,
Miu Sakamoto
 
Miyu02.jpg

------------

皆さん、こんにちは。未羽です。私は、ポンパリアカソリックカレッジに通っています。私たちがニュージーランドでの生活を始めてから、8ヶ月が過ぎました。時間が経つのが信じられないくらいはやいです。だんだん暖かくなってきて、春に変わろうとしていますが、まだ寒いときもあります。私は、とても貴重な経験をたくさんしてきました。今までにしてきたことのいくつかをご紹介します。

まず、学校についてお話します。私はYear 10のクラスに所属しています。Year 10のクラスは3クラスあり、2つの選択授業を除いては、クラスメートと同じ授業です。私は、フランス語、裁縫、数学、英語、科学、社会、宗教、体育、保健、ESOLの授業を受けています。今学期はフランス語と裁縫が選択授業で、1、2学期は、ドラマとフードの選択授業を受けていました。私は特に数学が好きです。私には簡単だからです。そのため、クラスメートがいつも問題の解き方を私に質問してきます。私は、日本語ででも説明をするのは得意ではありませんが、みんなに分かってもらえるように数学の問題の解説をしようとしています。みんなに分かってもらえると、とても嬉しいです。私の学校には他の国からの生徒がたくさんいて、びっくりしました。実際、私のグループには、韓国、中国、フィリピン、キリバス出身の友達がいます。私たちは自分の国について時々話をするので、たくさんの面白い発見があります。みんなの冗談も大好きです。いつも一緒に笑っていて、友達といるのがとても楽しいです。

次に、私が経験した辛かったことについて話をします。最初は、友達とあまり話ができなかったので、話を聞いて笑っているだけでした。そのままでは私の英語は上達しないので、状況を変えなければいけないことは分かっていました。できるだけたくさん話をしようとしましたが、自分の言っていることを分かってもらえなかったので、自信をもって話をすることができませんでした。自分の英語が分かってもらえない理由が知りたくて、他の人がどのように話をするかを観察することにしました。気が付いたことは、他の人は、歯が見えるくらい口を大きく開けて話しをする、ということです。私も他の人がやっているように大きく口を開けて話すようになってから、聞き返される回数が劇的に減りました。また、私の言っていることが分かってもらえないのは、自分のアクセントのせいだということも分かってきました。他の国からの人も独特のアクセントがあります。しかし、その人たちの英語は分かってもらえているのに、私のアクセントでは分かってもらえませんでした。このような経験が辛かったので、今は、日本語のアクセントにならないよう話そうとしています。しかし、今まで日本語のアクセントで話すことに慣れてきたので、まだまだ難しいです。それでも、私の英語は前よりもよくなったと実感しています。初日には他の人が言っていることは分かりませんでしたが、今は分かりますし、私が言っていることも通じています。

私のニュージーランド留学の最大の目的は、英語力を伸ばすことでした。しかし、もう一つ問題があるということが分かり、今はその問題を克服することができました。前は、物事を何でも深く神経質に考え過ぎていました。そのために、たくさんのチャンスを逃していました。正直言って、今思えば、どうしてそんなに深刻すぎるほど物事を考えていたのかさえ覚えていません。今は、焦ることなく、物事を前向きにとらえることができるようになりました。言い換えると、興味があることには何でも挑戦できるようになりました。挑戦しなかったことを後悔したくはありません。何かに挑戦してから後悔する方がずっとましです。このことを常に念頭に置いています。
 
次に、カパハカについてお話をします。カパハカは、マオリの伝統的な踊りと歌のことです。カパハカクラブに参加できて、とても嬉しく思っています。1学期にはそのクラブに入る機会を逃してしまいました。でも、幸運にも、2学期から参加することができました。私はどうしても参加したかったです。他の人は最初から練習してきているので、はじめはそれについていくのはとても大変でした。さらに、私は歌とダンスを全く知らなかったので、他の生徒たちが知っていることを一から覚えなければいけませんでした。カパハカクラブは、一番大変なクラブだったと思います。それは、大会に向けて練習をしなければならず、ポンパリアカソリックカレッジは初めてその大会に参加することになっていたからです。大変なこともありましたが、私はやめませんでした。やり始めたことは最後までやり抜こうと決めていたからです。私は一生懸命頑張ったので、大会では前の列で踊ることになりました。私は自分たちの演技に感動し、また、演技の後には、たくさんの方が私のことをほめてくれました。本当に素晴らしい時間でした。カパハカは日本では絶対にできない経験です。

ニュージーランドで生活する中で、たくさんの素敵な機会を得てきました。家族や自分を支えてくれる方々のありがたさにも気づけました。感謝の気持ちでいっぱいです。私が貴重な生活を送れているのも、多くの人たちのおかげです。11月に帰国した際には、胸を張って、家族に「ただいま」と言いたいです。残された時間で、もっともっと思い出を作っていきたいです。そして、皆さんにいろいろなことを話せるのを楽しみにしています。読んでくださって、ありがとうございます。

愛をこめて

未羽
 

2017年07月22日

Mirai
Mirai.jpg
 
Hi guys!  I'm Mirai.  I'm living in Waipukurau, which is a very small but very peaceful city.

Now I’m on a school holiday between term 2 and term 3.   I usually enjoy playing with my host mother's grandchildren.

It has already been 6 months since I came to New Zealand, so I'm surprised to realize how fast the time has passed.

I go to Central Hawke’s Bay College with my lovely partner Moka.  I love this school so much because the students are very friendly and nice to me :)  In my school, there are 4 house groups called Grey, Cobham, Hobson and Freyberg and they do battles in every event such as Kapa Haka, triathlon, and athletic day.  I like this system.  Also, everyone cheers for each other even though they are opponents in each event, so I like this school’s students.

Now, I'd like to tell you about Kapa Haka.  Kapa Haka is New Zealand’s traditional dancing and singing performance.  We speak Maori when performing it.  The pronunciation of the Maori language is very similar to that of Japanese, so it was not hard for me to pronounce Maori except “r”, but remembering Maori words was difficult.  I couldn't remember some of the words in the song.  My house group Grey got the 3rd place but I really enjoyed performing Kapa Haka.  I had wanted to do it since I was in Japan.  I had such an amazing experience which I can't experience in Japan, so I'm very glad that I was able to experience it and I want to do it again!

Actually my life here isn't always happy.   Especially in term 1, I couldn't understand what the teachers and my friends were talking about.  Sometimes, I couldn’t even understand the activities in class.  I often didn't talk at all during interval and lunchtime.  I couldn't even understand the conversation among kiwi friends.  I wanted to change myself, but I couldn't.  I knew I shouldn't be afraid of making mistakes, but to be honest, as I was afraid of making mistakes, I sometimes hesitated to talk.
However, I got an opportunity to change myself.  I saw my Japanese classmates for an April camp after term 1.  We got together and talked about our own problems and the troubles in our lives.  We gave a lot of advice and encouragements to each other.  Then, we cried a lot.  It was an amazing time for us and I realized that I had to change myself.

Thanks to the discussion with my classmates, I've changed my attitude since the beginning of term 2.  I definitely talk more than I did in term 1 and am enjoying my school life.  Of course I talk with my friends at break time.  My friends’ group is quite big so it is still hard to think of a topic to share with all of them.  When I can't talk with many friends, I usually talk with some friends who are sitting close to me.  I’ve got more friends and I'm having better relationships with my friends.  Although sometimes I still can't understand English, but I can ask now.  I'm not afraid of making mistakes any more.

Term3 is going to start soon.  I promise that I'll have more confidence in my English and I'll talk more with my friends so as not to regret my life here!

Thank you for reading my essay.

I miss my family and my friends Teina, Nao, Yumi, Non, Nichika and others!!

Big love,

Mirai

---------------

皆さん、こんにちは。美来です。ワイプクラウという、小さいですがとても平和な街に住んでいます。

今は2学期と3学期の間の休み中で、よくホストマザーの孫と楽しく遊んでいます。

私がニュージーランドに来てから、6か月も経ってしまいました。時間が経つ早さを実感し驚いています。

私は素敵なパートナーの萌加と一緒に、セントラルホークスベイカレッジに通っています。生徒たちがとてもフレンドリーで親切なので、私がこの学校が大好きです。私の学校には、Grey、 Cobham、Hobson、Freybergという4つのハウスグループがあり、カパハカやトライアスロン、体育祭などの学校行事のたびに競争をします。私はこの制度が好きです。この学校の生徒は、学校行事があると、違うグループの人であっても互いに応援しあうので、私はこの学校の生徒が好きです。

では、カパハカについてお伝えします。カパハカは、ニュージーランドの伝統的な踊りと歌のパフォーマンスです。カパハカを披露するときは、マオリ語を話します。マオリ語の発音は日本語の発音に似ているので、”r”を除いては、発音するのは難しくはなかったです。しかし、マオリ語の単語を覚えるのは難しかったです。歌の中のいくつかの単語が覚えられませんでした。私の所属するグループのGreyは、カパハカでは3位でしたが、カパハカを披露できて楽しかったです。カパハカは日本にいたころから経験したいと思っていたことでした。日本ではできない素晴らしい経験ができたことが嬉しく、もう一度やりたいくらいです。

実際には、私の生活はいつも楽しいというわけではありません。特に1学期は、先生や友達が何を言っているのか分かりませんでした。時々、授業中に何をしているのかすら分かりませんでした。インターバル(長い休み時間)や昼食時間も、大体は全く話をしませんでした。現地の友達の会話も分かりませんでした。そんな自分を変えたかったのですが、それもできませんでした。間違いを恐れてはいけないことは分かってはいたのですが、正直、私は間違えることを恐れていたため、自分から話しかけることをためらっていました。

しかし、自分を変えるきっかけがありました。1学期終了後、エイプリルキャンプということで、日本のクラスメートに会ったことです。みんなが集まって、自分たちの問題や困っていることを話し合いました。私たちはお互いに、アドバイスや励ましの言葉をかけあいました。そのとき、私たちはたくさん泣きました。私たちにとってはすごく充実した時間で、私は、自分が変わらなければいけないということに気づきました。

クラスメートとの話し合いのおかげで、2学期の始めから自分の姿勢を変えました。1学期よりも確実にたくさん話すようになり、学校生活を楽しんでいます。休み時間にも友達と話をします。私がいるグループは大きいので、ほとんどの場合、全員と同じ話題で話をすることはできません。たくさんの人と同時に話ができないときは、私は近くに座っている友達数名と話をします。友達が増え、関係も良くなりました。まだ英語が分からないことも時々ありますが、今は質問することができます。もう間違えることを恐れてはいません。

もうすぐ3学期が始まります。後悔しないよう、自分の英語にもっと自信をもって、友達ともっとたくさん話していきたいと思っています。

読んでいただき、ありがとうございます。

私の家族や友達(Teina, Nao, Yumi, Non, Nichika)やその他の人々に会えなくて寂しいです。

愛を込めて

美来より

2017年07月06日

Yuko
Yuko.jpg
 
Hi guys!  How have you been?  This is Yuko from Hastings Girls’High School.  It has been more than five months since I came to NZ, so I’ve already spent more than half of my time of studying abroad. Time has gone so quickly. It was summer in NZ when I came here, but the temperature in NZ is getting lower. Now, I'm going to tell you about my NZ life.

Firstly, let me tell you about my host family.  I live with my host parents Cheryl, Grant and a cat named Rosy. My host mother is good at cooking.  I always look forward to having dinner. The dinner which my host mother makes is very delicious, so I tend to eat too much. My weight is going up in inverse proportion to the temperature in NZ…  My host father is a teacher and he teaches me English pronunciation. Thanks to him, my English is improving.Whenever we have time together, we often go out. We went to a farmers market, the sea, the hills, the other cities and so on.  My host family takes me a lot of places.Thanks to them, my weekend is not boring and I’ve gained new experiences!

At school, I take biology, stepping stone, in which we learn Maori culture, chemistry, multi technology, in which we make something with felt or wood, math and ESOL.  I enjoy all of the subjects. I also take singing lessons. It’s a one on one lesson, so I can ask questions easily and the teacher gives me a lot of advice.  In the lesson, I learn not only professional music knowledge but also English pronunciation. The songs which I sing have fast tempo, so it’s difficult for me, but I practice a lot. The teacher often says‘“Your singing skills are improving!”I’m so delighted.

Until now, I’ve written about my NZ life.I really want to tell you more about my life, but I have one more thing that I really would like to share with you more than that.  It is about my interaction with people from other countries.
 
In my school, there are a lot of students from different countries like Germany, China, Thailand, Philippines, India, Macedonia and Japan.The other day, we talked about traditional music from our own countries. By the way, speaking of Japanese music, what do you remember? I told them about“gagaku.”They were impressed with its history.  I was especially interested in Macedonian music.Macedonian music has special elements and feelings.It's complex and has deep rhythms. It's also has irregular beats like a seven-eight beat, so it's difficult to make a rhythm. It was so interesting for me to learn about that. We talked for a long time.

I didn't think that I would be able to learn about Macedonian music in NZ.  It's a shame, but before I met the person from Macedonia, I didn't even know where Macedonia is. If I had not come to Hastings Girls’ High School, I wouldn’t have met her and learned about Macedonian music. I'm very glad that I've come here and had the opportunities to interact with a lot of people from different countries.  I’ll cherish the opportunities I’ve got. I really would like to thank all those who let me have a lovely time in NZ and who have been supporting me.  For the past five months, I have reflected on myself.  For the next half of my study abroad, I have decided to go my own way.  I'm going to try many things and make more wonderful memories. I will grow up more, so will my weight. lol

Thanks for reading.

Big love,
Yuko Yanagi

---------------

みなさん、こんにちは。お元気ですか。私は、優子です。ヘイスティングズ女子高校に通っています。私がニュージーランドに来てから、5ヶ月以上が経ちました。留学生活の半分以上を過ごしたことになります。時間が経つのはすごく早いです。ここに来たときは夏だったのに、ニュージーランドの気温は低くなってきています。さて、今から、私のニュージーランドでの生活についてお話します。

まず、私のホストファミリーについてです。私はシェリル(ホストマザー)とグラント(ホストファザー)、ロージーという猫と一緒に暮らしています。ホストマザーは料理がうまいので、いつも夕飯が楽しみです。マザーの夕飯があまりにもおいしいので、私は食べ過ぎてしまいます。私の体重は、ニュージーランドの気温と反比例して、増えていっています・・・。ホストファザーは先生で、私に英語の発音を教えてくれます。おかげで私の英語は上達しています。時間があるとよく出かけます。市場や海、丘、他の街などに行きました。ホストファミリーが色々なところに連れて行ってくれるので、週末はつまらないことがなく、たくさんの経験ができています。
 
学校では、生物、ステッピングストーン(マオリの文化を学ぶ授業)、化学、技術(フェルトや木などでもの作りをする授業)、数学、ESOLの授業を受けています。どの教科も楽しいです。そして、歌のレッスンも受けています。一対一のレッスンなので、先生に気軽に質問でき、先生もたくさんアドバイスをくれます。レッスンでは、専門的な音楽の知識だけでなく、英語の発音も習います。歌のテンポが速いので難しいですが、たくさん練習します。先生はよく「歌がうまくなってきたね。」といってくださるので、私は嬉しいです。

ここまで、私のニュージーランドの生活について書いてきました。もっと書きたいのですが、それ以上に、もう一つ、皆さんにお伝えしたいことがあります。他の国からの人たちとの交流についてです。

私の学校には、ドイツや中国、フィリピン、インド、マケドニア、日本など違った国からの留学生がたくさんいます。先日、それぞれの国の音楽について話をしました。さて、日本の音楽と言えば、皆さんは何を思い浮かべますか。私は、雅楽について話をしました。その歴史などに、皆関心を示してくれました。私が特に興味を持ったのは、マケドニアの音楽です。マケドニアの音楽は特別な要素と感性があります。複雑でリズムが奥深いです。また、8分の7拍子といった変拍子があり、リズムをとるのが難しいです。それについて学ぶのはとても興味深かったです。私たちは、長い間話をしました。

私は、ニュージーランドでマケドニアの音楽について学ぶとは思ってもいませんでした。恥ずかしいことですが、マケドニア出身の子に会う前は、マケドニアがどこにあるのかさえも知りませんでした。ヘイスティングズ女子高校に来なかったら、彼女に会うことも、マケドニアの音楽について学ぶこともなかったでしょう。この学校に来れたこと、そして多くの国からの人たちと交流できる機会を得たことをとても嬉しく思います。そして、このような機会を大切にしていきたいです。私にニュージーランドでの素敵な時間を送らせてくださり、そして、いつも私を支えてくださっている方々に感謝の気持ちを伝えたいです。これまでの5か月間、今までの自分を振り返ってきました。残り半分の留学生活では、自分の道を進んでいきたいです。たくさんのことに挑戦し、もっと多くの素敵な思いでを作りたいです。もっと成長していきたいと思います。きっと体重も…。

読んでくださって、ありがとうございます。

愛を込めて
栁優子

2017年06月15日

Yuika
Yuika.jpg
 
Hi guys!  How have you been doing?  It’s Yuika here!

Now, let me introduce myself.  I live in Whanganui and go to Cullinane College.  I’m known as a foodie, which means someone who loves eating, by my friends.  Actually, it’s true.  One day, when I was not hungry, I said,“ I’m not hungry, so I don’t want to eat.”  One of my kiwi friends said,” What?!  You are not Yuika!  Where is the real Yuika!” :)  It is one of my funniest memories.
 
Anyway, I’d like to tell about my New Zealand life!  First, I’d like to tell you about my school!  As I told you, I go to Cullinane College.  Cullinane College is one of the Catholic schools in New Zealand, so many religious ceremonies are held at school.  I think basically Cullinane College is similar to Jin-ai Girls’ High School.  By the way, I take religious education, English, music, tourism, food, ESOL and math classes.  Also I have health and career classes every other week.  My most favorite class is music because we can play any instrument as we like.  During the class, I always practice playing the piano.  Speaking of the piano, I’m going to play the piano accompanying a year 13 student!  It’s going to be a good experience for me!  Also teachers and students here are very kind to me.   At first I couldn’t understand what teachers said and what I should do, so I always desperately asked the teachers or the students sitting next to me.  Then they taught me kindly!  In addition, I made friends through asking questions.  Understanding classes is still hard for me, but everyone supports me, so I’m not afraid of classes now.

Second, I’d like to tell you about my host family!  My host family has two dogs, one cat and three chickens!  My host mother Toni and her partner Keith are crazy about cars, so they often take me to car events on weekends!   In fact, I didn’t know about cars at all.  However, I’ve gradually come to understand about cars, so everyone says, “You will be an expert on cars!” :)  Also I have two host brothers, both of whom go to Cullinane College.  They are very kind to me and very funny.  The older one is Conner.  He is good at cooking, so he can cook many things by himself, and he often gives me ice cream!  Also, he pedals a bicycle very, very, very fast, so he can go home quickly from school.  I’m so jealous!  (haha)  The younger one is Hamish.  He loves playing games, so he introduces a lot of games to me.  I often clean up the kitchen with him, but it often takes very long because we start playing a game.  I don’t think it’s a bad thing, though.  Don’t you think so?  My host family helps me have many experiences.  For example, my host mother takes me to piano lessons once a week.  I didn’t think I would take piano lessons in New Zealand, but I’m very, very, very happy to be able to take piano lessons!  Also, the piano is in my room!  The piano was in another place but they moved it to my room.  I cannot thank them enough.   

Finally, I’d like to tell you an important thing.  I have tried to be a very cheerful girl since I was a first grader at Jin-ai Girls’ High School.  And now, thanks to my smile, I’ve made a lot of friends.  I think it is important to have a friendly atmosphere because everyone speaks to me easily.  Of course, speaking to people from myself is also important, but if I looked serious all the time, people wouldn’t speak to me.  I’ve noticed that smiles are important through staying in New Zealand.

Now, I have to finish writing this essay.  I hope you guys enjoyed reading it.

I’m going to continue being happy for my host family, teachers in NZ and Japan, my family in Japan, and myself!

Big love

Yuika Tono

----------------

皆さん、こんにちは。お元気ですか。私は結加です。

まずは、自己紹介をさせてください。私はワンガヌイにあるカリナン高校に通っています。友達には「食いしん坊」だと思われています。本当のことですが・・・。ある日、あまりおなかがすいていなかったので、「私はおなかがすいていないので、食べたくない。」と言ったら、ある友達が、「え!結加じゃないわ!本物の結加はどこ?」と言いました。一番面白い思い出の1つです。
 
では、私のニュージーランドでの生活について書きます。まずは学校についてです。先にも述べましたが、私はカリナン高校に通っています。カリナン高校は、ニュージーランドにあるキリスト教系の学校で、たくさんの宗教行事が行われます。カリナン高校は仁愛高校と似ていると思います。私は、宗教、英語、音楽、観光、フード、ESOL、数学の授業をとっています。1週間おきに、健康とキャリアという授業もあります。私が一番好きな授業は音楽です。好きなようにどんな楽器でも弾いていいからです。音楽の時間に、私はピアノの練習をします。ピアノと言えば、今度13年生(日本でいう高校3年生)の生徒の伴奏をします。私にとって、いい経験になるでしょう。ここの先生や生徒はとても優しくしてくれます。最初は先生が言っていることや何をしていいのか分からなかったので、いつも必死で先生や隣に座っている生徒に質問しました。すると、みんな親切に教えてくれました。また、質問をすることで友達を作ることもできました。授業についていくのはまだ大変ですが、みんな助けてくれるので、別に怖くはありません。

次はホストファミリーについてです。犬が2匹と猫が1匹、鶏が3羽います。ホストマザーのトニーとパートナーのキースは古い車にはまっているので、週末によく私を車のイベントに連れて行ってくれます。実のところ、私は車についてそんなに詳しくはありませんでした。でも、少しずつ車のことが分かってきたので、みんな「車の専門家になれるね。」と言います。ホストブラザーも2人いて、2人ともカリナン高校に通っています。年上の方がコナーといいます。料理が得意で、自分でいろいろな物を作ります。そして、よく私にアイスをくれます。彼は自転車をこぐのがすごく早くて、学校からすぐに家に帰って来られます。うらやましいです。年下の方がハミッシュといいます。ゲームが好きで、私にたくさんのゲームを教えてくれます。よく彼と一緒にキッチンの片付けをするのですが、片付けに長い時間がかかります。ゲームを始めてしまうからです・・・。悪いことではないと思っています。みなさんもそう思いませんか。ホストファミリーのおかげで、私はたくさんの経験ができています。例えば、ホストマザーは、週に1回私をピアノのレッスンの送り迎えをしてくれます。ニュージーランドでピアノを習うとは思ってもいませんでしたが、習うことができて、とても嬉しいです。そして、今、ピアノが私の部屋にあります。別の場所にあったピアノを私の部屋に運んでくれたんです。感謝でいっぱいです。

最後に、大切なことをお伝えします。仁愛高校の1年生だったときから、私は明るくいるようにしていました。そして今、自分の笑顔のおかげで、たくさんの友達を作れました。話しかけてもらえるようなフレンドリーな雰囲気を作ることはとても大切だと思っています。もちろん、自分から話しかけることも大切ですが、もしいつも深刻な顔をしていたら、誰も私に話しかけてきてはくれないでしょう。ニュージーランドでの生活を通して、笑顔の大切さに気づきました。

そろそろ終わらなければいけません。このエッセイを楽しんでもらえたでしょうか。

私は、ホストファミリーのため、ニュージーランドと日本の先生のため、日本の家族のため、そして、自分自身のために、これからもハッピーでいるつもりです。

愛を込めて。

當野結加より

2017年06月11日

Moka
Moka.jpg
 
Hello, this is Moka from Waipukurau, Central Hawke’s Bay.  It has already been four months since I came here.  I’m living with my host family, Kerri and Tammy and Devyn.  Kerri is good at cooking and I love her cooking.  Tammy is a police officer and I often watch TV with her.  Devyn is a very bright girl and I teach her Japanese.  We have three dogs, Ziya, Brun and Wolf and one cat, Pumba.  They are lovely and they make us laugh.

At school, I take drama, maths, hospitality, ESOL, geography and PE.  I like PE the best because we can play whatever sports we want.  I’m also involved in stage challenge now, which is great fun for me.  My job is to put makeup on heaps of dancers, so it’s not easy.  I’ve experienced many things that I had never done before.

I have been enjoying my NZ life very much, but I’ve often had a sad and hard time because of not understanding the language and how I am supposed to act.  At first, when I asked questions to my friends and classmates, they could not understand me.  I knew that would happen.  However, I felt sad because I was best at English in all the subjects when I was in Japan. The more often that happened, the less confident I became.  When my kiwi friends were talking to each other, I, of course, wanted to join them, but I could say nothing.  I just smiled, pretending as if I understood what they were talking about.  One day, when I was introduced to some students by a girl who is in my drama class, I was very frustrated because she said I was a quiet girl.  I know the reason of these sad experiences.  It was because I was not brave enough.  I know who caused those sad situations.  That’s me.  I looked back what I’d done and found something.  It was I who caused these situations, but I was definitely bitterly disappointed.  Why?  It’s because I knew what to do, but I couldn’t.

I suddenly remembered a saying which was said by Emma Watson, who I love and respect the best in the world.  That is “I am inviting you to step forward to be seen and to ask yourself, if not me, who?  If not now, when?”  This encourages me to be brave and step forward.  I think I was stupid and made mistakes.  However, I don’t think I wasted time.  It’s because I’ve learned what to do from now on thanks to those experiences.

Term 2 started on 1st of May.  I’ve become used to my life here, listening to English and speaking English.  I talk more than I did in Term 1.  As I talk with my friends, they talk with me as their friend.  I try to listen to them and they try to listen to me.  When I ask questions, they absolutely answer me.  I was afraid of what they would think of my English, but no one makes fun of my English when I try hard.  That’s what I have wanted to do.  Now I know what to do, when to do it, and how to do it.  Making mistakes and regretting is not very bad if we make them into a process of making things successful.  I keep trying and I’ll enjoy my rest of  time here.

Thanks for reading

Big love
                                                                                         
Moka Morida

---------------

こんにちは。ワイプクラウにあるセントラルホークスベイカレッジに通っている萌加です。ここに来てから、4か月が経ちました。今ホストファミリーのケリーとタミ-、デヴィンと一緒に暮らしています。ケリーは料理が得意で、私は彼女の料理がとても好きです。タミ-は警察官で、一緒にテレビを見ます。デヴィンはとても明るい子で、日本語を教えてあげています。ジーヤとブラン、ウルフという犬3匹と、プンバという猫1匹もいます。

学校で、私はドラマ(演劇)と数学、ホスピタリティー(家庭科)、ESOL(留学生用の英語)、地理、体育の授業を履修しています。私は体育が一番好きです。何でも好きなスポーツができるからです。また、今、ステージチャレンジ(グループで何らかの発表をする企画)にも関わっていて、とても楽しいです。私の役割はたくさんのダンサーに化粧をしてあげることです。簡単なことではありません。今までしたことがなかったことをたくさん経験しています。

私はニュージーランドでの生活を楽しんでいますが、悲しいときや辛い時もあります。言葉やどう行動すべきかがわからないからです。最初、友達やクラスメートに質問しても、私が言っていることが分かってもらえませんでした。そのようなこともあるだろうと分かってはいました。しかし、やはり悲しかったです。日本にいたときは、英語が一番得意な教科だったからです。このようなことが起こるたびに、だんだん私は自信を無くしていきました。現地の友達同士が話しているとき、もちろん私は会話に加わりたかったのですが、何も言えませんでした。彼女たちが話していることを分かっているふりをしながら、ただ笑っていることしかできませんでした。ある日、ドラマを一緒にとっている子が、私を他の生徒に紹介してくれたのですが、彼女が私のことを「静かな子」と言っているのを聞き、とても悔しかったです。このような悲しい経験をした理由は分かっています。自分の勇気がなかったからです。誰のせいでこのような状況に陥ったのかも分かっています。自分のせいです。自分の行動を振り返り、気づいたことがあります。このような状況になったのは自分のせいなのに、そんな自分にとてもがっかりしていました。それは、自分がどうすべきか分かっていたのに、行動を起こせなかったからです。

ふと、私が一番尊敬しているエマワトソンの言葉を思い出しました。「前に進み、表に出て、自分に問いかけてください。自分でなければ誰が?今でなければいつ?」という言葉です。この言葉が私に、前に進む勇気をくれました。私は愚かで失敗をしてきたと思います。でも、時間を無駄にしたとは思っていません。このような経験をしてきたことで、今から何をしていくべきかを学べたからです。

5月1日に2学期が始まりました。ここでの生活、英語を聞いたり話したりすることに慣れました。1学期よりもたくさん話をしています。友達に話しかけると、友達として私に話しかけてくれます。友達の言っていることを一生懸命聞こうとすると、みんなも私の言うことを一生懸命聞いてくれます。質問すると、答えてくれます。私は、みんなが私の英語をどう思うか心配していましたが、私が一生懸命頑張っていると、誰も私の英語を馬鹿にしてくることはありません。これが、私が望んでいたことです。今は、自分が何をすべきか、いつそうすべきか、そして、どのようにすべきかが分かっています。失敗や後悔をすることは、成功への過程となるのであれば、悪いことではないです。私は、頑張り続け、ここでの残りの生活を楽しみたいと思っています。

読んでくださって、ありがとうございます。

愛を込めて。

森田萌加より
 

メッセージ

PAGE TOP