NZからのメッセージ ニュージーランドへ留学中の仁高生から届いたメッセージをご紹介いたします。メッセージは英語と日本語で掲載しております。

2016年11月04日

Nana
nana01.jpg
 
Are you enjoying middle of autumn in Japan?
Hi, guys! It’s Nana. I go to Waiuku Collage with my great partner, Yo-yo(Yu). I gave her this nick name. It’s cool, isn’t it? I can’t believe that I’ve been here for 9 months. Looking back on the past, I’ve spent many kinds of times- happy enjoyable, struggling….  To be honest, I wanted to go back to Japan during rough times when relationships with my friends and family weren’t going well. However, now, I realized they are good memories because everything turned out well in the end.
 
Well, let me talk about what I found and experienced through my study abroad.
You know that NZ is a multi-cultural country, right? Not surprisingly then, my host family is multi-cultural as well. My host family consists of my father, mother, little brother and grandmother. In order from the left, they are South African, Thai and Indian except my little brother. Did you realize? Yes, my little brother is quarter. His name is Atom. I think you are imagining Astro Boy, Atom, right now. At first, I did the same thing as you. haha. Anyway, it may seem hard to live together due to different cultures, but it is not. They respect each other’s culture and try to know about each other. Before not being close to them, I didn’t know what to talk about with them, so spending time with them was uncomfortable for me. At the same time, I had been struggling about my friends as well, so I couldn’t afford to think about both matters. But I really wanted to make the situation better, so I tried to solve the problem about my host family first. 
 
Although I didn’t care about their multi-cultural background, I used to make an invisible wall between them and me somehow. I think I didn’t want to show them my true self. I got advice from my teachers and friends, also I tried to find a solution by myself. And then, I found I was just thinking too much about the topics for talking with them. At that time, every time I talked with them, I was saying to myself, “I must talk. I must talk” in my mind. I put a lot of pressure on myself and that made me feel bad. I should have relaxed and talked with them even when the story was trivial. After that, I tried to relax when talking. For a while, I was clumsy, but I was getting used to it little by little. Now I enjoy talking with them about nonsense things, such as about fortune-telling. My host father never believes it, but I believe it. I don’t want to agree with it, so we start having an argument. And then he requires me to prove it, but I can’t do and I lose. 
Experiencing this hardship was good opportunity to know an important thing. I even regretted not having talked much with my family in Japan. I will treasure conversations with my family from now on. 
By the way, sadly, my host family except my grandmother is going to Thailand this week, and I can’t see them anymore before leaving NZ.  I’m really happy to have been their child. They told me, some day they will come to Japan. I’ll improve my English more before then because I want to talk more deeply with them. It was nice being with them and I hope they will come to Japan as soon as they can.
 
As I said before, I didn’t use to get along with my friends, either. I was scared to talk with them because I didn’t have confidence in my English. Because of that, my feelings got negative. But one day, I started to think that even though they are my friends, they are my teachers as well. Moreover, I thought they are the best tools to improve my English. It sounds vicious, but the thought was helpful for what I was then. Getting close was good, but first, I had to remove my scared emotion. I kept trying to talk to them and we became closer not as teacher-students, but as friends. On my birthday, they organized a secret party for me. It made me feel I want to be much closer to them. Thanks to them, my school life is awesome. 
 
nana03.jpg                              
 (my host brother and cousins)
 
After having things go well with my family and friends, I wanted to try some new things. So, I started to take clarinet lessons at school. Every time the teacher gives me a new harder music sheet, so it’s quite difficult. However, I wasn’t satisfied with the lessons because there is only one lesson every Monday and it’s for only 20 minutes. Then, I started to join an orchestra in the next town, too. It’s really amazing. I think sharing something without words is wonderful, and this time, it is music for me.  I used to belong to a brass band club and perform with all Japanese people, so this was new to me because everyone is a foreigner to me.  Normally in Japan, brass band clubs practice for a  contest, and when I was a member of that type of group, sometimes I felt stress and didn’t feel like playing. On the other hand, in NZ, the orchestra doesn’t play in order to win a contest, so I can enjoy music purely. I didn’t expect that I could spend such a great time with music in NZ.
 
Lastly, I have only one month before going back to Japan. I tell you now, I got fat, so don’t be surprised at me when you see me in Japan, haha. Anyway, but for the support from my family, teachers and friends…everyone, I couldn’t have been spending such a wonderful time in NZ. Thank you so much, all of you guys. I’ll bring back many stories of my study abroad, so please wait for me with your ears open. :-) See you soon guys.
Big love,
 
Nana
 
--------------------
 
皆さん、秋の深まりを楽しんでいますか?
こんにちは。私は塚田那菜といいます。すばらしいパートナーの優(ヨーヨー)と一緒にワイウクカレッジに通っています。このニックネームは私が考えてあげました。いいあだ名だと思いませんか?もう9ヶ月もここにいるなんて信じられません。振り返ってみると、本当にたくさんの時間(幸せだったり、楽しかったり、つらかったり・・・)を過ごしてきました。正直なところ、日本に帰ってしまいたいと、辛かったとき、特に友達やホストファミリーとの関係がうまくいっていなかったときには思ってしまったことがあります。でも今は、最後には全てうまくいくようになったので、それもよい思い出です。
 
それでは、私が留学で発見したことについて紹介したいと思います。
 
皆さんもニュージーランドが様々な文化が入り交じった国だと知っていますよね?もしそうならばきっと驚くことはないですが、私のホストファミリーも多文化家族でした。家族はファザー、マザー、小さなブラザー、そしてグランドマザーがいます。弟を除くと、左から、南アフリカ、タイ、インド出身です。つまり、弟はクオーター、4つの文化を持っています。彼の名前はアトムです。きっと今皆さんは鉄腕アトムの「アトム」をイメージしていますよね?私も最初はそうでした。異なった文化が入り交じった環境で暮らすことは一見大変なように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。彼らはお互いの文化を尊重し、お互いをよく知ろうと努力しています。まだそれほど仲を深められなかったときには、何を話せばいいかわからず、一緒に暮らすことは居心地のよいものではありませんでした。そのときは友達関係も悩んでいたので、なかなか二つの悩みを同時に考えられなかったのです。しかし、どうにか状況を変えたかったので、まずはとりあえずホストファミリーとの問題を解決できるよう努力してみました。
 
彼らの多文化のバックグラウンドはあまり気にならなかったのですが、私は以前彼らと私の間になぜか見えない壁を作っていました。たぶん本当の自分を見せることが怖かったのだと思います。先生方や友達からアドバイスをもらい、自分でも解決方法を探してみました。そしてわかったことは、自分が彼らと何を話すべきか考えすぎていただけであるということです。その当時、彼らと話すたびに「話さなきゃ、話さなきゃ」と自分に言い聞かせていました。自分にプレッシャーをかけすぎて、余計に不安になってしまっていたのです。もっとリラックスをして、どんな些細な話であってもただ話してみればよかったのにと今は思います。気づいた後は、話すときにとりあえずリラックスするよう心がけました。しばらくは不器用なままでしたが、徐々に少しずつ慣れていけました。今はどんな話、おかしな話でも楽しんで話せるようになりました。例えば、占いの話もそうです。私のホストファザーは占いを信じていませんが、私は信じています。彼の言い分に同意できないので、私たちはそのことについて言い合いをしています。そうなると彼は証明してみなさいといい、結局証明できない私がその言い合いに負けてしまうのです。
 
この困難を経験することは私にとってとても大切な出来事でした。今は日本の家族とももっと話してこなかったことを後悔しています。これからは家族との会話をもっと大切にしていきたいです。
 
ところで、悲しいことに私のホストファミリーはおばあちゃんをのぞいて今週タイに旅行に行ってしまいます。なので、帰国する前にもう会うことができません。彼らの子供になれて本当に幸せでした。彼らもいつか日本に来たいといってくれました。そのときにはもっと深い話もできるようになりたいので、今まで以上に英語力を上げられるよう頑張るつもりです。彼らと過ごせたことはとてもすてきなことだったので、ぜひできるだけ早く彼らが日本に来てくれるとうれしいです。
 
先ほどもいいましたが、私は友達関係でも問題を抱えていました。自分の英語力に自信が持てずに、話しかけることを怖がっていたのです。そのせいで、どんどん消極的になっていってしまいました。しかしある日、彼らは私の友達でもあり、同時に「先生」でもあるのだと考えるようになりました。さらに、自分の英語力を上げるための最適の道具のような存在であることも気づいたのです。このような言い方をすると悪い表現だと聞こえるかもしれませんが、そのときの私にはとても役に立ちました。仲良くなることは大切ですが、まずは自分の怖がっている気持ちを取り除かなくてはいけなかったからです。そして彼らと話し続けているうちに、「先生」としてではなく、自然と友達として仲良くなっていけました。私の誕生日には、彼らは私に内緒でパーティーを企画してくれました。もっと仲良くなりたいと強く思いました。彼らのおかげで、私は学校ですばらしい毎日を過ごしています。
 
ホストファミリーとも、友達とも関係をうまく築けたことで、私は新しいことに挑戦したいと思えるようになりました。そこで私が始めたのは、学校でのクラリネットのレッスンです。毎回先生が難しい楽譜をくれるので大変です。けれど、毎週月曜日20分間で1レッスンだけだったので、私はそれでは満足できませんでした。そこで次は隣町のオーケストラにも参加しました。すてきな経験ができました。言葉を通さずに何かを共有できることは本当にすばらしいことだと思います。私にとってそれは音楽でした。私は以前吹奏楽部に所属していたのですが、部員はもちろん日本人だけだったので、海外の人たちと一緒に演奏することは初めてでした。また、日本ではコンテストを目標に練習することが主だったので、時々ストレスを感じてしまったり、演奏する気持ちがなくなってしまうことがありました。しかしここでは、オーケストラはコンテストのために演奏するのではなく、純粋に音楽を楽しむために練習します。私はそのようなすばらしい時間をニュージーランドで過ごせるなんて思ってもみませんでした。
 
最後に、日本に帰国するまであと1ヶ月ほどしか残っていません。正直にお伝えすると、かなり体重は増えてしまいました。なので、日本で私を見かけても驚かないでください。家族、先生方、そして友達・・・その誰のサポートがかけても私はこのようなすばらしい時間をニュージーランドで過ごすことはできなかったでしょう。皆さん、本当にありがとうございます。留学での土産話をたくさん持ち帰るので、ぜひ耳を開いて待っていてくださいね。それではまた。
 
愛を込めて。
塚田那菜

2016年11月04日

Hanna
Hello, guys. I'm Hanna. I go to Otamatea High School with my classmate, Ruka. I've been here for over eight months and have experienced so many things. I'll tell you guys about what I’ve experienced and learned here, in New Zealand.
 
hanna01.jpg
 
One of my purposes of this overseas study was to improve my English, but what I really wanted to change was myself. I am not a flexible person and when I was at Jin-ai last year, I was often pointed it out by some people around me. I'd realized my flaw at that time, but I didn't understand in what ways this trait was manifesting itself. As I spent some time at school here, I found many things that I couldn’t be satisfied with and didn't really understand. For example, I couldn't deal with how some kiwi students spent their time in classes at school because it was totally different from the way I was used to. I even got upset about it sometimes. At that time, I hadn't realized that “this” was the answer I'd wanted to know. However, now I know that I was just judging others only in my way. Those students, whom I mentioned above, did what they had to do in whatever style they could. Some even finished their work at their home, so they looked more relaxed in classes. That only meant their styles were just different from mine. That is how I really understood my inflexibility and it became an important moment for me.
 
Kiwis think communication way more important than we, Japanese. Sadly, I was a person who wasn't interested in communication that much at first, and didn't really care about it. I even thought that people could live without communicating with others. That's why I didn't tell much about myself to anyone, even though I was an international student and had many things I could tell. As you would expect, this idea and attitude caused a problem. Especially, my host family wasn't really happy about it. Since I wasn't paying attention to the situation, I didn't realize how people around me had thought about my behaviors. I remember that when I realized “that” had made my life in New Zealand smaller and closed, I became extremely disappointed in myself.  Then, I started to take action and it bettered my life. I forced myself to communicate more with those around me and it made my life in New Zealand easier and more enjoyable. Currently I think communication is indispensable if we want to grow and better ourselves because there are heaps of things we can learn through communication with other people.
 
hanna02.jpg
 
I had difficulties as you have read above. However, I can say that because I had difficulties, I have experienced more valuable and important things. One of the most memorable experiences I've had on this exchange has been taking part in Duke of Edinburgh, normally called DOE. For DOE, we needed to complete all of the following: tramp, service, physical recreation, and skills sections. For the tramp which was the main thing to do for DOE, I went tramping with my group members three times. For the skills section, I did Kapa Haka and for the service section, I did volunteer work at the school café. I think what I did at the café was interesting, so I'm going to write a bit about it.  For the service section, we had to do whatever volunteer work we chose for an hour once a week and keep it up for three months. I chose to help at the school café. Firstly, it's rare that a school has its own café, don't you think? The café provides nice and delicious meals and drinks, and students can even take barista classes there. I helped in the café by making sushi. Before I actually started doing it, I was worried that there would be heaps of leftovers because I didn't know just how popular sushi actually was. However, I remember being so surprised on the first day of sushi-making as students lined up to buy it. Even teachers came to buy some. I had a strong sense of achievement. Overall, through DOE, I learned the importance of attempting to do new things.  
 
On reflection, I'm really pleased to have been given this opportunity. So many people have supported me in so many different ways. Actually, we'll never know how many people are always involved in making things happen. For example, for DOE, it was my dean who encouraged me to take the opportunity to participate in DOE and the café's owner who offered me a place to complete my work. Moreover, the opportunity was given to me because I could come to New Zealand as an overseas student. Without my family, classmates and teachers, I couldn’t have come here. So I cannot thank them enough.
     
Shortly after I finish term 4, I'll go back to Japan. I want to stay here longer. Similarly, I want to go back to Japan to know how much I've improved through this study abroad opportunity. I greatly appreciate all the people who have supported me and wish to thank them all very much.
 
I'll see you guys very soon.
Thank you for taking the time to read my essay. I hope you enjoyed it.
 
Regards,
Hanna
 
--------------------
 
こんにちは、皆さん。私は齊藤帆那です。オタマテアハイスクールにクラスメイトの瑠香と通っています。ニュージーランドでの生活はすでに8ヶ月を越え、本当にたくさんの経験をしています。今日はこの生活の中で学んだことを皆さんにお伝えしたいと思います。
 
留学の目的の一つは英語力を上げることでしたが、一番の目的は自分を変えることでした。私は融通が利かない性格で、一年生の時もよく周りの人に指摘されることがありました。そのときこの欠点に気づいてはいたのですが、自分のどの部分がそう言われるかまではわかりませんでした。こちらで学校生活を過ごすうちに、満足できないことや理解できないことがたくさんありました。たとえば、ニュージーランドの生徒たちの授業態度が、自分がこれまで慣れてきたものと全く違ったことです。そのせいで時には気分が落ち込んでしまうこともありました。そのときの私は、「それ」こそが自分が知りたかった答えだと気づけなかったのです。しかし今は、自分が他の人を自分の見方だけで判断していたのだとわかりました。先ほど書いた生徒たちは、自分のスタイルであっても、しなくてはいけないことはきちんとしていたのです。家で課題を終わらせている生徒もいたことが、授業中彼らがゆったりとして見えた理由でした。つまり、彼らのやり方と自分のやり方がただ違うということに気づけたのです。このようにして私が自分の柔軟性のなさに気づけたこの瞬間は、自分にとって大切だったと思います。
 
キウイ(ニュージーランドの人たちの別の名称)の人々は私たち日本人よりももっとコミュニケーションを大切にしています。悲しいことに私は最初コミュニケーションにそれほど興味を持てず、実際そこまで気にして過ごしていませんでした。しかも、人は他の人とコミュニケーションしなくても生きていけるとさえ思っていました。そのため、留学生であり、周囲の人に伝えられることがたくさんあったにも関わらず、それほど自分のことを伝えずに暮らしてしまいました。皆さんもお気づきの通り、この考えと態度は大きな問題になってしまいました。特にホストファミリーは残念に感じていたと思います。そのような状況であることに注意を払わなかったので、周囲の人たちが自分の行動をどう感じているのか気づきもしませんでした。「それ」こそが自分のニュージーランドでの生活を小さく、そして閉ざされたものにしていたことに気づいたとき、自分に深くがっかりしたことを覚えています。そのあと、私は行動を起こし、自分の生活を改善できるよう努めました。自分から周囲の人と交流するように心がけたことで、こちらでの生活がより簡単に、そして楽しくなっていきました。最近では、コミュニケーションの中からこそ学べることがあるので、成長したいと考えているのならばコミュニケーションが自分たちにとって必要不可欠であると感じられるようになりました。
 
確かにつらいこともありましたが、だからこそ自分の経験がより価値があり重要なものになるのだと思います。たとえば、強く思い出に残っている体験の中にデューク・オブ・エディンバラ、通常DOEと呼ばれる活動に参加したことがあります。この活動は、トランプピング(山歩き)、サービス、フィジカルレクリエーション(体を使った活動)、スキルセクション、(技術を磨く活動)の4つの分野に分かれており、すべての分野の活動に参加しなくてはいけません。一番のメイン活動となるトランピングでは、実際にグループで3回山歩きにいきました。スキルセクションでは、カパハカ(ニュージーランド先住民マオリの伝統的な歌や踊り)に参加し、サービスセクションでは学校のカフェでボランティア活動をしました。特にカフェで働けたことは興味深かったので、そのことについてもう少し詳しく書いてみたいと思います。サービスセクションでは、1週間に一回、1時間参加できるボランティア活動を自分で選び、3ヶ月間活動しなくてはいけません。そこで私は学校のカフェのお手伝いを選びました。学校内にカフェがあるなんて珍しいと思いませんか?このカフェでは、おいしい食べ物と飲み物が提供され、生徒たちはバリスタ(コーヒーの入れ方を学ぶ)のレッスンも受けることができます。私はカフェでお寿司を作りました。始める前は、売れ残りが出てしまうのではないかと不安でした。けれど思った以上にお寿司は人気があり、初日に生徒が買うために並んでくれている列を見て驚いたのを覚えています。先生たちも買いに来てくれる人がいました。大きな達成感を味わうことができ、またこの経験を通し、新しいことに挑戦する大切さを学べました。
 
振り返ってみると、この留学というすばらしい機会を与えてもらえ、本当に自分は幸運だと思います。たくさんの人たちが様々な面で支えてくれました。けれど実際は、何かを実現させるために一体どれだけ多くの人たちが関わっているかわからないことが多いです。たとえば、DOEに参加するよう後押ししてくれたのは留学生担当のディーンの先生でしたし、カフェのオーナーも快く活動する場を提供してくれました。ニュージーランドに来られたからこそ、このような機会を与えてもらえたのだと思います。私の家族、クラスメイト、先生方がいなかったら来られなかったことを考えると、感謝しても仕切れません。
 
4学期が終わればすぐに、私たちは日本に帰国します。ここにもう少し残りたいと思う気持ちと、早く帰って自分がこの留学でどれほど成長したか知りたいと思う気持ちがあります。私を支え続けてくれている人たちに心からの感謝を伝えたいです。
 
それでは皆さんに会えるのを楽しみにしています。
読んでくださりありがとうございました。楽しんでもらえたらうれしいです。
 
心を込めて。
齊藤帆那

2016年10月21日

Miyu
Hey guys! How have you been? For those of you who don’t know me, my name is Miyu  and I go to Central Hawks Bay College with my great partner, Hitomi   It’s getting very hot here during the daytime but still cold in the morning and the night. Spring has finally arrived! I’m so excited since I’ve been sick of those freezing days. I never expected that I would be snuggling up with a hot water bottle every single night. Without further ado, let’s get onto the subject. 
 
I’m living with my host father, mother, and little brother. They are from Chile but they have lived here in New Zealand for over 20 years. There is also a kiwi girl living with us. She doesn’t go to my college but she still helps me a lot. To be honest, I used to have complains about my host family because they are non-native English speakers. I found my situation very complicated at that time. My host parents need to speak Spanish to get their son immersed in a Spanish environment so that he’ll be able to speak both English and Spanish. What’s more, my host sister studies Spanish very hard and tries to talk in Spanish as well. I’d thought I was the only one who wanted to speak English in this family and felt as though I was excluded from them when they talked in Spanish. However, as time went by, I got used to living with them, which made me think over my situation.  Nothing had changed in our relationship those few weeks, and I realized, ‘What am I waiting for?’ I had no idea how to answer to this question. I’d been waiting for ‘something’ that can change my life but the ‘something’ did not even exist, so what was the point to wait for nothing? This was when I literally admitted that I was wrong. It was always “my own action” that could change my life. Then I started to think positively about my environment and tried to look for their good points. In fact, once I disregarded thinking negatively, loads of interesting experiences came up constantly. 
 
We are, what is called, a multi-cultural family and each of us has different language, culture, and even common sense. We often ask each other how we say some words in our own language and we also make each other our traditional foods for dinner. We can expand one topic into three different views from Chile, Japan, and New Zealand. Although there are heaps more that I could talk about, I’ll stop here as it’s countless. All I can say is that I’m really enjoying staying with them now and I think they are the “best” host family for me. I’m so blessed that I could have this precious opportunity. I could never experience such a global life without them.
 
Next, I’ll be talking about my school life. We’re allowed to take 6 classes and I do ESOL, Geography, Math, Drama, PE, and FNT(Food Nutrition Technology).  Most of my friends say Drama is a fun class but it is absolutely difficult for exchange students like me. This class is basically different from the ‘class’ we have in Japan. There’s no desk nor chair to sit at because what we do in this class is ‘performing’ which includes speaking and listening. I used to hate Drama. You know how you feel when you have no idea what’s going on in the class and then you’re suddenly put in front of everyone. Yes, I was humiliated by this situation so many times. Some activities don’t even let us have any scripts and instead we have to quickly create a short story, practice how we move, what we say and then act it out to the class straight after. Surprisingly we have to do this within 20 minutes. At first, I didn’t understand what the story my friends made was like and what to say during the acting.  I was such a troublemaker in the activity... Despite this hard work, however, I still recommend you to take Drama because it brings you a number of opportunities to grow up markedly. You can learn the skills of listening, negotiating, communicating, and you would get your self-esteem and confidence.
 
miyu01.jpg
 
There’s only a short time left for me to stay in New Zealand. I wish I didn’t have to leave but sadly I’m going to.   This past 9 months have gone incredibly fast and I’m not even ready to go back!  I’ve been involved in as many school events as possible and I have travelled to so many places with my college friends. I’ve spent such memorable days with great people. I want to tell my mother BIG thanks for letting me have this great experience in New Zealand.  I’m pretty sure this year will be a milestone in my life, well it’s already is though 
 
See you guys very soon xx
 
Miyu Nishimoto
 
miyu02.jpg
 
-------------------
 
今日は皆さん!お元気ですか?私のことを知らない人もいるかと思います。私は西本未翔といいます。現在すばらしいパートナーの瞳と一緒に、セントラルホークスベイカレッジに通っています。こちらではやっと春になり、日中はとても暑くなってきたのですが、朝や夜はまだ肌寒いです。辛いだけの寒い日々がやっと終わってくれたのでうれしいです。毎晩お湯を入れたボトルにくっつく生活なんて思ってもみませんでした。それではこれ以上話を進める前に、早速本題を書きたいと思います。
 
私はホストファザー、マザー、小さなブラザーと一緒に暮らしています。彼らはチリからの移民ですが、ニュージーランドで20年近く暮らしてきました。もう一人、キウイ(ニュージーランド人の別の名称)の女の子も一緒に住んでいます。同じ学校に通っているわけではないですが、ホストシスターのようによく様々な点で助けてくれます。正直、以前は彼らが英語を母語としないホストファミリーだったので、私はそのことに不満を持っていました。自分の環境が複雑すぎると感じてしまったのです。両親は彼らの息子であるホストブラザーが英語と彼の母語であるスペイン語の両方を話せるようになるよう、スペイン語の環境を与える必要がありました。さらに、シスターはスペイン語を熱心に勉強しているので、彼らと会話するときにスペイン語を使うことがありました。私は家族の中で自分だけが英語を話したいのではないかと思ってしまい、彼らがスペイン語を話すたびに一人だけのけものになっているような気さえしてしまいました。しかし、時間がたつにつれ彼らとの生活にも慣れていくと、その状況についてもう一度よく考えてみることができました。この数週間の間、彼らとの関係に何の変化もないと気づき、「私はいったい何を待っているのだろう?」と自問自答しました。もちろん答えは見つかりません。私はずっと自分の生活を変えてくれるだろう「何か」を期待し待ち続けていましたが、そんな「何か」は元々存在していなかったこと、そして存在もしない「何か」を待ち続けることに意味がないことがようやくわかったのです。このとき、やっと自分の間違いに気づくことができました。自分の生活を変えてくれるものはいつだって「自分自身の行動」でしかなかったのです。それからは自分が置かれている環境について前向きに考え始め、ホストファミリーのよいところを探すようにしました。実際、一度ネガティブな考え方さえやめてしまえば、本当にたくさんの楽しい経験が起こるようになっていきました。
 
私たちは、いわゆる、「多文化家族」です。それぞれが異なる言語、文化、そして異なる常識さえ持ち合わせています。そのおかげで、お互いにそれぞれの言語で何をどういうのか教えあい、お互いの国の料理を夕食に作り合っています。チリ、日本、そしてニュージーランドの3つの違った考え方から、一つの話題を広げることもできます。他にもたくさんよいことがありましたが、数え切れないくらいエピソードがあるのでここで止めます。ただいえるのは、彼らと一緒に暮らせることを今心から楽しんでいること、そして自分にとって彼らこそが最高で最適のホストファミリーだということです。このような貴重な体験ができ、自分は本当に幸運だと思います。彼らなしではこのようなグローバルな生活を経験することはできなかったでしょう。
 
次に、学校生活についてお話しします。私たちの学校では6つの科目を選択でき、私は留学生のための英語の授業であるESOL、地理、数学、ドラマ(演劇)、体育、そして食品栄養学を学んでいます。友人の多くはドラマが楽しいクラスだといいますが、私のような留学生にとってはとても大変な授業です。この授業は、基本的に日本で私たちが受けている「授業」とは全く違います。たとえば、机も座るイスもありません。この授業では、話したり、聞いたりと実際に演じること、表現することが求められるからです。正直、以前はドラマの授業が嫌いでした。皆さんも、授業でいったい何が起こっているかわからなかったり、それなのに急にみんなの前に立たされたりすればきっとこの気持ちをわかってくれるはずです。私は実際、このような状況に陥り何度も恥ずかしい思いをしました。活動の中には、台本さえなく、短い話をその場で作り、どう動くか、何を言うかを決め、題材を与えられてから即興で演じなければいけないものもありました。ちなみにこのすべてをたった20分以内でしなくてはいけません。最初、私は友達がどんな話を作ったのかわからず、演技中に何を言うべきかわかりませんでした。他の子たちには本当に迷惑をかけっぱなしだったと思います。けれど、これだけの苦労があったとしても、私はドラマの授業をおすすめしたいです。この授業を受けることで、大きく成長する機会がたくさん与えられるからです。たとえば、リスニング力、交渉する力、コミュニケーション力が身につけられ、また、自分に自信をつけることもできます。
 
ニュージーランドに滞在できる期間はあとわずかです。ここを離れたくはないですが、悲しいことに帰国しなくてはいけません。この9ヶ月は驚くほど早く過ぎ、帰る心の準備なんてできていません!これまで、できるだけたくさんの学校行事に参加し、友達とたくさんの場所に訪れ、すばらしい人々と心に残る日々を過ごせてきました。このような素敵な経験をさせてくれた母に心から感謝を伝えたいです。きっとこの一年は私にとって人生を変えてしまうような出来事になってくれると思います。(すでにそうなっているはずです。)
 
皆さんに会えることを楽しみにしています。
 
西本未翔

2016年10月17日

Yui
Yui Sano01.jpg
“A HOME AWAY FROM HOME”
Have you heard this phrase before? It means a place where you can feel as comfortable, happy, or relaxed as your own home. It is also called the second home. NEW ZEALAND, is the place for me. Isn’t it great to have such a place overseas? 
 
Kia Ora everyone! It’s Yui. How have you been? I hope you all have been doing well. Over 8 months have already passed since I came to New Zealand. I feel that time certainly flies fast. Most of our Eiryu students say exactly the same thing, don’t we? Anyway, I have a heap of things that I’d like to tell you, but unfortunately, I think I’d better pick out a few of them. So basically, I’ll be telling you about what I have ever struggled with. I hope it will be enjoyable to read and serve someone in some way.
 
As I mentioned above, New Zealand is my home away from home in Japan. But honestly, I just started to feel like that a few months ago. What do you think is the reason for this change? It is because I have taken concrete actions courageously after I found my real weaknesses and faced myself including those at the root of it. To me, these were definitely not easy things.
 
Here is when I started to go to Pompallier Catholic College in term 1. While I just felt nervous to do anything at school, I had quite much courage to do them. I think to begin something new often excites people and encourages them to try harder. So, even on the first day at school, I started to talk to some students to know them at lunchtime or in class. From that day, I usually spent break time with several different people in February. It seemed incredible to me, but I actually did it because I knew no one except Saki at first and really wanted to make kiwi friends to enjoy my school life. Gradually, I found some good friends and got along with them. I tried to talk as much as I could in those days because I understood that if I do not say anything or just wait for them to ask me something, our relationships would not go well at all. I also tried to be bright and social so that people might at least get a bit of a good first impression of me (I hope!). Term 1 passed so quickly. I did my best almost every day. The best events in term 1 were going surfing for the first time and joining the Swimming Competition, by the way :-)
 
Then, in term 2, I got used to going to school. I was able to understand what to do in class. I’ve got nice friends. Here is where you may guess what was going on then though. Well, to tell the truth to you, I stopped trying something new or even things which I used to be able to do in the previous term such as talking a lot without being afraid of making mistakes in English, making more friends, trying some activities, and so on. Somehow, I started to lose confidence. That’s why, needless to say, I did not feel happy at school and enjoy my limited New Zealand life much. I got afraid of changing something that I got used to around that time, even though I knew what I should have done. I finally realized my real weaknesses, so I needed to come to terms with the fact that I had ignored to face myself. That was the toughest struggle I have ever had here. During the July holidays, I reflected on the matter properly. I strongly decided to change myself and restart to try something new with courage. Of course, I talked about my worries with people around me. They responded with care to my concerns. All their kindnesses and advice have meant a lot to me.
 
I did totally change my mind from term 3. Since then, a lot of things have been going far better. I’ve been doing what I actually want to try. For example, I have joined the Badminton Competition, been a member of textile club, hung out with my friends many times, made many more new kiwi friends, talked a lot with people, and many other things. I’ve been having so much fun at school especially since term 3. Best of all, hanging out with my friends for 4 weekends in a row has been one of by far my best memories in friendship. Moreover, they asked me out each time. I was so pleased with it. I’m on the October holidays now and am really enjoying catching up with my friends. Some of them say to me, “I really want to hang out with you” or “I really enjoyed spending time with you today”. Don’t you think it is a great step forward as compared with my past self?
 
Yui Sano02.jpg
 
Through these experiences, I can say that plucking up your courage and starting to try even each single small thing will strengthen yourself and change your life. You will realize how important people around you are, too. I cannot do or enjoy heaps of things without the people who have helped me. I have met absolutely amazing people such as my host family, friends, and teachers in New Zealand. My host family gives me huge love every day, so I think we might be a real family. My friends and teachers help me have so much fun at school. I am pretty sure I will miss them a lot. All the people who have been supporting me from Japan such as my family, teachers, and besties are my rock as always. I am thankful to have such inspiring people and lots of fabulous memories in my life so that they always help me take it up a notch. I cannot thank them enough. I will enjoy my New Zealand life to the fullest till the very end.
 
Arohanui (Lots of love)
 
Yui Sano
 
--------------------
 
“A HOME AWAY FROM HOME”
このフレーズを皆さんは聞いたことがありますか?これは、自分の家のように居心地がよく、幸せを感じられ、リラックスできる場所を意味する言葉です。自分にとって2番目の家と呼べるかもしれません。ニュージーランドは、私にとってそんな場所になっています。海外にそう思えるところがあるなんてすてきだと思いませんか?
 
キオラ(ニュージーランド先住民マオリの言葉で「こんにちは」)皆さん!佐野優衣です。お元気ですか?ニュージーランドに来て8ヶ月以上が過ぎました。ほかの英留の子たちも言っているとおり、時間は本当に飛ぶように過ぎていきます。皆さんにたくさん伝えたいことがあるのですが、今回はそのいくつかだけ、特に私が体験した悩みについてお話ししたいと思います。楽しんでいただけたら、そして何かの役に立ててもらえたらうれしいです。
 
先ほども書いたとおり、ニュージーランドは私にとって故郷である日本と同じくらい大切な場所です。けれど、正直なところを言えば、そう感じられるようになったのはほんの数ヶ月前でした。この変化のきっかけは何だと思いますか?それは、自分の本当の弱点に気づき、向き合い、そして勇気を出して行動し続けたことでした。もちろん私にとって簡単なことではありませんでした。
 
まずは1学期、ポンパリエ・カソリック・カレッジに通い始めた頃の話です。私は何をするにも不安になってしまいましたが、それでも勇気を出して日々の生活を送っていました。新しいことを始める時は、誰でもわくわくし、もっとがんばろうと前向きになるものだと思います。なので、登校初日には、私はランチタイムや授業で周りの子たちに積極的に話しかけました。その日から2月の間は休み時間はいろんな子たちと過ごすようにしていました。私にとってはすごいことでしたが、そのときは実践できてしました。やはり、パートナーの咲紀以外知っている人がいないことやキウイの友達(ニュージーランド人の別の言い方)をたくさん作って学校生活を楽しみたかったからです。次第によい友達を見つけることができ、仲を深めていきました。当時は、自分から声をかけなければ、待っているだけでは何も変わらないとわかっていたので、できるだけ話しかけようと心がけていました。そして、できるだけ相手によい印象を与えるために、明るく、話しかけやすい雰囲気を持つようにしていました。1学期はそんな中あっという間に過ぎていき、私はほとんど毎日全力で努力できていました。初めてサーフィンに挑戦したり、水泳大会に参加したりもしました。
 
そして、2学期、私はすっかり学校生活に慣れてしまいました。授業で何をすべきかわかり、友達とも仲良くしていました。きっと、「じゃあ、一体何に困ったの?」と皆さんは思うことでしょう。正直にいうと、私はこの時期から新しいことに挑戦したり、前の学期にはできていたことをしなくなってしまったのです。たとえば、間違いを恐れずに英語で話したり、もっと友達の輪を広げたり、様々な活動に参加することをやめていました。そしていつのまにか、自信も消えていきました。当然、学校生活やニュージーランドでの生活も楽しめなくなっていきました。その時期、しなくてはいけないことがわかっていたのに、私は慣れることができた生活を変えることが怖くなっていたのでした。ついに本当の自分の弱点に気づき、自分と向き合うことを避けていた事実を受け入れる必要が出てきたのです。この事実はこれまでの人生の中で一番苦悩した事でした。7月の休暇に、私はこの問題をしっかりと反省し、自分を変えるためにもう一度勇気を持って新しいことを始めなくては、と強く決意しました。もちろん、周りの人にも相談しました。皆心から心配してくれ、アドバイスをくれました。
 
3学期、私は心を入れ替えました。それ以来、たくさんのことが以前よりずっとよくなりました。してみたいと思うことにも挑戦できています。たとえば、バトミントンの大会に出場したり、手芸部に入ったり、友達と一緒に遊びに出かけたり、たくさんの新しいキウイの友達を作ったり、色んな人たちとたくさん話したりすることです。3学期から学校生活が特に楽しいと思えるようになりました。一番の思いでは、4週連続で週末友達と一緒に遊んだことです。さらに、友達から誘われることも増えました。今では、「一緒に遊びたいな」「今日は一緒にいられて楽しかったよ」と言われるくらいになり、以前の自分と比べて大きく前進できたと思います。
 
このような経験を通し、私は勇気を持って行動すること、そしてどんな些細なことでも、ひとつひとつをがんばることが自分を強くしてくれ、本当の意味で自分の生活を変えてくれるのだと学びました。また、周囲の人たちの大切さも知ることができました。彼らなしでは、ここでの体験はなしえなかったはずです。ニュージーランドで出会えた、すばらしいホストファミリー、友達、先生たち。ホストファミリーはいつも私に大きな愛をくれるので、本当の家族のような存在です。そして友達や先生方のおかげで学校生活を本当に楽しむことができます。きっと帰国したら彼らがとても恋しくなるでしょう。そして、日本から支え続けてくれている、家族、先生方、友達たちは最高の人たちです。私に刺激を与えてくれる人たちに出会えたこと、たくさんのすばらしい思い出を作れたことで、私はがんばり続けることができます。言葉では伝えきれない感謝を忘れず、最後までニュージーランドでの生活を心から楽しむつもりです。
 
愛を込めて。
 
佐野優衣
 

2016年10月01日

Kokoro
Kokoro1.jpg
 
Study abroad….. away from your family, friends and home… definitely hard for everyone. But definitely worth it for everyone, too.
 
kokoro2.jpg
 
Kia ora! (Hello in Maori) What have you been up to? It’s me, Kokoro Yamanouchi. The picture is MY baby lamb, named Kokoro after me!!! I spend time with Kokoro every morning, evening, and sometimes in the afternoon. That’s why he’s named Kokoro. He is adorable, isn’t he!?
 
I live in a lovely city, Hastings. Winter has just about finished, and here it’s all warm and spring now. I can’t believe that I’ve been here for 9 months already! Days go so fast unfortunately….Anyway, I am absolutely enjoying my life in NZ with my fabulous friends, fabulous host family and a lot of animals! Actually, my host family has got 3 dogs, 2 cats, 5 cows, and 16 sheep!!!!! It would never be believed in Japan, don’t you think? I love to pet them! I have also experienced not only pleasant events but also some struggles. I will introduce some of my experiences in NZ to you guys. I hope this means something to you.
 
First of all, I’ll write about my school life. I go to Hastings Girls High School with my partner, Miki. I take 6 subjects; ESOL, English, Math, Biology, Maori, and Textile. I enjoy all of the subjects. Especially, Textile is really fun for me because I can make anything I want. I’m making a handy bag at moment. I can learn not only how to make things but new English words because I have to make in accordance with the instructions. I also enjoy Maori. It’s the traditional language of NZ. At the beginning of class, the grammar and words were completely new to me, so it was really complicated. However, pronunciation of Maori is quite similar to that of Japanese. I think it is a very good chance to learn about NZ culture through Maori. Moreover, I started learning the guitar and joined the choir. Starting new things is stimulating for me, so I have been enthusiastic to find things I haven’t done before.
 
 Another challenge I enjoyed is volunteer works, which are helping abandoned animals at SPCA and going to kindergartens. At all the places where I went to, I enjoyed talking with other people who work there and who came to do volunteer work there. Particularly, when I went to a culture festival at a primary school, I had a wonderful time with kids who were 5-year-old. At kindergartens, I made many Origami to give the kids and taught them several easy ones to make together. The hardest part was to instruct them to fold papers attracting their interests. I tried to talk slowly for them to understand and praise them a lot. Fortunately, they loved Origami, especially making a shuriken and plane. Unlike Japan, there are many children from different countries in schools there. So they naturally learn various cultures from their friends from their childhood, which is really good. I was so happy to have an experience to teach some Japanese culture to the children and know this difference between Japan and NZ.
 
kokoro3.jpg
 
Next, I’ll introduce about my life with my host families. I had to change my host family twice because of the school rules. I was supposed to change only once but unexpected things happen any time. I loved all my host families. I still keep in touch with my previous host families sometime, too. However, at first, I found it difficult to get used to the new HFs and every time I moved, I missed the previous HF. I wanted to build a strong relationship with HF, so I couldn’t help thinking it’s not fair for me to move so many times. Gradually, I started to see the negative sides of this matter, which was no way to solve. However, when I talked about this problem to my teacher, I realized that seeing its positive sides might make me feel better. And I decided to think that this would be a good chance for me to improve my communication skill because each family has different characters or hobbies. Now I am enjoying NZ life with my present HF; my funniest host father, and my loveliest host mother. There is full with smiles every day with many animals. 
 
I am sure you will also find difficulties when you start to stay at a new place or even try something new. While some of them could be what you expected, others could be what you couldn’t expect. But you don’t have to be panicked or feel really sad, because there is always a bright part behind everything. If you know this, all the difficulties will make you stronger surely. So please don’t be afraid, and try many things not to regret. Of course, I will, too, for the rest of days in NZ.
 
Thank you for reading my essay. I’m looking forward to seeing all of you in November.
 
With Big Love,
 
Kokoro Yamanouchi
 
---------------------
留学すること・・・それは自分の家族、友達、そして育った環境から離れること・・・確かに誰にとっても大変なことだけれど、誰にとっても挑戦する価値があるもの。
 
キオラ!(ニュージーランド先住民マオリの言葉で「こんにちは」)皆さんはどうお過ごしですか?私は山之内こころです。これは、私の名前からとって「こころ」という名前がついた私の赤ちゃん子羊の写真です。朝も夜も、時には昼もずっと私と一緒に過ごしているので、この名前になりました。かわいいですよね?
 
私は今すてきな町、ヘイスティングにすんでいます。冬がちょうど終わり、やっと暖かい春がやってきました。すでに9ヶ月もこっちで暮らしているなんて!残念なくらい時間が早く過ぎてしまいます。ともかく、私はすばらしい友達、ホストファミリー、そしてたくさんの動物たちととても楽しい日々を過ごしています。私のホストファミリーは、犬が3匹、猫が2匹、牛が5匹、羊が16匹も飼っています!!日本では想像できないですよね?私は彼らをなでることが大好きです。ここでは、楽しいことも、つらいこともたくさん経験しました。今日はそのうちのいくつかを紹介する中で、皆さんにも何か伝えられればうれしいです。
 
まずは、学校生活についてです。私はパートナーの樹紀と、ヘイスティング・ガールズ・ハイスクールに通っています。授業は、ESOL(留学生対象の英語の授業)、英語、数学、生物、マオリ、そして裁縫の6つをとっています。どの教科も楽しいですが、特に裁縫の授業は好きなものを作ることができるので一番好きです。今は小さなかばんを作っています。物作りだけでなく、英語ですべての指示を受けて作業するので、英単語も学ぶことができます。また、ニュージーランドの先住民マオリの言葉を学ぶことも楽しいです。最初は、文法も単語も全く新しいものだったので複雑で大変だと感じましたが、実は発音の仕方が日本語と似ていることに気づきました。このようなマオリの言語を通して、NZの文化を学べることもよい機会だと思います。さらに、ギターを習い始めたり、コーラスにも参加しています。新しいことを始めることはよい刺激になるので、今までにしたことがないことを発見できるとわくわくします。
 
他にも、ボランティア活動に参加し、SPCAという施設で捨てられた動物の世話をしたり、幼稚園を訪問したりました。この活動を通して、そこで働く人たちや、またボランティア活動に来ていた他の人たちと話せたことが楽しかったです。特に、ある幼稚園で文化祭に参加し、5歳の子供たちととても楽しい時間を過ごせました。幼稚園では、子供たちに折り紙を作ってあげたり、簡単な折り紙の作り方を教えてあげて一緒に作りました。一番難しかったのは、彼らの興味を引きながら折り方を教えてあげることです。できるだけ理解しやすいようにゆっくり話したり、たくさん褒めてあげました。幸いにも折り紙での活動を楽しんでくれ、特に手裏剣や飛行機作りが気に入ったようでした。NZの学校では、日本と違って様々な国の出身の子供たちが通っています。そのおかげで子供の頃から自然と他の文化を友達から学ぶことができることは、とてもすばらしいことだと思います。このように日本文化を子供たちに伝え、そして日本とNZの違いをしれる体験ができてうれしいです。
 
次にホストファミリーとの生活について話をしたいと思います。実は私は学校のルールの都合で、ホストファミリーを2回変わらなくてはいけませんでした。元々は1度だけの予定だったのですが、予想できないことはいつでも起こりますよね。私はどのホストファミリーも大好きで、以前のホストファミリーとも未だに時々連絡を取っています。けれど、最初は、新しいホストファミリーになれるまでに時間がかかり、変わるたびになぜ私だけ変更しなくては行けないのだろうと考えてしまったこともあります。次第にネガティブは部分だけを見るようになっていき、気持ちを切り替えられなくなっていきました。けれどそんなとき、この問題を先生に相談してみたところ、ホストファミリーを変更することにも「ポジティブなよい点」があることに気づき始めました。そして、性格や趣味が違うホストファミリーと暮らすことで自分のコミュニケーション能力を向上させるよいチャンスにもなるのではないかと考えられるようになりました。今は、現在のホストファミリー、とってもおもしろいファザーととっても愛らしいマザー、と楽しい生活を送れています。いつも笑顔とたくさんの動物たちに囲まれて過ごしています。
 
皆さんも、新しい場所で生活をスタートするとき、新しい何かを始めるときでさえ、きっと困ってしまうことがあると思います。予想できた問題かもしれませんし、予想もできなかった問題に出会うこともあるからです。けれど、パニックになったり、悲しむ必要はありません。なぜならいつでも、何事にも「良い面」があるはずだからです。これさえわかっていれば、どんな困難も必ず自分を強くしてくれるはずです。ですから、皆さんもぜひ怖がらず、後悔のないようにたくさんのことに挑戦してみてください。もちろん私も残りのNZでの生活でもこの気持ちを忘れずにがんばるつもりです。
 
読んでくださりありがとうございました。11月に会えるのを楽しみにしています。
 
愛を込めて。
 
山之内こころ

2016年09月24日

Aika
Aika01.jpg
 
Hi there. It’s Aika from Bream Bay College. It’s started getting warm. I’m hoping that summer comes back soon. It’s already been more than 7 months since I started staying in New Zealand. Time has gone so quickly. Today I’m going to write about what I experienced in this country.
 
I will write about the thing I struggled with this time as nobody’s written about it deeply yet. I struggled to make friends. I’m pretty sure that almost all my classmates and seniors of Eiryu course struggled with the same thing. When I started going to school, I didn’t understa0nd what people said to me at all. I found a group to hang out with, but I was just sitting there quietly because they talked so fast. I tried to talk to them and ask them some questions, but I didn’t even understand their answers, so I stopped talking to them once. And they also stopped talking to me because I was a boring quiet person.
 
When I was looking for a good way to make friends, my host mother told me about the Stage Challenge. As Hitomi has written about it in her essay, it is a kind of dance competition for students. To be honest, at first, I didn’t want to join it because everyone on the team could dance so well and I had never done dancing at all before. However, I decided to try it because everyone around me said it would be so much fun to join it and perform on the stage. Finally, we came in 1st place in Northland for the first time in the past 10 years. It has turned into one of my best memories. And it helped me a lot to make friends. 
 
I used to have no confidence in my English. I was afraid of speaking English. So, it took a long time to be close to my teammates, but I didn’t give up that time. Now I have many good friends through the Stage Challenge. I believe it was good for me to make a hard decision. I also used to think that nobody wanted to be my friend, but I found that I was just thinking too much. Everyone is very nice to me. Then I started trying to be more friendly so that I could many more friends than I did before. It made my school life much more fun. Now I’ve got lots of friends not only in my year but also in younger/older years. And now some friends tell me that they love me every day, so I say to them that I love them, too. That is the best moment, isn’t it? ;)
 
I went to the school ball in the beginning of August. It definitely was super exciting. I had a pre-ball party at one of my friends’ house as well and then we headed off to school. The auditorium of my school decorated by year 13 students looked amazing. It didn’t look like our boring auditorium.lol On that night, everyone looked so stunning. I enjoyed dancing with my lovely friends until midnight. We should have one in Jin-ai, too! It would be so much fun. Haha
 
Aika02.jpg
 
I’ve got only two and a half months to go. I can’t believe it and I don’t want to believe it either. I never want to go back to Japan because I’ve been having so much fun with my friends and my host family. I’ve wished I had been born in New Zealand so many times.haha. Many people already say to me that they don’t want me to go back to Japan. This is incredible for me to have such nice friends in New Zealand, using a second language. I am the luckiest person ever to have such great overseas experiences. I’m thanking everyone who has been supporting me since I decided to study abroad. I’ll keep trying hard to enjoy every single moment until I go back to Japan. 
 
Thanks for reading. See you guys soon xx
 
Aika Nishioka
 
---------------------
 
こんにちは。私はブリームベイカレッジに通っている西岡愛華です。こちらでは少しずつ温かくなってきましたが、早く夏になってほしいです。NZに住み始めてからもう7ヶ月以上がたちました。本当に時間が早く過ぎます。今日は私がNZで経験したことをお話しさせてください。
 
私は自分が困ったあることについて書いてみたいと思います。(まだこのテーマは誰もそこまで深く書いていないようなので)それは、「友達作り」です。きっと私のクラスメイトも、英留の先輩達もほとんどみんなが悩んだことだと思います。NZで学校に通い始めた頃、私はみんなが英語で何を言っているのか全くわかりませんでした。一緒にいるグループを見つけることはできましたが、彼女たちの話すスピードについてゆけず、いつもただ静かに座っているだけでした。彼女たちに話しかけようとしたり、質問しようともしてみましたが、答えてもらっても答えがわからず、結局話すことをやめてしまいました。そして、私が一緒にいても静かすぎてつまらないとわかると、彼女たちも私に話しかけることをやめてしまいました。
 
どうやったらうまく友達ができるのだろうと悩んでいたとき、私のホストマザーが「ステージチャレンジ」について教えてくれました。クラスメイトの瞳が以前彼女のメッセージに書いたように、ステージチャレンジは生徒たちが参加するダンスのコンテストのようなものです。正直な話をすれば、最初、私は参加したいとは思えませんでした。きっとチームの皆は上手に踊れるのに、自分は一度もダンスを習ったことがないからです。しかし、私の周りの人たちがきっと参加するだけでも楽しいし、ステージの上でパフォーマンスをすることは楽しいよといってくれたので、参加することにしました。結果的に、私のチームは北島で一番になり、それは私の高校にとって10年ぶりの出来事だったそうです。そして、もちろん私の心に残る思い出の一つになり、たくさんの友達と出会うきっかけになりました。
 
以前は自分の英語に自信がなく、英語で話すことが怖かったです。そのせいで、チームのメンバーと仲良くなるには時間がかかりました。けれど、今回はあきらめませんでした。そしてたくさんのすばらしい友達を、このステージチャレンジを通して作ることができました。自分にとってつらい選択をしたことに意味があったのだと思えました。また、以前は、きっと誰も私と友達になんてなりたくないんだと考えていました。けれど、これは私の思いすごしでした。皆とても私に優しくしてくれています。そして、以前よりもっと友達ができるよう、もっと明るくほかの人たちに接する努力を始めたら、学校生活がずっと楽しくなりました。今は、学年を問わずたくさんの友達がいます。そして、その中には、私に毎日「大好きだよ。」といってくれる友達までできました。私ももちろん、「大好きだよ。」と伝えています。これ以上のすばらしい思い出はないですよね?
 
8月のはじめには、スクールボール(学校主催のダンスパーティー)にいきました。本当に楽しかったです。実際のパーティーの前に友達の家に集まってプレパーティーもしました。こちらでいう13年生が装飾した講堂は、とてもきれいでした。いつもの雰囲気とは全く違いました。そして、パーティー当日の皆もとてもすてきでした。夜遅くまで友達と踊って楽しみました。仁愛にもあったらいいのに!と思います。
 
あと2ヶ月ちょっとしか時間が残っていないと思うと、本当に信じられないし、信じたくありません。今の友達とホストファミリーとの生活があまりに楽しいので、日本に帰りたくないです。ニュージーランドに生まれていたらよかったのにと何度思ったことか・・・。たくさんの人が、私に帰らないでほしいといってくれます。このようなことを第二言語で作った友達にいってもらえる日が来るなんて、驚きです。このようなすばらしい海外での経験ができるなんて、自分は本当に幸運な人だと思います。私が留学を決意してからこれまでずっと、私を支え続けてくれた皆さんに心から感謝しています。日本に帰るまで、一瞬一瞬を大切に過ごすつもりです。
 
読んでくださりありがとうございました。それではまた。
 
西岡愛華

2016年08月31日

Saki
saki01.jpg
 
How is the photo? I took it on the day of the SCHOOL BALL. It is a big event among teenagers here. We dressed up, and enjoyed dancing with friends. 
 
Hello from New Zealand! I’m Saki. I am a student of Pompallier Catholic College, and go to the school with my partner, Yui. I’ve been staying here for nearly 7 months! Days pass by so fast….. Anyway, it’s winter now in New Zealand. In my house, one of my family members, Hoover(cat) is always stretching out and keeps a heater to himself. He doesn’t like share it with anyone. haha So, when I feel cold, I touch him to get warmed. He is so warm.
 
Now, I am going to tell a few things of my life in NZ. At first, please let me tell you about my host family. I live with Nick (host father), Frankie (host mother), and naughty cat, Hoover, in Whangarei. Nick loves to play golf and games, and I like to compete at Wii dancing with him. I won it last time. Frankie is good at knitting, and she is making a blanket just now. Also, her mother, Moira works at my school, Pompallier, so I can ask her for some help when I need. I’m very lucky. And Hoover loves to eat food, obviously, meats!!! When I have ham for making a sandwich, he often gets closer to my feet, and stares at me. Oh, my gosh… Recently, I took some funny video of him, so I wish I could show them to you. :)
 
Next, I’ll write about my school life. I have Math, Religious Studies, English, Social Studies, Science, Health, PE, Maori, Textiles, Art, Drama, and ESOL. Too much, isn’t it? But, I’m really enjoying each subject because it’s quite a different way to learn. We would often watch movies in the classes, and also we can use devices such as laptops, smartphones, tablets and so on. My favorite subject is Drama. In this class, we’re making a performance through acting Disney characters. I haven’t decided my character yet, but I have the role to dance in part of this performance. I’d say many Japanese would care about people around them. I mean like during a reading situation or dancing, you know, can’t freely express because of embarrassment. This is one of my weak points. I used to love dancing when I was a child, but I’m less likely to do it before someone I know. But to my surprise in New Zealand, everyone who is the same age as me, they can express themselves through dancing with music without being embarrassed. When I saw it, it made a big impact on me. Everyone was willingly enjoying their individual dancing, and it inspired me to dance with freedom. I found how fun it is. 
 
saki02.jpg
 
Finally, in my weekends here, I often catch up with my friends. It is one of my changes since I came to New Zealand. In Japan, I would rarely ever spend time with my Japanese friends because I used to be an indoor type of person. However, since I’ve been staying here, I started to spend more of my free time with my friends. Through that, I’ve built better relationships with friends, and even learned one amazing thing. That’s “to hug”. 
 
For example, when I see my friends, we hug to comfort each other, say hello and say good bye and so on. It’s not common in Japan, so in the beginning, I felt weird, and against it, but I got used to it naturally. I think it is good way of communicating. One time, when I was sad, it made me shed tears. Also, it gives me courage. Thanks to it, I could open my heart. You might think it’s no big deal, but it’s to me now. I just wondered why it’s not used in Japan. I guess difference of cultures. We often do bow, don’t we? It seems to be strange for foreigners. You know Maori people. They greet each other by putting their noses together. It’s called “hongi”. I’ve had the opportunity to do it, but I still feel awkward to do it, because I’m so close to their face!  I feel there are many kinds of greetings in the world. It’s quite interesting, isn’t it?
 
In this way, my life in NZ helps me to find new things every day. It’s like a journey which lets me know my personality. Thanks to the people around me, I can find my new good parts of my personality. Of course, bad parts as well. Also, I can start any new challenge here. I am going to keep on learning, and enjoying the rest of the days with precious people. I really appreciate my Jin-ai teachers, family and amazing friends. I’m so excited to see you again!
 
Thank you for reading my essay. Take care :) 
 
Big Love, 
 
Saki Ito  
 
--------------------
 
この写真どうですか?スクールボールの日に撮った写真です。スクールボールはこちらの生徒たちにとって大きなイベントで、ドレスアップをしたり友達と踊りを楽しんだりする日です。
 
こんにちは!私は伊東咲紀です。今、パートナーの優衣と一緒にポンパリエ・カソリック・カレッジに通っています。すでに7ヶ月近くこちらで過ごしているのですが、本当に日々が早く過ぎ去っています。今ニュージーランドは冬です。私の家では、家族である猫のフーバーがいつもヒーターの前を占領してごろごろしています。彼は誰にもヒーターを渡したくないようです。なので、寒いときには暖まるために彼に触っています。彼はとっても暖かいです。
 
それではニュージーランドでの私の生活を少し紹介したいと思います。まずはホストファミリーですが、私はファザーのニック、マザーのフランキー、そしていたずらっこの猫フーバーと一緒にファンガレイという地域に住んでいます。ニックはゴルフとゲームが大好きで、私は彼とよくWiiのダンスで勝負をしています。この間は私が勝ちました!フランキーは編み物が得意で、今彼女はブランケットを作っているところです。彼女のお母さんのモイラは、私の学校で働いています。困ったときは助けてもらえるので、ありがたいです。フーバーは食べること、特にお肉が大好きです。私がサンドイッチにハムを入れるときは、よく足の近くに寄ってきて私を見つめます・・・。最近彼のおもしろい動画を撮ったので、是非皆さんにも見せたいです。
 
次に、学校生活についてお話しします。私は数学、宗教、英語、社会、理科、保健、体育、マオリ語(ニュージーランドの先住民の言語)、裁縫、美術、演劇、そして留学生用の英語であるESOLをとっています。たくさんありすぎですよね?でも、日本とは違った学び方ができるので、どの教科もとても楽しいです。例えば、授業ではよく映画を見ることがあります。また、パソコン、スマホ、タブレットなどもよく使用します。私のお気に入りの授業は演劇で、今はディズニーの登場人物を演じるパフォーマンスを作っています。私はまだどの役にするかは決めていないのですが、このパフォーマンスの一つとして踊るシーンがあります。多くの日本人は、何か声を出して読んだり踊ったりする時に、恥ずかしさから自由に自分を表現できないと思います。けれど、驚いたことに、ニュージーランドでは私と同世代の誰もが、恥ずかしく感じることなく音楽に合わせて踊ることで自分を表現することができます。その様子は私にとって大きな衝撃でした。皆が自分から踊ることを楽しんでいる姿を見たことで、私自身も自由に、楽しんで踊れるようになりました。
 
最後に、週末の過ごし方ですが、私はよく友達と過ごしています。これも実は、ニュージーランドに来てからの変化の一つです。日本では、私はどちらかというと家にいるタイプの人間だったので、日本の友達とはほとんど一緒に週末を過ごしたことはありませんでした。しかし、こちらでは以前より友達たちと多くの時間を過ごすようになりました。そのおかげか、友達たちと今まで以上によい関係を築くことができ、またすばらしい発見もできました。それは「ハグ(抱きしめること)」です。
 
例えば、友達と会ったとき、私たちはお互いを慰めるためやただ挨拶をするためにもハグをします。日本ではない習慣だったので、私自身はじめは戸惑いましたが、次第になれてきました。今ではコミュニケーションにおいてよい手段だとも思っています。あるとき、私が悲しいときがあったとき、ハグのおかげで泣くことができました。勇気をもらえることもあります。そして、そのおかげで、心を開くことができたのだと思います。「そのくらいたいしたことじゃない」、と思う人もいるかもしれませんが、私にとってはとても大切なことになりました。どうして日本ではハグしないのだろう、と思うときもありますが、それも文化の違いですね。私たちはお辞儀をしますが、それは他の国の人にとっては不思議思われることもあります。ニュージーランドの先住民マオリの挨拶は、お互いの鼻をつけてする「ホンギ」と呼ばれる挨拶です。私もしたことがありますが、相手の顔がとても近づくので、そうするのにはまだ抵抗があります。世界にこのような様々な挨拶の仕方があることは、とても興味深いことですよね?
 
このように、ニュージーランドでの生活のおかげで、私は毎日新しい発見をしています。留学はまるで、自分自身の内面を知ることができる旅のようなものです。周りの人たちのおかげで、私は自分のいいところも、そしてもちろん悪いところも新たに見つけることができました。また、どんな新しい挑戦を始めることもできます。私は、すばらしい人々と、残りの日々も学び続け、そして楽しみ続けたいと思います。仁愛の先生方、家族、そしてすばらしい友達に感謝したいです。また会えることを楽しみにしています!
 
読んでくださりありがとうございました。お元気で。
 
愛を込めて。
 
伊東咲紀

2016年06月20日

Hitomi
Hitomi01.jpg
 
Hi, guys! I’m Hitomi. I go to Central Hawke’s Bay College with my great partner, Miyu. The temperature in New Zealand is getting lower, but on the contrary my weight is going up…Anyway! The time passes so quickly. I can’t believe this month is June. 
 
At the end of May, Stage Challenge was held. Through the competition, I had such amazing experiences, so I will write about them.
 
At first, let me tell you a bit more about Stage Challenge. It is a dance competition battled between schools with acting and performing varieties of dances; hip-hop dances, classic ballet, contemporary dance, mime etc. I joined a group as a contemporary dancer. More than 100 people applied for the competition. Among them, the number of contemporary dancers was only seven people including me. They have really nice expressiveness and skills, so I was stimulated by their performances.   We started practicing in March. We spent the interval, lunch time and even the time after school for the practice. I’ve learned classic ballet for 13 years in Japan, but I had never danced contemporary dance before the Stage Challenge. So, it was a good experience for me.
 
My school’s theme was “NO MORE”.  The story was about refugees fleeing from their country, but killed by terrorists in the end. Ultimately, we wanted to tell the audience, “Why don’t we have peace?”  In the scene where some refugees fled with boats from the country, I performed “stormy sea” with other dancers. One of the main characters died in this scene, so we couldn’t dance with smiles. 
 
On the day of actual performance, I was so excited. In the morning, the contestants gathered in the venue and held an opening ceremony for easing off our tension and deciding program-turns by a draw. After that, we had rehearsals. Each school could do run-through three times with the music on the stage. During the run-through, I terribly failed my solo part twice. Soon, I got nervous and felt impatient. Before the last rehearsal, my friends said to me, “You don’t seem to be yourself. Everyone knows you are a very good dancer, so you should have confidence!” Thanks to the words, I succeeded the solo part at last. After the rehearsal, we changed into our costumes and made up our faces. What we tried to express was “the sea”, so our makeup was blue. Even my hair was painted blue with spray! When we moved to the back stage, I was dying to dance quickly. Then, on the stage, we made the best performance as ever. In addition, we got 2nd prize and many extra prizes!! 
 
Hitomi02.jpg
 
Next I’d like to tell about a hardship. Actually, in term 1, I faced a problem about friends. I had friends who I could spend the interval and lunch time together with but I couldn’t deepen the relationship. I just didn’t know why I couldn’t and what I should do, so to be honest, my life during term1 was very hard. 
I really thought about this issue during the long term-holiday, and thereby I realized why I was in a trouble. The main cause was “my mind.” I was too afraid of making mistakes because I thought I would lose my friends if I make mistakes. But I speak English as the second language, so it is no wonder my English isn’t perfect. I’ve been frequently told from my teachers that, “Making mistake is not bad”, but I didn’t believe that. I know everybody (including myself in the past) wants to keep mistakes to a minimum, but I can say now that we learn heaps of things through the mistakes. Furthermore, I won’t forget what I learned easily if I learned it from the mistakes. If I think in this way, making a mistake is not a scary thing at all. 
 
From term 2, I changed the way of my thinking and attitude to my friends. Now I’m enjoying chatting with my friends and the relationship has definitely become better. I think it was important for me to suffer from the problem. Otherwise, I wouldn’t have tried to change myself. If you think making mistake is bad or scary, please remember my story and start challenging without being afraid.
I appreciate that my parents gave me the chance to study abroad and have kept supporting me. I have only 5 months before I go back to Japan. I think I can change myself more than now in even just 5 months because I could change myself in a half year. My growth won’t stop….and my weight as well… 
 
Thank you for reading my essay.                         
 
Hitomi
 
--------------------
こんにちは、皆さん!私は東谷瞳です。私は今、すばらしいパートナーの未翔と一緒にセントラルホークスベイカレッジに通っています。ニュージーランドの温度はどんどん下がっているのですが、逆に私の体重はあがっています・・・ともかく!時間が過ぎるのが本当に早くて、もう6月だなんて信じられません。
 
5月の終わりに、ステージチャレンジが開催されました。この大会を通して私はすばらしい経験ができたので、今日はその話をしたいと思います。
 
まず、ステージチャレンジについてもう少し説明します。それは、学校同士で競う大会で、演技をしたり、ヒップホップ、クラシックバレエ、コンテンポラリーダンス、マイムなど様々な種類のダンスを披露します。私はコンテンポラリーのダンスグループに参加しました。参加者は100人を超えるのですが、コンテンポラリーのダンサーは私を入れてたったの7人でした。皆の表現力と技術がすばらしかったので、私にとってよい刺激になりました。3月に練習を始め、休み時間も、ランチタイムも、そして放課後の時間でさえ練習に使いました。私は日本で13年間クラシックバレエをならっていましたが、コンテンポラリーはステージチャレンジに参加するまでしたことがなかったので、その点でもよい経験になりました。
 
私の学校のテーマは「NO MORE」です。自分たちの国から逃げてきた難民の話で、最後にはテロリストにより殺されてしまいます。私たちが観客に伝えたかったことは、「どうして平和にならないのか?」です。難民が国から避難し船で漂流するシーンで、私は仲間と一緒に「嵐の海」を演じました。主要な登場人物の一人がそのシーンで亡くなるので、踊りの間は笑顔を見せてはいけませんでした。
 
大会の日、私はとてもわくわくしていました。朝に参加者が会場に集まり、緊張をほぐすためにオープニングセレモニーをして、くじで順番を決めました。その後、私たちはリハーサルをしました。音楽を流してのリハーサルは各校3回まででした。リハーサルの間、私は自分のソロパートで2回大きく間違えてしまいました。すぐに緊張し始め、不安で仕方なくなっていきました。そんなとき、最後のリハーサルの前に友達が、「貴女らしくないよ。皆貴女がいいダンサーであることは知っているんだから、自信を持って!」と声をかけてくれました。その言葉のおかげで、やっと私はソロパートを成功できました。リハーサルの後、衣装に着替え、お化粧もしました。「海」を表したかったので、私たちのメイクは青色でした。髪の毛さえスプレーで青く色をつけました!ステージ裏にいったときには、早く踊りたくて仕方なくなっていました。そして、舞台では、今までで一番のパフォーマンスができました。2位に選ばれ、そのほかにもたくさんの賞をもらいました!!
 
次に、自分が困ったことについても話したいと思います。実は1学期に私は友達関係で悩んでいました。休み時間やお昼に一緒に過ごせる友達はいたのですが、関係を深めることができなかったのです。どうしてうまくいかないのか、どうすればいいのか全くわからなかったので、正直に言えば、1学期の間の生活はつらい部分もありました。
1学期後の長期休暇中、私はこの問題について考え、そしてやっとその原因に気づけました。一番の原因は、「私の考え方」にありました。友達を失ってしまうのではないかと、間違うことを怖がってしまったのです。けれど、私は第二言語として英語を話しているので、自分の英語が完璧でないことは自然なことだったのです。先生たちからはよく、「間違うことは悪いことではない。」といってもらっていましたが、信じられませんでした。過去の自分もそうですが、誰だって間違いは最小限にしたいはずです。しかし、今ならば間違いからこそ私はたくさんのことを学べるのだといえます。そして、間違いから学んだことは簡単に忘れないということにも気づけました。こう考えるうちに、間違うことは怖いことだと思わなくなりました。
 
2学期から、私は自分の考え方や友達に対する態度を変えました。今は、友達とのおしゃべりが楽しく、以前と比べて関係性も向上したとはっきり言えます。私はこの友達についての問題で悩んだことが役に立ったのだと思います。そうでなければ、きっと自分を変えられずにいたでしょう。もし貴女も間違うことが悪いこと、そして怖いことだと思っていたら、ぜひ私のこの話を思い出し、恐れずに挑戦してみてください。
このように留学する機会を与えてくれ、そして今もなお支え続けてくれる両親に感謝しています。日本に戻るまで、残された時間は5ヶ月しかありません。今までの半年間でも自分を変えられたので、きっとこの残りの5ヶ月の間もさらに自分を変えられると思います。私の成長は止まりません・・・多分、体重も・・・
 
読んでくださりありがとうございました。
 
東谷瞳

2016年06月02日

Ruka
Ruka00.jpg
 
Ruka02.jpg
 
Hi guys!! I’m Ruka. I go to Otamatea High School with my partner, Hanna. I take a school bus and I can see a lot of animals every day while I’m in the bus. For example, a flock of sheep, so many cows, so many horses, some alpacas, and two black goats! They are very cute and seeing them makes me really happy every day!! Haha! At school, I take English, Math Algebra, Geography, Tourism, Maori, Textile, and ESOL. I’ve never taken tourism class, so I was very excited to take it. Now, tourism is my favorite class! We’re studying about various places in the world such as tourist attractions. Sometimes we take quizzes about famous places in the world. It’s so fun!!
 
Last month, my school held “TE TAI TOKERAU FESTIVAL 2016”, which was a really big Kapa Haka festival. Then, I had a really amazing experience. Let me introduce about my great Kapa Haka memories and experiences!
 
By the way, do you know “Kapa Haka”? It’s a traditional Maori dance. When I watched it for the first time, I was impressed with it and I wanted to try it. That’s the reason why I joined the Kapa Haka group. I thought learning Kapa Haka was easy. However, I realized it’s very difficult for me. I’ve stayed at the Marae three times to practice Kapa Haka. Marae is a gathering place where Maori people have their religious rituals. When I first stayed at the Marae, we learned two or three songs and dances. They were too long for me and I couldn’t understand their meanings because the words of the songs are all in Maori. It made me really annoyed and tired… On the other hand, learning Haka (dance) was fun!! At night, we slept in the Marae all together. The bed was not comfortable, to be honest. But, it is one of my really funny memories now. 
 
The second time was so fun!! I had memorized almost all of the songs and dances by then, and I didn’t worry about that. So, I think I enjoyed the practicing. At that time, we learned more than six songs and dances. We were separated into about six groups and practiced with our own group members. In the afternoon, we all performed Haka in front of the other groups and teachers. I was strung up and excited before my group’s turn. I made some mistakes actually... But I wasn’t regretful at all! Also, ultimately our group got no prize. But I didn’t care! That’s because I really enjoyed it and we did our best. I had quite a nice experience then. 
 
In the third time, we wore a Kapa Haka uniform. That was beautiful and awesome. I got more excited for the festival. It was the last practice, so we practiced with a smile while we were performing and practicing pronunciations of Maori words. After the practice, we put on the uniform and performed Haka in front of the teachers and our parents once again. To be honest, I thought it was good. However, our teachers gave us very strict comments. So, we practiced much harder till the last minute.
 
On the festival day, so many people came to our school. I was very excited while I was making up. Finally, I danced and sang Kapa Haka in front of the audience. I thought it was the best performance ever!! It was amazing and awesome! After our performance, some students and my friends said to me, “Well done!!” and “You looked so amazing!”  I was so glad to hear that. The practice was so tough but I was so glad that I stuck it out to the end.
 
I had that great experience because many people have been supporting me. I’d like to thank my family, teachers, and my wonderful friends! I don’t want to have any regrets while I’m in New Zealand. So, I will keep doing my best and enjoy everything!!
 
Thank you for reading my essay.
 
Big Love
 
Ruka
 
-----------
 
こんにちは皆さん!私は今パートナーの帆那と一緒に、オタマテアハイスクールに通っています。私はバス通学なのですが、毎日通学途中にたくさんの動物を見ることができます。例えば、たくさんの羊、たくさんの牛、たくさんの馬、数頭のアルパカ、そして2匹の黒ヤギまで!みんなとてもかわいくて、毎日彼らを見るだけで幸せになります。学校では、英語、数学(代数学)、地理、観光学、マオリ語(ニュージーランドの先住民マオリ族の言語)、裁縫、そしてESOL(留学生用の英語の授業)を受講しています。私は今まで観光学を学んだことがなかったので、とれるとわかりとてもうれしかったです。今、観光学は私の一番好きな授業です。観光地などの様々な世界の名所について学んでいるのですが、小テストが出ることもあります。それもとても楽しいです!
 
先月、私の学校は「TE TAI TOKERAU FESTIVAL 2016」という大きなカパハカのお祭りを開催しました。そして、その時私はすばらしい経験をすることができました。ぜひみなさんにこのすばらしいカパハカの思い出をお伝えしたいと思います。
 
ところで、「カパハカ」が何か知っていますか?それは、伝統的なマオリ族の踊りです。初めて見たとき、私はすごく感動して自分でもしてみたいと強く思いました。これがきっかけで、カパハカのグループに入ることにしました。カパハカを学ぶことは簡単だと思っていたのですが、実際は私にとってとても難しかったです。カパハカの練習をするため、私は3回マラエに泊まりました。マラエとは集会所という意味のマオリ語で、マオリ族の人たちが宗教的な儀式などをする場所です。初めてマラエにいったとき、私たちは3つの歌とダンスを学びました。どの歌もとても長くて、すべての歌詞がマオリ語だったのでどんな意味なのか全くわかりませんでした。本当につらくて大変でした。逆に、ダンスのハカを習うことは楽しかったです!夜には、みんなでマラエで眠りました。マラエのベッドは正直寝心地が悪かったですが、楽しい思い出の一つになりました。
 
二度目はとても楽しいものになりました。それまでに、ほとんどすべての歌とダンスを覚えていたので、それほど悩むこともありませんでした。そのおかげで、練習も楽しめたのだと思います。その時、私たちは6つの歌と踊りを学びました。そして、6つグループにわかれて練習を始めました。午後には、ほかのグループと先生たちの前でハカを踊りました。自分のグループの番まで、私は緊張しながら、わくわくもしていました。実は2回間違ってしまったのですが、後悔はまったくありません!最終的に私たちのグループは賞ももらえなかったのですが、それでも気にしませんでした!なぜなら、本当に楽しむことができたし、私たちは精一杯がんばったからです。とても素敵な経験でした。
 
3度目の練習では、いよいよカパハカの衣装を着ました。とても美しくてすばらしい衣装でした。お祭りの本番に向けて、一層気持ちが盛り上がりました。最後の練習だったので、私たちはパフォーマンスをするときも、マオリ語の発音の練習をするときも、練習中ずっと笑顔でした。練習の後衣装を着て、もう一度私たちは先生たちと保護者の前で発表しました。正直なところ、私自身は上手に踊れていたと思っていたのですが、先生たちのコメントは厳しいものでした。私たちは最後の最後までより一生懸命練習しました。
 
お祭りの日、本当にたくさんの人々が学校に来てくれました。お化粧をして準備をしている間、私はとてもわくわくしていました。そしてついに、すべての観客の前でカパハカを披露しました。今までで一番の出来だったと思います。本当にすばらしくすてきでした!発表が終わると、学校の生徒たちや友達が私に、「よかったよ!」や「素敵だったね!」と声をかけてくれました。その言葉を聞けて本当にうれしかったです。練習はとても大変でしたが、最後までやりきれてよかったです。
 
このようなすばらしい経験を出来たのも、私を支え続けてくれる皆さんのおかげです。家族、先生方、そして素敵な友人たちみんなに、感謝しています!ニュージーランドにいる間後悔は残したくないので、これからも一生懸命努力し続け、すべてを楽しみきりたいです!!
 
読んでくださりありがとうございました。
 
愛を込めて
 
高嶋瑠香
 

2016年05月16日

Narumi
Narumi.jpg
 
Our festival was lovely and…
 
Hello guys! I’m Narumi. I’m a student of Te-Kuiti High School with my mate, Monami. I’m spending lovely days here in NZ and enjoy knitting and chatting with my kiwi friends for my free time. Actually, I started knitting in NZ. My host mother is my teacher for knitting and now I have been trying to knit socks! Like this, I have had nice experiences these three months since I came to this town. 
 
My town, Te-Kuiti, is a small and farmy town. This town has just three times as many people as Jin-ai High. Today, I will write about a unique event of Te-Kuiti I experienced during the break. That event was really funny, awesome, and crazy!
The name of that festival is called, “The Great New Zealand Muster Te-Kuiti.” It was held on April 2nd. On that day, the main street of Te-Kuiti was really busy. There were hundreds of people, lots of food shops, Maori works shops.... Yes, a lot of kinds of shops. By the way, my host mother Sue runs her own shop on the main street of Te-Kuiti. So, she opened her handcraft shop for the hundreds of people that day, too. 
 
That day, I went out with my friends to enjoy the festival. That cool experience was really fresh to me, and became one of my lovely memories. Through reading, I’m sure many of you guys must be feeling, “It’s the same as Japanese festival.” Well, please read below before you decide!
 
New Zealand is consisted of two sheepy islands, North and South Island. “Sheepy” means the place that you can see sheep everywhere. Te-Kuiti and “The Great New Zealand Muster Te-Kuiti” are sheepy, too.  For example, do you know sheep shearing?  To get wool from sheep, we should shear it. In the sheepy country like NZ, shearing is a really important work and sometimes a kind of sport! So, we saw that big shearing competitions during the day. As I wrote, it’s the normal thing in New Zealand. But, this festival has another crazy event on end of the day. Can you guess what? 
 
The answer is “The Running of the Sheep!!” 1103 sheep and two goats ran down the main street of Te-Kuiti!  Sheep dogs made the sheep run, and people who were looking at that event on the pavement made “a wall” to keep the sheep on the road (without this people’s fence, the sheep would run away). Unfortunately, I couldn’t do that job. However, I saw and took photos of the road full of sheep. There were sheep, sheep, and sheep! It was a really great and funny view. Actually, I had heard of this sheepy road from Sue the day before this festival, but I was truly surprised to see this strange and unique view with my own eyes. Unfortunately, it was raining at the moment. But, it didn’t matter because it was just a small thing! This festival became a precious experience for me. Because… we can’t hold this types of events in Japan!!
 
Narumi_sheep.jpg
 
I’m really happy to spend my youth days in this country. I would like to thank my family, teachers, nice friends, and all the people for all the support! Thanks to you all, I can spend lovely and sheepy days in this nice town!
 
Love 
Narumi Igarashi
 
-----------------
こんにちは、みなさん!私は五十嵐也珠です。今、パートナーの萌奈美とテクイティハイスクールに通っています。私はここニュージーランドですてきな日々を過ごしながら、編み物やニュージーランドの友達とのおしゃべりを楽しんでいます。実は、編み物はNZで始めた趣味で、私のホストマザーが教えてくれます。今は靴下に挑戦中です!このように、この3ヶ月間、この町に来てからすばらしい経験をさせてもらっています。
 
私の町のテクイティは小さな牧場がたくさんあるのどかな町です。この町は仁愛の生徒の数の3倍くらいしか人口がいません。今日は、休暇中に体験した変わったイベントについて書きたいと思います。本当におもしろく、すばらしく、そして変わったイベントでした!
 
そのお祭りの名前は、「グレートニュージーランドマスター・テクイティ」といいます。4月2日に開催されました。その日、テクイティの大通りは人であふれます。何百人という人、たくさんの食べ物屋さん、そしてマオリ(NZの先住民族)の伝統的な工芸品が買えるお店・・・そうです。本当にたくさんのありとあらゆるお店がありました。ちなみに、私のホストマザーのスーも、この大通りに手作りの手工芸品のお店を経営しています。その日はたくさんの見物客のために彼女もお店を開けていました。
 
お祭りの日、私は友達と出かけました。そのすばらしい経験は私にとってとても新鮮で、心に残る思い出の一つになりました。もしかして、このエッセイを読みながら、皆さんは「日本のお祭りとどこが違うのだろうか・・・」と思っているかもしれません。そう決めてしまう前に、ぜひ続きを読んでみてください!
ニュージーランドは、北島と南島の2つの羊だらけの島からなっています。「Sheepy」とはここではどこにいっても羊がいる場所、という意味で使っています。テクイティの町も、このお祭りも、もちろん羊だらけです。たとえば、シープシェアリングというものを知っていますか?羊からウールを手に入れるためには、羊の毛を刈らなくてはいけませんね。NZのような羊がたくさんいる国では、この羊の毛刈り(シープシェアリング)はとても大切な仕事の一つで、また時にはスポーツになるときもあります!このお祭りでも、大きな羊の毛刈りコンテストを見ました。これはNZの他の地域でも見られることですが、実はこのお祭りにはその日の最後にもう一つ驚きのイベントがあるのです。何かわかりますか?
 
答えは、「羊追い」です!なんと1103匹の羊と2匹の山羊が大通りを走り抜けます。牧羊犬たちが羊を追い立て、走らせ続ける中で、見ている人たちは羊がちゃんと道を走るように壁になります。(この人間のフェンスがないと、きっと羊は簡単に逃げて行ってしまったと思います。)残念ながら、私はこの仕事ができませんでしたが、それでも羊であふれる道を見ることができました。どこもかしこも、羊、羊、羊でした!その光景は本当にすばらしくおもしろいものでした。実は、祭りの前の日に、マザーのスーにこの「羊だらけの道」については聞いてはいたのですが、やっぱり自分の目で直接見てみると奇妙で他では見られない景色に心から驚いてしまいました。そのときは雨も残念ながら降ってはいたのですが、そんな小さなことは全く気になりませんでした。日本では決して体験できない貴重な思い出を作ることができました。
 
私は今、この国で自分の高校時代を過ごせることに本当に幸せを感じています。私をサポートしてくださっている、家族、先生方、そしてすてきな友達たち、すべての人に感謝したいです。皆さんのおかげで、このようなすてきな、そして羊であふれた日々を、すばらしい町で過ごすことができます!
 
愛を込めて
五十嵐也珠

<<最初へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 最後へ>>

メッセージ

PAGE TOP