HOME  入試ガイド  よくある質問

よくある質問

学校生活について 入学する前に知っておきたいことや疑問に答えます。

入試について 入学願書の書き方や入試当日の注意点を理解していただきます。

PAGETOP

学校生活について

女子校の良さはどんなところにありますか?
「自立した女性」が自然と育っていく環境があることです。男女を区別する意識や雰囲気がなく、部活動や委員会も、すべて女子だけで行い、リーダーとなってその力を発揮する機会が多く存在しています。また、女子だけということで気の合う友だちを見つけることができ、中学校よりも多くの友だちができたという生徒がたくさんいます。
クラスや学年の人数はどのくらいですか。生徒数が多いと指導が行届かないのではないかと心配なのですが?
コースや学年によって異なりますが、1クラス35人程度で、1学年12クラスほどあります。また、グローバル・サイエンスコースと英語留学コースは定員20名の少人数指導を行っています。また、本校の特長は「面倒見のよさ」と「きめ細やかな指導」であるとの定評をいただき、教職員もそのように自負しています。
心のケアや健康上の問題で悩みがあった場合、学校で相談できるところはありますか?
教育相談部室があり、本校教員4名と養護教諭2名が相談員として相談を受け付けいています。また、週2回の専門のスクールカウンセラーによる生徒および保護者の相談活動を行っています。「保健室」に2名の養護教諭を配置し、健康面やメンタル面での相談にのれるようになっています。
土曜は授業があるのですか?
目標としているレベルの学習指導を行うためには授業時間数の確保が必要ということで、第1・3・5土曜日は平常授業を行っています。
生活指導や校則はどうですか?
校則は県内のどこの高校も大きな違いはありませんが、本校ではすべての生徒が自分の学校に誇りを持ち、気持ちよく生活してもらうために、校則を守るようしっかりとした指導を行っています。また、勉強だけを重視する学校ではなく、女子の特性に応じた、礼儀作法や服装・言葉遣いなどのいわゆる躾やマナー指導にも力を入れています。
学校の施設・設備は充実していますか?
2013年に県内の高校ではもっとも高層となる6階建ての校舎が全館完成し、最新の施設・設備が整えられています。また、本校舎から5Kmほど離れたところに、創立100周年記念事業として拡充整備した記念グラウンドと体育館、ナイター設備を備えたテニスコートがあります。
学校周辺の環境はどうですか?
福井市のもっとも中心部に位置し、JRや私鉄の駅、バス停からとても近く、通学において他のどの高校よりも交通の便がよくなっています。また、徒歩数分のところにフェニックスプラザや文化会館、市営体育館などの公共施設、郷土歴史博物館や養浩館があり、学校行事や授業活動で利用しています。また、県庁、市役所、国際交流会館等の施設も近くにあります。
自転車通学はできますか?
できます。ただし、自宅が学校から近すぎる場合や、遠すぎる場合は自転車通学を認めない場合もあります。
昼食はカフェテリアのような施設があるのですか?
お弁当を持参し、教室で食べるのが原則です。校舎の4階には昼食もとれるコミュニティーホールがあり、ここで昼食をとったり、飲み物を購入したりすることも可能です。もちろん放課後にも利用できます。
部活動は必ず入部しなければならないのですか?
部活動への入部は任意です。また、1人で2つ以上の部活動を掛け持ち入部することも可能です。
部活動はさかんですか?
本校には12の運動部と、20の文化部があります。運動部は県内トップレベルの部活動が多く、とても活気があります。中でもテニス部は毎年全国で上位に入賞しています。文化部の活動も活発で、華道部・抹茶部・煎茶部・手芸部などの女子校らしい部活動をはじめ、常に全国大会に出場しているマーチングバンド部や放送部まで、バラエティーに富んだ部活動がいっぱいです。
修学旅行はどこへ行くのですか?
学科・コースによって異なり、音楽科と普通科の進学・商業コースは3泊4日で沖縄に行きます。普通科の特別進学コースは、国際交流を目的に4泊5日でシンガポールに行っています。
どのような学校行事がありますか?
合唱コンクール、球技大会(バレーボール・バスケットボール)、学校祭(文化祭・体育祭)、芸術鑑賞会などいろいろな行事があります。また、花祭り、報恩講などの宗教行事もあります。
留学をするコースはありますか?
英語留学コースでは、全員1年生の3学期から2年生の2学期までの約1年間ニュージーランドへ海外留学をします。また、3年生の進学コースでは、希望者について約2週間のオーストラリアへの短期留学を実施しています。

PAGETOP

入試について

学校案内・入試要項・願書はどのようにして入手できますか?
県内の中学校については、本校から各中学校へお届けし、中学校の先生からお渡しします。県外の中学校については、依頼に応じて郵送します。その際、原則として中学校宛にお送りしています。
推薦入試制度はありますか?
あります。すべての学科・コースで実施され、大きく一般推薦と体育推薦があります。
面接試験はありますか。また面接ではどんなことを聞かれますか?
推薦制入試と試験制入試の専願試験では面接試験があります。面接での質問事項は、中学校での勉強や部活動についての質問や高校に入学して頑張りたいことなどです。時間は1人5分程度です。
県立高校との併願ができますか?
普通科グローバル・サイエンスコースと特別進学コースおよび進学コースで併願ができます。ただし、試験制入試の併願試験を受験し、併願合格の判定が出た場合に限られます。また、グローバル・サイエンスコースと特別進学コースでは、第2志望まで併願できます。
特待生制度はありますか?
あります。学業成績および部活動成績の優秀な生徒に対し、入学金ならびに授業料等の学納金(一部除く)を原則として3年間支給する制度があります。
入試に帰国子女枠はありますか?
ありません。ただし、受け入れについては随時対応しています。
試験会場は1カ所だけですか?
推薦制入試については福井会場(本校)のみですが、試験制入試については、福井会場(本校)と武生会場(武生パレスホテル)の2会場で行っています。なお、試験制入試でも音楽科と英語留学コースについては福井会場のみの受験となります。
当日体調が悪い場合、保健室で受験させてもらえますか?
体調が悪い生徒やインフルエンザに感染している生徒については、保健室受験を認めています。また、ひどく体調の悪い受験生の場合は、当日の様子をみて養護教諭と相談の上、個別に対応します。
郵送で出願する場合、受験料の納金や受験票の受け取りはどうなりますか?
受験料は現金書留か郵便局発行の定額小為替を出願書類に同封して下さい。受験票は郵送でお届けしますが、試験まで日数に余裕が無い場合は、本校事務局で預かり、当日窓口でお渡しすることもできます。なお、受験票を郵送する場合の郵送料および返信用封筒は不要です。
奨学金や助成金制度はありますか?
本校独自の制度としては、姉妹学納金減免制度、英語留学コース助成金・貸付け金制度、グローバル・サイエンスコース補助金制度があります。また、2010年度より導入された就学支援金制度により、世帯の収入に応じた減免措置がとられています。詳細については、学費のページをご覧ください。

ページトップへ