お知らせ / ニュース

Information / News

NZからのメッセージ(Nozomi)

ニュージーランドからのメッセージ 2020/06/22

Hi, guys! I’m Nozomi from Cullinane College in Whanganui. Five months have passed since I came here. I feel like the time has flown. I have only another five months to stay in New Zealand, which is truly sad for me.

 

A coronavirus called COVID19 in NZ is going around. I was studying with the computer at home for about 8 weeks during the quarantine. I missed my friends, my teachers, even my family in Japan at that time because I felt lonely all the time. However, it was a good opportunity to build up my relationship with my lovely host family. They seriously listened to my wish that I would like to go back to school and they occasionally helped me with my assessments or tasks, which were too difficult for me to do by myself. Don’t you think they are so amazing?  

 

I would like to share my wonderful school life in NZ with you now. Firstly, I would like to talk about the cricket team I had joined. We have already finished all the games and had a pizza lunch, which was our prize. Playing cricket was my challenge as well as my best memory in NZ so far. To be honest, I didn’t want to join it because I’m not good at any sports, but one of my friends said, “You are joining cricket with me, right?” I thought, “Oh my gosh…She might not be my friend if I say no…What the heck!!” To my surprise, all my teammates were absolutely nice and kind to me. They said, “All good, Nozomi !!” even when I made mistakes like dropping the ball. I really enjoyed all games thanks to my teammates and cool teacher.

 

Secondly, I’m going to talk about my friends. I’m always with my BESTY, Karina, who is an international student from Hong Kong. I often hang out with her on weekends, consult her on some problems I face, and even argue with her. (haha) Amber and Grace are also my beautiful friends and cricket teammates. They listen to me as well, and give me accurate advice when I face troubles or cry. I’m super happy to be friends with them and I want to become better friends with them than now.

 

As you can see, my NZ life is filled with happiness. However, I’ve faced so many problems not only at school but also at home. One of the biggest problems I’ve faced is to have homesickness. I was terribly sad although I was doing fun things with my host family or my new friends. That was because I was always thinking about my family and my home in Japan. I cried even in front of my host family, friends, and teachers. However, I attempted to change my mind in order to succeed in studying abroad and improve my English skill. What I started, and still do, is write a journal before going to bed every night. I write down what happened, whether good or bad, in English, as well as my feelings in Japanese to get myself sorted out. It is totally helpful for my life so I will continue writing it every day.

 

I feel like my experience of studying abroad is definitely meaningful and valuable thanks to my host family, friends, and teachers. I will never ever slack-off on my efforts nor forget to appreciate all the people who have supported me. Thank you for reading until the end.

 

Kind regards,

Nozomi

 

みなさん、こんにちは。私は、ワンガヌイのカリナンカレッジに通っている希です。ここに来てもう5ヶ月が過ぎてしまいました。時間が飛んでしまうように感じます。ニュージーランドにいられるのはあと5ヶ月しかなく、私は本当に悲しいです。

 

ニュージーランドでも、COVID19というコロナウイルスが流行しています。私は、隔離政策として8週間家でコンピュータを使って勉強しました。その期間は常に淋しくて、友達や先生方、日本の家族のことが恋しくて仕方ありませんでした。しかし、私の素敵なホストファミリーとの関係を深めるいい機会でもありました。ホストファミリーは私が学校に行きたいという気持ちを真剣に聞いてくれ、自分一人では難しい学校の課題をするのを時々手伝ってくれました。素敵な家族だと思いませんか。

 

では、ニュージーランドの楽しい学校生活についてお話します。まず、前に所属していたクリケットチームについてです。もう全ての試合は終わり、ご褒美としてランチにピザを食べました。クリケットをしたことは、私にとってこれまでで一番の思い出であると同時に大きな挑戦でもありました。正直言うと、私はどのスポーツも得意ではないので、クリケットに参加したくありませんでした。しかし、友達の一人が、「私と一緒にクリケットに参加するよね。」と言ってきたので、「どうしよう。もし断ったら、もう友達でいてくれなくなるかも。困ったな。」と思いました。しかし驚いたことに、チームメイトは皆すごく素敵で優しくしてくれました。私がボールを落とすなどのミスをしても、「いいよ、希!」と言ってくれました。チームメイトと先生のおかげで、全ての試合を心から楽しむことができました。

 

次は、友達についてです。いつも、私の親友カリーナと一緒にいます。彼女は香港からの留学生です。週末はよく遊びますし、困ったことがあれば彼女に相談します。けんかもしますが(笑)。アンバーとグレイスもいい友達で、クリケットのチームメイトでもありました。彼女たちも私の話を聞いてくれ、困ったことがあったり、私が泣いていたりすると的確なアドバイスをくれます。彼女たちと友達になれたことをとても幸せに思っていて、これからもっと仲良くなりたいです。

 

お分かりのように、私のニュージーランドでの生活は、幸せで溢れています。しかし、学校ででも家でもたくさんの辛いことがありました。私が直面した一番大きな問題の一つは、ホームシックです。ホストファミリーや新しい友達と楽しいことをしていても悲しくて仕方ありませんでした。いつも日本の家族や家での生活のことを考えてばかりいたからです。ホストファミリーや友達、先生の前でも泣きました。しかし、私は留学を成功させ、英語力を伸ばすために、気持ちを入れ替えることにしました。私がし始めて今もしていることは、毎晩寝る前にジャーナルを書くことです。その日にあったことを、いいことも悪いことも英語で書き、日本語で感じたことを書きます。自分の気持ちを整理するためです。これはとても役に立っていて、これからも続けていこうと思っています。

 

私の留学は、ホストファミリーと友達、先生方のおかげで確実に有意義で価値のあるものになっています。努力をやめたり、私を支えてくださり人達への感謝を忘れたりすることは決してしません。最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

希より