お知らせ / ニュース

Information / News

NZからのメッセージ(Kyoka)

ニュージーランドからのメッセージ 2020/07/10

Hi, I am Kyoka from Central Hawke’s Bay in New Zealand. How have you been? A pandemic virus, Coronavirus is going around at the moment, which is unprecedented. I hope you are all good although we are in a hard circumstance. In New Zealand, though there are still some restrictions, I am really enjoying my life. Here, I would like to share my New Zealand life with you.
First of all, I am going to write about my host family. I have two mothers, Kerry and Tammy, an older sister, Devon, Nana, Aunty, three big dogs and one chubby cat. I now live with Kerry and Devon. They are all approachable, and I enjoy spending time with them.
In late March, the New Zealand government declared for everyone living in New Zealand to stay home in order to keep us safe from Coronavirus, which is called a lockdown. During the lockdown, my host sister, Devon, was considered as an essential worker and she worked, so I spent most of my time with my host mother, Kerry. The lockdown lasted for approximately eight weeks. I felt as though the lockdown was a much shorter time than actually eight weeks, and I’m sure it’s because of Kerry. We cooked, knitted, watched TV and went for a walk with our dogs together. We did more things than I have just mentioned, but I can’t write all of them here because there are too many. By doing those many sorts of things, we kept ourselves busy and productive. Also, we talked a lot and got to know each other. When I had a problem or a concern, she gave me good advice. Besides, when I was crying, she gave me a hug, saying “I’m giving a mama hug.” She has absolutely become my second mother. I appreciate her from the bottom of my heart.
Secondly, I am going to write about the drama class that I take at school. I have just done a solo performance in front of audience recently, which was really rewarding for me. I played the role of a ghost, Hamlet’s father. Traditional English is used in the story, Hamlet by Shakespeare, which made it obstinate for me to pronounce words and memorize lines. My teacher also said that I was learning the third language. I didn’t have any confidence in English and acting, and I was introverted about performing in front of people. So, before the actual performance, I was extremely nervous, and I was about to cry, actually. When I stood on the stage, my mind went blank. But I was able to accomplish the performance till the end with a minor prompt from my teacher. After the performance, my classmates, teacher and host family came to hug me, and they said “You were amazing!” I had heaps of feelings at that time, but I felt a sense of achievement the most.
To be honest, the reason why I chose drama class out of a list was not that I actually wanted to perform a role. I chose it just because most of my seniors from Study Abroad Course used to take it, and they recommended it to me. So, I didn’t even know whether I would like acting. But now, it is one of my favorite classes, and I want to try a different performance again.
I have four more months to study here. I’m surprised because the time has flown so fast. I will not stop trying, and I want to go back to Japan without any regret. Thank you for reading till the end.

Lots of love,
Kyoka  Hamada

こんにちは。ニュージーランドのセントラルホークスベイに住む京佳です。元気ですか?今、先例のないコロナウイルスが世界中で流行していますが、このような大変な時期でも皆さんが元気で無事なことを願っています。ニュージーランドでは、まだ多少の規制はありますが、私はここでの生活をとても楽しんでいます。今日は皆さんと私のニュージーランドでの生活を共有したいと思います。
まず初めに、私のホストファミリーについてお伝えします。私の家族には、2人のお母さんのケリーとテミー、年上のお姉さんのディヴン、おばあちゃん、伯母さん、大きい犬が3匹、そしてぽっちゃり猫がいます。私は今、ディヴンとケリーと暮らしています。みんな話しやすくて、楽しく時間を過ごしています。
3月末に、ニュージーランド政府がコロナ感染予防のために家にとどまるようにと国民に宣言を出しました。いわゆるロックダウンというものです。ロックダウンの間、ホストシスターのディヴンはエッセンシャルワーカーとして働いていたので、私はほとんどの時間をホストマザーのケリーと過ごしました。ロックダウンは、8週間続いたのですが、それよりも遥かに短く感じました。私は、そのように感じたのはケリーのおかげだと確信しています。私たちは一緒に、料理や編み物をしたり、テレビを見たり、犬と散歩に行ったりしました。ここには書ききれないのですが、他にもたくさんのことをして、時間を有意義に使っていました。また、たくさん話もしてお互いのことをもっと知りました。ケリーは、私が問題や悩みを抱えている時には、良いアドバイスをくれたり、私が泣いている時には、”ママのハグをあげるよ“と言ってハグをしてくれたりもました。彼女は、本当に私の第二のお母さんです。心の底から感謝しています。
次に、私が学校でとっているドラマクラスについてお伝えします。つい最近、観客の前でのソロ演技を終えたところなのですが、それは私にとってとてもやりがいのあるものでした。私は、ハムレットの父のゴースト役を演じました。シェイクスピアによって書かれたハムレットには、伝統的な英語が使われていて、言葉を発音したり覚えたりするのがとても難しかったです。先生も私が第三言語を学んでいると言っていました。私は英語や演技において自信がなく、人前で演技することに対して消極的でした。だから、本番前は非常に緊張していて、実は泣きそうになっていました。ステージの上に立った時は、頭が真っ白になりましたが、先生に少しだけ助け舟を出してもらって、最後まで演じ切ることができました。演技の後に、クラスメイトや先生、ホストファミリーがハグしに来てくれて、“素晴らしかった!”と言ってくれました。その時、たくさんの感情が溢れましたが、一番に達成感を感じました。
正直言うと、私がドラマクラスを選択したのは、演技がしたかったからではなく、英留の先輩方がドラマクラスをとっていて、この授業を勧められたからです。だから、自分自身が演じることが好きなのかどうかさえ知りませんでした。でも今は、ドラマクラスは私の好きな授業の一つです。そして、違う演技にもまた挑戦したいと思っています。
留学期間は残り4か月になりました。時間の経つ速さに驚いています。これからも挑戦することをやめずに、後悔なく日本に帰りたいです。最後まで読んでくださりありがとうございました。

たくさんの愛をこめて
浜田京佳