お知らせ / ニュース

Information / News

NZからのメッセージ(Ryoko)

ニュージーランドからのメッセージ 2020/09/14

Hello, everyone!!  I’m Ryoko from Cullinane College in Whanganui.  Almost eight months have passed since I came to New Zealand.  The time has passed so quickly and I am surprised that I only have two months remaining.  As many of my friends mentioned in their essays, this year, the covid-19 has been going around all over the world.  As schools in Japan were closed for about 3 months, schools in New Zealand were closed for about 2 months.  It was a little bit unfortunate that we had to stay at home for one fifth of our New Zealand life, even though I really enjoy the new culture and relaxing life in New Zealand.  Today, I want to share my happy memories and my opinion about cross-cultural understanding with you.

In term2 and term3, I joined a badminton club.  We have practice once a week and we have competition once a week with other high schools in Whanganui.  At first, I was worried about joining the sport club because I am not so good at badminton and I knew that many kiwi students are good at playing sports.  To be honest, the first few times, it was not easy for me to enjoy badminton because I was tired of talking with many new people and playing games with them.  However, little by little I was able to make some new friends through playing the games.  Now, I enjoy talking with them and I like having practice and competitions every week.  I wish this club would continue until the end of the year but this club finishes at the end of term3.  I think I will join another sport club in term 4!!

August 30 was my birthday and I had a special time with my host family and friends. On the day before my birthday, I went to a restaurant with my friends to have a birthday lunch.  We talked a lot and we went shopping after that.  They gave me lovely birthday presents and cards.  On my birthday, my host family held a birthday party for me and their niece’s family came to the party.  We ate fish and chips and rolled sushi, which was a wonderful collaboration of New Zealand culture and Japanese culture!!  My host family gave me a Harry Potter card game and Eeyore’s onesie.  I use that onesie every night as my pajamas!  It was a really wonderful birthday and I won’t ever forget this memory.

While I am in New Zealand, I have learned how fun it is to live in a new culture and how difficult cross-cultural understanding is.  Before I came here, I had been abroad twice and I stayed for one week each time.  Through these experiences, I came to like staying in a different culture and learning new cultures. However, by staying in New Zealand more than one week, I have learned that if I really want to know about their life, culture, or people in the country, I need to stay at least half a year.  When we stay in a foreign country for one week or so, we can only know about that country’s wonderful points.  It is not easy for many people to accept the whole new and different culture.  By staying in New Zealand for about eight months, I was able to have so many more real experiences in New Zealand.  Besides, I’ve found unique points of Japanese culture, which I wouldn’t have learnt if I hadn’t come here. I was really lucky to have this experience at this age.

I have a lot more things to tell you about my New Zealand life but it would be too long to write them all here, so I will tell you all the happy and wonderful things in two months when we see each other again.  

Lastly, I want to thank all the people who have supported my studying abroad,  my family in Japan, my host family, all the teachers and all of my friends.  I will try to enjoy myself and learn as much as possible for the rest of two months. 

Thank you for reading!!

Ryoko

みなさん、こんにちは。 ワンガヌイにあるカリナンカレッジに通っている涼子です。 ニュージーランドに来てから8ヶ月ほどが過ぎました。時間が経つのは早く、あと2ヶ月しか残っていないことに驚いています。私の友達がエッセイで書いているように、今年はCOVID19が世界中で流行しています。日本の学校が3ヶ月間休校になったように、ニュージーランドでも約2ヶ月休校となりました。私はニュージーランドの文化とのんびりとした生活をとても楽しんではいますが、やはり留学生活の5分の1を家で過ごさなければいけなかったのは少し残念でした。今日は、私の嬉しかった思い出と、文化理解に関する意見を皆さんにお伝えしたいと思います。

2学期から、私はバドミントンクラブに参加しています。週に1回練習し、また別の1日は、ワンガヌイにある他の学校との試合をします。私は最初、運動部に入るのをためらっていました。私はバドミントンが得意ではなく、ニュージーランドの生徒たちの多くは運動が得意だからです。正直言うと、最初の数回は、たくさんの新しい人と話をしたりバドミントンをしたりするのに疲れてしまって、バドミントンを楽しむことができませんでした。しかし、ゲームを通じて徐々に新しい友達ができました。今は、友達と話をするのが楽しくて、毎週の練習や試合が大好きです。バドミントンクラブが今年いっぱい続いてほしいと思いますが、3学期で終わってしまいます。4学期はまた別の運動部に入ろうと考えています。

8月30日は私の誕生日で、ホストファミリーや友達と特別な時間を過ごしました。誕生日の前日、友達とレストランで誕生日のお祝いにランチをしました。たくさん話をして、その後はショッピングに行きました。誕生日プレゼントやカードももらいました。誕生日の日には、ホストファミリーが誕生会を開いてくれ、姪の家族も来てくれました。フィッシュアンドチップスと巻き寿司を食べました。ニュージーランドと日本の素敵なコラボレーションです。ホストファミリーからは、ハリーポッターのカードゲームとイーヨーのつなぎの着ぐるみをもらいました。その着ぐるみはパジャマとして着ています。この素晴らしい誕生日を忘れることはないでしょう。

ニュージーランドで過ごしていて、新しい文化の中で生活をすることの楽しさと異文化理解の難しさを学びました。ここに来る前に、2度海外に行き、それぞれ1週間滞在したことがあります。これらの経験のおかげで、私は異文化で生活したり、新しい文化を学んだりすることが好きになりました。しかし、ニュージーランドに1週間以上滞在することで、その国の生活や文化、人々について本当に理解したいのであれば、最低でも半年は必要だと分かりました。1週間ぐらいの滞在では、その国のいいところしか分かりません。新しくて違う文化全体を受けいれるのは多くの人にとっては簡単なことではありません。8ケ月ニュージーランドに住んでみて、より多くの「本当」の経験ができています。その上、日本文化についても気づきました。これは、もしここにきていなかったらできなかったことです。この年齢でこのような経験ができている自分はとても幸せです。

私のニュージーランドの生活についてお伝えしたいことはまだたくさんありますが、全部を書くと長くなるので、2か月後みなさんに直接お会いしたときに、私が経験した素晴らしいこと全てをお話しします。

最後に、私の留学を応援してくださっている人、日本の家族やホストファミリー、先生方や友達など、全ての人に感謝したいです。残りの2か月間、できるだけたくさんのことを楽しんだり学んだりしていきます。

読んでくださり、ありがとうございます。

涼子