お知らせ / ニュース

Information / News

Sakurako(NZからのメッセージ)

ニュージーランドからのメッセージ 2018/06/05

Kia ora! How have you been? It’s Sakurako from Bream Bay College. Three months have passed since I came here. Time is passing very rapidly. I’m having a really great time with my favorite host family and favorite friends in New Zealand. There are a lot of things that surprised me, for example we cannot put money into most ATM machines. Anyway, in this essay, I’d like to talk about my life in New Zealand.

Firstly, I’ll talk about my amazing host family. I stay with my host father, my host mother, one older host sister and one younger host sister. Also we have four cows, two rabbits, one dog, one cat and a lot of chickens. My host family loves music, which is why they always listen to music instead of watching TV and also they have good taste in music. I love music too, so I ‘m so happy to listen to music every day, every time. They are very busy every week so I need to make dinner at least once a week. Sometimes I make Japanese food like curry and rice, sushi, korokke and so on. It’s pretty hard to decide what I want to make for dinner, but it’s also fun. My host mother and sisters make many things as well and those things are so delicious for that reason I can’t stop eating.  

The next thing is about my school life. I take Geography, PE, Math, Business, English, ESOL and Dance classes. We have to do our assignment tasks for every subject and of course I need to write in English so it’s still hard still now. I like class time, but I like break time more than class time because I can hang out with my best friends. I always hang out with seven girls and two of them are international students from Germany.They are so kind, funny and crazy, haha. However, the two German girls will leave here about two months later. It’s really sad for me because they gave me a confidence and taught me English. So recently, I hang out with them quite often not only at school, but also on the weekends. I will probably miss them very much after they leave here. Now, I like my friends and school very much. But actually, I really didn’t want to go to school during term one because I couldn’t talk with my friends so I felt lonely and I felt like I was just following them. When they talked about something I just listened them to their conversations. Of course I knew I have to talk with them in my mind, but I couldn’t because I didn’t have any confidence then. But now I can talk with people in New Zealand. I changed my mind after the April camp with other Jin-ai GHS students. At the camp, we shared our lives in New Zealand and got really good advice from Mrs. Oi. I learned everyone was in similar situations and we tried to find solutions for it. From term two, I started to talk with people much more than I did in term one. My English is not perfect and I make mistakes many times, but if I try to keep up with people’s conversations and try to speak, they try to understand what I want to say. So I love my life in New Zealand now.

 My host family, friends and teachers in New Zealand are as wonderful as my family, friends and teachers in Japan. My English is not so good so far so I have heaps of difficulties even now and things can be hard. I’m so so happy to come to New Zealand. By the way, I’m deeply thankful for my family, friends and teachers supporting me from Japan. Besides, I really appreciate my host family for having me. I have so many people who support me from Japan and New Zealand. I’ll keep trying many things from now on and I want to see you guys with a big smile about six months later. Thank you very much for reading.

Lots of love,

Sakurako

―――――――――――――――――――

こんにちは!皆さんお元気ですか。ブリームベイカレッジに通っている水谷桜子です。ここに来てから四ヶ月が経ちました。時間があっという間に過ぎていきます。私はニュージーランドでお気に入りのホストファミリーとお気に入りの友達ととても良い時間を過ごしています。ここには私を驚かせるものがたくさんあります。例えば、私たちは多くのATMに現金を入れることができません。ともかく、このエッセイでは、私のニュージーランドでの生活についてお話ししたいと思います。

まず、私の素晴らしいホストファミリーについてお話ししたいと思います。私はホストファザー、ホストマザー、年上のホストシスター、そして年下のホストシスターと生活しています。更に、4匹の牛、二匹のウサギ、一匹の犬、一匹の猫、そしてたくさんの鶏を飼っています。私のホストファミリーは音楽が大好きなので、いつもテレビを見るかわりに音楽を聞いています。また、彼らはとても良い音楽のセンスがあります。私も音楽が大好きなので毎日、毎時間音楽を聴くことができて、とても嬉しいです。彼らは毎週とても忙しいので、私は最低でも週に一回は夜ご飯を作らなければなりません。私はときどきカレーライス、寿司、コロッケなど日本の料理を作ります。何を作ろうか考えるのはとても大変ですが、楽しみでもあります。私のホストマザーとホストシスターもたくさんの料理を作り、それらはとてもおいしいので食べることをやめられません。

次に、学校生活についてお話ししたいと思います。私は地理、体育、数学、ビジネス、英語、ESOL、ダンスのクラスを受けています。私たちは全ての教科の課題をもちろん英語でしなければならないので、それらは今でもとても大変です。私は授業も好きですが、休み時間はより好きです。なぜなら、私の親友たちと遊ぶことができるからです。私はいつも7人の女の子達と遊んでいて、その中の2人はドイツからの留学生です。彼らはとても親切で、面白くて、クレイジーです(笑)しかし、ドイツ人の二人は二か月後に帰国してしまいます。そのことはとても悲しいです。なぜなら、彼女たちは私に自信をくれ、英語を教えてくれるからです。なので最近は、学校だけでなく、週末も彼女たちとよく遊んでいます。帰国してしまった後、私はとても彼女たちが恋しくなるでしょう。今、私は、友達も学校もとても好きですが、実は、一学期の間は本当に学校に行きたくありませんでした。なぜなら、英語が全然話せなかった為、孤独に感じ、ただ友達についていっているだけのように感じていたからです。彼女たちが何かについて話していた時もただ聞いていただけでした。頭の中では、自分から話さないといけないことはわかっていましたができませんでした。なぜなら、その時の私には自信がなかったからです。しかし今ではニュージーランドの人と会話をすることができます。私の考えが変わったのは仁愛生用のエイプリルキャンプのあとです。そのキャンプで、私たちは、ニュージーランドでの生活についての話をシェアし、大井さんからとても良いアドバイスをいただきました。また、皆同じような悩みを抱えていて、解決策を見つけようと励んでいるということを知ることができました。二学期からは、一学期より、人々とより話すようになりました。私の英語は全然完璧ではなく、たくさん間違えることがあります。しかし、もし私が、人々の会話にがんばってついていこうとしたり、話をしたら、彼らは私が何を言いたいのかわかろうとしてくれます。なので今ではニュージーランドでの生活が大好きです。

私のニュージーランドのホストファミリー、友達、先生方は日本の家族、友達、先生方と同じくらいすばらしいです。今のところ、私の英語はよくないので、今でもたくさんの困難があります。また、それらはとても大変です。しかし、私には日本からも、ニュージーランドからも、たくさんの支えてくださっている人々がいます。私は、日本から支えてくれている家族、友達、先生方に本当に感謝しています。更に、私を受け入れてくれているホストファミリーにもとても感謝しています。私は、これからもたくさんのことに挑戦し続け、六か月後、皆さんに大きな笑顔で会いたいです。

このエッセイを読んでくださりありがとうございました。

愛をこめて、

水谷 桜子