お知らせ / ニュース

Information / News

Anri(NZからのメッセージ)

ニュージーランドからのメッセージ 2017/11/15


Hello, I am Anri. I go to Hauraki Plains College with my best partner, Aya. I cannot believe I have to leave here soon. Looking back at my memories, I’ve gone through so many happy things surrounded by a lot of kind people during my experience of studying abroad. I appreciate my host family, friends and teachers at this school for giving me a lot of love and many good opportunities.:) People in New Zealand are so friendly and I like their style. When they have a conversation, they open their hearts to each other. I feel like it is such fun.:) I would like to write about what I’ve learned in New Zealand in this essay.
I am taking math, English, Maori, music and ESOL. Let me talk about my favorite subject, music. I love the class because many students have the spirit of making something purely for pleasure and I can do some creative activities here. Students work on interesting tasks. For example, some students form a music band and compose original songs with the members. Composing a song and writing its lyrics from the beginning as a band group was such a fresh experience for me. I sometimes have performances and record our songs using a computer and a full-scale machine. I was surprised when I came here for the first time because what the students were doing looked like what real musicians and recording engineers do. I learned many things in this class.
One of the things I’ve learned from this class is that it is very important to have fun when we acquire something. This is quite sudden, but I have a question for you. When you hear the word “studying”, what do you imagine? Do you feel excited, interested or do you have a negative impression? I used to choose the latter one. However, my point of the view has changed from the music class. This class told me studying should be fun and that learning things in that way will come back as a benefit someday.
Making a song together as a team, my bandmates and I sometimes had a slump. It had been decided what the piano part was going to be, but we could not start making the sounds for the other instruments. We had some talking time for the song but could not find a fundamental solution and repeated similar discussions for the song during the whole week in class. We noticed that we needed a new way to solve the problem. However, no one knew where to start. I felt that we were wasting our time. The performance day was getting closer! At the same time, I was frustrated about two things in my heart. One thing was that our song did not improve at all and the other was the language barrier which I had. If I had understood their whole conversation like a kiwi student, I would have understood what my bandmates were thinking better and could have given them more of a hand. I thought this many times. I did not want to finish this class, making an excuse that I had no choice but to be a bystander since I was a “foreigner.” I wanted to change something with my band members. I realized I needed to take an action by myself.
I decided to make music and write musical scores for my bandmates on a weekend. Although I had some experiences from choir and piano, it was my first time to make music scores for instruments other than the piano. To make the song, I researched information about the trumpet and the alto saxophone on the Internet. Then I learned something new. These instruments are called transposing instruments and their music scores and piano’s music scores are different. I checked how different a music score of those instruments are from that of the piano. When I was composing a music score and getting the knowledge which I had not previously known, a thought occurred to me. “Isn’t this the meaning of studying? Studying means trying to find what is needed and using the knowledge for our own goal?” Thinking in that way, it seemed to me that studying means to learn something exciting.
Also when I got ideas from what I learned, that knowledge was reflected in the song. I thought I would like to know more about music in order to play pleasurable music while making a harmony and arranging the song with my bandmates. That feeling also told me that studying is interesting and fun. Moreover, I felt one more happiness. When I gave the music score to my bandmates at school, they seemed very glad. They received it with smiles and started practicing it immediately. From that day on, we spent our music classes effectively for our performance. I also got a chance to teach my band members how to play the melody, playing the piano. They understood me very well.

I never expected that I would be involved in music like this. My bandmates supported me a lot. Music meant a lot to me and this experience taught me how important it is to take an action by myself. I will never forget these things. I’ve come to love music more in New Zealand.
I would like to take this opportunity to express my sincere gratitude to my family in Japan. I thank them for supporting me studying abroad from far away. Their warm words and the stuff they sent from Japan cheered me up. While I am here, our homeroom teacher and our agent here have been organizing many things for us. Also, they visited and encouraged us. I thank all the people who have supported me. I appreciate their help.

Love
Anri

-------------------

こんにちは。杏理です。ベストパートナーの彩と一緒にハウラキプレインズ高校に通っています。もう少しでここを去らなければいけないなんて信じられません。ここでの思い出を思い出すと、留学中多くの優しい人達に囲まれてたくさんの楽しいことに出会いました。ホストファミリーや友達、この学校の先生方が、私を愛してくださり、たくさんの機会をくださったことに、本当に感謝しています。ニュージーランドの人はとてもフレンドリーです。そして私は彼らのスタイルが好きです。特に、お互いに心を開いてして人と会話をするときはすごく楽しいです。このエッセイでは、私が何をニュージーランドで見つけたかを書けるといいです。
私は数学、英語、マオリ、音楽、ESOLの授業をとっています。私のお気に入りの音楽の授業について書かせてください。私はこのクラスが大好きです。なぜなら、たくさんの生徒が心の底から音楽を純粋に楽しんでいるからです。そしてこのクラスではクリエイティブな授業を受けることができます。生徒は音楽バンドを作り、バンドメイトと一緒にオリジナルの曲を作詞、作曲したりしています。曲の歌詞や音をメンバーと一緒にはじめから作り出すことは、私にとってとても新鮮な経験でした。そして時々その曲をパフォーマンスしたり本格的な機械を使ってレコーディングしたりします。最初に来たときは、生徒がやっていることがミュージシャンやレコーディングエンジニアのように見えて、とても驚きました。私はこのクラスでたくさんのことを学びました。
私が学んだことの一つは、何かを学ぶとき楽しむことがとても大事だということです。突然ですが、みなさんに質問があります。みなさんは”勉強”という言葉を聞くと、何を想像しますか。興味があったり、楽しいと感じたりしますか。それとも少しネガティブになりますか。私は前まで後者を選んでいました。しかし、私の視点はこの音楽の授業をとってから変わったと思います。このクラスは、勉強することは楽しいことであるべきで、その学びはいつか返ってくることを教えてくれました。
曲を一緒にチームとして作るとき、私のバンドメイトと私は時々スランプ状態になることもありました。ピアノのパートは決まっているのですが、他の楽器のパートの音を作り始めることができませんでした。曲を作るために話し合いの時間がありましたが、根本的な解決をすることができず、同じような話を一週間授業で繰り返していました。私達は解決するために何か新しいやり方を見つけなければならないと気づいてはいましたが、そのために何から始めればよいのかみんな分かりませんでした。パフォーマンスの日が近づいてきているのに、時間がただ過ぎているだけのように感じていました。同時に、私は心の中で2つのことに後悔していました。一つ目は私達の曲に成長がないこと、もう一つは私が抱えていた言語の壁です。もし私がグループでの会話をすべて現地の子のようにきちんと理解できたら、私のバンドメンバーが考えていることを今よりさらに理解し手助けすることができるのに…、と何度も思いました。私は、外国人だからということを理由に、ただ傍観者になっているだけで、この授業を終えたくはありませんでした。私は、バンドのメンバーと一緒に何かを変えたいと思っていました。そのためには自分で行動を起こさなければいけないことに気が付きました。
私は、週末にバンドメイトのために曲と楽譜を作ることを決めました。私は合唱とピアノの経験はありましたが、ピアノ以外の楽器のために楽譜を書くことは初めてでした。曲を作るため、私はインターネットでトランペットとアルトサクスフォンについて調べました。そのとき私は初めて、それらの楽器は移調楽器と呼ばれていて、それらの楽器の楽譜とピアノの楽譜は違うと知りました。そこで、私はどれぐらいそれらの楽器とピアノの音が違うのか確かめて、楽譜を作りました。知らなかった知識を入れながら作曲していると、ひとつの考えが私の頭の中に浮かびました。「勉強ってこういうことを意味するのではないか。つまり、勉強とは、何を知る必要があるのかを探して、その知識を何かの目的のために使うことではないのか。」と。そう考えると、勉強をすることがとても楽しいことのように思えてきました。
そして知識からアイディアを得たとき、それらはそのまま曲になります。私は愉快な曲をバンドメイトと演奏し、ハーモニーを作ったり、曲をアレンジしたりするため、もっと音楽について知りたいと思いました。この気持ちが、私に勉強についての興味やおもしろさを教えてくれました。さらにもうひとつ嬉しい出来事がありました。私が作った楽譜をバンドメイトに渡したとき、彼らは喜んでくれたのです。笑顔で受け取ってくれて、さっそく練習を始めました。そして私達のバンドはパフォーマンスにむけて効率的に授業に取り組むようになりました。私が彼らにメロディーをピアノを使って教えるというチャンスもできました。彼らは私のことをわかってくれました。
このような形でニュージーランドで音楽をやるとは全く予想していませんでした。バンドメイトは私をたくさん支えてくれました。音楽が私にとってどれだけ大きな意味があったのか、自分から動いていくことがどれだけ重要なのか教えてくれたことを忘れません。私はニュージーランドに来て、音楽がもっと好きになりました。
この場をかりて日本の家族に感謝の気持ちを述べさせてください。温かい言葉や日本からの荷物がどれだけ私を元気づけてくれたのか、遠い日本から私の留学を支えてくれてありがとう。そして担任の先生や留学サポーター方は、いろいろ手配をしてくださり、また私達を訪ねてくれて勇気づけてくれました。この留学を支えてくれた全ての人々に感謝しています。ありがとうございました。

愛を込めて
杏理