お知らせ / ニュース

Information / News

Hinata(NZからのメッセージ)

ニュージーランドからのメッセージ 2018/10/05

Hi, guys! How have you been? It’s Hinata from Te Kuiti High School. I can not belive I have only two months to go until I leave here. Time passes so fast. Today, I’m going to share my life in New Zealand. There are heaps of things that I want to tell you.

First, I’m going to talk about my loving host family. My host parents are both teachers of my school. And, I have a little host sister. My host father is quite crazy. Well, honestly he might be the craziest person I’ve ever met. I mean he has a good sense of humor. My host mother is not just a great music teacher, she is also such an amazing musician. She is good at singing. My host sister is only 3 years old, but she is so smart. She has good imagination skills, so she always tells me her stories. I love to play with her. I always talk about anything with them. When I ask for advice, they definitely give me some good advice and side with me. Also, they praise me when I’ve done something good. It gives me confidence. I appreciate that they are having me. I think you may understand how much I love them. They are such a lovely family, right?

Next, I’m going to talk about my school life and town. Te Kuiti is a pretty small town, so we don’t even have McDonald’s. See? I told you it is a small town. However, there are heaps of farms and the town is famous for sheep shearing. Also, My friends have asked me “Do you want to go hunting?” like people in Fukui might say “Do you want to go to movie? or shopping?”. Well, this is my town Te Kuiti. Next, my school life. It is pretty great at the moment. However, I did have a tough time. I had been trying to be friendly at first and then I got some friends, but I was feeling strange. I worried whether they were thinking I was their true friend. Well,I was annoyed by such a silly problem. What a shame. After that, I realized being friendly was not the same as being friends, we should be friends. So, I stopped to be modest and too polite because it was not me. I guess I was thinking too much. Then, I could open up to my friends and be frank. One day, my friend gave me a message. It said “I want you to spend the best time when you hang out with me.” Awww. I realized there was a person who really cares about me. Honestly, I was so happy. It is hard to explain that feeling. I thought I want to keep up with her and get along with her. When she comes to visit Japan, I want to take her to a lot of cool places.

Finally, I think I’m having a pretty great time here. Through the experience, I realized how much I was supported by my parents, teachers and friends in Japan. I just want to say thank you to them. I’ll never forget my memories and experiences here in New Zealand. They are surely going to be the highlights of my life. Thank you for reading my essay. See you soon!

Best wishes,
Hinata

--------------------

こんにちは!元気でしたか? テクイティハイスクールのひなたです。ここを出るまでにあと2ヶ月しかないなんて信じられません。時間が過ぎるのはとても早いです。今日、私はニュージーランドでの自分の生活を共有したいと思います。伝えたいことがたくさんあります。

まず、私の大好きなホストファミリーについて話します。ホストペアレンツは私の学校の先生をしています。そして、一人のホストシスターがいます。ホストファザーはかなり面白い人で 、正直私がこれまでに会った人の中で一番面白い人かもしれません。そしてホストマザーはただの音楽の先生ではなく、素晴らしいミュージシャンでもあり、歌が上手です。ホストシスターはわずか4歳ですが、とても賢いです。 だから彼女はいつも色々な話をしてくれます。 私は彼女と遊ぶのが大好きです。 私はホストファミリーと色々な話をするし、時々アドバイスを求めることもあります。 そのとき彼らは絶対に良いアドバイスをくれるし、私の味方をしてくれます。 また、私が何か良いことをしたり、頑張ったときは褒めてくれます。 そのおかげで自分により自信を持つことができます。 彼らが私を受け入れてくれたことにとても感謝しています。とにかく私がどのくらいホストファミリーのことが好きか分かったかと思います。 素敵な人たちですよね?

次に、私の学校生活と町について話します。テクイティはかなり小さい町なので、マクドナルドはありません。ほらね?小さな町だって言ったでしょ?でも、農場はそこら中にあって、羊の毛刈りで有名です。友達に 「映画か買い物にでも行かない? 」 とでも言うように 「狩りにでも行かない?」聞かれたこともあります。おもしろいですね。これが私の町テクティです。そして、学校生活について。今はかなり充実していますが、私にももちろん辛い時がありました。初め、フレンドリーにしようと心がけて、それなりに友達ができました。でも、私は本当に友達だと思われているのかと不安に思っていました。今思えばなんてくだらないことで悩んでいたんだろうと思います。そして、フレンドリーにすることと友だちになることは違うことに気づきました。私は友達になるべきだと思ったので、控えめで礼儀正しくしすぎていた自分らしくない行動をやめました。それから私は友達とより仲良くなれました。ある日、友達が「私といるときに楽しい時間をすごしてくれたらいいな。」というメッセージをくれました。そのとき、本当に自分のことを気にかけてくれる人がいたんだと思い、正直言葉にできないくらい嬉しかったです。

最後に、私はニュージーランドでかなり楽しい時間を過ごしていると思います。この経験を通して、私は親、先生方、友逹にどれだけ支えられているかを実感しました。 ただただみんなに感謝したいです。 私はこの思い出と経験を絶対に忘れません。 この経験はきっと人生のハイライトになると思います。 私の作文を最後まで読んでくださってありがとうございました。みんなに会えるのを楽しみにしています。

ひなた