お知らせ / ニュース

Information / News

Kiho (NZからのメッセージ)

ニュージーランドからのメッセージ 2019/10/01

 Hello! I’m Kiho Shintani.
I’m attending Otamatea High School, with only two and half a month of living in NZ left to go. I really feel time flies. I have had a lot of experiences while I have been studying in NZ. I have had a lot of fun times, but I have had hard times as well.  I would like to share how I overcame those times when it was hard.
 I had finished my one-week life in Rotorua and I would start going to Otamatea High School in Maungaturoto, where I go to now. The first day, I wondered if I could participate in school life in NZ. I was excited, but I was worried. When I entered the classroom with my courage plucked up, it appeared that my classmates looked mature for their age, and honestly, I remember I was scared of them. However, one of my classmates talked to me in the last class on that day. She had a conversation with me gently even though I couldn’t understand English. I thought I could become a good step to a better school life.
 After it had been a month since I started school, it was hard for me to keep up with them in the class and I couldn’t understand completely, so I couldn’t know what I should do. I had asked a nearby person every time when I couldn’t understand something in the class. There was a girl that especially teaches me gently in the class. It’s easy for me to ask her if I couldn’t understand, so I positively sat next to her, and I asked her every time. However, one day, when I asked, she made a deep sigh “ha—” with a disgusted face. She always had a smile every day, so I hadn’t seen that face before, so I was really shocked about it. I’m not good at making friends, so I didn’t meet people who I could call friends, even after one month. She was my hope and I really wanted to be friends. I would not be able to ask classmates if I couldn’t understand and I stopped smiling because of that incident.
 When it term 2 starts I set a goal to befriend my classmates. For that, I started having lunch with year 12 students same age as me at first. When I ate with them, I was having fun and I couldn’t stop smiling. I learned important things from this experience. It’s “smile.” When I make a smile, I feel naturally happy, even when I am sad. Which one do you want to meet: a friend who is always happy or who never does? You want to become friends with people who smile, don’t you? A smile is awesome, isn’t it? In actuality, when I smile, people I know and even strangers say “Hi!!” with a smile. If you want, you should try it!! haha 
 Now I can have a good overseas life in NZ, thanks to my family and my teachers in Jin-ai Girls’ High School.
 Thank you for reading! I hope this essay will be helpful for someone. 
Love and Hug, Kiho  

 こんにちは!オタマテアハイスクールに通っている新谷希歩です!もう既に残り2ヶ月半となりました。本当に10ヶ月間はあっというまだな、と思っています☺私はこの留学生活を通して沢山の経験をすることができました。沢山楽しい時期もありましたが逆に辛いことも同じくらいありました。この辛い経験をどう乗り越えていったのかを、皆さんと共有したいと思います。 
 まずは、一週間のロトルアでの生活を終え、今通っているオタマテアハイスクールに通い始めた頃の話です。初日、私はどんな学校生活が待っているのだろうかと胸が高まるのと同時に、不安もありました。いざ教室に入ってみると、同学年なのに日本の高校生とは違ってすごく大人に見え、正直すごく怖かったことを覚えています。けれど、その日の最後の授業で、ある一人の女の子が話しかけてくれました。その時の私はまだ英語を上手く聞き取れなかったにも関わらず、優しく会話をしてくれました。このおかげで、学校生活のいいスタートを切れたのだと思います。
 次は学校が始まって一ヶ月くらい経ったくらいの時です。やはり一ヶ月経っても中々授業についていくのは大変で、全然聞き取れず、自分が何をしなければいけないのかも全くわかりませんでした。なので、毎時間、授業中隣の子や近くの子に尋ねていました。その中でも特にいつも優しく教えてくれる女の子がいました。その子には質問が一番しやすかったので、よく自分から隣に行ってわからないところを聞いていました。しかし、ある日突然、私がいつものように聞いた時、すごく嫌そうな顔をして「はあー」とため息をつかれました。彼女はいつも笑顔で、彼女の嫌そうな顔を見たことがなかったので、すごくショックを受けました。私は友達を作るのが苦手だったので一ヶ月の期間だけで私の中で友達という友達がまだ見つからない中、その子は私の心の支えで、本当に友達になりたいと思っていました。この事がきっかけでクラスメイトに尋ねることも、笑顔でいることさえも上手く出来なくなりました。
 ターム2が始まる時、私は改めて同級生の子と仲良くするという目標を立てました。そして、まず12年生の子とランチを食べることを始めました。一緒に食べてみると、自分が思っていたよりも楽しく笑顔が耐えませんでした。私は、この経験から大切なことを学びました。それは、笑顔です。笑顔でいると自然と楽しいと思えて、悲しいことも忘れられます。あなたなら、いつもニコニコ笑っている子か笑わないで真顔でいる子、どちらと友達になりますか?ニコニコ笑っている子のほうが一緒にいて楽しそうだなって思いますよね?笑顔ってすごいと思います。実際、私が笑顔でいられるようになると、少し関わりを持っただけの子や知らない子でも「ハイ!」と言ってくれるようになりました。皆さんもぜひ試してみてください!! 
 楽しいニュージーランド留学生活が送れているのは、支えて下さる家族、先生方のおかげです。本当にありがとうございます。残りの留学生活も悔いのないよう一生懸命頑張ります!! 
読んで下さりありがとうございました!このエッセイが少しでも役に立てたら嬉しいです。 

愛を込めて、きほ