お知らせ / ニュース

Information / News

Sora Nishimoto(NZからのメッセージ)

ニュージーランドからのメッセージ 2020/04/02

Kia ora! ( “Hello” in Maori. )  My name is Sora.  I’m from Ishikawa and my school in New Zealand is Te Kuiti High School.  Three months have passed since I came to New Zealand.  How fast time flies!!  My teacher in Japan often said, “The first three months will be the hardest time for you after you arrive.”  I thought I wouldn’t be troubled by anything at that time, but my teacher was right.  Now I have a lot of troubles in my life.  However I have happy memories more than hard memories.  Well, today I will share my happy and hard memories with you.

   First I’d like to tell you some of my happy memories!  I have P.E. at school and we played cricket one day, but I couldn’t hit the ball with the bat.  I had played tennis for eight years so I should be good at hitting a ball but I couldn’t.  That was so shocking… But then, all boys and girls cheered for me, “Go, Sora!  Just hit the ball.  Sora, Sora!!”  Even my teacher said, “It’s alright.”  I was a little embarrassed but I realised that everyone remembered my name and I had a lot of friends!!  I was very happy. 

I have more to tell you.  I live with an awesome family; my host mother, my host father, one dog, one cat, eight birds and lots of fish.  My host parents are so funny and love jokes.  My host mother likes scary movies and I like them too, so we often watch them together after school.  Also, my host father loves ice cream and I also love it, so every day after tea, he says “Do you want some ice cream??”  And I say “Yes, please!!”  I eat ice cream every day.  He says “I’ll make you fat!”  I don’t want him to make me fat but I will be fat.  So don’t be surprised when you see me next time.  But anyway, I feel happy to just live with them.  I can still tell you my happy memories but I will stop for a while. 

Second I will tell you about my hard memories.  It was really hard for me to make friends.  I was very busy the first two weeks after I started to go to Te Kuiti High School. I asked a lot of students if I could have lunch with them.  And I ate lunch with more than ten groups.  I had a good time each time, but I didn’t know if I could join the same group the next time too.  So I ate lunch with different groups every day and I was very lonely. Finally, I made friends with year 13 students!  I was so happy!!  However, a few days later, they started to go to a room called “the common room”, which is only for year 13 students.  Since I am in year 12, I couldn’t join them.  My friends welcomed me but I was scared because that was against the rules.  Then I was very sad.  Now I have friends but I haven’t found any best friends so I still keep trying to talk with the students! 

I guess you already know that the problem of Corona virus is becoming serious.   In New Zealand, some events have been cancelled and all schools have been closed.  The school closure will last at least a month. We are not allowed to even go outside.  I was disappointed and honestly I was frustrated when I heard that.  But my teacher has told me that I have a lot of things to do even if schools are closed.  I changed my mind.  I have decided to be more positive!  So I made tea, wrote some essays in English, read an English book, studied English words and such.  I did a lot of wonderful jobs!!

As I told you, I have a lot of difficult problems now.  However, I believe that there are always ways to solve these problems.  If I do my best, all my troubles will be gone!  I will never give up trying.  I’ve got this!!  Also I am really thankful to all people for giving me such a big opportunity to study in New Zealand. These experiences will give me huge confidence to make my dream come true in the future.  I’m looking forward to the rest of my precious life in Te Kuiti.

Thank you for reading.

 

Love, 

Sora Nishimoto

 

キアオラ(マオリ語で「こんにちは」の意味)!私は、そらです。石川県出身で、ニュージーランドではテクイティ高校に通っています。ニュージーランドに来てもうすぐ3ヶ月になります。時間が経つのが早いです。日本の先生がよく「最初の3ヶ月が一番辛いよ。」と言っていました。そのとき、私は、「私は何も困ることはないだろう。」と思っていましたが、先生が正しかったです。今、たくさん大変なことがあります。それでも、辛いことより嬉しいことの方が多いです。今回は皆さんに、嬉しいことと大変なことをお伝えします。

まずは、嬉しいことについてです。学校で体育の授業をとっていて、ある日、クリケットをしたのですが、私はバットでボールを打つことができませんでした。私は8年間テニスをしていたので、ボールを打つことは得意なはずなのですが…。とてもショックでした。でもその時、男の子も女の子も、皆が私を応援してくれました。「頑張れ、そら!ボールを打って!そら、そら!」先生までも「大丈夫。」と言ってくれました。少し恥ずかしかったですが、皆が私の名前を覚えていてくれ、私には友達がたくさんいることに気づきました。

他にもあります。私は、素敵な家族と生活をしています。ホストマザーとホストファザー、犬1匹、猫1匹、鳥8羽とたくさんの魚との暮らしです。ホストマザーもホストファザーもとても愉快で冗談が大好きです。ホストマザーはホラー映画が好きで、私も好きなので、放課後家に帰ってからよく一緒にホラー映画を見ます。そして、ホストファザーはアイスクリームが好きで、私も好きです。毎日夕食後、ホストファザーが「アイスクリームほしい?」と聞いてきて、私は「うん!」と答えます。毎日アイスクリームを食べています。ホストファザーは「太らせてしまうね。」と言います。私はホストファザーに私が太るようなことをしてほしくありませんが、私は太ると思います。次に私に会ったときに、びっくりしないでください。とにかく、ホストファミリーと一緒に生活できているだけでとても幸せです。嬉しいことはもっとありますが、いったんここで終わりにしておきます。

次に、大変なことをお伝えします。友達を作るのはとても大変でした。テクイティ高校に通い始めた最初の2週間は、とても忙しかったです。いろいろな生徒たちに一緒にお昼ご飯を食べてもいいか聞きまわっていたからです。10以上のグループと一緒にお昼ご飯を食べました。毎回楽しかったですが、次の日も同じグループに入っていいのか分からなかったので、毎日違うグループとお昼ご飯を食べることになり、淋しい思いをしました。そして、やっと13年生(日本でいうと高校3年生)の生徒たちと友達になれました。とても嬉しかったです。しかし、数日後、彼らは、13年生しか使えない「コモンルーム」という部屋に行くようになってしまいました。私は12年生に所属しているので、そのグループに加わることができなくなってしまいました。友達は私を誘ってくれましたが、校則違反をすることが怖かったのでやめました。とても悲しかったです。今は友達ができましたが、親友まではまだいないので、これからも生徒の皆に話しかけ続けようと思います。

皆さんもご存じだと思いますが、コロナウイルスの問題が深刻になってきています。ニュージーランドでもイベントが中止され、学校も閉鎖されています。学校閉鎖は4週間の予定です。外出することも許されません。これを聞いたとき、がっかりし、正直苛立ちも感じました。しかし、先生から、学校が閉鎖していてもやるべきことはたくさんあると言われました。そこで、気持ちを切り替えました。ポジティブになろうと決めました。夕飯を作ったり、英語でエッセイを書いたり、英語の本を読んだり、英単語を覚えたり、などしました。素敵なことがたくさんできました。

 お伝えしたように、今私にはたくさんの問題があります。しかし、常に解決策はあると信じています。最善を尽くせば、全ての問題はなくなるはずです。私は挑戦することをあきらめません。任せてください。また、ニュージーランドに留学するという大きな機会を私にくださった全ての方々に心から感謝しています。ここでの経験は、将来私が夢を叶えるための大きな自信につながるはずです。テクイティでの残りの貴重な生活を楽しみにしています。

 読んでくださって、ありがとうございます。

 愛を込めて

 西本そら