ニュース

News

「デジタル紙芝居」

イベント報告 2017/12/02

12月2日(土)、2年生グローバル・サイエンスコースの伝統文化の授業において、デジタル紙芝居映像回想研究所長の前田勝彦さんをお招きし、「デジタル紙芝居」の授業が行われました。
前田さんからデジタル紙芝居の特長と制作の仕方を教えていただき、『家は生活の器~「〇〇〇〇な家」』というテーマで、パワーポイントを用いて、序・破・急の3段階で構成されたデジタル紙芝居の制作を行いました。
2月3日(土)に、各自が制作したデジタル紙芝居の発表が行われる予定になっています。

*デジタル紙芝居は、映像回想法に特化したモーショングラフィックスの「フォトムービー」で、従来の紙媒体では不可能な「語る・伝える・残す」の映像表現を、「回想法を取り入れたデジタル手法とツール」で、デジタル映像化、デジタルストーリー化、動的かつ双方向的に物語りを可視化したものです。