ニュージーランドからのメッセージ

Message from NewZealand

Kiho (NZからのメッセージ)

2019/10/01

 Hello! I’m Kiho Shintani.
I’m attending Otamatea High School, with only two and half a month of living in NZ left to go. I really feel time flies. I have had a lot of experiences while I have been studying in NZ. I have had a lot of fun times, but I have had hard times as well.  I would like to share how I overcame those times when it was hard.
 I had finished my one-week life in Rotorua and I would start going to Otamatea High School in Maungaturoto, where I go to now. The first day, I wondered if I could participate in school life in NZ. I was excited, but I was worried. When I entered the classroom with my courage plucked up, it appeared that my classmates looked mature for their age, and honestly, I remember I was scared of them. However, one of my classmates talked to me in the last class on that day. She had a conversation with me gently even though I couldn’t understand English. I thought I could become a good step to a better school life.
 After it had been a month since I started school, it was hard for me to keep up with them in the class and I couldn’t understand completely, so I couldn’t know what I should do. I had asked a nearby person every time when I couldn’t understand something in the class. There was a girl that especially teaches me gently in the class. It’s easy for me to ask her if I couldn’t understand, so I positively sat next to her, and I asked her every time. However, one day, when I asked, she made a deep sigh “ha—” with a disgusted face. She always had a smile every day, so I hadn’t seen that face before, so I was really shocked about it. I’m not good at making friends, so I didn’t meet people who I could call friends, even after one month. She was my hope and I really wanted to be friends. I would not be able to ask classmates if I couldn’t understand and I stopped smiling because of that incident.
 When it term 2 starts I set a goal to befriend my classmates. For that, I started having lunch with year 12 students same age as me at first. When I ate with them, I was having fun and I couldn’t stop smiling. I learned important things from this experience. It’s “smile.” When I make a smile, I feel naturally happy, even when I am sad. Which one do you want to meet: a friend who is always happy or who never does? You want to become friends with people who smile, don’t you? A smile is awesome, isn’t it? In actuality, when I smile, people I know and even strangers say “Hi!!” with a smile. If you want, you should try it!! haha 
 Now I can have a good overseas life in NZ, thanks to my family and my teachers in Jin-ai Girls’ High School.
 Thank you for reading! I hope this essay will be helpful for someone. 
Love and Hug, Kiho  

 こんにちは!オタマテアハイスクールに通っている新谷希歩です!もう既に残り2ヶ月半となりました。本当に10ヶ月間はあっというまだな、と思っています☺私はこの留学生活を通して沢山の経験をすることができました。沢山楽しい時期もありましたが逆に辛いことも同じくらいありました。この辛い経験をどう乗り越えていったのかを、皆さんと共有したいと思います。 
 まずは、一週間のロトルアでの生活を終え、今通っているオタマテアハイスクールに通い始めた頃の話です。初日、私はどんな学校生活が待っているのだろうかと胸が高まるのと同時に、不安もありました。いざ教室に入ってみると、同学年なのに日本の高校生とは違ってすごく大人に見え、正直すごく怖かったことを覚えています。けれど、その日の最後の授業で、ある一人の女の子が話しかけてくれました。その時の私はまだ英語を上手く聞き取れなかったにも関わらず、優しく会話をしてくれました。このおかげで、学校生活のいいスタートを切れたのだと思います。
 次は学校が始まって一ヶ月くらい経ったくらいの時です。やはり一ヶ月経っても中々授業についていくのは大変で、全然聞き取れず、自分が何をしなければいけないのかも全くわかりませんでした。なので、毎時間、授業中隣の子や近くの子に尋ねていました。その中でも特にいつも優しく教えてくれる女の子がいました。その子には質問が一番しやすかったので、よく自分から隣に行ってわからないところを聞いていました。しかし、ある日突然、私がいつものように聞いた時、すごく嫌そうな顔をして「はあー」とため息をつかれました。彼女はいつも笑顔で、彼女の嫌そうな顔を見たことがなかったので、すごくショックを受けました。私は友達を作るのが苦手だったので一ヶ月の期間だけで私の中で友達という友達がまだ見つからない中、その子は私の心の支えで、本当に友達になりたいと思っていました。この事がきっかけでクラスメイトに尋ねることも、笑顔でいることさえも上手く出来なくなりました。
 ターム2が始まる時、私は改めて同級生の子と仲良くするという目標を立てました。そして、まず12年生の子とランチを食べることを始めました。一緒に食べてみると、自分が思っていたよりも楽しく笑顔が耐えませんでした。私は、この経験から大切なことを学びました。それは、笑顔です。笑顔でいると自然と楽しいと思えて、悲しいことも忘れられます。あなたなら、いつもニコニコ笑っている子か笑わないで真顔でいる子、どちらと友達になりますか?ニコニコ笑っている子のほうが一緒にいて楽しそうだなって思いますよね?笑顔ってすごいと思います。実際、私が笑顔でいられるようになると、少し関わりを持っただけの子や知らない子でも「ハイ!」と言ってくれるようになりました。皆さんもぜひ試してみてください!! 
 楽しいニュージーランド留学生活が送れているのは、支えて下さる家族、先生方のおかげです。本当にありがとうございます。残りの留学生活も悔いのないよう一生懸命頑張ります!! 
読んで下さりありがとうございました!このエッセイが少しでも役に立てたら嬉しいです。 

愛を込めて、きほ 

 

 

 

Miyu (NZからのメッセージ)

2019/10/01

 Tena koe! How are you? I’m Miyu. I go to Taumarunui High School now. About seven months have already passed since I came here. The time passing is so fast. There have been a lot of happy things but tough problems in New Zealand. But I faced the problems, so I’ve been able to learn from them and from Kiwi students during these five months. Today I’ll introduce some of them.
 First, I’ll tell you about my host family. I live with my host mum, my host dad, and my host younger sister. Sometimes my host older sister who lives with my host grandparents comes to our house. My host mum is super kind and takes care of me so well. My host dad looks scary but he has the kindest heart in the world. When I cried, they listened to my stories seriously. My younger sister is funny and she tries to talk to me. I appreciate her because it’s really helpful for me to improve my English. They love food, so they tell me a lot about food and how to cook meat. Their food is beautiful. It’s like heaven. They also love rugby, so they tell the rules. It’s actually helpful because I started to play rugby, so I practice rugby with my host dad. I think my host family is the best host family in the world, ever!
   Second, I want to tell you about my school life. My school is very different from other schools. For example, the subjects, the way to take class, and classrooms. I take Math, ESOL, Science, Outdoor education, Hairdressing (Hospitality) and Vocalize. These subjects are so fun because we don’t have such academic subjects in our Japanese high school. In addition, our high school has a week-long internship. Many of students go to a shop or office to learn about a job. We can learn about jobs from experience, not only from textbook.
     Third, I’ll introduce my mates. Jessica is one of my best friends. She is from Germany. She is quite a nice and beautiful person. She is always thinking positively. One day, when I was being negative about friendship, she advised me in a positive way. She made me happy and I learned heaps of things from her. I’m glad to meet her and I think I am such a lucky person. I love her so much to be honest, but she left New Zealand the other day. I’ve felt how big her existence was for me. She wanted to stay here longer and she said “Enjoy the rest of your life in NZ.” Therefore, I’m going to try my best to enjoy the rest of my life. In addition, Matthew, Hana, James and other mates are here for me. I appreciate them.
       Studying abroad is tougher than I expected. The first three or five months were a really hard time for me. Even now, I have tough times, but my family and my friends support me. So I will enjoy the rest of the life in NZ as much as possible. Enjoy your life too!!! Thank you for reading this. Whakawhetai.

Miyu

 こんにちは!お元気ですか?私はみゆです。私は今タウマルヌイ高校に通っています。私がここに来てから約7ヶ月が過ぎました。時間の経過はとても早いです。ニュージーランドでは、幸せなこともたくさんありましたが、たくさん悩みもしました。しかし私は多くの悩みと向き合ったことで、そこから学びました。また、この5ヶ月の間にKiwiの学生からも多くのことを学びました、今回はその中のいくつかのお話を紹介します。
 まず、ホストファミリーについてです。私はホストマザー、ホストファーザー、そしてホストシスターと一緒に暮らしています。私のもうひとりのホストシスターは祖父母と同居していて、たまに私たちの家に来ることがあります。私のホストマザーは親切なので、とてもよく私の面倒を見てくれます。私のホストファーザーは、見た目は怖いですが、世界で最も優しい心を持っています。私が泣いたとき、彼らは私の話を真剣に聞いてくれました。私のシスターは面白い子で、よく話しかけてくれます。私の英語を上達させるのに本当に役立つので、彼女に感謝しています。彼らは食べ物が大好きなので、たくさんの食べ物と肉の調理方法を教えてくれます。彼らが作る食事は素晴らしいです。見た目も味も。それは天国のようです。また、ラグビーが大好きで、ルールを教えてくれたので、私がラグビーを実際に始めた時とても役に立ちました。今では私はファザーと一緒にラグビーの練習をします。私のホストファミリーは史上最高、世界一のホストファミリーだと思います。    
 次に、私の学校生活について話します。私の学校は他の学校とはかなり異なります。例えば、教科、授業の進め方、教室などです。私は数学、ESOL、科学、野外教育、理髪(ホスピタリティ)、そして声楽をとっています。私たちの日本の高校にはそのような科目がないので、とても楽しいです。また、私たちの高校では週に1回インターンシップがあります。学生の多くは仕事を学ぶために店や事務所に行きます教科書からだけでなく、経験を通して仕事について学ぶことができます。
 最後に、私の仲間を紹介します。ジェシカは私の親友の一人です。彼女はドイツ出身で、とても素敵で美しい人です。彼女はいつも前向きな考え方をしています。ある日、私が友達関係についてネガティブになったとき、ポジティブなアドバイスをくれました。彼女のおかげで幸せを感じれ、また彼女からたくさんのことを学びました。彼女に会えてとてもラッキーだと思います。私は彼女が大好きですが、実は先日ドイツに帰国してしまいました。そのあと、彼女の存在が自分にとってどれほど大きかったかを感じました。彼女はもっと長くここにいたいと言っていたので、私は私の人生の残りの時間を彼女の分まで楽しむために全力を尽くすつもりです。そして今は、マシュー、ハナ、ジェームズなどが私を支えてくれています。
 留学は思った以上に大変でした。特に最初の3カ月~5カ月までは私にとって試練でした。今でも時々苦労しますが、私の家族や友人が私を支えてくれているので、できる限り残りの留学生活を楽しみたいです。あなたも人生を楽しんでください!読んでくれてありがとうございました。ファカウタイ

山内雅愉

 

 

Kureha (NZからのメッセージ)

2019/10/01

  Hello!! I’m Kureha. Through studying abroad, I could experience and learn about heaps of things. I’ve had as many difficult times as fun times, but recently I’ve been enjoying life in New Zealand very much! I would like to tell you about my life here and what I have learned.
   My host family is warm and brings me a number of new experiences. It is actually quite rare when we have nothing to do on weekends, haha.
   I go to Pompallier Catholic College. My friends are so kind and I can always be really happy. I often hang out with them during weekends. In my school, there are various events and all of them made me so excited.
   The other day, I made a presentation about the dropping of nuclear weapons on Hiroshima and Nagasaki, in front of the whole school. It was a big challenge for me, so I was quite nervous. However, after the presentation, not only my friends but also the principal and unknown students told me that it was so good. Surprisingly, one of the teachers clasped both my hands and said, “It’s a great achievement. I was impressed because this is the first time that Japanese students have stood up and given a presentation in this way. We’ll continue to do it.” I was really happy and the day gave me the fullest sense of achievement. I’m so glad to have taken action by myself and my goal came to fruition. Also, I’m going to join the International festival next month, so I’m really excited. Not only did I learn things about New Zealand, but also I was able to notice new aspects of Japan.
   In addition, I’m doing lots of volunteering. At school, I’m a member of a volunteer group. I went to a hospital and gave Easter eggs to children. Also, I helped to sell cookies, brownies and sausage sizzles for fundraising at lunchtime. I donated the money that I raised to the Cancer Society and did some activities there. I could have a good time. I asked my dean and started volunteer work at the Hospice Shop since the last holidays. The workers are quite nice and I can communicate with a wide age group of people, so I’m really enjoying it.
   At first, I couldn’t challenge myself because I was afraid of failure and I gradually lost confidence. However, I supposed that if I continued like that, I can’t change anything and there would be no reason that I came to New Zealand. That’s why I communicated with lots of people. I talked about my anxiety to trusting people and I realized that I was always looking for the reasons why I couldn’t do something. I didn’t figure out how I could do better until later on. It actually changed my way of thinking and attitude. I could be positive thinking and active.
   8 months have already passed. I reckon the time was precious for me to face myself seriously. I have only 2 months left, but I still have a lot of things that I would like to achieve, so I’ll keep doing my best until the end. Finally, I really appreciate those who support me from Japan and here in New Zealand.
Thank you for reading!!
Best regards,

Kureha Miyamoto

  こんにちは!!くれはです。この留学を通じて、私はいろいろなことを体験し、沢山のことを学ぶことができました。楽しい時間と同じくらい多くの困難がありましたが、今ではニュージーランドでの生活をとても楽しんでいます。 ここでの生活と私が学んだことについてお話ししたいと思います。
 私のホストファミリーは温かい人達で、たくさんの新しい経験をさせてくれます。週末に予定がないことは非常に珍しいです(笑)
また、私はポンパリエカトリックカレッジに通っています。友達は皆優しく、一緒にいて本当に楽しいです。週末にもよく遊んでいます。私の学校では、様々なイベントがあり、どれもがワクワクできるものばかりです。
 先日には、私は広島と長崎への核兵器投下について、全校生徒、先生の前で発表を行いました。それは私にとって大きな挑戦だったので、とても緊張しました。しかし、プレゼンテーションの後、私の友達だけでなく、校長先生、他のYearの生徒たちからも、とても良かったと言われました。驚いたことに、先生の一人が私の手を握って、「素晴らしい成果です。日本人留学生が自らの力でこのような形で発表してくれたのは初めてだったので感動しました。これからもこのイベントを続けていきます。」と、仰って下さいました。その日は、本当に幸せを感じられる、最も達成感で溢れた日となりました。自ら行動して目標を実行できたことが、とても嬉しかったです。また、来月は国際フェスティバルに参加する予定なので楽しみです。この留学のおかげで、ニュージーランドのことだけでなく、外から日本を見て、新たな日本の特色に気づくことができました。
 また、私はたくさんのボランティア活動をしています。学校では、ボランティアグループのメンバーもあります。この間は、病院へ行き子供たちにイースターエッグを手渡しました。また、昼休みに募金のためにクッキー、ブラウニー、ソーセージロールの販売を手伝ったこともあります。募金として集めたお金はがん協会へ寄付し、そこでいくつかのアクティビティに参加しました。充実した時間を過ごすことができました。Deanの先生に相談し、ホスピスショップでのボランティア活動もTerm2後のホリデーから始めました。働いている方がとても親切で、幅広い年齢層の方々とコミュニケーションをとることができ、本当に楽しいです。 
 初めは、失敗を恐れ何も挑戦できず、次第に自信も失っていきました。しかし、そのような事が続けば、何も変えることができず、ニュージーランドに来た意味がないと思ったので、私は多くの人とコミュニケーションを取りました。信頼している人に自分の不安について話す中で、私はいつもできない理由だけを探し、どうすればもっと上手くやれるかをそれまで考えていなかったことに気づきました。この気づきが私の姿勢と考え方を変えた結果、私はポジティブな考え方と積極性を得ることができました。
 既に8か月が過ぎました。自分自身に真剣に向き合えた貴重な時間だったと思います。残り2ヶ月となりましたが、私はまだ達成したいことがたくさんあるので、最後まで最善を尽くします。最後に、日本とニュージーランドで私をサポートして下さっている方々に心から感謝しています。
 読んで下さりありがとうございました。
 敬意をこめて

宮本くれは

Erina(NZからのメッセージ)

2019/09/18

Hi! I’m Erina from NZ. I’m going to Bream Bay College as year 11. Almost 7 months have passed since I arrived in NZ and we are halfway through term 3. I can’t believe that I have spent 7 months here already! In this essay, I want to talk about the greatest moment which I had in term 2.
On May 7th, we had a big event called Show Quest. It is a dance competition and we compete at the quality of dance with other schools. For the competition, year 13 students choreograph the dance. Any student who wants to dance in Show Quest can join in. I like dancing, and I thought this was a great experience to get to know Kiwis, so I decided to join. At the first practice, I was nervous because I hadn’t joined in such a big dance event before, but year 13 students taught us gently and the students were kind, so I could relax and enjoy the first day. We had practice on Monday after school and on Sunday for about 2-3 hours. As we practiced our dance, the choreography changed a lot and became a better performance. One time we had to relearn one whole dance, but we practiced hard to win the competition.
The Show Quest was held in Whangarei, which is about 30 minutes away from our school. We had time before the show started, so we went to town, watched other school’s rehearsal, and practiced our dance. The funny thing was when all school students who performed in the show gathered to have a meeting in the hall, a famous song was playing. Then, most of the students in the hall started singing along. I knew that song also, so I sang the song with my friend. I felt the sense of the unity even though there were students from different schools. It was a funny and touching moment. At dress rehearsal, we ran through the whole dance 3 times. Sadly, it was not the best practice, and we had some collisions in the dance. I almost fell upon one girl’s head! So, I was worried about the show, but because of these faults, we worked hard to find the solution for them. We continued practicing after the rehearsal. At 7:00 pm, the show started. Our dance was the last performance. We were so nervous before the show, but on the stage, we brought our hearts together and we tried our best as a team. It was many times better than the rehearsal’s dance. And finally, we got 1st prize! We got 8 other prizes, too! I couldn’t believe it. We shared jubilation as a team. It was a fabulous moment. Our dance is on YouTube, so why don’t you watch our amazing dance? I’m sure you will be impressed.
There are so many things that I want to tell you, but it’s too much to write here, so that’s all for this time. Through these 7 months, I have had many hard times, but also had so many fun times and experiences that I can’t experience in Japan. I’m so sad and I can’t believe that we have only got 3 months left to spend time with the wonderful family and friends here. I wish I could stay longer… But, with appreciation, I want to keep challenging myself by trying many things to make my study abroad a more wonderful experience. I want to make the best memories with my amazing family and friends.

Thank you for reading!

Love,

Erina

 こんにちは! NZに留学中の村北絵梨菜です。私はブリームベイカレッジに11年生として通っています。知らないうちに早7ヶ月がたち、3学期の半分も過ぎてしまいました。こんなに7ヶ月が一瞬で過ぎたように感じたのは初めてです(笑)。今日は、2学期にあった心に残る出来事について皆さんにお話ししたいと思います。   
 5月7日、ショークエストという大きなイベントがありました。ショークエストとはダンスの大会で、学校ごとにダンスを競い合います。ダンスは基本的に13年生の生徒が考えます。ショークエストに参加したい人は誰でも練習に参加でき、出場できます。キウイの人達と、好きなダンスを通して仲を深められる良い機会だと思い参加することにしました。こんな大きなダンスのイベントに参加したことが無かったので、初めての練習は緊張しました。しかし、13年生の人達が優しく教えてくれ、どの生徒たちも優しく接してくれたので、初日を楽しむことができました。練習は毎週月曜日の放課後と日曜日に約2〜3時間ほどありました。練習を進めるにつれダンスがたくさん変わりましたが、そのおかげでより素晴らしいものになっていきました。1つのダンスまるまる覚え直しになったこともありましたが、勝つために皆と一緒に練習に励みました。
 
ショークエストはファンガレイという、学校から30分ほどのところで開かれました。本番まで時間があったので、私たちは町にいって食べ物を買ったり、他の学校のリハーサルをみたり、ダンスの練習をしたりしました。面白かったのは、出場者全員でルール説明などの話で会場に集まったとき、会場に有名な曲が流れていました。するとみんながその歌を大声で歌いだしたのです(笑)私も友達と一緒に歌って楽しみました。学校の違いをこえて会場全体の一体感を感じられる面白くも感動的な瞬間でした。リハーサルでは、3回ダンスを通しました。しかし様々なところで衝突が起こったりしてしまい、あまり良いリハーサルとは言えませんでした。私も13年生の体に躓きかけ頭の上に倒れそうになってしまいました!それもあって、本番が凄く心配でした。でもこれらの失敗のおかげで本番への解決策を見つけることが出来ました。その後もみんなでたくさん練習しました。
 
そして午後7時、本番が始まりました。私達の順番は最後でした。発表までみんなで凄く緊張していましたが、ステージの上ではチームで心を一つにし、ベストを尽くしました。生徒1人1人の思いがたくさんこもった、練習の何倍も良いダンスだったと思います。そして、なんと私達は優勝しました! また、私達は8個もの賞もいただきました。みんなで喜びを分かち合った最高の瞬間でした。私達のダンスはYouTubeで見れるのでぜひ見てみてください! きっと感動します。
 
他にもまだまだ伝えたいことが山ほどありますが、残念ながらここには書ききれないので今回はここまでにします。この7カ月を通して、もちろんつらいことも何度もありましたが、それを超える、日本では経験できないたくさんの楽しい思い出、素晴らしい経験ができました。ニュージーランドでこの素敵な家族と友達と過ごせるのがもう3カ月と限られていると思うと、ものすごく寂しいし信じたくないです。もっと一緒に過ごしたいと思ったり…でも残された3カ月も、常に感謝の気持ちを忘れず、今しかできないたくさんのことに挑戦し続けさらに充実した留学生活を送りたいです。そしてキウイの家族と友達とたくさんのかけがえのない思い出を作りたいです。最後まで読んでいただきありがとうございました

 愛をこめて、

村北絵梨菜

 

 

Haruna(NZからのメッセージ)

2019/09/18

Kia ora! I’m Haruna. I am happy to be able to have Kiwi experiences in New Zealand that I could never have in Japan. For example, Kapahaka, netball, snorkeling, tramping in a mountain, staying in snow, and canoeing. Also, I am enjoying English conversation little by little.
I have been blessed with wonderful kiwi friends in NZ and enjoying time with them every day. My friends here are unique and always make me smile. Today, I want to share how unique they are!
Sometimes, people speak to me in Chinese, assuming that all international students are Chinese. Then, I want to tell them that all Asians are not Chinese, saying “Don’t judge people by their appearances.” However, I did that to others too. There was a girl who always glared at me so I felt scared of her and I never talked to her. But when I lost my way at school, everyone passed me by except her. She helped me. She wasn’t glaring at me after all. She was just worried about me. Also, when a teacher explained something, that girl asked me, “Have you understood that?” and then explained it to me many times. She also coached me how to row the canoe on the Sports Leadership class trip so that I could go in the right direction. I have learned not to be so quick to judge. From then on, I have realized she is a nice girl and we are good friends now. She cares about me even now, and talks to me a lot and invites me to many activities.
One day, my friend said to me, “Your smile is shining like a sun for me and your smile makes me happy every morning.” She hugs me and does a throwing kiss when we find each other. I get energy from my friends, too!!! I didn’t speak English well when I got here, but because of my loyal friends, I am gaining confidence with the language. I don’t want them to worry about me, so I keep in mind to make a smile enough to give them the energy to go on. I’m glad I started making this effort in Japan. I am helped by them many times. The other day, a boy in my class asked me why I don’t speak English well. At that time, my friends stood up for me and answered him “So what? Can you speak Japanese?” Thanks to them, I am getting to talk to him little by little, and the relationship with him is alright now. I understand through these things how important friendship is for my learning and my experience here.
 I am so happy to meet so many good kiwis at this school. They give many kinds of experiences and opportunities, and they give the courage to take a step forward. I love how they support me when I have troubles and when I get worried. I am here only a few more months, and I am already feeling sad about having to leave them. So I am enjoying school life with them even more, knowing I will soon be leaving.

                                                                                                                                              Haruna

 こんにちは、はるなです。今ニュージーランドでここでしかできないことがたくさんできて幸せです。たとえば、カパハカ(原住民マオリ族の伝統舞踊)、ネットボール、シュノーケリング、山登り、雪山での滞在、そしてカヌー体験などです。また、少しずつ英語での会話も楽しめるようになってきています。 
 私は、NZで友達に恵まれたおかげで毎日楽しく過ごせています。ここで一緒に過ごしている友達は個性豊かでいつも私を笑顔にしてくれます。今日はそんな友達についてシェアしたいと思います。
 ここでは時々、わたしを中国人だと思って中国語で話しかけてくる人がいます。その時、留学生は中国人だけじゃない!!!と言いたくなります。見た目で判断するなと。でもそれは、私も同じでした。いつも私を睨んでいるように見てくるある女の子がいたのですが、私は怖いと思ってまったく話しかけませんでした。けれど私が学校内で迷っていたとき、他の人たちは通り過ぎていったにもかかわらず、彼女だけが助けてくれたのです。睨んでいたわけではなく、私を気にかけて見ていてくれたのです。今思えば、何か先生が説明した時に、わかった?と言って何回も私のために説明してくれていました。また、彼女がスポーツリーダーシップのクラスのトリップでカヌーの漕ぎ方を教えてくれたおかげで、正しい道へ進むことができました。物事を急いで判断すべきではないことを学びました。それから、彼女がすごくいい子だと気づけ、とてもなかよくなりました。今でも私を気にかけ話しかけてくれたり、たくさんのアクティビティに誘ってくれたりします。
 またある日、他の友達が「陽奈の笑顔は太陽みたいにまぶしくてこっちまで明るくなれるよ。」と言ってくれました。彼女とは、お互いを見つければ投げキッスをしたり、ハグしたりします。私もその子からたくさんエネルギーをもらっているのに!!ここに来た時、上手く英語が話せなかったのですが、そんな素敵な友達のおかげで自信が持てました。彼女達を心配させないように、みんなに元気を分けられるくらい笑顔でいようと心がけています。この努力を日本初めておいてよかったと思いました。友達にはまだまだ他にもたくさんの場面で助けてもらっています。先日、同じクラスをとっている男子が「なんで英語話せないの?」と言ってきた時、彼女たちが、「話せないから何?あなたは日本語話せるの?」と言って守ってくれました。その子達のおかげでその男子とも少しずつ話せるようになってきて、今は大丈夫になりました。このことを通して、何かを学んだり、経験していくうえで、友達の存在がいかに大切か改めてよくわかりました。
 私はこの学校でいい友達と出逢えてよかったです。彼女たちは私にいろんな経験、チャンスをくれます。そして、私の一歩踏み出す勇気をくれます。困ったとき、悩んだ時、いつも助けてくれた彼女たちが大好きです。私はあと数ヶ月しかここにいられないので、すでに悲しくなってきました。だから今まで以上に彼女たちと学校生活を楽しんでいきたいと思います。

岡崎陽奈