ニュージーランドからのメッセージ

Message from NewZealand

Sora Nishimoto(NZからのメッセージ)

2020/04/02

Kia ora! ( “Hello” in Maori. )  My name is Sora.  I’m from Ishikawa and my school in New Zealand is Te Kuiti High School.  Three months have passed since I came to New Zealand.  How fast time flies!!  My teacher in Japan often said, “The first three months will be the hardest time for you after you arrive.”  I thought I wouldn’t be troubled by anything at that time, but my teacher was right.  Now I have a lot of troubles in my life.  However I have happy memories more than hard memories.  Well, today I will share my happy and hard memories with you.

   First I’d like to tell you some of my happy memories!  I have P.E. at school and we played cricket one day, but I couldn’t hit the ball with the bat.  I had played tennis for eight years so I should be good at hitting a ball but I couldn’t.  That was so shocking… But then, all boys and girls cheered for me, “Go, Sora!  Just hit the ball.  Sora, Sora!!”  Even my teacher said, “It’s alright.”  I was a little embarrassed but I realised that everyone remembered my name and I had a lot of friends!!  I was very happy. 

I have more to tell you.  I live with an awesome family; my host mother, my host father, one dog, one cat, eight birds and lots of fish.  My host parents are so funny and love jokes.  My host mother likes scary movies and I like them too, so we often watch them together after school.  Also, my host father loves ice cream and I also love it, so every day after tea, he says “Do you want some ice cream??”  And I say “Yes, please!!”  I eat ice cream every day.  He says “I’ll make you fat!”  I don’t want him to make me fat but I will be fat.  So don’t be surprised when you see me next time.  But anyway, I feel happy to just live with them.  I can still tell you my happy memories but I will stop for a while. 

Second I will tell you about my hard memories.  It was really hard for me to make friends.  I was very busy the first two weeks after I started to go to Te Kuiti High School. I asked a lot of students if I could have lunch with them.  And I ate lunch with more than ten groups.  I had a good time each time, but I didn’t know if I could join the same group the next time too.  So I ate lunch with different groups every day and I was very lonely. Finally, I made friends with year 13 students!  I was so happy!!  However, a few days later, they started to go to a room called “the common room”, which is only for year 13 students.  Since I am in year 12, I couldn’t join them.  My friends welcomed me but I was scared because that was against the rules.  Then I was very sad.  Now I have friends but I haven’t found any best friends so I still keep trying to talk with the students! 

I guess you already know that the problem of Corona virus is becoming serious.   In New Zealand, some events have been cancelled and all schools have been closed.  The school closure will last at least a month. We are not allowed to even go outside.  I was disappointed and honestly I was frustrated when I heard that.  But my teacher has told me that I have a lot of things to do even if schools are closed.  I changed my mind.  I have decided to be more positive!  So I made tea, wrote some essays in English, read an English book, studied English words and such.  I did a lot of wonderful jobs!!

As I told you, I have a lot of difficult problems now.  However, I believe that there are always ways to solve these problems.  If I do my best, all my troubles will be gone!  I will never give up trying.  I’ve got this!!  Also I am really thankful to all people for giving me such a big opportunity to study in New Zealand. These experiences will give me huge confidence to make my dream come true in the future.  I’m looking forward to the rest of my precious life in Te Kuiti.

Thank you for reading.

 

Love, 

Sora Nishimoto

 

キアオラ(マオリ語で「こんにちは」の意味)!私は、そらです。石川県出身で、ニュージーランドではテクイティ高校に通っています。ニュージーランドに来てもうすぐ3ヶ月になります。時間が経つのが早いです。日本の先生がよく「最初の3ヶ月が一番辛いよ。」と言っていました。そのとき、私は、「私は何も困ることはないだろう。」と思っていましたが、先生が正しかったです。今、たくさん大変なことがあります。それでも、辛いことより嬉しいことの方が多いです。今回は皆さんに、嬉しいことと大変なことをお伝えします。

まずは、嬉しいことについてです。学校で体育の授業をとっていて、ある日、クリケットをしたのですが、私はバットでボールを打つことができませんでした。私は8年間テニスをしていたので、ボールを打つことは得意なはずなのですが…。とてもショックでした。でもその時、男の子も女の子も、皆が私を応援してくれました。「頑張れ、そら!ボールを打って!そら、そら!」先生までも「大丈夫。」と言ってくれました。少し恥ずかしかったですが、皆が私の名前を覚えていてくれ、私には友達がたくさんいることに気づきました。

他にもあります。私は、素敵な家族と生活をしています。ホストマザーとホストファザー、犬1匹、猫1匹、鳥8羽とたくさんの魚との暮らしです。ホストマザーもホストファザーもとても愉快で冗談が大好きです。ホストマザーはホラー映画が好きで、私も好きなので、放課後家に帰ってからよく一緒にホラー映画を見ます。そして、ホストファザーはアイスクリームが好きで、私も好きです。毎日夕食後、ホストファザーが「アイスクリームほしい?」と聞いてきて、私は「うん!」と答えます。毎日アイスクリームを食べています。ホストファザーは「太らせてしまうね。」と言います。私はホストファザーに私が太るようなことをしてほしくありませんが、私は太ると思います。次に私に会ったときに、びっくりしないでください。とにかく、ホストファミリーと一緒に生活できているだけでとても幸せです。嬉しいことはもっとありますが、いったんここで終わりにしておきます。

次に、大変なことをお伝えします。友達を作るのはとても大変でした。テクイティ高校に通い始めた最初の2週間は、とても忙しかったです。いろいろな生徒たちに一緒にお昼ご飯を食べてもいいか聞きまわっていたからです。10以上のグループと一緒にお昼ご飯を食べました。毎回楽しかったですが、次の日も同じグループに入っていいのか分からなかったので、毎日違うグループとお昼ご飯を食べることになり、淋しい思いをしました。そして、やっと13年生(日本でいうと高校3年生)の生徒たちと友達になれました。とても嬉しかったです。しかし、数日後、彼らは、13年生しか使えない「コモンルーム」という部屋に行くようになってしまいました。私は12年生に所属しているので、そのグループに加わることができなくなってしまいました。友達は私を誘ってくれましたが、校則違反をすることが怖かったのでやめました。とても悲しかったです。今は友達ができましたが、親友まではまだいないので、これからも生徒の皆に話しかけ続けようと思います。

皆さんもご存じだと思いますが、コロナウイルスの問題が深刻になってきています。ニュージーランドでもイベントが中止され、学校も閉鎖されています。学校閉鎖は4週間の予定です。外出することも許されません。これを聞いたとき、がっかりし、正直苛立ちも感じました。しかし、先生から、学校が閉鎖していてもやるべきことはたくさんあると言われました。そこで、気持ちを切り替えました。ポジティブになろうと決めました。夕飯を作ったり、英語でエッセイを書いたり、英語の本を読んだり、英単語を覚えたり、などしました。素敵なことがたくさんできました。

 お伝えしたように、今私にはたくさんの問題があります。しかし、常に解決策はあると信じています。最善を尽くせば、全ての問題はなくなるはずです。私は挑戦することをあきらめません。任せてください。また、ニュージーランドに留学するという大きな機会を私にくださった全ての方々に心から感謝しています。ここでの経験は、将来私が夢を叶えるための大きな自信につながるはずです。テクイティでの残りの貴重な生活を楽しみにしています。

 読んでくださって、ありがとうございます。

 愛を込めて

 西本そら

 

Riko Kinoshita(NZからのメッセージ)

2020/03/02

Hi, everyone! I’m Riko. A month and a half have passed since I came here. I’m living in Te Kuiti, which is a nice and small town. I sometimes see two girls who came to our class at Jin-ai as exchange students for a month last May though they have already graduated from high school. I also met a girl who studied in my older sister’s class at Jin-ai two years ago! Anyway, I’d like to share my daily life here with you.

Firstly, let me tell you about my wonderful host family. I have a father, who works at Te Kuiti High School, which I attend, a mother, who is also a teacher at primary school and a brother, who attends TKHS as Year 11. They have one big dog and one cat. I hated animals in Japan but I have come to be able to touch them here! I sometimes ride in the car with the dog!! If my family and friends in Japan know this, they will be surprised. Now, I don’t hate animals. I just don’t like them (haha). At home, I cook dinner once a week and wash dishes or dry them on other days. I enjoy talking with my host family and I’m so glad to live with them.

Next, I’m going to write about my school. I walk to school with an exchange student from the Netherlands because my host father has to go early. However, when I go in his car, I join the breakfast club. In this club, students can have breakfast for free. It’s an interesting club, isn’t it? I take six subjects as Year 12 and one of them is music. In this class, I practice the piano and I have just started playing the trombone. I had never played a brass instrument before, so it’s difficult but fun to play. School sports clubs will start soon and I’m joining the basketball club and the netball club. By the way, there was mufti day at school the other day. Every house sang the school song, did a chant and haka. I saw haka with my own eyes for the first time and I was very impressed. It was a cool day for me.

There is a lot of fun in my life here as I wrote above, but actually I still haven’t got used to a new environment and I’m facing lots of problems every day. I’m worried about making friends, I am disappointed with my English ability and I feel homesick. I sometimes think I want to give up and stop trying but I have never done this. I always try to think positively such as “if I overcome this difficulty, this will help me in the future” and “if I try hard now, I’ll absolutely enjoy and improve myself later.” Before I came here, my friends, my teachers and especially my family gave me a lot of encouragement. Their encouragement make me think I have to do my best not only for me but also for them. I’m sure I’ll face more difficulties but I’ll try everything without being afraid of making mistakes. To be honest, writing this essay was harder than I had expected but I believe this will also be helpful to me someday. When I write an essay next time, I hope I’ll be able to tell you that I’ll be really enjoying my life here. Thank you for reading.

Love,

Riko Kinoshita

 みなさん、こんにちは。莉子です。ここに来てから、1ヶ月半が過ぎました。私は、テクイティという素敵な小さな町に住んでいます。去年の5月に仁愛の私のクラスに短期で留学に来ていた2名の生徒に時々会います。彼女たちはもう高校を卒業してしまっています。また、2年前に私の姉(姉も仁愛高校の生徒でした。)のクラスに来ていた生徒にも会いました。それはともかく、私の日々の生活を皆さんにお伝えします。

 まずは、私の素晴らしいホストファミリーについてです。私が通うテクイティハイスクールで働いているホストファザーと、小学校で先生をしているホストマザー、同じ学校で11年生のホストブラザーと暮らしています。大きな犬が1匹と猫も飼っています。日本にいたときは動物が嫌いでしたが、今は触ることができます。時々犬と車に乗ることもあります。日本の家族や友達がこのことを知ったら、びっくりするでしょう!今はもう動物は嫌いではありません。あまり好きではないだけです(笑)!家では、週に1度夕飯を作り、他の日は皿を洗ったり拭いたりします。ホストファミリーと話をするのは楽しく、一緒に住めることを嬉しく思っています。

 次は、私の学校についてです。ホストファザーは朝早く出かけないと行けないので、私はオランダからの留学生と一緒に歩いて学校にいきます。ホストファザーの車で学校に行く日は、朝食クラブに参加します。このクラブでは、生徒たちはただで朝食が食べられます。面白いクラブだと思いませんか。私は12年生に所属し、6教科の授業をとっています。その1つが音楽です。この授業では、ピアノを練習し、最近トロンボーンを始めました。今までに吹奏楽の楽器を演奏したことがないので、難しいですが楽しいです。学校の運動部ももうすぐ始まり、私はバスケット部とネットボール部に入る予定です。ところで、先日マフティーデー(私服で登校する日)がありました。全てのハウス(学校の縦割り班)が校歌を歌いハカを行いました。私はハカを初めて自分の目でみたので、とても感動しました。私にとって、とても楽しい日になりました。

 これまで書いてきたように、私の生活には楽しいことがたくさんあります。しかし、実際は、新しい環境にまだ慣れておらず、毎日つらいことがたくさんあります。友達作りが大変ですし、自分の英語力のなさに落ち込むこともありホームシックにもなります。あきらめて頑張るのをやめたいと思うこともありますが、まだあきらめたことはありません。「この困難を克服できたら、将来の役に立つだろう。」とか「今頑張れば、絶対に後で生活を楽しめるだろうし、成長もできる!」などと、いつも前向きに考えるようにしています。ここに来る前、友達や先生、そして特に家族が、たくさん応援してくれました。この応援があるからこそ、自分のためにだけでなく、皆のためにも、努力しなければいけないと思えます。これからも大変なことはもっとあるでしょうが、失敗を恐れず何にでも挑戦していこうと思います。正直、このエッセイを書くのは、想像していた以上に難しかったです。しかし、これを書いたことが、自分の成長の糧になると信じています。次にエッセイを書くときには、ここでの生活を心から楽しんでいるとお伝えできるようにしたいです。
読んでくださってありがとうございます。

愛を込めて

木下莉子

Maaya (NZからのメッセージ)

2019/11/06

 Which is the perfect school life for you? A glamorous one in Japan or slow living in New Zealand? Hi guys! I’m Maaya Hashimoto and I’m in the 9th month now as a 12th Year “JK”, which means “high school girl” in Japanese. Are you wondering, “I want to study overseas, but I feel worried because I don’t really know about life in foreign countries”? Well, let me tell you three differences between Japanese JK and Kiwi JK from my experiences.
 Firstly, the first thing that comes to mind about high school life, would be the school uniform. As you know, we have two types of uniform in Japan: a sailor-style and a blazer style. Most of you wear a sailor-style uniform in your junior high school, don’t you? In contrast, in NZ, a blazer-style is the mainstream style. This style is much lighter than the Japanese one, and easier to put on and take off! You can choose a school blazer or a jacket in my high school, Hastings Girls High School (HGHS).
 Secondly, a must-have for school is a school bag! I used to use my school bag and backpack in Japan. On the other hand, all students in HGHS have only backpacks. When I heard this, I only half believed it, but actually one backpack is enough to go to school with in NZ! We have so many kinds of practical classes such as art or P.E. that we don’t need to bring a lot of textbooks or notebooks. That’s pretty chill, right? However, you have to move to the next class with your bag because you don’t have your own classroom. That’s a little bit annoying.
 Now, lastly, is lunchtime which is our favorite time at school! Basically, in Japan, everyone brings obento which is made by their mum, but students in NZ make their own lunch! My friends often bring sandwiches for lunch! …What? You forgot your lunch? All good! You can get something from the bakery in Jin-ai, and here at HGHS, there’s a cafeteria. Moreover, there’s a difference in how the students spend their lunchtime. They have 40 minutes in Jin-ai and enjoy chatting with friends after eating. In HGHS, they have to sit down and eat for the first 30 minutes and the latter half is free time. Many of them play sports such as netball and volleyball.
 So, with all that information, which one is your favorite? I would be happy if you found this interesting. For me, who wanted to enjoy both sides of the life in Japan and NZ, Eiryu course was perfect. Lots of exciting things is also waiting for you in NZ!
 Thank you for reading.
Maaya Hashimoto

 皆さんにピッタリなのは華やかな日本の高校生活?それともスローライフなニュージーランド?こんにちは!ニュージーランド生活9ヶ月目、12年生の橋本真碧です。留学をしてみたいけれど、海外の高校生活がどんなものかわからなくて不安!今回は、そんなあなたに日本とニュージーランドの両方で高校生活を送った私が「日本のJK VS ニュージーランドのJK」を紹介します!
 まず高校生活で思い浮かぶのは、毎日着る制服ですよね!皆さんも知っている通り、日本には2種類の制服があります。セーラー服とブレザーです。中学校ではほとんどの人がセーラー服を着ていたのではないでしょうか。対してニュージーランドではブレザータイプが主流になっています。日本の制服と違うところは、軽くて脱ぎ着がしやすいところです!私が通っているHastings Girls High School(以下HGHS)の制服は指定のブレザーかジャケットを選ぶことができます。
 さてお次は学校の必需品、カバンです!日本では、私は学校指定のバッグと自分のリュックを持って学校に通っていました。一方、ニュージーランドの学校はみんなリュックだけを背負っています。「リュックだけで足りるの?」と半信半疑だった私でしたが、実際十分でした!なぜなら、ほとんどが座学の日本とは違って、ニュージーランドでは美術や体育などの実践形式の授業が豊富のため、教科書やノートをあまりたくさん持っていく必要がありません。楽ちんですね!しかしニュージーランドの学校では自分の教室はなく、授業ごとに決められた教室に移動するので、いちいちカバンを持ち歩く事はすこし面倒かもしれません。
 最後はみんなが学校で一番好きな時間、ランチタイムです!日本では、基本的にお母さんたちに作ってもらったお弁当を持参しますが、ニュージーランドでは自分でランチを作ります。私や私の友達はよくサンドウィッチを作って持ってきています。え?ランチを忘れた?そんなときも大丈夫!仁愛のパン販売の代わりに、HGHSではキャンティーンという学校専用のカフェがあります。さらに、ランチタイムの過ごし方もすこし違います。仁愛女子高校の昼食は40分間で、食べ終わった後は大抵おしゃべりをして過ごします。HGHSでは最初の30分間は食べる時間と決まっていて、後半の30分間は自由な時間です。ほとんどの生徒がネットボールやバレーボールなどスポーツを楽しんでいます。
 あなたに合ったスクールライフは見つかりましたか?私のエッセイを読んで少しでも留学やニュージーランドに興味を持ってくれたらうれしいです。ちなみに、どちらの生活も楽しみたかった私にとって、仁愛女子高校の英語留学コースはピッタリな選択でした。きっとニュージーランドに来てもらえれば皆さんにもここでの生活を楽しんでもらえるはずです!
 以上、お読みいただきありがとうございました。

橋本真碧

Ayaka(NZからのメッセージ)

2019/11/06

 Hello, my name is Ayaka Morota and I go to Central Hawke’s Bay College. I’m enjoying the last holiday with my host family and my friends now. Today I would like to share two things with you.
 The first topic is my favorite class, DRAMA. My classmates are very individual and active as if I were in a zoo, so my teacher always says to us, “Hey animals, be humans!!” However, to be honest, I didn’t like DRAMA very much at first because I had to perform in front of everyone. One day, we had to do an impromptu performance. My friend said, “Go-! Ayaka-!” Then, to be honest, I thought, “If you say that, I will feel pressured!” After the performance, my friend said, “You have a great imagination!” and also my classmate said, “You are funny!” I just kept thiking I didn’t want to do it because it’s embarrassing if I would fail. But, at that time, I noticed people can change just by taking a step forward and being brave. Now, I can do a lot of new things without the fear of failure and perform by myself.
   The second topic is my host mother. There is only the two of us. We always watch TV, make some food and go out together. She is my second mother and also my best friend! I learnt a lot of things from her. Of course, Besides learing English from her, I also learn valuable things in my life. She taught me to respect and think about others, as well as to think before I act and never forget to show gratitude. In addition, the magical word “Please”! Also, thanks to her, I learned to like reading books! When I was in Japan, I didn’t read books at all because I thought watching movies is more fun and easier than reading books. The first time I read an English book, I could only read 10 pages in a month and I thought, “I feel empty… I can’t read!!” However, after a while I stareted to read every day. I now enjoy reading books and I’m reading the sixth volume of Harry Potter! My current goal is to read through the whole series before returning to Japan! I really appreciate my host mother encouraging me to read.
   Lastly, studying abroad wasn’t just fun. I was homesick, I felt depressed and worried about not being able to speak English well and the cultural differences and values. I also worried that I wouldn’t get along with my host mother and my friends. However, I think that I have grown a lot and accepted those differences. I am enjoying my life, learning from my mistakes, and moving forward. During these 9 months, I cried a lot, laughed a lot and I could meet my new self.
   I’m grateful to my parents, teachers, friends and my host mother who have supported this study abroad and me. I’m always able to do my best thanks to their encouragement, gentle words and good advice. Also, to my mum and dad, thank you for letting me study abroad. I have gained precious experiences and have learnt a lot from them. Also, when I came to NZ, I realized I always counted on you. I want to work hard until I see you so I can show you how I have grown a lot and become a more mature person! Thank you for reading till the end!
   I’m really looking forward to seeing everyone in November.
Take care of yourself.
Lots of love,
Ayaka

 こんにちは。私はセントラルホークスベイカレッジに通っている師田彩花です。今私はホストファミリーや友達と最後のホリデーを楽しんでいます。今日は私の生活の中で特に2つのことについて紹介したいと思います。
 1つ目は私のお気に入りのクラス、ドラマ(演劇)です。私のクラスメイトはまるで動物園にいるかのようにとても個性的で活発なので、先生はいつも私たちに「動物たち、人間になって!!」と言います(笑)しかし、正直に言うと、最初はドラマが本当に嫌いでした。なぜなら、みんなの前で演技をしなければいけないからです。ある日、私たちはアドリブで演技をしなければいけませんでした。友達が、「行けーー!あやかーー!」と言ってくれても、正直私は「そんなこと言ったらプレッシャーになるのに!」と思ってしまっていました。演技の後、友達は「想像力豊かだね!」そしてクラスメイトも「あやか、面白い!」と言ってくれました。私はただ、失敗したら恥ずかしいからやりたくないと思っていたのに・・・。その時私はやっと、勇気を出して、一歩前に出て見るだけで人は変われるのだということに気づきました。それから、失敗を恐れずたくさんの新しいことに挑戦したり、自分から演技をしたりすることが出来ています。
 2つ目は私のホストマザーについてです。私のホストファミリーはホストマザーだけです。私たちはいつも一緒にテレビを見たり、料理をしたり、お出かけをしたりします。彼女は私の2番目の母であり、親友です!私は彼女からたくさんのことを学びました。もちろん、彼女からいつも英語を学んでいますが、人生において価値のあることも学びました。相手を敬い、自分のことよりも相手のことを先に考え行動することや、感謝の気持ちを忘れないこと、”Please”は魔法の言葉だということです!また、彼女のおかげで本を読むことが好きになりました!日本にいるときは全然本を読みませんでした。なぜなら、本を読むよりも映画を見たほうがもっと楽しいし、楽だと思っていたからです。初めて英語の本を読んだときは、一ヶ月で10ページほどしか読めず、「もう嫌だ…読めない!」と思いました。しかし、しばらくするうちに毎日読み続けるようになり、本を読むのが楽しくなり、今ではハリーポッターの6巻目を読んでいます!私の現在の目標は日本に帰る前に、ハリーポッターの本を全巻読破することです!本を読むことを勧めてくれたホストマザーにとても感謝しています。
 最後に、留学をすることは楽しいことだけではありませんでした。ホームシックになったり、上手く英語が話せなくて悩み、落ち込んだりしました。また、文化や価値観の違いにより、ホストマザーや友達と上手くいかずたくさん悩みました。しかし、それらの違いを受け入れ、人生を楽しむこと、自分の失敗から学び、前に進むことで私はたくさん成長できたと思っています。この9ヶ月間、たくさん泣き、たくさん笑い、そして新しい自分に出会うことができました。
 この留学を支えてくれている両親、先生方、友達、そしてホストマザーにとても感謝しています。私はいつも、彼らからの励ましや優しい言葉、素晴らしいアドバイスのおかげで頑張ることが出来ています。そして、お母さん、お父さん、私を留学に行かせてくれてありがとうございます。貴重な経験を積み、たくさんのことを学びました。また、ニュージーランドに来て、いつも二人に頼ってばかりだったことを実感しました。たくさん成長し、もっと大人になった私を見せられるように、二人に会うときまで一緒懸命頑張りたいです!最後まで読んでいただきありがとうございました!
11月に皆さんに会えるのをとても楽しみにしています。
お体に気をつけて。
愛を込めて

師田彩花

Mayu(NZからのメッセージ)

2019/11/06

 Hello everyone. I’m Mayu. I’m a Tauraroa Area School student in New Zealand. My school is in the countryside, and we need 30 minutes to go to town by car from here. I love this place in the countryside and my neighbors here. I have spent 9 months in NZ and am enjoying my time with my friends and family everywhere. I felt it was a long time to live here at first, but now I’m missing those times. I have got a lot of fun experiences. I have been in many difficult situations as well. I would like to share with you my story.
 There are unique classes in NZ which are not in Japan. I was longing for drama class. I really wanted to take classes in which I can have many activities, so I chose drama, physical education and music for my timetable. Almost all of the drama students are unique and pleasant. When I was frozen up, someone talked to me. During class, some people are dancing and singing. That class is so exciting. Of course, I’m joining them to dance and sing.
 When I was first acting, I didn’t even know what the drama was. I did good acting on my first show thanks to my mates. They told me anything gently one by one. I became to like everything about drama after that. I’m working really hard on drama class now.
 At the beginning of term 3, we made some groups to do devising. I made a pair with a boy. We decided our theme is “TIME”. The boy actually didn’t try to cooperate with me. I kept coming up with many ideas for us but he just said, “Sorry, I really don’t have ideas”, every day. One day I promised him that we will come to drama classroom at lunchtime to do our devising, but he was gone somewhere. That continued for 10 weeks. That was the first time for me to feel the worst in drama. My feeling was I really did not want to go to drama class because that was just stressful to me at that moment. However I didn’t give up. I didn’t drop drama. Instead, I talked with him a lot. We practiced our act more. Other students gave us great help, too. Finally we made it thanks to everyone. To be honest, I didn’t think our devising would be good. However, our teacher said to me “You are doing great work” at last class of the term. At that moment, I was able to be proud of myself. I think that my decision that I didn’t drop drama class was absolutely right.
 There were a lot of times I really wanted to give up or stop, but there are a lot of times I am happy that I didn’t give up as well. Fun moments are coming after a hard time. Recently we’ve got many tests in all our classes, so I keep being worried, but when I get “Excellent” for my test result, I’m able to work harder. I think it is important to carry on everything if you want to have a fun experience. I’m spending my time carefully.
Thank you for reading to the end.
Love and Hug
Mayu Morioka

 こんにちは、タウラロアエリアスクールに通う、万結です。わたしの学校は田舎にあり、町に行くまでに車で30分かかります。わたしはそんな田舎なこの場所とご近所さんが大好きです。9ヶ月が過ぎようとしている今、私はどこでも楽しく過ごしています。始めは長く感じていたここでの時間も早く感じます。ここで沢山の楽しい事を経験しました。それと同様に沢山の辛い事もありました。そんな私の留学生活ついて話そうと思います。
 ニュージーランドの学校には日本の学校にない面白いクラスがあります。私はドラマ(演劇)というクラスに憧れがありました。沢山のアクティビティをしたかったわたしはドラマの他にも体育と音楽を選びました。ほとんどのドラマ生徒は個性的で気さくな人たちです。私が固まっていたときも話しかけてくれたり、授業の中で誰かが歌っていたり踊っていたりします。凄く面白いクラスです。私ももちろんそれに参加します。
 初めて演技をしたときには何がドラマなのか全く解っていませんでした。それでも、友達のおかげで最初のドラマは上手く出来ました。彼らはひとつひとつ丁寧に教えてくれました。私はそれからドラマの全てが好きになりました。今、ドラマの授業に一生懸命取り組んでいます。
 Term3の初めに、私達はいくつかのグループにわかれました。私はある1人の男子とペアになりました。私たちのテーマは「時間」に決まりました。実際のところ彼はあまり協力的ではありませんでした。私はたくさんのアイデアを出し続けましたが、彼は毎日のように「ごめん、何も分からない」と言いました。ある日、昼休みにドラマの教室で練習をしようと約束しましたが、彼はどこかに行ってしまいました。それは10週間続きました。この授業を全く楽しめなくなったのはその時が初めてです。私はその時、ドラマが本当にストレスで、授業にも行きたくありませんでした。しかし、私はあきらめませんでした。ドラマを続けることに決め、彼とたくさんの話し合いをし、ひたすら練習をしました。他の生徒たちも私たちを助けてくれました。ついにはみんなのおかげで私たちの劇は完成しました。正直に言うと、この作品がうまくいくとは思いませんでした。しかし、先生が最後の学期に、「あなたはすばらしい仕事をしている」と言ってくれたのです。その時、自分を誇りに思うことができました。私のドラマを続けるという決定は間違っていなかったのです。
 諦めたくなったときは沢山あります。ですが、諦めなくて良かったと思った時も沢山あります。辛い事の後にこそ、すごく楽しい事がやってきます。最近は、他の授業でもテストがふえてきて緊張することが多いですが、結果でExcellentが取れたときはもっと頑張ろうと思えます。本当に楽しく過ごしたいのなら、諦めず努力を続けることが大切だと学びました。留学生活もあとわずかですが、大切に過ごしていきます。
ニュージーランドより愛をこめて

森岡万結