ニュージーランドからのメッセージ

Message from NewZealand

NZからのメッセージ(Kyoka)

2020/07/10

Hi, I am Kyoka from Central Hawke’s Bay in New Zealand. How have you been? A pandemic virus, Coronavirus is going around at the moment, which is unprecedented. I hope you are all good although we are in a hard circumstance. In New Zealand, though there are still some restrictions, I am really enjoying my life. Here, I would like to share my New Zealand life with you.
First of all, I am going to write about my host family. I have two mothers, Kerry and Tammy, an older sister, Devon, Nana, Aunty, three big dogs and one chubby cat. I now live with Kerry and Devon. They are all approachable, and I enjoy spending time with them.
In late March, the New Zealand government declared for everyone living in New Zealand to stay home in order to keep us safe from Coronavirus, which is called a lockdown. During the lockdown, my host sister, Devon, was considered as an essential worker and she worked, so I spent most of my time with my host mother, Kerry. The lockdown lasted for approximately eight weeks. I felt as though the lockdown was a much shorter time than actually eight weeks, and I’m sure it’s because of Kerry. We cooked, knitted, watched TV and went for a walk with our dogs together. We did more things than I have just mentioned, but I can’t write all of them here because there are too many. By doing those many sorts of things, we kept ourselves busy and productive. Also, we talked a lot and got to know each other. When I had a problem or a concern, she gave me good advice. Besides, when I was crying, she gave me a hug, saying “I’m giving a mama hug.” She has absolutely become my second mother. I appreciate her from the bottom of my heart.
Secondly, I am going to write about the drama class that I take at school. I have just done a solo performance in front of audience recently, which was really rewarding for me. I played the role of a ghost, Hamlet’s father. Traditional English is used in the story, Hamlet by Shakespeare, which made it obstinate for me to pronounce words and memorize lines. My teacher also said that I was learning the third language. I didn’t have any confidence in English and acting, and I was introverted about performing in front of people. So, before the actual performance, I was extremely nervous, and I was about to cry, actually. When I stood on the stage, my mind went blank. But I was able to accomplish the performance till the end with a minor prompt from my teacher. After the performance, my classmates, teacher and host family came to hug me, and they said “You were amazing!” I had heaps of feelings at that time, but I felt a sense of achievement the most.
To be honest, the reason why I chose drama class out of a list was not that I actually wanted to perform a role. I chose it just because most of my seniors from Study Abroad Course used to take it, and they recommended it to me. So, I didn’t even know whether I would like acting. But now, it is one of my favorite classes, and I want to try a different performance again.
I have four more months to study here. I’m surprised because the time has flown so fast. I will not stop trying, and I want to go back to Japan without any regret. Thank you for reading till the end.

Lots of love,
Kyoka  Hamada

こんにちは。ニュージーランドのセントラルホークスベイに住む京佳です。元気ですか?今、先例のないコロナウイルスが世界中で流行していますが、このような大変な時期でも皆さんが元気で無事なことを願っています。ニュージーランドでは、まだ多少の規制はありますが、私はここでの生活をとても楽しんでいます。今日は皆さんと私のニュージーランドでの生活を共有したいと思います。
まず初めに、私のホストファミリーについてお伝えします。私の家族には、2人のお母さんのケリーとテミー、年上のお姉さんのディヴン、おばあちゃん、伯母さん、大きい犬が3匹、そしてぽっちゃり猫がいます。私は今、ディヴンとケリーと暮らしています。みんな話しやすくて、楽しく時間を過ごしています。
3月末に、ニュージーランド政府がコロナ感染予防のために家にとどまるようにと国民に宣言を出しました。いわゆるロックダウンというものです。ロックダウンの間、ホストシスターのディヴンはエッセンシャルワーカーとして働いていたので、私はほとんどの時間をホストマザーのケリーと過ごしました。ロックダウンは、8週間続いたのですが、それよりも遥かに短く感じました。私は、そのように感じたのはケリーのおかげだと確信しています。私たちは一緒に、料理や編み物をしたり、テレビを見たり、犬と散歩に行ったりしました。ここには書ききれないのですが、他にもたくさんのことをして、時間を有意義に使っていました。また、たくさん話もしてお互いのことをもっと知りました。ケリーは、私が問題や悩みを抱えている時には、良いアドバイスをくれたり、私が泣いている時には、”ママのハグをあげるよ“と言ってハグをしてくれたりもました。彼女は、本当に私の第二のお母さんです。心の底から感謝しています。
次に、私が学校でとっているドラマクラスについてお伝えします。つい最近、観客の前でのソロ演技を終えたところなのですが、それは私にとってとてもやりがいのあるものでした。私は、ハムレットの父のゴースト役を演じました。シェイクスピアによって書かれたハムレットには、伝統的な英語が使われていて、言葉を発音したり覚えたりするのがとても難しかったです。先生も私が第三言語を学んでいると言っていました。私は英語や演技において自信がなく、人前で演技することに対して消極的でした。だから、本番前は非常に緊張していて、実は泣きそうになっていました。ステージの上に立った時は、頭が真っ白になりましたが、先生に少しだけ助け舟を出してもらって、最後まで演じ切ることができました。演技の後に、クラスメイトや先生、ホストファミリーがハグしに来てくれて、“素晴らしかった!”と言ってくれました。その時、たくさんの感情が溢れましたが、一番に達成感を感じました。
正直言うと、私がドラマクラスを選択したのは、演技がしたかったからではなく、英留の先輩方がドラマクラスをとっていて、この授業を勧められたからです。だから、自分自身が演じることが好きなのかどうかさえ知りませんでした。でも今は、ドラマクラスは私の好きな授業の一つです。そして、違う演技にもまた挑戦したいと思っています。
留学期間は残り4か月になりました。時間の経つ速さに驚いています。これからも挑戦することをやめずに、後悔なく日本に帰りたいです。最後まで読んでくださりありがとうございました。

たくさんの愛をこめて
浜田京佳

NZからのメッセージ(Nozomi)

2020/06/22

Hi, guys! I’m Nozomi from Cullinane College in Whanganui. Five months have passed since I came here. I feel like the time has flown. I have only another five months to stay in New Zealand, which is truly sad for me.

 

A coronavirus called COVID19 in NZ is going around. I was studying with the computer at home for about 8 weeks during the quarantine. I missed my friends, my teachers, even my family in Japan at that time because I felt lonely all the time. However, it was a good opportunity to build up my relationship with my lovely host family. They seriously listened to my wish that I would like to go back to school and they occasionally helped me with my assessments or tasks, which were too difficult for me to do by myself. Don’t you think they are so amazing?  

 

I would like to share my wonderful school life in NZ with you now. Firstly, I would like to talk about the cricket team I had joined. We have already finished all the games and had a pizza lunch, which was our prize. Playing cricket was my challenge as well as my best memory in NZ so far. To be honest, I didn’t want to join it because I’m not good at any sports, but one of my friends said, “You are joining cricket with me, right?” I thought, “Oh my gosh…She might not be my friend if I say no…What the heck!!” To my surprise, all my teammates were absolutely nice and kind to me. They said, “All good, Nozomi !!” even when I made mistakes like dropping the ball. I really enjoyed all games thanks to my teammates and cool teacher.

 

Secondly, I’m going to talk about my friends. I’m always with my BESTY, Karina, who is an international student from Hong Kong. I often hang out with her on weekends, consult her on some problems I face, and even argue with her. (haha) Amber and Grace are also my beautiful friends and cricket teammates. They listen to me as well, and give me accurate advice when I face troubles or cry. I’m super happy to be friends with them and I want to become better friends with them than now.

 

As you can see, my NZ life is filled with happiness. However, I’ve faced so many problems not only at school but also at home. One of the biggest problems I’ve faced is to have homesickness. I was terribly sad although I was doing fun things with my host family or my new friends. That was because I was always thinking about my family and my home in Japan. I cried even in front of my host family, friends, and teachers. However, I attempted to change my mind in order to succeed in studying abroad and improve my English skill. What I started, and still do, is write a journal before going to bed every night. I write down what happened, whether good or bad, in English, as well as my feelings in Japanese to get myself sorted out. It is totally helpful for my life so I will continue writing it every day.

 

I feel like my experience of studying abroad is definitely meaningful and valuable thanks to my host family, friends, and teachers. I will never ever slack-off on my efforts nor forget to appreciate all the people who have supported me. Thank you for reading until the end.

 

Kind regards,

Nozomi

 

みなさん、こんにちは。私は、ワンガヌイのカリナンカレッジに通っている希です。ここに来てもう5ヶ月が過ぎてしまいました。時間が飛んでしまうように感じます。ニュージーランドにいられるのはあと5ヶ月しかなく、私は本当に悲しいです。

 

ニュージーランドでも、COVID19というコロナウイルスが流行しています。私は、隔離政策として8週間家でコンピュータを使って勉強しました。その期間は常に淋しくて、友達や先生方、日本の家族のことが恋しくて仕方ありませんでした。しかし、私の素敵なホストファミリーとの関係を深めるいい機会でもありました。ホストファミリーは私が学校に行きたいという気持ちを真剣に聞いてくれ、自分一人では難しい学校の課題をするのを時々手伝ってくれました。素敵な家族だと思いませんか。

 

では、ニュージーランドの楽しい学校生活についてお話します。まず、前に所属していたクリケットチームについてです。もう全ての試合は終わり、ご褒美としてランチにピザを食べました。クリケットをしたことは、私にとってこれまでで一番の思い出であると同時に大きな挑戦でもありました。正直言うと、私はどのスポーツも得意ではないので、クリケットに参加したくありませんでした。しかし、友達の一人が、「私と一緒にクリケットに参加するよね。」と言ってきたので、「どうしよう。もし断ったら、もう友達でいてくれなくなるかも。困ったな。」と思いました。しかし驚いたことに、チームメイトは皆すごく素敵で優しくしてくれました。私がボールを落とすなどのミスをしても、「いいよ、希!」と言ってくれました。チームメイトと先生のおかげで、全ての試合を心から楽しむことができました。

 

次は、友達についてです。いつも、私の親友カリーナと一緒にいます。彼女は香港からの留学生です。週末はよく遊びますし、困ったことがあれば彼女に相談します。けんかもしますが(笑)。アンバーとグレイスもいい友達で、クリケットのチームメイトでもありました。彼女たちも私の話を聞いてくれ、困ったことがあったり、私が泣いていたりすると的確なアドバイスをくれます。彼女たちと友達になれたことをとても幸せに思っていて、これからもっと仲良くなりたいです。

 

お分かりのように、私のニュージーランドでの生活は、幸せで溢れています。しかし、学校ででも家でもたくさんの辛いことがありました。私が直面した一番大きな問題の一つは、ホームシックです。ホストファミリーや新しい友達と楽しいことをしていても悲しくて仕方ありませんでした。いつも日本の家族や家での生活のことを考えてばかりいたからです。ホストファミリーや友達、先生の前でも泣きました。しかし、私は留学を成功させ、英語力を伸ばすために、気持ちを入れ替えることにしました。私がし始めて今もしていることは、毎晩寝る前にジャーナルを書くことです。その日にあったことを、いいことも悪いことも英語で書き、日本語で感じたことを書きます。自分の気持ちを整理するためです。これはとても役に立っていて、これからも続けていこうと思っています。

 

私の留学は、ホストファミリーと友達、先生方のおかげで確実に有意義で価値のあるものになっています。努力をやめたり、私を支えてくださり人達への感謝を忘れたりすることは決してしません。最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

希より

NZからのメッセージ(Nanami)

2020/04/16

Hello. I’m Nanami. Near my lovely house, there are many cows and they live a slow life in the green field.  On the other side of the field is the ocean which is calm and inviting and safe to swim in. People swim there with their much loved dogs and leisurely spend their weekends and holiday at the beach. I hear their laughter.  Everything moves slowly and calmly in New Zealand. It’s a big difference compared to Japan. Can you imagine this New Zealand life? Now, I surely think my decision coming here was not wrong. This year, 2020, will be a year in which I have the opportunity to experience many new things.
First night when I stayed at my host family’s house, I felt homesick and I was crying until midnight.  I had never been overseas, so I was very nervous. Also, I realised that it’s tough for me to live without my family, as I was supported by them to take on this opportunity. I couldn’t get used to the new environment at first. To overcome my challenges, I decided to just accept my situation and make the most of my time in New Zealand, even though I struggled to make friends at first.
Making friends in a foreign country where you don’t know anyone can be stressful. I had to start making friends. I spoke to students and they tried to communicate with me, but I couldn’t understand what they were saying at all.  I asked them to repeat what they had said and they said, “NEVER MIND.” I prepared myself for a situation like that before I came to New Zealand, but when it happened, I was still shocked. I am getting better at understanding what the students are saying and this feels good.  My confidence in talking to my friends is also getting better. One of my favourite events was going to camp. It is an important event for students to build a bond with each other. I spent 4 days with my friends building great memories. We slept in the bush one night where we had to build a shelter to sleep under and walked for 1 hour in the bush at night without a torch. One of the nights we had to present a fashion show to the rest of the students, and this was really funny. I felt I was beginning to understand what they were saying and also about New Zealand’s culture as well. Honestly, it was hard to stay for 4 days with new friends, but I can say that the camp had absolutely helped me to build friends with kiwi kids; a good memory for me. 
I am certain that as the year goes on, I will make more good memories. At the moment, we are in lockdown due to Covid-19 and this means I am not spending time with my friends chatting and practising English. I still do not feel I am making much progress but I will have to wait and see as the year goes on. I am looking forward to any other events that the school is going to have this year. I feel much more confident in attempting whatever my stay in New Zealand brings.
To sum up my experience this far, I have taken every opportunity that came along. It may have been hard but the rewards were worth it. Also, I’ll never give up trying to make friends, as it is just as difficult for them to understand me. Eventually, friendship connections happen naturally. Ever since I knew I was going to come to New Zealand, I could never imagine how much I have learnt and experienced a different culture and language, had I stayed at home in Japan. Therefore, embrace the adventure and come to New Zealand. Kia kaha, Wash your hands properly.

Nanami

こんにちは。七海です。私の素敵な家の近くには、たくさんの牛がいて、緑豊かな草原でのんびりとした生活を送っています。草原の反対側には穏やかで魅力的な海があり、安全に泳げます。人々は愛犬と一緒にそこで泳ぎ、浜辺でゆっくりと週末や休暇を過ごします。皆の笑い声が聞こえてきます。ニュージーランドでは全てがゆっくりと穏やかに進みます。日本とは全く違います。このようなニュージーランドでの生活を想像できますか。ここに来るという私の決断は、間違っていなかったと確信しています。2020年という今年は、私がたくさんの新しい経験をする年になるでしょう。
ホストファミリー宅での滞在初日、私はホームシックで夜中まで泣いていました。海外に行ったことがなかったので、とても緊張していました。また、自分の家族と離れて暮らすのはとても辛いということにも気づきました。家族に支えられていたからです。最初は、新しい環境に慣れませんでした。困難を克服するために、自分の状況を受け入れ、ニュージーランドでの時間を大切にしようと決めました。それでも、最初は、友達を作るのに非常に苦労しました。
誰も知らない外国の地で友達を作るのは、とても緊張します。私は友達を作ることから始めなければいけませんでした。生徒たちに話しかけてみたら、私とコミュニケーションを図ろうとしてくれたのですが、彼らが何を言っているのか、私には全く分かりませんでした。もう一度言ってもらえるように頼んだら、「気にしないで」と言われてしまいました。このような状況になるだろうことはニュージーランドに来る前に予想はしていましたが、実際に経験してみると、ショックは大きかったです。今は生徒たちが話していることを理解できるようになり、嬉しく感じています。友達に話しかける自信もついてきました。楽しかった行事の一つがキャンプに行ったことです。生徒たちが互いの絆を深めるのに大切な行事です。私は4日間友達と過ごし、たくさんの思い出ができました。一晩は、茂みに寝場所を作ってそこで寝ました。また他の生徒たちにファッションショーを披露しなければいけない夜もあり、とてもおかしかったです。みんなが言っていることやニュージーランドの文化も分かるようになったと感じました。正直、新しい人たちと4日間を過ごすのは大変でしたが、そのキャンプのおかげで、ニュージーランドの生徒たちと友達になれたので、私にとっていい思い出になっています。
時間が経てば、よりたくさんのいい思い出ができていくと思います。今は、コロナウイルスのために封鎖状態であり、友達と話して英語の練習をすることはできません。私の英語はまだ上達しているとは思いませんが、時間が経つのを待つしかないです。これから行われる学校行事を楽しみにしています。
これまでの経験をまとめると、どんなことにも挑戦してきました。大変なこともありましたが、頑張った甲斐がありました。また、これからも友達作りをあきらめないで続けていこうと思います。私が難しいと感じているのと同じくらい、友達も、私のことを理解するのは難しいはずです。でも、最後には自然と友達関係を築けると思います。日本にいたら想像できなかったくらい、私はたくさんのことを学び、文化や言語の違いを経験しています。だから皆さんも、ニュージーランドの冒険をしに来てください。皆で頑張っていきましょう。きちんと手を洗ってくださいね。

七海より

NZからのメッセージ(Wakaha)

2020/04/09

Hello everyone. I’m Wakaha. I have been away from Japan for three months. The last three months have definitely been the hardest time for me. Of course, there were many fun and happy things I experienced. Today I will share one of my hard experiences, what I’m trying now, and my feelings.
First, the hardest thing I have encountered is that I cannot say what I want to say. Sometimes I can’t express what I think, and I can’t answer well enough to the questions I am asked. Because I am a foreigner and I speak a different language, it can happen. However, this created a big barrier once. I didn’t make a big wall from the beginning. Small misunderstandings became a big wall. Once the wall was built, it was not easy to overcome. However, I didn’t give up and kept trying until the misunderstandings were solved. Then the wall became smaller and smaller. If I had given up then, the problem wouldn’t have been solved.
By having made such mistakes, I’ve realized the importance of vocabulary and I study more words now. Even though I am studying abroad, no matter how much conversation I have in English in my daily life, my vocabulary will not improve without my own efforts. Without enough vocabulary, I won’t be able to tell the others exactly what I think. Therefore, before going to bed, I look up words in my word book in my room, read the emails from the school and look up the words I don’t understand in the electronic dictionary. Also, I try to use the words that I have newly learned for conversation with my host family. I haven’t felt my growth yet, but I’m going to do something I can do little by little.
This year, the new coronavirus is rampant around the world. Currently, New Zealand has an out-of-home restriction called lockdown. Since schools started to be closed, I have been studying at home on my computer and I can’t see my friends. Many events, such as my teacher’s visit and April camp, were canceled. I was very sad and it was not easy to accept. However, I try to think positively that there should be something I can do in this situation.
To be honest, in the last three months I felt homesick, lost confidence and cried a lot. Even now, I almost cry because of disappointment in myself. Just like when I was in Japan (Haha), but I think that’s probably the same with my 11 wonderful friends. I have to work hard because my friends are working hard. I’ve realized the importance of having friends in order to overcome this pain.
My study abroad continues. I will keep trying my best to show my growth when I write such an essay next time.

Love
Wakaha

皆さん、こんにちは。わかはです。私が日本を離れて3ヶ月になります。この3ヶ月間、間違いなく私にとって1番辛い時間だったと思います。もちろん楽しい事や、嬉しい事もたくさんありました。今日は私が体験した大変だったことと、今私が頑張っている事、そして今の私の気持ちをお伝えしようと思います。
まず、私がぶつかった1番辛いことは言いたい事が伝わらないことです。思っていることを上手く表現できなかったり、質問に対して十分に答えられず相手の誤解を生んでしまったり。自分が外国人で、母国語とは異なる言語を話しているので当たり前に起こりうる問題なのですが、一度これが原因で相手との間に大きな壁ができてしまいました。はじめから大きな壁だったわけではありません。小さな誤解が重なって大きな壁になったのです。一度できたしまったものを修復するのは簡単ではありませんでした。私は誤解が解けるまで諦めず伝え続けました。そうすると相手との壁がどんどん小さくなっていきました。もし諦めていたら、解決しなかったと思います。
そのような失敗から、語彙力の大切さに気付き、私は今単語を覚えようと頑張っています。留学に来たとしても、英語で毎日どんなに会話をしたとしても、単語力は自分の努力なしでは上がりませんし、単語力がないと思っていることを正確に相手に伝えることができないのです。寝る前に自分の部屋で単語帳をめくったり、学校からのお知らせメールを読んで、わからない単語を電子辞書で引いてみたりしています。また、覚えた単語やフレーズをホストファミリーとの会話に使うようにしています。まだ自分の成長を感じることはできていませんが、少しずつできることをやっていこうと思います。
今年は新型コロナウイルスが世界中で猛威を奮っています。現在、ニュージーランドでは、ロックダウンと呼ばれる外出の制限が行われています。学校がなくなって、パソコンでの自宅学習となり、友達にも会えません。また、先生の視察訪問、エイプリルキャンプなどたくさんのイベントがキャンセルになりました。とても悲しかったですし、簡単には受け入れられませんでした。しかし、この状況でもなにかできることがあるはずだと、前向きに考えるようにしています。
正直、この3ヶ月の間にホームシックを感じたり、自信を失ってたくさん泣いたりしました。今も自分の不甲斐なさに泣きそうになることがあります。日本にいたときのようにです(笑)。でも、きっとそれは私のかけがえのない11人の仲間も一緒だと思います。仲間が頑張っているのだから、私も頑張らないと。この辛さを乗り越える仲間がいることの大切さを実感しました。
私の留学はまだまだ続きます。次このようなエッセーを書くときは成長した自分をお見せできるように今できることを精一杯頑張ろうと思います。

愛を込めて
和花葉

Sora Nishimoto(NZからのメッセージ)

2020/04/02

Kia ora! ( “Hello” in Maori. )  My name is Sora.  I’m from Ishikawa and my school in New Zealand is Te Kuiti High School.  Three months have passed since I came to New Zealand.  How fast time flies!!  My teacher in Japan often said, “The first three months will be the hardest time for you after you arrive.”  I thought I wouldn’t be troubled by anything at that time, but my teacher was right.  Now I have a lot of troubles in my life.  However I have happy memories more than hard memories.  Well, today I will share my happy and hard memories with you.

   First I’d like to tell you some of my happy memories!  I have P.E. at school and we played cricket one day, but I couldn’t hit the ball with the bat.  I had played tennis for eight years so I should be good at hitting a ball but I couldn’t.  That was so shocking… But then, all boys and girls cheered for me, “Go, Sora!  Just hit the ball.  Sora, Sora!!”  Even my teacher said, “It’s alright.”  I was a little embarrassed but I realised that everyone remembered my name and I had a lot of friends!!  I was very happy. 

I have more to tell you.  I live with an awesome family; my host mother, my host father, one dog, one cat, eight birds and lots of fish.  My host parents are so funny and love jokes.  My host mother likes scary movies and I like them too, so we often watch them together after school.  Also, my host father loves ice cream and I also love it, so every day after tea, he says “Do you want some ice cream??”  And I say “Yes, please!!”  I eat ice cream every day.  He says “I’ll make you fat!”  I don’t want him to make me fat but I will be fat.  So don’t be surprised when you see me next time.  But anyway, I feel happy to just live with them.  I can still tell you my happy memories but I will stop for a while. 

Second I will tell you about my hard memories.  It was really hard for me to make friends.  I was very busy the first two weeks after I started to go to Te Kuiti High School. I asked a lot of students if I could have lunch with them.  And I ate lunch with more than ten groups.  I had a good time each time, but I didn’t know if I could join the same group the next time too.  So I ate lunch with different groups every day and I was very lonely. Finally, I made friends with year 13 students!  I was so happy!!  However, a few days later, they started to go to a room called “the common room”, which is only for year 13 students.  Since I am in year 12, I couldn’t join them.  My friends welcomed me but I was scared because that was against the rules.  Then I was very sad.  Now I have friends but I haven’t found any best friends so I still keep trying to talk with the students! 

I guess you already know that the problem of Corona virus is becoming serious.   In New Zealand, some events have been cancelled and all schools have been closed.  The school closure will last at least a month. We are not allowed to even go outside.  I was disappointed and honestly I was frustrated when I heard that.  But my teacher has told me that I have a lot of things to do even if schools are closed.  I changed my mind.  I have decided to be more positive!  So I made tea, wrote some essays in English, read an English book, studied English words and such.  I did a lot of wonderful jobs!!

As I told you, I have a lot of difficult problems now.  However, I believe that there are always ways to solve these problems.  If I do my best, all my troubles will be gone!  I will never give up trying.  I’ve got this!!  Also I am really thankful to all people for giving me such a big opportunity to study in New Zealand. These experiences will give me huge confidence to make my dream come true in the future.  I’m looking forward to the rest of my precious life in Te Kuiti.

Thank you for reading.

 

Love, 

Sora Nishimoto

 

キアオラ(マオリ語で「こんにちは」の意味)!私は、そらです。石川県出身で、ニュージーランドではテクイティ高校に通っています。ニュージーランドに来てもうすぐ3ヶ月になります。時間が経つのが早いです。日本の先生がよく「最初の3ヶ月が一番辛いよ。」と言っていました。そのとき、私は、「私は何も困ることはないだろう。」と思っていましたが、先生が正しかったです。今、たくさん大変なことがあります。それでも、辛いことより嬉しいことの方が多いです。今回は皆さんに、嬉しいことと大変なことをお伝えします。

まずは、嬉しいことについてです。学校で体育の授業をとっていて、ある日、クリケットをしたのですが、私はバットでボールを打つことができませんでした。私は8年間テニスをしていたので、ボールを打つことは得意なはずなのですが…。とてもショックでした。でもその時、男の子も女の子も、皆が私を応援してくれました。「頑張れ、そら!ボールを打って!そら、そら!」先生までも「大丈夫。」と言ってくれました。少し恥ずかしかったですが、皆が私の名前を覚えていてくれ、私には友達がたくさんいることに気づきました。

他にもあります。私は、素敵な家族と生活をしています。ホストマザーとホストファザー、犬1匹、猫1匹、鳥8羽とたくさんの魚との暮らしです。ホストマザーもホストファザーもとても愉快で冗談が大好きです。ホストマザーはホラー映画が好きで、私も好きなので、放課後家に帰ってからよく一緒にホラー映画を見ます。そして、ホストファザーはアイスクリームが好きで、私も好きです。毎日夕食後、ホストファザーが「アイスクリームほしい?」と聞いてきて、私は「うん!」と答えます。毎日アイスクリームを食べています。ホストファザーは「太らせてしまうね。」と言います。私はホストファザーに私が太るようなことをしてほしくありませんが、私は太ると思います。次に私に会ったときに、びっくりしないでください。とにかく、ホストファミリーと一緒に生活できているだけでとても幸せです。嬉しいことはもっとありますが、いったんここで終わりにしておきます。

次に、大変なことをお伝えします。友達を作るのはとても大変でした。テクイティ高校に通い始めた最初の2週間は、とても忙しかったです。いろいろな生徒たちに一緒にお昼ご飯を食べてもいいか聞きまわっていたからです。10以上のグループと一緒にお昼ご飯を食べました。毎回楽しかったですが、次の日も同じグループに入っていいのか分からなかったので、毎日違うグループとお昼ご飯を食べることになり、淋しい思いをしました。そして、やっと13年生(日本でいうと高校3年生)の生徒たちと友達になれました。とても嬉しかったです。しかし、数日後、彼らは、13年生しか使えない「コモンルーム」という部屋に行くようになってしまいました。私は12年生に所属しているので、そのグループに加わることができなくなってしまいました。友達は私を誘ってくれましたが、校則違反をすることが怖かったのでやめました。とても悲しかったです。今は友達ができましたが、親友まではまだいないので、これからも生徒の皆に話しかけ続けようと思います。

皆さんもご存じだと思いますが、コロナウイルスの問題が深刻になってきています。ニュージーランドでもイベントが中止され、学校も閉鎖されています。学校閉鎖は4週間の予定です。外出することも許されません。これを聞いたとき、がっかりし、正直苛立ちも感じました。しかし、先生から、学校が閉鎖していてもやるべきことはたくさんあると言われました。そこで、気持ちを切り替えました。ポジティブになろうと決めました。夕飯を作ったり、英語でエッセイを書いたり、英語の本を読んだり、英単語を覚えたり、などしました。素敵なことがたくさんできました。

 お伝えしたように、今私にはたくさんの問題があります。しかし、常に解決策はあると信じています。最善を尽くせば、全ての問題はなくなるはずです。私は挑戦することをあきらめません。任せてください。また、ニュージーランドに留学するという大きな機会を私にくださった全ての方々に心から感謝しています。ここでの経験は、将来私が夢を叶えるための大きな自信につながるはずです。テクイティでの残りの貴重な生活を楽しみにしています。

 読んでくださって、ありがとうございます。

 愛を込めて

 西本そら