ニュージーランドからのメッセージ

Message from NewZealand

Maaya (NZからのメッセージ)

2019/11/06

 Which is the perfect school life for you? A glamorous one in Japan or slow living in New Zealand? Hi guys! I’m Maaya Hashimoto and I’m in the 9th month now as a 12th Year “JK”, which means “high school girl” in Japanese. Are you wondering, “I want to study overseas, but I feel worried because I don’t really know about life in foreign countries”? Well, let me tell you three differences between Japanese JK and Kiwi JK from my experiences.
 Firstly, the first thing that comes to mind about high school life, would be the school uniform. As you know, we have two types of uniform in Japan: a sailor-style and a blazer style. Most of you wear a sailor-style uniform in your junior high school, don’t you? In contrast, in NZ, a blazer-style is the mainstream style. This style is much lighter than the Japanese one, and easier to put on and take off! You can choose a school blazer or a jacket in my high school, Hastings Girls High School (HGHS).
 Secondly, a must-have for school is a school bag! I used to use my school bag and backpack in Japan. On the other hand, all students in HGHS have only backpacks. When I heard this, I only half believed it, but actually one backpack is enough to go to school with in NZ! We have so many kinds of practical classes such as art or P.E. that we don’t need to bring a lot of textbooks or notebooks. That’s pretty chill, right? However, you have to move to the next class with your bag because you don’t have your own classroom. That’s a little bit annoying.
 Now, lastly, is lunchtime which is our favorite time at school! Basically, in Japan, everyone brings obento which is made by their mum, but students in NZ make their own lunch! My friends often bring sandwiches for lunch! …What? You forgot your lunch? All good! You can get something from the bakery in Jin-ai, and here at HGHS, there’s a cafeteria. Moreover, there’s a difference in how the students spend their lunchtime. They have 40 minutes in Jin-ai and enjoy chatting with friends after eating. In HGHS, they have to sit down and eat for the first 30 minutes and the latter half is free time. Many of them play sports such as netball and volleyball.
 So, with all that information, which one is your favorite? I would be happy if you found this interesting. For me, who wanted to enjoy both sides of the life in Japan and NZ, Eiryu course was perfect. Lots of exciting things is also waiting for you in NZ!
 Thank you for reading.
Maaya Hashimoto

 皆さんにピッタリなのは華やかな日本の高校生活?それともスローライフなニュージーランド?こんにちは!ニュージーランド生活9ヶ月目、12年生の橋本真碧です。留学をしてみたいけれど、海外の高校生活がどんなものかわからなくて不安!今回は、そんなあなたに日本とニュージーランドの両方で高校生活を送った私が「日本のJK VS ニュージーランドのJK」を紹介します!
 まず高校生活で思い浮かぶのは、毎日着る制服ですよね!皆さんも知っている通り、日本には2種類の制服があります。セーラー服とブレザーです。中学校ではほとんどの人がセーラー服を着ていたのではないでしょうか。対してニュージーランドではブレザータイプが主流になっています。日本の制服と違うところは、軽くて脱ぎ着がしやすいところです!私が通っているHastings Girls High School(以下HGHS)の制服は指定のブレザーかジャケットを選ぶことができます。
 さてお次は学校の必需品、カバンです!日本では、私は学校指定のバッグと自分のリュックを持って学校に通っていました。一方、ニュージーランドの学校はみんなリュックだけを背負っています。「リュックだけで足りるの?」と半信半疑だった私でしたが、実際十分でした!なぜなら、ほとんどが座学の日本とは違って、ニュージーランドでは美術や体育などの実践形式の授業が豊富のため、教科書やノートをあまりたくさん持っていく必要がありません。楽ちんですね!しかしニュージーランドの学校では自分の教室はなく、授業ごとに決められた教室に移動するので、いちいちカバンを持ち歩く事はすこし面倒かもしれません。
 最後はみんなが学校で一番好きな時間、ランチタイムです!日本では、基本的にお母さんたちに作ってもらったお弁当を持参しますが、ニュージーランドでは自分でランチを作ります。私や私の友達はよくサンドウィッチを作って持ってきています。え?ランチを忘れた?そんなときも大丈夫!仁愛のパン販売の代わりに、HGHSではキャンティーンという学校専用のカフェがあります。さらに、ランチタイムの過ごし方もすこし違います。仁愛女子高校の昼食は40分間で、食べ終わった後は大抵おしゃべりをして過ごします。HGHSでは最初の30分間は食べる時間と決まっていて、後半の30分間は自由な時間です。ほとんどの生徒がネットボールやバレーボールなどスポーツを楽しんでいます。
 あなたに合ったスクールライフは見つかりましたか?私のエッセイを読んで少しでも留学やニュージーランドに興味を持ってくれたらうれしいです。ちなみに、どちらの生活も楽しみたかった私にとって、仁愛女子高校の英語留学コースはピッタリな選択でした。きっとニュージーランドに来てもらえれば皆さんにもここでの生活を楽しんでもらえるはずです!
 以上、お読みいただきありがとうございました。

橋本真碧

Ayaka(NZからのメッセージ)

2019/11/06

 Hello, my name is Ayaka Morota and I go to Central Hawke’s Bay College. I’m enjoying the last holiday with my host family and my friends now. Today I would like to share two things with you.
 The first topic is my favorite class, DRAMA. My classmates are very individual and active as if I were in a zoo, so my teacher always says to us, “Hey animals, be humans!!” However, to be honest, I didn’t like DRAMA very much at first because I had to perform in front of everyone. One day, we had to do an impromptu performance. My friend said, “Go-! Ayaka-!” Then, to be honest, I thought, “If you say that, I will feel pressured!” After the performance, my friend said, “You have a great imagination!” and also my classmate said, “You are funny!” I just kept thiking I didn’t want to do it because it’s embarrassing if I would fail. But, at that time, I noticed people can change just by taking a step forward and being brave. Now, I can do a lot of new things without the fear of failure and perform by myself.
   The second topic is my host mother. There is only the two of us. We always watch TV, make some food and go out together. She is my second mother and also my best friend! I learnt a lot of things from her. Of course, Besides learing English from her, I also learn valuable things in my life. She taught me to respect and think about others, as well as to think before I act and never forget to show gratitude. In addition, the magical word “Please”! Also, thanks to her, I learned to like reading books! When I was in Japan, I didn’t read books at all because I thought watching movies is more fun and easier than reading books. The first time I read an English book, I could only read 10 pages in a month and I thought, “I feel empty… I can’t read!!” However, after a while I stareted to read every day. I now enjoy reading books and I’m reading the sixth volume of Harry Potter! My current goal is to read through the whole series before returning to Japan! I really appreciate my host mother encouraging me to read.
   Lastly, studying abroad wasn’t just fun. I was homesick, I felt depressed and worried about not being able to speak English well and the cultural differences and values. I also worried that I wouldn’t get along with my host mother and my friends. However, I think that I have grown a lot and accepted those differences. I am enjoying my life, learning from my mistakes, and moving forward. During these 9 months, I cried a lot, laughed a lot and I could meet my new self.
   I’m grateful to my parents, teachers, friends and my host mother who have supported this study abroad and me. I’m always able to do my best thanks to their encouragement, gentle words and good advice. Also, to my mum and dad, thank you for letting me study abroad. I have gained precious experiences and have learnt a lot from them. Also, when I came to NZ, I realized I always counted on you. I want to work hard until I see you so I can show you how I have grown a lot and become a more mature person! Thank you for reading till the end!
   I’m really looking forward to seeing everyone in November.
Take care of yourself.
Lots of love,
Ayaka

 こんにちは。私はセントラルホークスベイカレッジに通っている師田彩花です。今私はホストファミリーや友達と最後のホリデーを楽しんでいます。今日は私の生活の中で特に2つのことについて紹介したいと思います。
 1つ目は私のお気に入りのクラス、ドラマ(演劇)です。私のクラスメイトはまるで動物園にいるかのようにとても個性的で活発なので、先生はいつも私たちに「動物たち、人間になって!!」と言います(笑)しかし、正直に言うと、最初はドラマが本当に嫌いでした。なぜなら、みんなの前で演技をしなければいけないからです。ある日、私たちはアドリブで演技をしなければいけませんでした。友達が、「行けーー!あやかーー!」と言ってくれても、正直私は「そんなこと言ったらプレッシャーになるのに!」と思ってしまっていました。演技の後、友達は「想像力豊かだね!」そしてクラスメイトも「あやか、面白い!」と言ってくれました。私はただ、失敗したら恥ずかしいからやりたくないと思っていたのに・・・。その時私はやっと、勇気を出して、一歩前に出て見るだけで人は変われるのだということに気づきました。それから、失敗を恐れずたくさんの新しいことに挑戦したり、自分から演技をしたりすることが出来ています。
 2つ目は私のホストマザーについてです。私のホストファミリーはホストマザーだけです。私たちはいつも一緒にテレビを見たり、料理をしたり、お出かけをしたりします。彼女は私の2番目の母であり、親友です!私は彼女からたくさんのことを学びました。もちろん、彼女からいつも英語を学んでいますが、人生において価値のあることも学びました。相手を敬い、自分のことよりも相手のことを先に考え行動することや、感謝の気持ちを忘れないこと、”Please”は魔法の言葉だということです!また、彼女のおかげで本を読むことが好きになりました!日本にいるときは全然本を読みませんでした。なぜなら、本を読むよりも映画を見たほうがもっと楽しいし、楽だと思っていたからです。初めて英語の本を読んだときは、一ヶ月で10ページほどしか読めず、「もう嫌だ…読めない!」と思いました。しかし、しばらくするうちに毎日読み続けるようになり、本を読むのが楽しくなり、今ではハリーポッターの6巻目を読んでいます!私の現在の目標は日本に帰る前に、ハリーポッターの本を全巻読破することです!本を読むことを勧めてくれたホストマザーにとても感謝しています。
 最後に、留学をすることは楽しいことだけではありませんでした。ホームシックになったり、上手く英語が話せなくて悩み、落ち込んだりしました。また、文化や価値観の違いにより、ホストマザーや友達と上手くいかずたくさん悩みました。しかし、それらの違いを受け入れ、人生を楽しむこと、自分の失敗から学び、前に進むことで私はたくさん成長できたと思っています。この9ヶ月間、たくさん泣き、たくさん笑い、そして新しい自分に出会うことができました。
 この留学を支えてくれている両親、先生方、友達、そしてホストマザーにとても感謝しています。私はいつも、彼らからの励ましや優しい言葉、素晴らしいアドバイスのおかげで頑張ることが出来ています。そして、お母さん、お父さん、私を留学に行かせてくれてありがとうございます。貴重な経験を積み、たくさんのことを学びました。また、ニュージーランドに来て、いつも二人に頼ってばかりだったことを実感しました。たくさん成長し、もっと大人になった私を見せられるように、二人に会うときまで一緒懸命頑張りたいです!最後まで読んでいただきありがとうございました!
11月に皆さんに会えるのをとても楽しみにしています。
お体に気をつけて。
愛を込めて

師田彩花

Mayu(NZからのメッセージ)

2019/11/06

 Hello everyone. I’m Mayu. I’m a Tauraroa Area School student in New Zealand. My school is in the countryside, and we need 30 minutes to go to town by car from here. I love this place in the countryside and my neighbors here. I have spent 9 months in NZ and am enjoying my time with my friends and family everywhere. I felt it was a long time to live here at first, but now I’m missing those times. I have got a lot of fun experiences. I have been in many difficult situations as well. I would like to share with you my story.
 There are unique classes in NZ which are not in Japan. I was longing for drama class. I really wanted to take classes in which I can have many activities, so I chose drama, physical education and music for my timetable. Almost all of the drama students are unique and pleasant. When I was frozen up, someone talked to me. During class, some people are dancing and singing. That class is so exciting. Of course, I’m joining them to dance and sing.
 When I was first acting, I didn’t even know what the drama was. I did good acting on my first show thanks to my mates. They told me anything gently one by one. I became to like everything about drama after that. I’m working really hard on drama class now.
 At the beginning of term 3, we made some groups to do devising. I made a pair with a boy. We decided our theme is “TIME”. The boy actually didn’t try to cooperate with me. I kept coming up with many ideas for us but he just said, “Sorry, I really don’t have ideas”, every day. One day I promised him that we will come to drama classroom at lunchtime to do our devising, but he was gone somewhere. That continued for 10 weeks. That was the first time for me to feel the worst in drama. My feeling was I really did not want to go to drama class because that was just stressful to me at that moment. However I didn’t give up. I didn’t drop drama. Instead, I talked with him a lot. We practiced our act more. Other students gave us great help, too. Finally we made it thanks to everyone. To be honest, I didn’t think our devising would be good. However, our teacher said to me “You are doing great work” at last class of the term. At that moment, I was able to be proud of myself. I think that my decision that I didn’t drop drama class was absolutely right.
 There were a lot of times I really wanted to give up or stop, but there are a lot of times I am happy that I didn’t give up as well. Fun moments are coming after a hard time. Recently we’ve got many tests in all our classes, so I keep being worried, but when I get “Excellent” for my test result, I’m able to work harder. I think it is important to carry on everything if you want to have a fun experience. I’m spending my time carefully.
Thank you for reading to the end.
Love and Hug
Mayu Morioka

 こんにちは、タウラロアエリアスクールに通う、万結です。わたしの学校は田舎にあり、町に行くまでに車で30分かかります。わたしはそんな田舎なこの場所とご近所さんが大好きです。9ヶ月が過ぎようとしている今、私はどこでも楽しく過ごしています。始めは長く感じていたここでの時間も早く感じます。ここで沢山の楽しい事を経験しました。それと同様に沢山の辛い事もありました。そんな私の留学生活ついて話そうと思います。
 ニュージーランドの学校には日本の学校にない面白いクラスがあります。私はドラマ(演劇)というクラスに憧れがありました。沢山のアクティビティをしたかったわたしはドラマの他にも体育と音楽を選びました。ほとんどのドラマ生徒は個性的で気さくな人たちです。私が固まっていたときも話しかけてくれたり、授業の中で誰かが歌っていたり踊っていたりします。凄く面白いクラスです。私ももちろんそれに参加します。
 初めて演技をしたときには何がドラマなのか全く解っていませんでした。それでも、友達のおかげで最初のドラマは上手く出来ました。彼らはひとつひとつ丁寧に教えてくれました。私はそれからドラマの全てが好きになりました。今、ドラマの授業に一生懸命取り組んでいます。
 Term3の初めに、私達はいくつかのグループにわかれました。私はある1人の男子とペアになりました。私たちのテーマは「時間」に決まりました。実際のところ彼はあまり協力的ではありませんでした。私はたくさんのアイデアを出し続けましたが、彼は毎日のように「ごめん、何も分からない」と言いました。ある日、昼休みにドラマの教室で練習をしようと約束しましたが、彼はどこかに行ってしまいました。それは10週間続きました。この授業を全く楽しめなくなったのはその時が初めてです。私はその時、ドラマが本当にストレスで、授業にも行きたくありませんでした。しかし、私はあきらめませんでした。ドラマを続けることに決め、彼とたくさんの話し合いをし、ひたすら練習をしました。他の生徒たちも私たちを助けてくれました。ついにはみんなのおかげで私たちの劇は完成しました。正直に言うと、この作品がうまくいくとは思いませんでした。しかし、先生が最後の学期に、「あなたはすばらしい仕事をしている」と言ってくれたのです。その時、自分を誇りに思うことができました。私のドラマを続けるという決定は間違っていなかったのです。
 諦めたくなったときは沢山あります。ですが、諦めなくて良かったと思った時も沢山あります。辛い事の後にこそ、すごく楽しい事がやってきます。最近は、他の授業でもテストがふえてきて緊張することが多いですが、結果でExcellentが取れたときはもっと頑張ろうと思えます。本当に楽しく過ごしたいのなら、諦めず努力を続けることが大切だと学びました。留学生活もあとわずかですが、大切に過ごしていきます。
ニュージーランドより愛をこめて

森岡万結

 

Mimi (NZからのメッセージ)

2019/11/06

 Hello, I’m Mimi Maeba. I go to Hastings Girls’ High School (HGHS). My school is an only girls’ high school among our host schools. I think that many people in Japan who want to study abroad may hope to go to a coeducation school. Actually, I thought the same thing before I came to New Zealand. However, I’m spending a great time studying abroad at an all girls’ school now. So, let me share the reasons why I am enjoying my experiences in New Zealand with such wonderful friends and teachers at such a wonderful school.
 My school has about 700 students from year 9 to 13. They spend school life in a relaxing way while understanding and respecting each other. Also, HGHS is an ideal place to study abroad since many international students come here. In my school code, we can’t use our own cellphones. It’s an annoying code for kiwi students, but it’s good for international students because we talk with kiwis more. I’m year 12, but I sometimes take classes for year 11. International students can choose their own subjects. I take science, math, ESOL, DVC, fabric design, and history. I recommend the first grade students in Study Abroad Course to take lots of subjects in which you can create something because the classes year 11 to 13 are mixed together, so they can make different aged friends. Most of the students are interested in different cultures and talk to the international students, so I made lots of wonderful friends. I was really surprised at HGHS that the kiwi students care about the international students when we are alone. I love how kind the students are to me. Then, next, let me introduce my best kiwi friends.
 Please look at the photos. It’s my lunch group. They are kind and funny. The girls have strong personalities and don’t stop talking and laughing anytime. One of my friends Zoe loves a Japanese word, “hokkyokuguma” and I don’t know why, but she always calls me it. Apparently, it’s a hard word to pronounce for her, so she can’t say it correctly. We have great conversations, especially when we talk about our love life. I feel it’s universal. They are such a funny group, but they can be serious. When I was upset about my friend, they hugged me and told me that if I don’t want to say about it, it’s okay, but I’m able to come and see them, so I don’t need to be upset. After that, they stayed by me for a while. The best thing I got during this studying abroad program was meeting them. If I didn’t meet them, my studying abroad life wouldn’t be so fun. Also, I’m really sad I have to leave here in November. My kiwi friends have taught me that I want to be a person who is not only supported, but can also support my friends.
 About nine months have passed since I came to New Zealand. As my seniors said, time really has flown and the remaining days must go even more quickly. Actually, the time here wasn’t easy for me, and sometimes I had more difficulties than good memories and wanted to go back to Japan. However, thanks to the people who have supported me like my teachers, study abroad agency, my friends, my family and New Zealanders, I’m loving this New Zealand life and I’m doing my best for my last month in New Zealand. I’m happy to have the opportunity to study abroad in Hastings. Thank you for reading.
Best regards,
Mimi Maeba

 こんにちは!ヘイスティングガールズハイスクール(HGHS) に通う前波心美です。私の通う高校は英語留学コースの生徒が通うホスト校の中で唯一の女子校です。今留学したいと考えている方の中には、女子校よりも共学がいいな、と考える人も少なくないかと思います。実際、私も現地での学校生活が始まるまでは同じことを考えていました。しかし、私は現在素晴らしい留学&女子校生活を送っています。そこで、ここでは最高の友達や先生に囲まれながら楽しめている素晴らしい学校での生活を紹介させてください。
 私の学校は9年生から13年生までの生徒約700名が在籍しており、互いを理解、尊重しながらのびのびと過ごしています。また、多数の外国人生徒も在籍しており、留学にはぴったりの環境です。校則で学校の中ではスマホは原則使用禁止されています。ニュージーランドの高校でスマホ使用禁止なのは珍しく、現地の子にとっては嫌な校則でしかありませんが、留学生にとっては英語をたくさん話せる機会となっています。私は12年生に所属していますが、時々11年生の授業も受けます。留学生は授業をESOL(留学生専用の英語の授業)以外自由に選ぶことができ、私は理科、数学、ESOL、デザイン、裁縫、歴史をとっています。私の学校では、図工のように何か物を作る創作系の授業は11年生から13年生までの生徒が一緒の教室で授業を受けます。特に英留の1年生の子達には、幅広い年齢の人と友達になれるのでこのような授業を選ぶことがおすすめです。多くの生徒は異文化に興味を持ち、話しかけてきてくれたりするので、最初とても緊張していた私でも友達を作ることができました。私が驚いたのは一人でいる留学生がいると現地の子が必ず声をかけていることです。本当にみんな優しくて、そんなHGHSの子たちが私は大好きです。今回はそんな生徒たちの中でも私が特に仲の良い友達についてお伝えします。
 写真に写っているのは私がいつもランチを一緒に食べているグループの子たちです。グループのみんなはとっても優しくて、個性豊かなので、本当にいつも笑いが絶えません。私の友達の一人であるゾイは、日本語の「ホッキョクグマ」という発音が気に入ったらしく、なぜか私のことをホッキョクグマと呼んできます。でも発音が難しいらしく、言えていません(笑)グループ内では特に恋愛関係の話が一番盛り上がります。そこは全世界共通なのだな、と実感しました。そんな楽しいグループですが、頼りがいのある一面もあります。ターム2で私が友人関係で悩んでいた時、私を抱きしめて「言いたくなかったら言わなくていいけれど、困ったときにはいつでも私のところに来ればいいんだよ、だから落ち込まないで。」と言って私のことを気にかけて、私のそばにずっといてくれました。留学に来て一番良かったことはこの子たちに出会えたことだと思います。もし出会ってなかったら私の留学生活はここまで楽しくなかったと思うし、離れるのがとってもさみしいです。友達のおかげで、これからは支えてもらうだけでなく、私もみんなを支えてあげられるような、そのような存在になりたいと思えるようになりました。
 現在、ニュージーランドに来て約9か月が過ぎました。先輩方がおっしゃっていたようにこっちに来てから時間が過ぎるのはあっという間で、残りの1ヶ月も一瞬で過ぎていくのだと思います。正直この9か月間は楽しいことよりも辛いことのほうが圧倒的に多く、日本に帰りたいと思うときも何度かありました。しかし、私を支えてくれる人たちのおかげで今は楽しい時間のほうが多くなり、残り一ヶ月も自分のできる限り頑張ろうと思っています。最後に、ここまで私を支えてくださった仁愛の先生方、Education focusの方々、英留の友達、私の家族そしてNZの方々、長い間サポートしていただきありがとうございます。ヘイスティングで留学できる機会がもらえて、本当に幸せです。

前波心美より

Mayu(NZからのメッセージ)

2019/11/06

   Hi, I’m Mayu and I’m studying abroad in Whanganui. My city is the oldest city in New Zealand. We can swim in the river called Whanganui River, go fishing there, go to Morning Market every Saturday or go shopping and watch movies in the town. There are also wonderful people who live here. When we pass each other, most people greet me, and sometimes we have a small talk. Even when I needed someone’s help, they gave me a hand soon, so I’m really glad to be a part of this lovely city for 10 months.
   About 8 months were over in a flash, but it was the most meaningful and valuable period in my life. Honestly, I didn’t imagine how hard it was to leave my family and live in a foreign country. In the beginning, it was a succession of hard fighting and failing. I cried many times because everything wasn’t going well, and I became crushed by stress and impatience. But now, my study abroad is fulfilling because I’ve never given up, and there are many supports.
   One of the purposes of my study abroad is “to share the cultures”. I wanted to know what kind of Japanese culture is known abroad, and I thought it’s a privilege for exchange students to be able to see what another traditional or modern culture are with our own eyes and experience them. I had opportunities to watch HAKA and my friends taught me how to do Poi. In NZ, club activities are different in each term, we can choose classes whatever we like, and most children start a part-time job or housework when they are a young child. I learned new things, but I can’t write all of them in this limited essay. Especially, what is interesting for me is hugging and kissing culture. In NZ, we hug and kiss on the cheek as a greeting with family, teachers, friends, and even people we have never met before. As you know, we don’t have a culture like this in Japan, so I was quite confused and it wasn’t a comfortable thing for me, at first. But I respect it now because I’m getting to understand that it’s a loving expression and it’s a cue to get close to each other.
   Tattoos are also quite interesting to me. In NZ, many people get some tattoos because it has meaning like a mark of their family or themselves, an expression of love with their partners, or the symbol of their culture. However, it’s said that tattoos are not a good thing in Japan, and some places do not allow people with tattoos to enter. The other day, I discussed this with my host family, and it was a precious time for me to think about.
   NZ is one of the countries that accepts many exchange students from overseas, so I was able to learn not only about NZ culture, but also other cultures such as Germany, the Philippines, Hong Kong, France, and Italy. By knowing different cultures, I feel like I could see Japan from different visions. Moreover, I actively joined some activities to share Japanese culture such as teaching origami and calligraphy to my classmates in class, cooking Japanese food for many of my acquaintances, and I talked about education in Japan with my teachers. I’m sure that many people became interested in Japan through those experiences.
   Another purpose of my study abroad is “improving my English”. I still remember clearly that three months were a struggle for me. I was shocked because people spoke English dozens of times faster than I expected. I felt lonely because just I couldn’t understand even one phrase, and it was hard to build a good relationship with people around me because I couldn’t understand and speak English.
   However, I overcame that problem, thanks to my classmates actually. About two months after I came here, I had a class training camp and we discussed facing up to what we were then. I found others had the same hard situation like mine, and they were trying to figure them out. They gave me a big power. I won’t forget the special memory that we couldn’t stop talking until 4 am, and then our eyes were swollen from crying the next day forever (haha). I made a list of what I had to do based on my classmate’s advice. My anxiety disappeared and I had just confidence at that moment. It took a long time to get everything well, but now, I can share my opinions in classes, laugh with friends until we tear up, and I can talk about many subjects with my host family. And I think my English is improving little by little. It’s still not perfect and fluent; even I find a word I don’t know every day. Also, if I stop this 10 month effort for learning English after I go back home, it must be left halfway done, so I’m gonna keep studying.
   Thanks to people supporting me, I could come here to study abroad, which not everyone can do. I can’t say thank you enough. Through this study abroad, I had an opportunity to face myself and grew up in mind and body. Then I again realized I love English.
Thank you for reading.
Lots of love,

Mayu Fujibe

 こんにちは、私はワンガヌイに留学している真優です。私の町はニュージーランドで最も古い町です。ここではワンガヌイリバーという川で泳いだり、そこで魚釣りをしたり、毎週土曜日に開かれるモーニングマーケットに行ったり、タウンで買い物をしたり映画をみたりできます。また、たくさんの素晴らしい人達が住んでいます。お互いに道ですれ違った時は、ほとんどの人が挨拶をしてくれたり、少し話をしたり。また、私が困っていた時にはすぐに誰かが助けてくれました。私はそんな素敵なこの町に10ヶ月も住むことができて嬉しいです。
 今までの約8ヶ月は本当にあっという間でしたが、私の人生の中で1番意味のある価値のある期間でもありました。親元を離れ、言語の違う国で生活をすることがどれだけ大変なことなのか、正直私は想像もしていませんでしたし、最初の頃は苦戦して、失敗して、の繰り返しの毎日でした。全てが思うように上手くいかず、ストレスと焦りで押し潰されそうになって、何度泣いたか分かりません。でも、こうして今充実した留学を送れているのは、諦めなかった自分と、沢山の支えがあったからです。
 私のこの留学の1つの目標は、まず「文化の共有」です。日本のどのような文化が海外で知られているのか知りたかったからと、他国の伝統的文化や近代的文化とは何か、実際に目で見て体験出来るのは留学生の特権だと思ったからです。例えば私は、マオリのハカ(NZの伝統的なダンス)を見る機会があり、また友達にポイ(ダンスで使う道具)の使い方を教えてもらいました。そして、NZでは、部活が学期ごとに違うこと、好きな授業が選べること、小さい頃からアルバイトや家事の手伝いを始める子が多いことなど、この限られたエッセイでは書き切れないほど沢山の新しい事を学びました。特に私が面白いなと思った事は、ハグやキスの文化です。NZでは、挨拶として、家族、先生、友達、そして始めて会った人さえもハグをして頬にキスをします。皆さんが知っての通り、私達の住む日本ではボディータッチをする文化が少ないので、初めの頃私はとても混乱し中々受け入れられませんでした。しかしそれが愛情表現や、親しくなるきっかけである事が徐々にわかり、今では素晴らしい文化だなと尊敬しています。
 次に私が面白いと思った事は、タトゥーについてです。NZでは沢山の人が体にたくさんタトゥーを入れています。これは、家族や自分を表現する印として入れていたり、パートナーとの愛の表現、文化の象徴だったりという意味があるそうです。日本ではタトゥーはあまり良いものとはされておらず、一部の場所では禁止されています。先日その事についてホストファミリーとディスカッションした事は、私にとってとても考えさせられる貴重な時間でした。
 また、NZには沢山の留学生がくるので、ドイツ、フィリピン、香港、フランス、イタリアなど、たくさんの国のことを知る事ができました。このように文化の違い学べた事で、違う視点から日本を見ることができた気がします。そして、日本文化を伝える活動にも積極的に参加しました。授業で折り紙や書道などを教える活動をしたり、たくさんの知り合いに日本料理を振る舞ったり、学校の先生達と日本の教育について話したりしました。それらの経験を通して沢山の人が日本に興味を持ってくれたと思います。
 もう1つの留学の目標は「英語を伸ばす事」です。今でもはっきりと、最初の約3ヶ月は苦戦したことを覚えています。私が想像していた何十倍もの速さで周りの人が英語を喋っていました。英語ができないせいで、ワンフレーズさえも分らなくて孤独に感じていたし、周囲の人たちと良い関係を築くことさえ難しかったです。
 それらを乗り越えられたのは、実は英留のクラスメイトのおかげです。NZに着いて約2ヶ月後にクラス合宿があり、クラスメイトと、その時の自分達に向き合うためにディスカッションをしました。そこで、他の子も自分と同じように、辛い状況を乗り越えようと必死に頑張っていることが分かりました。そんな彼らに大きなパワーをもらいました。私はクラスメイトと朝の4時まで語り全員で号泣して、次の日に目がすごく腫れたまま参加した特別な合宿を忘れることはないと思います(笑) 
 私は、クラスメイトのアドバイスを下に、しなければならない事のリストを作りました。もうその時には私の不安は消えて、できるという自信しかありませんでした。全て上手くいくようになるまで時間は正直かかりましたが、今、授業中現地のクラスメイトと一緒に意見を共有したり、友達と涙がでるほど爆笑したり、ホストファミリーと毎日沢山の話題について話せるようになりました。これらのおかげで私の英語は少しずつですが伸びてきていると思います。まだ、完璧に流暢に英語を話せるわけではないし、毎日分からない単語も出てきます。また、この10ヶ月の英語での生活だけで努力をやめてしまったら、絶対に中途半端になるのは分かっているので、日本に帰ってからも英語をたくさん勉強し続けるつもりです。
 誰もが出来るわけではないこの貴重な留学ができたのは、たくさんサポートしてくれている人達のおかげです。本当に感謝し切れません。留学を通して自分自身と向き合う機会が持て、体とともに心もたくさん成長しました。そして改めて思ったのは、自分はやっぱり英語が大好きだという事です。
読んで下さり有難うございました。
 愛を込めて、

藤部真優