ニュージーランドからのメッセージ

Message from NewZealand

Kei Makino(NZからのメッセージ)

2019/07/12

   Kia ora. This is Kei in Taumarunui. How have you been? It’s getting colder and colder in New Zealand. Five months have passed since I left Japan for New Zealand. Time is passing so fast. I want to tell how I have been spending my life in New Zealand through this essay. I’m happy if you can enjoy my ideas.
 First, I want you know about my school, Taumarunui High School. The education curriculum of my school has changed since last year. Students need to choose their own class, so we don’t have a set timetable. In April camp, I talked about it to my classmates from Jin-ai and they were so surprised. I’m taking maths, ESOL, music (keyboard and singing), and outdoor education. Also, I’m a member of the badminton club. I didn’t play any sports recently, so I got muscle ache.
 My school is unique, but we can experience lots of adventures. I think most of you don’t know about ‘outdoor education’. If you take this class, you can go on some trips, like hiking, rafting, or caving. I went on a scuba diving trip to Whitianga in the middle of May as part of my outdoor education class. At first, I was scared to dive under the water, but finally, that trip became my treasure. It’s because I could make great friends and I could meet such lovely Kiwis in Whitianga. Our outdoor ed. teacher will plan a second scuba trip, so I hope I can go again! It’s the best attraction of this school that such a great experience can be had! 
 Second, I’ll tell you about my mate and my great friends. I’m a student of RIMU room. In the room, there is a funny advisor and powerful students. My advisor is a funny lady, but when she talks about student’s worries, she listens so carefully. I was helped by her so many times, so it is no exaggeration to say that I can enjoy my school life thanks to her. My mates are really powerful and they are always laughing and talking. The room of RIMU has complete freedom. My great friends are not in the same room, but we have lunch together. One of the girls, Annie was living in Bolivia, so she can speak Spanish, and she can snowboard. But she has never tried skiing. I, on the other hand, have never tried snowboarding, but I can ski, so we’ll teach each other on snow sports trip. Another girl, Nikita, is very good at art, especially at taking photos. She took my photo once. It was a good photo, but my face was so funny. When I stay with them, I can talk naturally. They laugh at anything, and they ask me questions sometimes, so it’s easy to talk to them. I’m glad to have such great friends.
 When I just came here, I didn’t wonder if I could make friends. But I could make just a few, so I want to try to make more friends. My English and communication skill are still not good, but my friend Christian, who I go to school with, said, “I could get used to listening to you, so your English is improving”. I was happy because Kiwis admit my English is improving, even if I don’t realize yet. I want to keep trying so that I can realize it, too. In the end, I’m very lucky to be a student of the English study abroad course. I can feel so because of my family’s and teachers’ great support. I want to tell them thank you from the bottom of my heart. Thank you for reading. See you in November!
                                Aroha nui,
                               Kei Makino

 こんにちは。タウマルヌイの花泉です。お元気でしたか?ニュージーランドはだんだん寒くなってきました。私が日本を離れてからすでに5ヶ月という月日が過ぎました。時間がたつのはとても早いですね。さて、今回は私がどのようにNZの生活を送っているかをこのエッセーを通してお伝えしたいと思います。楽しんでくれたら、嬉しいです!
  まず、私の学校、タウマルヌイハイスクールについて知ってほしいと思います。私の通っている学校の教育カリキュラムは去年から変わりました。私達には時間割がなく、生徒たちは自分で取る授業を決めます。エイプリルキャンプでこのことについてクラスメイトたちに話したら、とても驚いていました。それだけでも私の通っている学校は特徴的ですが、たくさんの「冒険」も体験できます!「冒険」については後でお伝えします。私は数学、ESOL(留学生のための英語の授業)、音楽(キーボードと歌)、そしてアウトドアエデュケーションというクラスを取っています。また、バドミントンクラブにも入っています。最近運動をしていなかったので、筋肉痛になりました(笑)それでは、いよいよ「冒険」についてお伝えします。ほどんどの人が、「アウトドアエデュケーション」を知らないと思います。このクラスを取ると、ハイキングやラフティング、ケービング(洞窟体験)などに行くことができます。5月の半ばには、スキューバダイビングをしにフィティアンガというところに行きました。最初は水の中でのダイビングが怖かったですが、最終的にはこのトリップは私の宝物になりました。なぜなら、このトリップで友達ができたし、フィティアンガで素晴らしいキウイの人たちに出会えたからです。私達のアウトドアエデュケーションの先生が2回目のダイビングトリップを計画する予定なので、また行けるといいなと思っています。このような素晴らしい経験ができることは、この学校の最大の魅力だと思います。 
 次に、私のクラスメイトと自慢の友達についてお話したいと思います。私は、リムという教室の生徒の一員で、その教室には面白いアドバイザーと、元気いっぱいの生徒がいます。私のアドバイザーは、いつもは面白い先生ですが、生徒たちの悩みを聞くときはとても真剣です。彼女にはたくさん助けられたので、私が学校生活を楽しめているのは彼女のおかげと言っても過言ではありません。私のクラスメイトたちは元気いっぱいで、いつも話して、笑っています。リムの部屋は完全に自由です(笑)私の自慢できる親友達は同じ教室ではありませんが、ランチを一緒に食べます。一人はアニーといい、ボリビアに住んでいたのでスペイン語を話すことができ、またスノーボードもできます。しかし、一度もスキーをしたことがないそうです。私は一度もスノーボードをしたことがなく、スキーができるので、スノースポーツのトリップのときにお互いに教えあえたらな、と思います。もうひとりの親友ニキータは、アートにとても優れていて、特に写真撮影が得意です。一度だけ私を撮ってくれました。いい写真でしたが、私の顔がとても面白いことになっていました(笑)彼女たちといるときは自然体で話すことができます。彼女たちは何にでも笑ってくれて、時々問いかけてきてくれるので、話しやすいです。このような素晴らしい友達を持つことができてとても嬉しいです!
 ここに来たばかりの頃は、友達を作れるとは思っていませんでした。しかし、少しですがいい友達を作れたので、もっと作れるように励みたいと思います。私のコミュニケーションと英語の能力はまだまだだと思いますが、一緒に通学している友達のクリスチャンが「花泉の話していることを聞き取れるようになってきているから、成長しているよ」と言ってくれました。キウイが私の英語の成長を認めてくれていたことが嬉しかったです。でも、自分ではまだわからないので、自分でもわかるようになるまで挑戦し続けたいと思います。最後に、英留の生徒になることができて、幸運だなと思います。そう思えるのは、家族と先生方の素晴らしいサポートのおかげだと思うので、心の底から感謝したいです。読んでくださりありがとうございました。11月に会いましょう!
                                愛を込めて
                                牧野 花泉

 

Seina(NZからのメッセージ)

2019/06/04

 

Hello! I’m Seina. Four months have passed since I came to New Zealand. I have finally got used to the new environment and my life in New Zealand. I experienced a lot of the joys and sorrows of this study abroad. Also, I laughed a lot of times and I cried a lot of times for these past four months. So, I’m going to introduce my life and my experiences in New Zealand.

First, I’m going to introduce my host family. I’m living here with my host mom, host dad, host brother, and host sister. My host mom can cook very well and she is powerful. My host dad is very smart and very kind to me. My host brother is 16 years old, and his name is Morgan. He is interested in Japanese so I’m teaching Japanese, but it’s so difficult for me. My host sister is 15 years old. Her name is Dana and she has a kind heart. She always came to my place and said, “It’s okay”, a lot of times when I was crying. I am always helped by them. I love my host family. Also, my host family has a lot of animals – cattle, chickens, sheep, dogs and cats – so I can come into contact with various animals. My host family is Christian, so usually we go to a church every Sunday. It’s a new experience for me. I spend my weekend doing various things with them. For example, playing card games, chess, watching movies, playing the piano, making a cake with Dana, teaching Japanese to Morgan, helping with housework, studying English and talking with my host family. I can spend holidays and weekends with them so I’m very happy. If my host family were not this family, I wouldn’t be happy now. They are my important family.

Next, I’ll introduce my school life in New Zealand. I go to Dannevirke high school and I have English, Math, Science, Home economics, Music, Health, and ESOL class. Members are different in each class so I had a hard time making friends at first, but all my classes are fun now because I could make a lot of friends. New Zealand style classes are free so I can ask any questions to my teachers. Also, I participated in various events at Dannevirke High. For example, sports day, swimming day, camp, and cross country. When I participated in the cross country, my friends cheered me and we ran together so I got 7th in the race. I was so happy. Also, I’m joining a hockey club. I had never played it but Morgan and Dana are joining this club so I joined it. This sport is so hard for me because I have to run such a long distance and do so much training but I have a nice time with my hockey teammates. As you can see, my school life is full of excitement.

Studying abroad is not only fun. I had a lot of hard times and I have worries now in my study abroad. However, when I was homesick and crying, my host family and people from church supported me a lot of times. When I was worried about my English skill, my friends and my teachers of Dannevirke High said, “Your English is very good”, and comforted me often. I’m always helped by many people so I can live in New Zealand now. I found that I can’t live without the support from the people around me. I think it’s the best growth of my mind for me. I would like to continue my life with gratitude to the people around me.
Thank you for reading.
Love& hugs,

Seina Kato

こんにちは。清那です。私がニュージーランドに来てから、4ヶ月が経ちました。やっと新しい環境、ニュージーランドでの生活に慣れてきたところです。私はこの留学を通して、たくさんの楽しさ、そして悲しさを経験しました。また、この4ヶ月でたくさん笑い、泣きました。そんな私の生活や体験を紹介していこうと思います。

まず、ホストファミリーについて紹介します。私はホストマザー、ホストファザー、ホストブラザー、ホストシスターと一緒に暮らしています。ホストマザーは料理がすごく上手で、パワフルな人です。ホストファザーはとても賢く、優しい人です。ホストブラザーは16歳で名前はモーガンと言います。彼は日本語に興味を持ってるいるので、私は日本語を教えていますが、とても難しいです。ホストシスターは15歳で名前はダイナです。彼女はとても優しい心を持っていて、私が泣いていた時はいつも「大丈夫だよ」と言って私の側に来てくれました。私はいつもホストファミリーに助けられています。私はそんな彼らが大好きです。そして、私のホストファミリーは牛、鶏、羊、犬、猫とたくさんの動物を飼っているので、たくさんの動物と触れ合うことができます。また、彼らはキリスト教なので、毎週日曜日には教会に行きます。これは私にとって新しい経験です。週末はホストファミリーと様々なことをして過ごしています。例えば、カードゲームやチェスをする、映画を見る、ピアノを弾く、ダイナとケーキを焼く、モーガンに日本語を教える、お手伝いをする、英語の勉強をする、ホストファミリーと話す、などです。私は週末や休日にホストファミリーと過ごせるのでとても幸せです。もし、私のホストファミリーがこのファミリーじゃなかったら、私は今幸せじゃないと思います。彼らは私の大切な家族です。

次に、ニュージーランドでの学校生活について紹介します。私はデニバークハイスクールに通っていて、英語、数学、理科、家庭科、音楽、保健、ESOLの授業を取っています。メンバーがクラスごとに違うので、友達を作るのに初めは苦労しましたが、今はたくさんの友達を作ることができたのでどのクラスも楽しいです。ニュージーランドの授業は自由なので、どんな質問も先生に聞くことが出来ます。また、私は様々なデニバークハイスクールのイベントにも参加しました。例えば、体育祭、水泳大会、キャンプ、クロスカントリー(マラソン大会)などです。私がクロスカントリーに参加したとき、たくさんの友達が応援してくれて、一緒に走ってくれたおかげで7位を取ることができました。とても嬉しかったです。そして、ホッケーの部活に入っています。ホッケーはした事がありませんでしたが、モーガンとダイナがホッケーの部活をしているので、私も入りました。ホッケーでは長い距離を走らなければならないし、たくさんのトレーニングをしなければならないので私にとって、とても厳しいスポーツですが、チームメイトと共に良い時間を送れています。このように、私の学校生活は充実しています。

留学をするという事は、楽しいことだけじゃありません。私はこの留学でたくさんの辛い時間を過ごし、今も不安を抱いています。ですが、私がホームシックで泣いていた時、私のホストファミリー、教会の人々は何度も私を支えてくれました。私が自分の英語力について悩んでいたとき、デニバークハイスクールの私の友達、先生は「せいなの英語はとても上手だよ」と言って、何度も慰めてくれました。私はいつもたくさんの人々に助けられているので、今ニュージーランドでこのように生活できています。私はこの留学生活の中で、周りの人の支え無しでは生きていくことができないと言うことに気が付くことができました。これは私にとって一番の心の成長だと思います。これからも、周りの人に感謝して留学生活を頑張っていきたいです。

読んでくださってありがとうございました。

心を込めて

加藤清那

Chieko(NZからのメッセージ)

2019/05/13

My Message from NZ

Chieko Ibe

Hello! How are you? I’m Chieko from Tauraroa Area School. Three months have passed since I came here and only a few days ago I had April Camp. It was great because I could meet my classmates. I felt that some of them had grown up so much since they were in Japan. I was impressed with the fact that no one laughed at other people’s problem. I’m really lucky to have such friends. I respect them and thought, I should try harder and harder at everything. But that’s a conversation for another time. 

In this essay, I first want to introduce my school. Actually, my host school, Tauraroa Area School is a new school for Jin-ai. None of my seniors went to this school, and I didn’t have exact information about it. So, I was little bit nervous. But I want to tell that this school is so nice!! Our school has from year 1 to year 13 students. It is from kindergarten children to high school students in the same school. So older students are very kind and caring. This school is like a little family and I really love that. What is more, our school has a relaxed manner, so the students’ personalities have no end. .

Next, I’ll introduce two of my top-quality friends. I’ve made unique, funny and lovely friends. First, my friend, who is a boy, is like a girl. He always talks with girls and he likes boys. The first time I met him, he was holding a sunshade and talking with girls. So my first impression of him was very unique and I never saw a boy like him, so I got interested in him. I tried to talk with him, and I realized he is so funny and gentle. The other day, we played volleyball outside and it was a sunny day. One of my friends threw the ball to him. But he didn’t catch it and this ball hit his head. Everyone laughed and asked him why he didn’t catch the ball. He answered while laughing, “It’s because the sun said to me, ‘Hello!!’” This time’s his face and movements were soooo funny! At this time I came to really like him. Also, he is good with his hands, so he sometimes does girl’s hair very cute. Therefore he is very popular with everyone.

Another of friend of mine is a girl who always asks me, “Chieko! Do you have food !?”. She is always hungry and asks everyone the same question. Her family is mixed with Cambodia and China and Indonesia etc… and she can speak four or five languages. She is very bright and cheerful. On my first school day, she talked to me and I was so happy. Recently she consulted me about love. She has liked the same boy for two years! I advised her, “You sometimes romp too much. It is good but how about being more like a lady?”  She answered “It is good, but I want to make everyone smile.” I was really surprised and impressed. She is one year younger than me. I really respect her. What do you think about my great friends?

I’m very lucky to be a student of the Tauraroa Area School. And I want to say thanks to my family and teachers. My English is not good, but I feel certain I have grown in many ways. I want keep trying harder. Thank you for reading!

                                                                                Love and hugs,
Chieko

ニュージーランドからのメッセージ

伊部千恵子

こんにちは!お元気ですか?タウラロア・エリア・ハイスクールに通っている千恵子です。私がニュージーランドに来てから3ヶ月が経ち、つい先日エイプリルキャンプに行ってきました。久しぶりに仁愛のクラスメイト達にも会うことができ、楽しかったです。何人かの子達は、日本にいたときに比べとても成長したな、と感じました。特に他の子達の悩みを聞いても誰も笑わなかったことがとても印象的でした。こんな友人を持てて幸せです。私は彼女達をとても尊敬し、同時に自分ももっと色々な事を頑張らないといけないと感じました。まぁ、この話はまた別の機会に話そうと思います。

このメッセージでは、まずは学校の紹介をしたいと思います。実は私のホストスクール、タウラロア・エリア・ハイスクールは新規の学校で、この学校に行かれた先輩が私にはいませんでした。なので詳しい情報は一切なく、私は少し不安でした。しかしその時の私に言ってあげたいです。タウラロアは本当に素敵な学校だと!!うちの学校にはyear1から year13の生徒がいます。日本でいうと、幼稚園児から高校生までが同じ学校に通っていることになりますね。だから高学年の生徒たちはとても優しくて、面倒見がいい人が多いです。この学校は学校全体が小さな家族のようで、私はそんなところが大好きです。さらに言うと、うちの学校とてものびのびしているので生徒達の個性はとどまるところを知りません。(笑)

今回はそんな私の友人達の中でも選りすぐりの、個性的で、面白くて、素敵な友達を2人紹介します。最初の友達は女の子のような男の子です。いつも女子と話していて、彼は男の人が好きです。私が最初に彼に会った時、彼は日傘をさして女の子達と話していました。なので、最初の私の彼への印象は変わってるなーという気持ちで、今まで自分の周りにそういった男子がいなかったので彼にとても興味を持ちました。彼に話しかけてみて気づいたことは、彼はとても面白くて優しいということでした。ある晴れた日私達が外でバレーボールをしていた時に、友達が彼にボールを投げると、彼はボールをキャッチできずに頭にぶつけていました。(笑)けっこう強めに。みんな笑いながらなんで取らなかったのか彼に聞くと、彼も笑いながら「違うって!だって太陽が僕にこんにちはって言ったんだよ!!」と言ったのです。その時の彼の表情と動きは本当に面白かったです。その時から私は彼が大好きになりました。また、彼は手先が器用なのでよく女の子達の髪を可愛く結ってあげています。そのため彼はみんなの人気者です。

2人目はいつも私に「千恵子!食べ物持ってる!?」と聞いてくる女の子です。彼女はいつもお腹が減っていて、いろんな人にこの言葉を言っています。(笑)彼女はカンボジアや中国、インドネシアのミックスで4、5ヶ国語を話すことができます。とても明るくて元気な女の子です。私の初めての登校日に彼女は私に話しかけてくれたので、本当に嬉しかったです。最近彼女に恋愛相談を受けたのですが、彼女は同じ人を2年も好きだそうです!私は「あなたはたまにはしゃぎ過ぎる時があるよ。いい事だけどもうちょっとおしとやかになってみるのはどう?」とアドバイスしたのですが、彼女は「いいね。でも私は私の周りの人を笑わせて幸せにしたいんだ」と答えました。それを聞いて、とても驚いたと同時に感動しました。彼女は私の1歳年下なのです。本当に尊敬しました…!私の素晴らしい友人達はどうでしたか?

私はタウラロアの生徒になれてとてもラッキーです。また、留学にこさせてくれた両親や先生方に感謝したいです。私の英語はまだまだですが、確かな成長を感じています。これからもすべての事に対して全力で励んで行きます。ここまで読んで下さりありがとうございました!

愛を込めて
千恵

Momoka(NZからのメッセージ)

2018/11/16

Hi guys! How have you been? It’s Momoka. Nine months has passed since I came to New Zealand. Time has gone so fast and unfortunately I have to go back to Japan next week. So in this essay I’d like to share about my life in New Zealand.

I go to Te Kuiti High School and I take Carpentry, Social Studies, English, Hospitality, Maori, Math, and ESOL.To be honest during term 1 I had been wanting to go back to Japan because I couldn’t make close friends and I couldn’t understand what was going on in the class. I felt lonely and everything was hard for me at school.  However, at that time some of the students told me “Your English is really good and you are so funny!” These words from them gave me confidence and so I’ve started to try to talk with more and more people. I appreciate them for making my school life way better. There are many differences between New Zealand and Japan, so sometimes it made me surprised and confused but now it has become normal for me. One of them is when students see their friends, they nod their heads and raise their eyebrows. I had no idea what people were doing. These differences are interesting for me because I had never learned that from the textbook in Japan, so I’d recommend people go to another country.

 I didn’t play any sports at school, but instead of that I really enjoyed going out with my host family.  They love to go out and have fun, so at the end of every month, they have already decided plans for the next few weeks. In the holiday I had plans for almost everyday. That’s sounds so crazy doesn’t it ! During summer most weekends I went to the lake and I tried wakeboarding and biscuiting. Of course, it was my first time so I crashed again and again. Seriously I thought my neck was going to come off. Anyway, it was so fun going out with them and every time they made me experience new things also thanks to that I´m not scared of trying new things anymore!  I think I spent most of these 10 months with them. When I was upset, they listened to me a lot and gave me advice. For me they are like a real family. Now you know how much I love them.

One day I had a quite bad day. I messed up at school, and some of my stuff had broken at home so I was just depressed. At that time my host mom told me “That’s ok Momoka. It may be a bad day for you, but it’s not the worst day for you. If you keep depressing it would be a worse day. However, if you think, I couldn’t do well but next time I won’t make the same mistake or I’m lucky because my stuffs have broken but I can fix it or I can get more cool one, like this. That makes feel you better.”  She is totally right and from that I’ve learned the importance of taking things from a different perspective. When I made mistakes or I couldn’t do well , I always got angry myself or really depressed. However, by taking things from a different perspective I feel comfortable and I can work hard again. “Don’t make a worth by myself” These words from her became really important for me.

Finally, I appreciate my family for letting me come to NZ.  Coming to another country for 10 months was a big challenge in my life. If I wanted, I could be a normal high school student in Japan but if I didn’t come here I couldn’t experience such a great time and meet great people. I think I made the best choice. I’ll miss here, my host family, and my friends so much.

Thank you for everyone who is supporting me here and from Japan. I have had such a great time. I’ll never forget to be grateful to these people and I’ll keep working hard from now on. I’ll see you guys soon!

Lots of love

Momoka Noji

--------------------

こんにちは。元気でしたか?桃花です。私がニュージーランドに来てから9ヶ月が経ちました。時間が経つのはすごく早く残念ながら来週には日本に帰らなくてはいけません。そこでこのエッセイでは私のニュージーランドでの生活を共用したいと思います。

私はテクイティハイスクールに通っていて、木工業、社会、英語、家庭科、マオリ、数学、ESOLを取っています。正直、一学期の間は日本に帰りたいと思っていました。学校で仲の良い友達が出来なかったり、授業が理解できなかったからです。孤独だったり、学校での全てのことを難しく感じていました。そんな時、何人かの友達に”ももかの英語はすごく良いし面白いよね”と言われました。彼女達からのその言葉に自信をもらい、より沢山の人達と話すようになりました。私の学校生活をよりよくしてくれた彼女達にとても感謝しています。ニュージーランドと日本にはたくさんの違いがあります。時々、それに驚いたり混乱したりしますが今はそれらは普通になりました。そのうちの一つが、学校で友達に会うと顎を上げて眉毛を動かして挨拶をする事です。最初はみんなが何をしてるのか分かりませんでした。このような違いは日本で教科書から学ぶ事は出来ないのでとても面白いです。なので私は海外に行ってみる事をお勧めします。

学校ではスポーツをしませんでした。その代わりにホストファミリーと出掛けるのをとても楽しみました。 彼らは外に出かけて、楽しい事をするのが大好きなので月末には次の数週間の予定が決まっています。とてもクレイジーですよね。ホリデー中はほぼ毎日予定がありました。夏の間はほとんどの週末に湖に行ってウェイクボーディングやビスケッティングに行きました。もちろんそれらは初めてだったので何度もクラッシュしました。冗談抜きに首が取れるかと思いました。彼らと出掛けるのはとても楽しく彼らは毎回私に、新しい経験をさせてくれます。そのおかげで新しい事に挑戦するのはもう怖くありません。この10ヶ月のほとんどを彼らと過ごしたと思います。私が落ち込んでいると話を聞きアドバイスをくれました。私にとって彼らは本当の家族のような存在です。もう私がどれだけ彼らを好きか分かりますよね。

前についてない日がありました。学校で失敗をして家では自分の物が壊れてしまい、落ち込んでいました。そんな時ホストマザーに”大丈夫ももか。あなたにとってついてない日かもしれないけど、最悪の日ではないよ。でも多分落ち込み続けたら最悪の日になるだろうね。だけど、今回は上手くできなかったけど次は同じ間違いをしない。物は壊れたけど治せるしもっと良いものを手に入れられるかもしれない。ラッキーだ!と考えてみれば?”と言われました。彼女に言われた事は正しく、そこからは物事を違う角度から捉える事の大切さを学びました。以前は失敗をしたり上手くいかなかった時は、自分に腹を立てたり落ち込んだりしました。しかし、物事を違う角度で見る事によって、頑張ることができたり、間違いや新しい事に気づく事ができます。自分で最悪を作らない。彼女からのこの言葉は自分にとって大切になりました。

最後に。ニュージーランドに来させてくれた家族にとても感謝しています。外国に10ヶ月来る事は私の人生で大きなチャレンジでした。日本で普通の高校生になることも出来ました。だけどここに来なければ、素晴らしい時間を経験できなかったし、素晴らしい人達にも出会う事ができませんでした。自分は最高の選択をしたと思います。ニュージーランドやホストファミリー、友達がとても恋しくなると思います。

ニュージーランドでそして日本から沢山のサポートしてくれてありがとうございました。 とても素晴らしい時間を過ごす事ができました。みんなへの感謝を忘れずこれからも頑張ります。すぐに会いましょう。

愛を込めて

野路  桃花

Yuna(NZからのメッセージ)

2018/11/16

Hi, guys! How have you been? It’s Yuna from Hauraki Plains College. I can’t believe how fast time flies, and only got a week to go before going back to Japan. Life in New Zealand is relaxing and I really enjoying the different life compared to Japan. In these few ten months, I’ve got quite a few lovely memories. Today, I’d like to share some of them talking about my life here.

To begin with, let me talk about my host family. I have mom, dad and sister in my host family. They are lovely people to stay with and I always have a fulfilling time with them. We value the time we spend with each other and we usually like to go for a drive on the weekends. Once in a while, they took me to some places driving a long way. I’ve been to Cape Reinga, Tane Mahuta, Mt Maunganui and many other places. I bet, you would be taken aback if you learned how many hours it took us to get there, but it took about 9 hours driving. We stayed at the motel for a night and it was a wonderful two-day trip for me. We also like to eat and I’ve been trying a lot of Kiwi food. Once when I had big feast with my host family’s relatives, we had paua, raw fish in coconut cream, fried bread, boiled up oyster and all sorts of food there. Then, one lady who was sitting in front of me, said, “Oh man, you can eat a lot. You can eat anything too. I better eat mine before you eat all.”That was a funny memory for me. As you can see, yes, I’m a big eater now since I’ve been in New Zealand. Anyway, my host family are Maori people, so I also experienced a lot of Maori traditional stuff such as “Hangi” and “Tangi”.Both these are special occasions for all Maori people.”Hangi”is a traditional food which is cooked in a pit dug in the ground. We have all sorts of meat for hangi, like pork, lamb, beef and chicken. We also have many root vegetables such as

kumara. The food is in the ground for about three hours and the result of this long process is tender, off-the-bone meat and yummy vegetables, all infused with a smoky, earthy fragrance. I really love the smell of it. One of my memorable experiences is “Tangi”.It’s a traditional Maori funeral held on a Maori house, called “Marae”.I know it doesn’t sound fun, but inside of the marae is filled with a warm atmosphere when having the rite, I could feel it. My host family has a large extended family, so we go to tangi quite often. We say farewell to the deceased with speech making and song and Maori language is commonly used during the whole rite. At end of the rite, we all visitors and relatives hug each other by giving a kiss on each cheek. It represents we are all a part of a big family. When I go to Tangi, people do it to me every time just like I was their family. They say to me “Kia ora, thank you for coming. It’s nice to see you.” I thought “What lovely people they are.” I like how they warmly welcome me, even though it is their first time to meet me. That’s my reason why I like to go to tangi. I really like to meet many people now, not only at tangi but in my everyday life, and it was a privilege to meet a lot of lovely people in New Zealand.

Well, I was eager to talk about my school life here, but it will be bit long, so maybe I had better wait till I go back to Japan,eh?.haha I can’t stop talking once I started to taking. Anyway, I’m so excited to meet all of you guys and talk more in a week.

Lastly, these 10 months has been one of my most memorable periods of my life. I’ve experienced heaps of things here. Including difficult times, I can proudly say the time I spend in New Zealand was absolutely awesome. I’m so appreciative for all the support from Japan, organising and encouraging me. I can’t say thank you enough. I only got a week, but I will enjoy the rest of my life here.

Thank you for reading my essay and see you very soon in Japan.

Sincerely,

Yuna Matsuura

--------------------

こんにちは! お元気でしたか?ハウラキ高校の由奈です。 どのくらいの時間が過ぎたか信じられず、帰国まで一週間しかありません。 ニュージーランドの生活はのんびりしていて、日本と比べて本当に楽しかったです。 この十ヶ月で、素敵な思い出ができました。私の留学生活についてお話したいと思います。

まず、私のホストファミリーについて話しましょう。私のホストファミリーはお母さん、お父さん、妹です。彼らはとても素敵な家族で、互いに一緒に過ごす時間を大切にし、週末にドライブに行くのが好きです。彼らは私を遠くまで連れて行ってくれました。Cape Reinga、Tane Mahuta、Maunganui山などに行ってきました。そこに着くのに何時間かかったかを知ったら驚くと思います。車で約9時間かかりました。一晩モーテルに泊まり、私にとって素晴らしい2日間の旅行でした。私たちは食べるのも好きで、私NZの食べ物をたくさん試してきました。ホストファミリーの親戚と大宴会をしたとき、私たちはパウア、ココナッツクリーム入り生の魚、揚げたパン、茹でた牡蠣、などあらゆる種類の食べ物を食べました。そして、私の前に座っていた一人の女性が、「あら、あなたはたくさん食べるのね。しかも何でも食べる。あなたに全て食べられる前に、自分の分を食べてしまわなきゃ!」と言いました。それは面白い思い出です。ご覧のとおり、NZに来てから私は食欲旺盛になりました!私のホストファミリーはマオリ族で、「ハンギ」や「タンギ」などのマオリ族の伝統もたくさん体験しました。これらはすべてマオリ族の特別な行事です。ハンギは地面に掘られた穴に、豚肉、羊、牛肉、鶏肉、そしてクマラ(さつまいも)などの根菜も入れる蒸し料理です。約3時間地面に埋めた結果は柔らかい肉やおいしい野菜で、燻製で自然な香りです。私は本当にその匂いが大好きです。私の思い出に残る体験の一つは「タンギ」です。マラエというマオリの集会所で行われる、伝統的なマオリの葬式です。楽しいとは言えませんが、儀式の間はマラエの中が温かい雰囲気に包まれます。私はそれを感じることができました。ホストファミリーは親戚が多いので、タンギに行くことがよくあります。スピーチと歌で死者に別れを言い、葬式の間はマオリ語が頻繁に使われます。儀式の終わりには、すべての訪問者と親戚がお互いの頬にキスをしてハグをします。それは私たちがすべて大家族の一員であることを表しています。私がTangiに行くと、彼らは私が家族の一員であるかのように、毎回ハグやキスをしてくれます。そして私に「キオラ、来てくれてありがとう。会えてうれしいわ。」と言ってくれます。 私は「彼らがなんて素敵な人達なのか」と思っていました。彼らが初対面でも私を暖かく歓迎してくれる方法が好きです。それが私がタンギに行く理由です。私はタンギでだけではなく、日々の生活の中でも多くの人々に会いたいと思っています。ニュージーランドでたくさんの素敵な人と出会えた事は私の特権でした。

ここで学校生活について話したいと思っていましたが、長くなるので帰国するまで待った方がいいでしょう(笑) とにかく今は皆さんに会い、もっと話をすることをとても楽しみにしています。

最後に、この10ヶ月は私の人生で最も記憶に残るものです。 ここで多くのことを経験しました。 辛かった時期も含めてNZで過ごした時間は素晴らしいものだったと胸を張って言うことができます。日本からのサポートや励ましてくれたことに感謝しています。どれ程感謝しても、したりません。残り一週間ですが、残りの留学生活を楽しみます。

読んでいただきありがとうございます。

松浦由奈