ニュージーランドからのメッセージ

Message from NewZealand

Anri(NZからのメッセージ)

2017/11/15


Hello, I am Anri. I go to Hauraki Plains College with my best partner, Aya. I cannot believe I have to leave here soon. Looking back at my memories, I’ve gone through so many happy things surrounded by a lot of kind people during my experience of studying abroad. I appreciate my host family, friends and teachers at this school for giving me a lot of love and many good opportunities.:) People in New Zealand are so friendly and I like their style. When they have a conversation, they open their hearts to each other. I feel like it is such fun.:) I would like to write about what I’ve learned in New Zealand in this essay.
I am taking math, English, Maori, music and ESOL. Let me talk about my favorite subject, music. I love the class because many students have the spirit of making something purely for pleasure and I can do some creative activities here. Students work on interesting tasks. For example, some students form a music band and compose original songs with the members. Composing a song and writing its lyrics from the beginning as a band group was such a fresh experience for me. I sometimes have performances and record our songs using a computer and a full-scale machine. I was surprised when I came here for the first time because what the students were doing looked like what real musicians and recording engineers do. I learned many things in this class.
One of the things I’ve learned from this class is that it is very important to have fun when we acquire something. This is quite sudden, but I have a question for you. When you hear the word “studying”, what do you imagine? Do you feel excited, interested or do you have a negative impression? I used to choose the latter one. However, my point of the view has changed from the music class. This class told me studying should be fun and that learning things in that way will come back as a benefit someday.
Making a song together as a team, my bandmates and I sometimes had a slump. It had been decided what the piano part was going to be, but we could not start making the sounds for the other instruments. We had some talking time for the song but could not find a fundamental solution and repeated similar discussions for the song during the whole week in class. We noticed that we needed a new way to solve the problem. However, no one knew where to start. I felt that we were wasting our time. The performance day was getting closer! At the same time, I was frustrated about two things in my heart. One thing was that our song did not improve at all and the other was the language barrier which I had. If I had understood their whole conversation like a kiwi student, I would have understood what my bandmates were thinking better and could have given them more of a hand. I thought this many times. I did not want to finish this class, making an excuse that I had no choice but to be a bystander since I was a “foreigner.” I wanted to change something with my band members. I realized I needed to take an action by myself.
I decided to make music and write musical scores for my bandmates on a weekend. Although I had some experiences from choir and piano, it was my first time to make music scores for instruments other than the piano. To make the song, I researched information about the trumpet and the alto saxophone on the Internet. Then I learned something new. These instruments are called transposing instruments and their music scores and piano’s music scores are different. I checked how different a music score of those instruments are from that of the piano. When I was composing a music score and getting the knowledge which I had not previously known, a thought occurred to me. “Isn’t this the meaning of studying? Studying means trying to find what is needed and using the knowledge for our own goal?” Thinking in that way, it seemed to me that studying means to learn something exciting.
Also when I got ideas from what I learned, that knowledge was reflected in the song. I thought I would like to know more about music in order to play pleasurable music while making a harmony and arranging the song with my bandmates. That feeling also told me that studying is interesting and fun. Moreover, I felt one more happiness. When I gave the music score to my bandmates at school, they seemed very glad. They received it with smiles and started practicing it immediately. From that day on, we spent our music classes effectively for our performance. I also got a chance to teach my band members how to play the melody, playing the piano. They understood me very well.

I never expected that I would be involved in music like this. My bandmates supported me a lot. Music meant a lot to me and this experience taught me how important it is to take an action by myself. I will never forget these things. I’ve come to love music more in New Zealand.
I would like to take this opportunity to express my sincere gratitude to my family in Japan. I thank them for supporting me studying abroad from far away. Their warm words and the stuff they sent from Japan cheered me up. While I am here, our homeroom teacher and our agent here have been organizing many things for us. Also, they visited and encouraged us. I thank all the people who have supported me. I appreciate their help.

Love
Anri

-------------------

こんにちは。杏理です。ベストパートナーの彩と一緒にハウラキプレインズ高校に通っています。もう少しでここを去らなければいけないなんて信じられません。ここでの思い出を思い出すと、留学中多くの優しい人達に囲まれてたくさんの楽しいことに出会いました。ホストファミリーや友達、この学校の先生方が、私を愛してくださり、たくさんの機会をくださったことに、本当に感謝しています。ニュージーランドの人はとてもフレンドリーです。そして私は彼らのスタイルが好きです。特に、お互いに心を開いてして人と会話をするときはすごく楽しいです。このエッセイでは、私が何をニュージーランドで見つけたかを書けるといいです。
私は数学、英語、マオリ、音楽、ESOLの授業をとっています。私のお気に入りの音楽の授業について書かせてください。私はこのクラスが大好きです。なぜなら、たくさんの生徒が心の底から音楽を純粋に楽しんでいるからです。そしてこのクラスではクリエイティブな授業を受けることができます。生徒は音楽バンドを作り、バンドメイトと一緒にオリジナルの曲を作詞、作曲したりしています。曲の歌詞や音をメンバーと一緒にはじめから作り出すことは、私にとってとても新鮮な経験でした。そして時々その曲をパフォーマンスしたり本格的な機械を使ってレコーディングしたりします。最初に来たときは、生徒がやっていることがミュージシャンやレコーディングエンジニアのように見えて、とても驚きました。私はこのクラスでたくさんのことを学びました。
私が学んだことの一つは、何かを学ぶとき楽しむことがとても大事だということです。突然ですが、みなさんに質問があります。みなさんは”勉強”という言葉を聞くと、何を想像しますか。興味があったり、楽しいと感じたりしますか。それとも少しネガティブになりますか。私は前まで後者を選んでいました。しかし、私の視点はこの音楽の授業をとってから変わったと思います。このクラスは、勉強することは楽しいことであるべきで、その学びはいつか返ってくることを教えてくれました。
曲を一緒にチームとして作るとき、私のバンドメイトと私は時々スランプ状態になることもありました。ピアノのパートは決まっているのですが、他の楽器のパートの音を作り始めることができませんでした。曲を作るために話し合いの時間がありましたが、根本的な解決をすることができず、同じような話を一週間授業で繰り返していました。私達は解決するために何か新しいやり方を見つけなければならないと気づいてはいましたが、そのために何から始めればよいのかみんな分かりませんでした。パフォーマンスの日が近づいてきているのに、時間がただ過ぎているだけのように感じていました。同時に、私は心の中で2つのことに後悔していました。一つ目は私達の曲に成長がないこと、もう一つは私が抱えていた言語の壁です。もし私がグループでの会話をすべて現地の子のようにきちんと理解できたら、私のバンドメンバーが考えていることを今よりさらに理解し手助けすることができるのに…、と何度も思いました。私は、外国人だからということを理由に、ただ傍観者になっているだけで、この授業を終えたくはありませんでした。私は、バンドのメンバーと一緒に何かを変えたいと思っていました。そのためには自分で行動を起こさなければいけないことに気が付きました。
私は、週末にバンドメイトのために曲と楽譜を作ることを決めました。私は合唱とピアノの経験はありましたが、ピアノ以外の楽器のために楽譜を書くことは初めてでした。曲を作るため、私はインターネットでトランペットとアルトサクスフォンについて調べました。そのとき私は初めて、それらの楽器は移調楽器と呼ばれていて、それらの楽器の楽譜とピアノの楽譜は違うと知りました。そこで、私はどれぐらいそれらの楽器とピアノの音が違うのか確かめて、楽譜を作りました。知らなかった知識を入れながら作曲していると、ひとつの考えが私の頭の中に浮かびました。「勉強ってこういうことを意味するのではないか。つまり、勉強とは、何を知る必要があるのかを探して、その知識を何かの目的のために使うことではないのか。」と。そう考えると、勉強をすることがとても楽しいことのように思えてきました。
そして知識からアイディアを得たとき、それらはそのまま曲になります。私は愉快な曲をバンドメイトと演奏し、ハーモニーを作ったり、曲をアレンジしたりするため、もっと音楽について知りたいと思いました。この気持ちが、私に勉強についての興味やおもしろさを教えてくれました。さらにもうひとつ嬉しい出来事がありました。私が作った楽譜をバンドメイトに渡したとき、彼らは喜んでくれたのです。笑顔で受け取ってくれて、さっそく練習を始めました。そして私達のバンドはパフォーマンスにむけて効率的に授業に取り組むようになりました。私が彼らにメロディーをピアノを使って教えるというチャンスもできました。彼らは私のことをわかってくれました。
このような形でニュージーランドで音楽をやるとは全く予想していませんでした。バンドメイトは私をたくさん支えてくれました。音楽が私にとってどれだけ大きな意味があったのか、自分から動いていくことがどれだけ重要なのか教えてくれたことを忘れません。私はニュージーランドに来て、音楽がもっと好きになりました。
この場をかりて日本の家族に感謝の気持ちを述べさせてください。温かい言葉や日本からの荷物がどれだけ私を元気づけてくれたのか、遠い日本から私の留学を支えてくれてありがとう。そして担任の先生や留学サポーター方は、いろいろ手配をしてくださり、また私達を訪ねてくれて勇気づけてくれました。この留学を支えてくれた全ての人々に感謝しています。ありがとうございました。

愛を込めて
杏理

Saki(NZからのメッセージ)

2017/11/09


Hi, there! I’m Saki. Today, I’d like to share my life in New Zealand. My town, Te Kuiti, is a really good place to stay because the winter isn’t really cold and it doesn’t snow. The summer isn’t wet like Fukui as well. Lately, the time of sunlight is getting longer, so I feel lucky. Isn’t it nice to see the sun until 9 o’clock?
I have had lots of new experiences since the beginning of my life here. My experiences here have taught me how important it is to communicate with people. Relationships between others and myself change through good communication.

I’m going to tell you an episode that gave me the chance to focus on communication. I used to live only with my host parents since their own children have grown up and they live in other cities. However, in June, my host parents decided to accept another girl into our family. She is a local New Zealand student who goes to the same high school as me and she had some problems at her house. Before she came, I had really enjoyed my style of my life, living alone with my host parents, so to be honest, I didn’t like her very much. Many days went by but the situation didn’t change. I started to think that “I” needed to change something. Rethinking carefully, I realized that I was judging her without trying to get to know her. I was just watching her as a girl who suddenly became part of our family and changed my comfortable life style. If I had met her as a school friend, not as a family member, I wouldn’t have had any dislike for her. After that, I started to communicate with her a lot. The more I came to understand who she was, the more I came to like her. I think communication is the most important thing to build a relationship now.

I’ve learned one more thing, which is the difference between “to compromise” and “to accept”. These are both things that I did, but they are different in how we see a problem. There is a huge difference between the life in NZ and the one in Japan, so I am sometimes confused by cultural differences and people’s way of thinking. What is important is to face and solve problems and there are two ways to face them. One is to compromise. But when I try to compromise, I have to suppress a part of my feeling and give up something. The other way is to accept a difference. Acceptance doesn’t require me to ignore my opinion. I just see things as they are. I’ve come to be able to accept and enjoy the differences. A difference is not always a hard problem. It is sometimes quite funny and beautiful. Also, there are many differences that I can experience only in New Zealand. For example, I can see the Southern Cross in the night sky here. Every morning, I see a man and his big sheep. It looks just like when we take our dogs for a walk in Japan. Isn’t that interesting?
While I have been learning important things through studying abroad, I have been enjoying my life here in New Zealand. At school, I take math, English, P.E., music, art, and ESOL. I used to take biology, tourism and drama. Most of my subjects are participatory, so I can state my opinion without caring about making mistakes. In music class, we enjoy singing or playing various instruments. When I have spare time, I play the ukulele and sing with my friends. Speaking of music class, we had a big performance show last month at school. I performed in 11 performances including the piano and flute solo, some band and chorus!! I was super excited, so I actually don’t remember what I did properly… but, I can say it is a good memory.

In addition to my classes, I joined many clubs and the last club finished last month finally. I miss all of them now. One of the clubs is Kapa Haka and the other ones were netball, orchestra, rugby, chorus and tennis…(and a few more…) These clubs kept me busy during the week and gave me the chance to make lovely new friends. I had never done most of these activities before coming here but it was so fun for me. I especially liked netball and I think I spent one-third of my time here playing netball. I played netball as a school sport club. This sport is popular in New Zealand and in the U.K. Netball is like basketball but it’s for girls. Playing netball, players don’t dribble and each player has her own role and her own movable range. In my case, we had practices twice a week and we played games once a week. Besides, we did fundraising to buy our uniforms and to go on a trip. The excursion to Rotorua after the season with the netball members was one of my precious memories.

Looking back, I have been enjoying every day, which is better than I had imagined. Everything that I have experienced has made me more creative. I have not decided what actions to take for my future, but I hope the experiences that I have gained here will connect to tomorrow. Also I’ll make sure that I must never forget what I have achieved here.

Finally, I thank everyone who has supported me. I will try my best from now on, too!!

Saki

-------------------

皆さん、こんにちは。私は紗季です。今日は、私のニュージーランドでの生活を皆さんと共有したいと思います。私の住んでいる町テクイティは、住むにはとてもいい所です。冬は寒くありませんし、雪も降りません。夏は福井のようにジメジメすることもありません。最近、日が長くなってきたので嬉しいです。9時まで太陽が出ているのっていいと思いませんか。

ここで生活を始めてから、たくさんの経験をしてきました。そしてその経験を通じて、人とコミュニケーションをとることがどんなに大切かを学びました。他の人と私の関係はコミュニケーションによって変わります。

コミュニケーションが大切だということが分かったきっかけをお話します。私は、最初ホストペアレンツと3人で住んでいました。ホストペアレンツの子どもたちは成長していて他の町に住んでいます。しかし、6月に、ホストペアレンツがある女の子を家で預かることにしたのです。ニュージーランドの現地の子で、私と同じ学校に通っている生徒です。彼女の家でいろいろ問題があったからのようです。彼女が来る前は、私は、ホストペアレンツと3人だけの生活をとても楽しんでいたので、正直言うと、彼女のことがあまり好きにはなれませんでした。彼女と一緒に生活を始めてからかなりの日数が経ちましたが、状況が変わらなかったので、自分自身で何とかしなければいけないと思うようになりました。そして、もう一度よく考えてみると、自分が彼女のことを知ろうとはせずに彼女のことを判断している、ということに気付きました。私は、彼女のことを、「突然私たちの家族の一員になり、私の以前の居心地がよかった生活を台無しにした子」と思っていたのです。もし、家族としてではなく、学校の友達として彼女と出会っていたなら、彼女を嫌いだと思うことはなかったでしょう。それから、私は彼女とたくさんコミュニケーションをとるようにしました。彼女がどのような人か理解すればするほど、私は彼女のことが好きになりました。今、私は、人間関係を築くには、コミュニケーションが一番大事だと考えています。

もう一つ学んだことがあります。それは、「妥協する」ということと「受け入れる」ということの違いです。私はこの両方をしてきましたが、この2つは、問題をどうとらえるかが違っています。ニュージーランドでの生活と日本での生活は大きく異なるので、文化的な違いや考え方の違いに戸惑うことが時々あります。大切なことは、その問題と向き合い解決することで、問題と向き合うには2つの方法があります。一つ目は、「妥協する」ことです。しかし、妥協をしようとすると、自分の感情を押さえつけたり、何かをあきらめたりしないといけません。もう一つの方法は、違いを「受け入れる」ことです。受け入れると、自分の意見を抑える必要はありません。物事をありのままにとらえるだけです。私は違いを受け入れ、その違いを楽しむことができるようになりました。違いはいつも問題になるとは限りません。時にはとても面白くて素敵なものです。ニュージーランドでしか経験できない違いもたくさんあります。例えば、ここでは夜の空に南十字星を見ることができます。そして、毎朝羊を散歩させている人に会います。日本で犬を散歩させているようなものです。面白いと思いませんか。

私は、留学でいろいろなことを学びながら、ニュージーランドでの生活を楽しんでいます。学校では、数学、英語、体育、音楽、美術、ESOLの授業をとっています。前は生物と観光学、演劇の授業もとっていました。私が受けている授業の多くが参加型の授業なので、間違いを恐れることなく、自分の意見を言うことができます。音楽の授業では、歌ったり、いろいろな楽器を演奏したりします。暇があると、友達とウクレレを弾いたり歌を歌ったりしています。音楽の授業と言えば、先月学校で大きな公演がありました。私は、ピアノとフルートのソロやバンド演奏、合唱など、11の演目に出演しました。私はとても興奮していたので、自分が何をしたのかはっきりとは覚えていませんが、とてもいい思い出だということは言えます。

授業以外でも、たくさんの部活や活動に参加してきました。最後の部活が先月終わってしまいました。全ての活動が懐かしく寂しいです。部活の一つはカパハカで、他の活動としては、ネットボール、オーケストラ、ラグビー、合唱、コーラス、テニスなどです。(他にもいくつかあったと思います…。)これらの活動をしてきたことで、私の平日の生活は忙しく、素敵な友達を作る機会にもなりました。私はここに来る前、これらの活動のほとんどをやったことがありませんでしたが、とても楽しかったです。特に私はネットボールが好きで、ここでの生活の3分の1の時間をネットボールをして過ごしたと思うくらいです。ネットボールは学校の部活としてやりました。ネットボールはニュージーランドとイギリスで人気があります。ネットボールはバスケットボールに似ていますが、女子のスポーツです。プレー中、選手はドリブルをしませんし、それぞれの選手にそれぞれの役割があり、動ける範囲が決まっています。私たちは、週に2回練習し、週に1回試合をしました。また、ユニフォームを買ったり、旅行に行ったりするための資金集めもしました。シーズンが終わってからネットボールのチームメートと一緒にロトルアへ行った旅行は、私の貴重な思い出の一つです。

振り返ってみると、私は予想していた以上に毎日を楽しんでいます。経験したこと全てのおかげで、私はより創造的な人間になれました。将来どんなことをしていくかについてはまだ分決めていませんが、ここで得た経験が将来につながることを願っています。また、ここで成し遂げたことを決して忘れることがないようにしようと思っています。

最後に、私を支えてくださった方々皆に感謝しています。これからも頑張ります。

紗季

「Aina」

2017/10/30

Hi guys! I’m Aina from Pompallier Catholic College. It’s been warm these days in my city and spring is here. It’s hard to believe that 9 months have gone so fast. I have experienced many different things. I’m going to tell you about my life in New Zealand.
First of all, I’m going to tell you about my school. I take English, math, science, social studies, religion, P.E., health, ESOL, textile and art. I took wood work and music during the first term and the second term. You guys must be surprised to hear that I take so many classes. I especially liked wood work. I made a ukulele in this class. It was difficult for me to use different machines for different parts of the wood, but my teacher and my friends helped me, so I could make it very well. I sometimes play the ukulele after school.

Second, I’m going to tell you about my host family. I stay with my host father and my host mother. They are kind to me. My host father always tells me a joke and makes me laugh. My host mother works at the school canteen of my school, so we always see each other at school. She is good at playing the guitar and the ukulele. She teaches me how to play them. Now I can play them well like her.

Next, I’m going to tell you about badminton. I have made countless memories playing badminton. I belong to the Northland representative team. At first, I played badminton every Thursday for Kensington Club, and then I was invited to play at Tuesday’s practice. I was so glad because that meant that I had been chosen to represent Northland as a member of the senior badminton team. I practiced hard with adults every Tuesday for the team competition. However, I didn’t enjoy the practice at first. I thought that I wanted to quit this club many times because I couldn’t join a conversation due to the lack of confidence in my English ability. As a result, I felt very isolated. I knew that I needed more confidence to do my best for my team. I told my friends about my problems at the April camp. One of my friends told me that I should continue to play badminton because playing badminton surrounded by only seniors would give me more opportunities to have more challenging games, which could help me improve my badminton skills and gain more confidence. I came back from the camp with a more positive way of thinking. At badminton practices, I tried to say to the other players, “Nice shot” or “Nice smash.” After that, they started calling my name and talking to me a lot. In May this year, a competition of the seniora was held. I was nervous because this competition was the first one I entered in New Zealand. My first opponent was a 16-year-old girl. I just managed to beat her. After this game, I saw my teammates clapping and I heard them saying, “Well done, Aina!” from the stands. That made me become tearful and I was so glad to be a member of this team. Finally, our team won the competition to be the best team in Northland area. And after the competition, my first opponent became my first real friend in badminton. She said to me, “I want you to take part in a U19 team competition. I need you. Can you join my junior team?” I joined her Auckland team for 5 days with other top female players. I made fantastic memories with them. I was worried at first that I wouldn’t be able to fit into this team, but I completely forgot about my anxiety because we instantly became friends with each other. Finally, my team won the 13th prize in this competition. I played with a representative player of New Zealand in this competition. I’ll never forget playing against her because she was such a good player. However, I won the second set against her!! Yaay, go me!! I thought my skills were good enough even against national players like her. Through the badminton competition, I made friends with a lot of people who live in Auckland. One day, when I played a badminton match in Auckland, one of my friends came and watched my match for me. After the match, she said to me, “Did you know that I was going to quit badminton? However, I was so impressed by your match so I just decided to continue playing badminton.” Her words made me happy. I remembered that I wanted to quit badminton like her. If I’d quit badminton, I wouldn’t have met all these nice people and made fantastic friends and memories. I have a thing to brag to you about. I have been chosen as one of the Northland Secondary Schools Sports Awards Finalists!! I was invited to the dinner for the award.

 

Through badminton, I’ve learned the importance of doing activities and the importance of never being afraid of making mistakes. I believe that if I do my best even when I encounter some difficulties, they will be good experiences for me. Now I practice squash and take ukulele lessons in addition to badminton. Thanks to my family in Japan, I was able to experience lots of things in New Zealand. I cannot thank my family enough. To be honest, I don’t want to go back to Japan because my host family, my friends at school, my teammates and others are so kind to me. I can’t believe that only one month of my life in New Zealand is left. I want to enjoy myself every day.

Thank you very much for reading.

Lots of love,
Aina

---------------------

皆さん、こんにちは。私はポンパリアカソリック高校に通っている愛菜です。最近私の街は暖かくなり、春がやってきました。9ケ月がこんなに早く過ぎてしまったなんて信じられません。これまで、たくさんのいろいろなことを経験してきました。私のニュージーランドでの生活についてお話します。

まずは学校生活についてです。私は、英語、数学、科学、社会、宗教、体育、保健、ESOL、裁縫、美術の授業をとっています。1学期と2学期には、木工技術と音楽もとっていました。私がこんなにたくさんの授業をとっていると知り、びっくりされることでしょう。私は特に木工細工が好きでした。この授業で、私はウクレレを作りました。違う木材ごとに違う機械を使わなければいけなかったので大変でしたが、先生や友達が手伝ってくれたので、うまく作ることができました。時々そのウクレレを放課後に弾きます。

次に、私のホストファミリーについてです。私は、ホストファザーとホストマザーと暮らしています。とても親切にしてくれます。ホストファザーはいつも冗談を言って私を笑わせてくれます。ホストマザーは私の学校の購買で働いているので、学校でもよく会います。マザーはギターとウクレレがうまく、私に弾き仕方を教えてくれます。そのため、私は今彼女のようにうまく弾くことができるようになりました。

次は、バドミントンについてです。私は、バドミントンで数えきれないくらいの思い出ができました。私は、北部地区の代表チームに所属しています。初めは、ケンジントンクラブで毎週木曜日に練習をしていて、その時に、火曜日の練習にも誘われました。つまり、バドミントンのシニアチームの北部地区代表に選ばれたということなので、とても嬉しかったです。団体戦に向けて大人の方々と火曜日に一生懸命練習しました。しかし、最初は練習が全く楽しくありませんでした。何度もこのクラブをやめたいと思いました。自分の英語力に自信がなく、会話に入れなかったからです。そのため、とても疎外感を感じていました。チームのために全力を尽くすには、もっと自信を持たなければいけないことは分かっていました。エイプリルキャンプの時に、友達に私の悩みを話したときに、友達の一人が、大人とプレーすることで、もっと強い人と試合をする機会が増え、バドミントンの技術も向上し、自信がつくだろうから、続けるべきだと言ってくれました。そのおかげで、前向きな気持ちでキャンプから戻ってきました。バドミントンの練習の時に、私は他の選手に「ナイスショット!」や「ナイススマッシュ!」と声をかけるようにしました。そうしたら、みんなも私の名前を呼び、話しかけてくれるようになりました。今年の5月には、シニアの試合がありました。ニュージーランドに来てから初めての試合だったので、とても緊張しました。私の第一戦の相手は16歳の女の子でした。なんとか勝つことができました。試合の後、チームメートが応援席で拍手をし、「愛菜、よくやった!」と声をかけてくれるのが聞こえました。このチームのメンバーでよかったと、涙があふれてきました。私たちのチームは北部地区で1位になりました。この試合のあと、最初に戦った相手が、バドミントンで私の初めての親友となりました。彼女は私に、「U19のチームの大会に出てほしいです。あなたが必要です。私たちのジュニアチームに参加してくれませんか。」と言ってくれました。私は5日間、他のトップクラスの女子選手と一緒に、彼女のオークランドチームに参加し、素敵な思い出を作ることができました。最初はチームになじめるかどうか不安でしたが、不安を忘れてしまうくらい、すぐに友達になれました。この大会で、私たちのチームは13位という結果でした。この大会で、私はニュージーランド代表選手と試合をしました。こんなにうまい選手と試合ができたことを忘れません。それでも、私は2セット目をとることができました。私ってすごい!彼女のようなニュージーランド代表の選手とも戦えるくらい、自分の力が通用することが分かりました。バドミントンの試合を通じて、オークランドに住む友達がたくさんできました。ある日、オークランドで試合があったときに、友達の一人が私の試合を見に来てくれました。その試合の後、彼女は私にこう言ったのです。「私は、バドミントンをやめようと思っていました。でも、あなたの試合をみてとても感動したので、バドミントンを続けることにしたの。」と。私はそれを聞いて、とても嬉しかったです。私がバドミントンをやめていたら、これだけたくさんの素敵な人たちに出会い、友達や思い出を作ることはなかったでしょう。ここで、皆さんに自慢したいことがあります。私は、北部地区高校生スポーツ奨励賞の選手に選ばれ、表彰式の晩餐会に招待されました。

バドミントンを通じて、私は何か活動に参加すること大切さと失敗を恐れないことの大切さを学びました。たとえ大きな壁があったとしても、一生懸命続ければ、その経験は素晴らしいものになると信じています。私は今、バドミントンの他に、スカッシュとウクレレのレッスンも受けています。日本の家族のおかげで、ニュージーランドでたくさんの経験ができました。家族に感謝しきれないほど感謝しています。ホストファミリーも学校の友達も、バドミントンのチームの友達も、他の人々もとても優しくしてくれるので、正直私は日本に帰りたくありません。私のニュージーランドでの生活が1か月しか残っていないなんて信じられません。残りの日々を毎日楽しみたいと思います。

読んでくださってありがとうございます。

愛をこめて
愛菜

Tsukino(NZからのメッセージ)

2017/10/23

Kia ora everyone!!  How have you been doing?  I’m Tsukino from Te Kuiti High School. It has already been more than eight months since I came to New Zealand.  I have had quite a few experiences here so I would like to tell you about some of them.
Firstly, let me tell you about my lovely Maori family.  I live with my host mother Pania, host father Mitchell, host brother Qaiyaan, two host sisters TeRito and Taniko.  Pania works at Te Kuiti High School and I go to school with her.  She always listens to me so I like talking with her.  Mitch is a Maori carver and tattooist.  He is good at cooking and I always look forward to eating dinner.  Qaiyaan is very energetic.  He is good at rugby and I like watching his rugby games.  TeRito is my younger sister but she is taller than me.  I thought she was my older sister when I first met her.  She is good at Kapa Haka and I like her beautiful singing voice.  Taniko is also my younger sister and she is cheerful.  I like playing with her.  Also, there are heaps of animals in the neighborhood.  I sometimes run with ostriches. lol  It is one of my good memories.
Secondly, I would like to talk about my school life in New Zealand.  As I wrote above, I go to Te Kuiti High School with my great partner Saki.  I take math, tourism, DTE, hospitality, photography and ESOL.  I like all of the subjects but especially I like hospitality and ESOL.  In our ESOL class, there are six Samoan students, two Japanese students, one Fijian student and one Filipino student.  We can learn about the cultures of our countries.  In the last term, we made the dishes of our own countries and shared them for lunch.  There were many dishes which I had never seen before and I really enjoyed eating them.  At hospitality, I can cook a lot of dishes.  I learned how to make coffee in the last term.  I hang out with my kiwi friends at interval and lunch time.  I have been having an awesome time at Te Kuiti High school.
I have joined the Kapa Haka club, in which I practiced Maori’s traditional performance.  I thought I wanted to join this club since I was in Japan.  I competed in two competitions and a festival called ‘Tainui Waka Regional Kapa Haka 2017’, ‘Maniapoto Secondary Schools Cultural Festival (WAIWAIA)’ and ‘Te Nehenehenui Tribal Festival’.  We practiced hard and we sometimes stayed at marae to practice Kapa Haka.  Singing and remembering Maori songs were easy but using poi was so hard for me.  I used a single poi in the first competition but I had to use two pois at WAIWAIA and Te Nehenehenui.  I had never used these and I’m clumsy, so I couldn’t keep up with my friends.  However, they taught me enthusiastically even if I couldn’t do it properly.  To be honest, I sometimes thought I didn’t want to do Kapa Haka anymore but I was able to continue and enjoy doing Kapa Haka thanks to them.  Also, I participated in many Maori important events such as powhiri through the Kapa Haka club so I’m very glad that I joined this club.

Next, I would like to talk about the hard time that I had in New Zealand.  I didn’t have any confidence in myself and my English ability when I first arrived here so I couldn’t talk so much with my family and friends.  I knew English was my second language so it was alright to make mistakes.  However, I was always afraid of making mistakes because I thought everyone would make fun of me.  I knew what I should do in my head but I couldn’t bring myself to do it.  I was disappointed in myself and I came to think I couldn’t do anything because I was so shy and quiet.  Then, my host mother said to me, “Oh Tsukino, we have come to learn that you are shy and that’s ok.  This is part of who you are.  It is alright to make mistakes because sometimes we don’t learn without making mistakes.  I know exactly how you feel about talking in English to people speaking English fluently since I also get very shy around people who are fluent speakers of Maori.  I think you are very brave and we will make more opportunities for you to have a go.  Chin up!  It’s a new day tomorrow.”  These words gave me confidence and I thought I had to do what I could do now.  Yes, it was so hard for me to become positive but I think I’ve built a good relationship with my friends and host family thanks to my host mother and my own efforts.

I have only one month until I go back to Japan.  Although it was very hard to spend time together with people who have different cultures but I’ve learned a lot of things from them and learned to see things from different angles.  I will never forget these experiences I had here.  Thanks to everyone who has supported me!!

See you guys soon

Love,
Tsukino Shimasaki

―――――――――――――――――――

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしですか。テクイティ高校に通っている月乃です。私がニュージーランドに来てから、もう8か月以上が経ってしまいました。ここでかなりたくさんの経験をしたので、そのいくつかをご紹介します。

まずは、私の素敵なマオリのホストファミリーについてです。私はマザーのパニア、ファザーのミッチェル、ブラザーのクアイヤン、2人のシスターのテリトーとタニコと住んでいます。パニアはテクイティ高校で働いているので、一緒に学校に行きます。マザーはいつも私の話を聞いてくれるので、彼女と話をするのが好きです。ミッチはマオリの彫刻家で刺青職人です。料理が得意で、私はいつも夕飯を食べるのを楽しみにしています。クアイヤンはとても元気です。ラグビーが得意で、私は彼の試合を見るのが好きです。テリトーは私より年下ですが、私より背が高いので、初めて会った時には年上だと思いました。彼女はカパハカがうまく、私は彼女の美しい歌声が好きです。タニコも年下のシスターで、明るい子です。私は彼女と遊ぶのが好きです。そして、近所には動物がたくさんいて、時々ダチョウと走ります(笑)。いい思い出の一つです。
次に、ニュージーランドの学校生活についてお話します。上に書いたように、私はテクイティ高校に、私の良きパートナーの紗季と一緒に通っています。私は、数学、観光学、デジタル技術、ホスピタリティー、フォトグラフィー、ESOL(留学生のための英語)の授業をとっています。どの教科も好きですが、特にホスピタリティーとESOLが好きです。ESOLのクラスには、サモアからの生徒が6人、日本人2人、フィジーの生徒とフィリピンの生徒が1人ずついます。お互いの国の文化について学ぶことができます。前学期に、それぞれの国の料理を作り、昼食の時に一緒に食べました。今まで見たことがないような料理ばかりで、食べるのが楽しかったです。ホスピタリティーの授業では、たくさんの料理を作ります。前学期では、コーヒーの入れ方を学びました。インターバル(長い休み時間)や昼休みには友達と一緒に過ごします。私は、テクイティ高校で素敵な時間を過ごしています。

私はカパハカ部に入り、マオリの伝統的な歌や踊りを練習しました。日本にいたときから参加したかったものです。大会に2回、フェスティバルに1回参加しました。「Tainui Waka地区カパハカ大会2017」、「Maniapoto中学校文化祭(WAIWAIA)」と「Te Nehenehenui部族大会」です。一生懸命練習し、時々マラエ(マオリ族の集会所)で合宿することもありました。歌ったり、マオリの歌を覚えたりするのは簡単でしたが、ポイを使うのが難しかったです。最初の大会ではポイは1つでよかったのですが、あとの2回はポイを2つ使わなければいけませんでした。それまでポイを使ったことがなく、それに私は不器用なので、友達についていけませんでした。しかし、友達は、私がうまくできなくても、熱心に教えてくれました。正直言うと、もうカパハカをやりたくないと思ったことも何回かありました。でもカパハカを続けて楽しかったのは、友達のおかげです。また、カパハカ部で、ポウヒリ(マオリの歓迎式)などのマオリの大切な行事にもたくさん参加できたので、この部に入ってよかったです。

次は、ニュージーランドで辛かったことの話です。ここについたばかりの時、私は自分自身と自分の英語力に全く自信がなく、家族とも友達ともそれほど話ができませんでした。英語は私にとっては第二言語なので間違っても構わないということは分かっていました。しかし、いつも間違うのを怖がっていました。皆が私をからかうのではないかと思っていたからです。自分が何をすべきか頭の中では分かっていましたが、行動に移せませんでした。自分に幻滅し、自分は恥ずかしがり屋でおとなしいから何もできないんだと考えるようになりました。そんなとき、ホストマザーが私に言ってくれました。「月乃が恥ずかしがり屋だということは分かってきました。それでいいと思います。それがあなただから。そして、間違っても大丈夫。間違わないと学ばないことがあるから。英語がうまい人に話しかけることに月乃がどう感じているかよく分かります。私も、マオリ語がうまい人たちの中にいると、とても恥ずかしくなるから。月乃はとても勇敢です。月乃が挑戦できる機会をもっと増やせるようにしてみましょう。ほら、顔をあげて。明日にはまた新しい日が始まるから。」と。この言葉で、私は自信がつき、今自分ができることをしようと思えるようになりました。もちろん、積極的になるのは大変でしたが、ホストマザーと自分の努力のおかけで、友達とも家族ともいい関係を築いてきたと思います。

日本に帰るまでもう1か月しかありません。文化が違う人たちと時間を過ごすのは大変なこともありましたが、たくさんのことを教えてもらい、物事を違う角度から見ることができるようになりました。私は、ここでの経験を忘れないでしょう。私を支えてきてくださった方々、ありがとうございました。

皆さん、もうすぐ会いましょう。

愛を込めて

嶋崎月乃

Momoka(NZからのメッセージ)

2017/10/13

Hi!  I’m Momoka.  I live in Taumarunui, which is in the King County.  My town is blessed with nature and there are rivers and mountains.  I think the area those mountains cover is larger than the town.  I have experienced lots of activities in nature.

I’m going back to Japan soon.  I still can’t believe it!  I feel time has passed very rapidly.  I feel my 10-month-long-term overseas study program was very short, but I’ve made a lot of memories during my New Zealand life.

First, I’m going to talk about my school.  I go to Taumarunui High School.  I think my school’s system is different from other schools’.  We take 4 classes on Mondays, Tuesdays and Wednesdays.  One class is 70 minutes long.  I thought it was long at first, but I don’t think so now because I enjoy taking classes.  On Thursdays and Fridays, we don’t study academic subjects.  Instead, we can choose to do a lot of activities such as outdoor sports, cake decorating, making food, making costumes, drama, Maori culture, Japanese, art and gym.  I often joined outdoor sports.  I went mountain biking, kayaking, tramping and skiing.  It was so hard for me because I hadn’t done most of them before.  For example, before I went tramping, I thought I could enjoy walking, expecting to see beautiful views and take pictures.  However, I had to walk much longer than I had expected.  I actually walked about 20 kilometers in 5 or 6 hours.  In addition, the weather wasn’t good each time we went, so I always got wet.  No matter how hard the tramping was, I didn’t think I wanted to change it to another easier activity because I wanted to lose the weight I’d put on and because it helped me build up my strength.

Second, I would like to talk about my friends.  I had never worried about making friends in Japan, so I thought I would be able to make friends quickly in New Zealand as well.  I was wrong.  After I started my school in NZ, I tried to make good friends, but it was difficult.  Although I had some students to be with, I couldn’t talk a lot with them.  Also, even when I talked to them, I couldn’t understand their English.  Honestly, I was not enjoying my school life.  One day when I was about to start giving up, something wonderful happened.  I met a new student who had moved from Australia at lunch time.  I wanted to make friends with her, so I spoke to her.  From that day, my school life changed.  Now, I have a lot of fun!!  I really think I made a good choice.  I was right to speak to her.  She is so kind and interested in Japan, so I often talk about Japan with her. Thanks to her, I’ve gained confidence and I can talk to many people now.  I’m glad that she is my best friend.  She often says she would like to go to Japan as an exchange student like me.  I really hope to see her in Japan again one day.  I love her.

Next, I’m going to talk about my host family.  My host family members are my host father, mother, two sisters and two cats.  My host father likes talking, so he teaches me a lot of things.  I’ve learned about NZ culture, food, rugby and trucks.  Thanks to him, I’ve got lots of knowledge.  My host mother is good at cooking.  I love her food.  Before I came to New Zealand, I thought I would miss Japanese food, but I don’t miss it.  I think when I go back to Japan, I’ll miss her food.  My older sister is one year older than me, so she is like my friends.  I often talk with her at home.  She is very funny. When I’m sad, she makes me smile.  I love her very much.  My younger sister is always cheerful.  She loves playing and she makes a story and acts out all the characters by herself.  I like watching her performing her original stories.  She looks like a small actress and she is cute.  My host family treat me as their real family member.  Of course, I behave like they are my family, too.  They are a great host family for me.  When I come back to New Zealand in the future, I would like to see them.
Reflecting on this year, I believe that I was right to decide to belong to Jin-ai’s study abroad course and come to New Zealand.  It is because I’ve noticed a positive change in my character and I’ve come to appreciate the support of many people.  I’ve learned countless things throughout this year.  If I hadn’t come to New Zealand, I wouldn’t have noticed all the important things and I couldn’t have changed myself.  I really think I’m blessed with the people who are around me.  I have just one more month left, so I would like to spend a great time with people I love.

Thanks for reading.

Big love,

Momoka Ito

----------------

こんにちは。百香です。私は、キング郡にあるタウマルヌイという町に住んでいます。自然に恵まれたところで、周りには、川や山があります。山の範囲の方が町よりも広いです。自然の中で、いろいろな活動をしてきました。

私は、もうすぐ日本に帰ります。信じられません。時間が経つのがとても早く感じます。10か月の長期留学はとても短かったと思いますが、ニュージーランドでの生活でたくさんの思い出を作ってきました。

まずは、私の学校についてお話します。私はタウマルヌイ高校に通っています。この高校のシステムは、他の学校とは違っています。月曜日、火曜日、水曜日は、4時間ずつ授業があります。1時間は70分です。最初は1時間が長いと思いましたが、今は、授業を受けるのが楽しいので、そうは思いません。木曜日と金曜日は、勉強のための授業はありません。その代わり、たくさんの活動の中から何をするか選ぶことができます。例えば、野外活動やケーキ作り、料理、衣装作り、演劇、マオリ文化、日本語、美術、体育などです。私は、野外活動に参加することが多かったです。マウンテンバイクやカヤック、トランピング(=トレッキング)やスキーをしました。今までそのような活動をしたことがなかったので、私にとってはとても大変でした。例えば、トランピングに行く前は、きれいな景色を見たり写真を撮ったりと、歩くのがとても楽しいだろうと思っていました。しかし、思っていたよりも長い距離を歩かなければいけませんでした。実際5、6時間で約20キロ歩きました。その上、トランピングに行くたびに天気が悪く、いつも濡れました。どんなにきつくても、他のもう少し楽な活動に変えようとは思いませんでした。増えた体重を減らしたかったのと、体力をつけるのにいい機会になったからです。

次に、友達についてお話します。日本では、友達を作ることに困ったことはなかったので、ニュージーランドでもすぐに友達ができるだろうと思っていました。でも、それは間違いでした。ニュージーランドでの学校生活が始まり、友達を作ろうと頑張りましたが、うまくいきませんでした。一緒にいる生徒はいたのですが、あまり話ができませんでした。私から話しかけてみても、みんなの英語が分かりませんでした。正直言って、学校生活は楽しくありませんでした。あきらめかけていたある日、とても素敵なことがありました。ランチタイムに、オーストラリアから引っ越してきたばかりの新しい生徒に出会ったのです。友達になりたかったので、彼女に話しかけてみました。その日から、私の学校生活は変わりました。今は、楽しいことがいっぱいあります。頑張って彼女に話しかけてよかったと思います。彼女はとても親切で、日本に興味があるので、彼女とは日本のことについてよく話をします。彼女のおかげで、自信がつき、今はたくさんの人に話しかけることができるようになりました。彼女と友達になれて、とても嬉しいです。彼女はよく、交換留学生として日本に行きたいと言っています。いつか彼女に日本で会いたいです。私は、彼女のことが大好きです。

今度は、私のホストファミリーについてです。私のホストファミリーは、ホストファザーとホストマザーと二人のホストシスターと猫が2匹です。ホストファザーは話をするのが好きで、私にいろいろなことを教えてくれます。ファザーから、ニュージーランドの文化や食べ物、ラグビー、トラックのことなどを教えてもらいました。おかげで、たくさんの知識を得ることができています。ホストマザーは、料理が得意です。私は、マザーの作る料理が大好きです。ニュージーランドに来る前は、日本食が恋しくなるだろうと思っていましたが、そんなことはありません。日本に帰ったら、マザーの作る料理が恋しくなるでしょう。年上のホストシスターは、私と1歳しか年が離れていないので、友達のようです。家でよく話をします。とても面白い子です。私が悲しい時には笑顔にしてくれます。私は彼女のことが大好きです。年下のホストシスターは、演じることが大好きで、自分でお話を作って、すべての役を演じています。私は彼女がそうするのを見るのが好きです。彼女は小さな女優のようで、かわいいです。私のホストファミリーは、私を本当の家族のように扱ってくれます。もちろん、私もホストファミリーが私の家族だと思って接しています。素晴らしいホストファミリーです。将来ニュージーランドに行くときには、必ず会いに行きたいです。
今年を振り返ると、仁愛高校の英語留学コースに入学しニュージーランドに来たことは、正しい決断だったと思います。私の性格もよい方に変化したと感じていますし、たくさんの人たちからの支えに感謝できるようにもなりました。今年一年で、数えきれないくらいのことを学びました。ニュージーランドに来なければ、大切なことに気づくこともなかったでしょうし、自分自身を変えることもできなかったでしょう。私は、周りの人々に恵まれていると思います。残り1か月しかありませんが、大好きな人たちと、素晴らしい時間を過ごしたいです。

読んでくださって、ありがとうございます。

愛を込めて。

伊藤百香