ニュージーランドからのメッセージ

Message from NewZealand

NZからのメッセージ(Nanami)

2020/11/10

There are many benefits to studying abroad.  These are mostly improving language skill, gaining confidence, broadening your horizons, learning about other cultures and making new friends.  Hearing about these benefits encouraged me to come to New Zealand to find out if they are true.

A challenge to overcome is the inability to communicate with someone in a foreign language.  At first, as I met people who have different cultural backgrounds and language to me, I was not able to talk with these people.  In the first couple of months after I came here, I focused on listening as I did not have the ability nor the confidence to communicate.  What was worse, I was scared of trying new things.  However, as the time went on, I’ve been gaining English knowledge and I’ve been able to talk to people more easily than before.  When I was in Japan, I didn’t know there were lots of things that I didn’t know nor had I ever thought about it.  So, the first moment I was able to talk with people in English more effortlessly, I was so happy and impressed.  I rarely saw foreigners in Japan except for my teachers at school, so it was unforgettable and also one of my motivations to keep myself going.  I tended to underestimate myself until that day, but after that I could gradually develop my confidence.  I realised that the only time you grow is when you are out of your comfort zone.  Once you grasp the difficulties you face, you get to overcome them more easily than before.

Language is a really important tool in order to communicate with people.  Each day I am saying to myself ‘I can speak one language (which is Japanese) fluently without even blinking. Wow, I’m so amazing!  How do I do that!?’  It is because as I learn English, I have come to want to speak English more fluently and understand what my friends are talking about in order to join in.  However, it didn’t go as well as I hoped even though I tried harder, and I understood that it was so challenging to master a second language.

Culture is an important part of understanding a language.  Even if you master a language, you can’t truly understand your friends because the language is created based on its culture.  For example, Japanese culture is more collectivism than individualism.  Wearing the same uniforms, we are quite happy being part of a group.  On the other hand, New Zealand culture is respecting their own opinion.  People have no fear to be unique and different to other people and cherish their own individuality.  As you can see, there are obvious differences between Japan and New Zealand.  I experienced another example of the importance of understanding a cultural difference when I was sitting in class in my New Zealand school. The students were not afraid of putting their hands up and questioning the teacher’s explanation of the lesson nor did they hesitate to speak their opinion respectfully.  This was what I needed to take onboard.  Otherwise, the teacher would not know what I am struggling with.

There are many more benefits to studying abroad than I have discussed in this essay.  Gaining many benefits of studying abroad depends on you and what you are interested in.  In my case, the biggest benefit was communication with new people because I had been longing to talk with people from different cultures, since I had always lived in such a small world before.

Thank you for reading my essay.  I hope I have been successful in offering some ideas of what studying abroad is like and encouraging people who are interested in studying abroad.

Nanami

 

留学をする利点は沢山あります。主に、言語力を上達させる、自信をつける、視野を広げる、他の国の文化を学ぶ、そして新しい友達を作るなどです。私は、このような利点があると聞き、実際にはどうなのかと思い、ニュージーランドに来ました。

私にとって、コミュニケーションの無力さが、初めに乗り越えなければならない挑戦でした。自分と違った文化背景と言語を持つ人達と初めて会った時、私は当然上手く彼らと話すことができませんでした。初めの数カ月間は耳を慣れさせることに集中しました。人とコミュニケーションをすることができず自信もなかったからです。さらに悪いことには、新しい事に挑戦することも恐れるようになっていました。しかし時が経つにつれて、私の英語力も少しずつ上がり、前より簡単に人と話せるようになりました。日本にいた時は、こんなにも私が知らない事や考えたこともない事が世の中にあるなんて知りませんでした。そのため、初めて人と英語で困ることなく会話が出来たときは本当に嬉しく、同時にとても感動しました。私は日本で、学校の外国人講師の先生以外、外国の方をめったに見かけなかったので、初めて英語で人と対等に初めて話せたのは忘れられないものであり、また、モチベーションにもつながりました。私はこの日まで、いつも自分を過小評価していたと思います。しかしこの日をさかいに徐々に自信を取り戻していきました。私は、人が本当に成長する時は、その人が自分の居心地のいい場所を抜け出せた時だと気づきました。一度、自分が直面している困難を理解し、受け入れるようになれば、前よりも簡単に困難を克服できるようになります。

次に、言語は人とコミュニケーションをとるのに大切な道具だと改めて感じました。私はここに来て毎日「私は何も考えなくても日本語をスラスラ喋れる!私って凄い!どうやってやるのだろう?」と思うようになりました。英語を学ぶにつれてニュージーランドの友達が何について盛り上がっているのか、私ももっと会話に参加したいという気持ちが大きくなっていったからです。しかし、どれだけ努力して頑張っても、私が願ったようにはいかず、そこで私は一つの言語を学ぶのはこんなに難しいのかと実感しました。

また、文化は言語を理解するための大切な要素でもあります。例え、あなたが言語をマスターしても、言語はその国の文化を基礎に作られているので、あなたは友達の事を心から理解しきれないと思います。例えば、日本文化は独断で行動するよりも集団行動を大切にします。同じ制服を着ても私達はこのグループの一員と感じ苦ではないと思います。反対に、ニュージーランド文化では個々の意見を尊敬し、人々はユニークでいることや人と自分が違うことに恐怖はなく、自分の個性を大切にします。このように、日本とニュージーランドでは明らかな違いがあることがわかっていただけると思います。別の場面でも、文化の違いを理解することの大切さを感じました。私がニュージーランドの学校で授業を受けていた時、生徒達はなんのためらいもなく手をあげ、質問や意見を発言していました。これは私も取り入れるべき事だと思いました。もしそうしなければ、先生は絶対に私が今何に苦労しているのか気づかないはずです。

留学の利点は私がここに書いた以上に沢山あります。また、どのような利点をどれだけ得られるかは、留学をするその人が何に興味をもちどれだけ頑張れるかで決まってきます。私の場合は、小さい国に住んでいて、自分違う国、違う文化をもつ人達と話したいと望んでいたので、新しい人とコミュニケーションをとれたことが最大の利点となりました。

最後まで読んで下さりありがとうございました。このエッセイを通して、一人でも多くの留学に興味のある人にアイデアや勇気を伝えられていたら嬉しいです。

七海

 

NZからのメッセージ(Mitsuki)

2020/10/29

Hi, guys!  What’s up!  I’m Mitsuki and I go to Central Hawks Bay College. 

My classmates, including me, have been working on a research project in New Zealand.  We are supposed to decide our own individual theme and do some research.  Then we are going to make a presentation after we go back to Japan.  Today I’m going to tell you a part of my research project, which is about New Zealand English.

One of the subtopics of my research project is about words.  When I was learning English in Japan, many of my teachers spoke to us in American English.  However, people in New Zealand speak New Zealand English and there are many unique words used here.  Below is the list of the words that I often hear in New Zealand.  I wonder how many words you understand.

  ・Kiwi(s) – New Zealander(s), Kiwi bird(s) or Kiwi fruit(s)

 ・togs – swim wear

 ・Chur – Thank you

 ・jandals – sandals

 ・tea – dinner

 ・gum boots – rubber boots

Not only do I often hear these words, but also I do use them when I talk with kiwis.  When I heard “jandals” for the first time, I was able to guess that the word meant “sandals.”  However, I wondered why they used “jandals” instead of “sandals.”  Now I think it is like how I use Fukui dialect when I talk to my family and friends.  For instance, people in Fukui say “kazenetsu” instead of saying “kounaien” for cold sores.  “Jandals” is the way Kiwis refer to sandals in New Zealand.  Some of the words above, such as “Chur” and “tea,” are also used in the U.K. 

Next, I’m going to teach you some other Kiwi words which I learned by doing my research.

・Barbie – BBQ 

・bach – vacation home 

・munted – broken 

・stocked – happy 

・smoko – brake time 

There are lots of shortened words such as Barbie in New Zealand.  “Bickie” is another example and it means “biscuit.”  Some of the words listed above are also used in Britain and Australia as well.   However, “munted” is used only in New Zealand, so only New Zealanders or people who have learned New Zealand English can understand this word. 

When I started living here, I couldn’t understand what other people were talking about at all.  However, now I enjoy talking with my friends.  I am so stocked to go to Central Hawke’s Bay College with my lovely friends. 

I hope you’ve learned something new in my essay.  When I make a speech of my research project, I’m going to talk more about New Zealand English, such as the history of New Zealand English and its accent. 

Thank you for reading.

Mitsuki

みなさん、こんにちは。美月です。セントラルホークスベイカレッジに通っています。

私も含めたクラスメイトは、ニュージーランドで探求課題に取り組んでいます。自分なりのテーマを決めて、それを探求することになっています。そして、日本に帰ったらプレゼンテーションを行う予定です。今日は、私が「ニュージーランドの英語」というテーマで行ってきた課題研究の一部を紹介します。

私の探求課題のサブテーマの一つは、「単語」です。私が日本で英語を学んでいた時、先生方の多くは、私たちにアメリカ英語で話してくれました。しかしニュージーランドの人は、ニュージーランド英語を話し、ニュージーランドで使われるたくさんの特別な語があります。下にニュージーランドでよく聞く単語をあげておきます。皆さんは、いくつ分かりますか。

・kiwi(s)-ニュージーランド人、鳥のキウイ、キウイフルーツ

・togs-水着

・Chur-ありがとう

・jandals-サンダル

・tea-夕飯

・gum boots-ゴム長靴

これらの単語は、よく聞くだけでなく、私自身もニュージーランドの人と話すときに使います。”jandals”という単語を初めて聞いたときは、それがサンダルのことだとは想像できましたが、なぜ”sandal”ではなく”jandal“というのか不思議でした。今は、私が自分の家族や友達と話をするときに福井弁を話すのと同じなのだろうと思います。例えば、福井では「口内炎」のことを「かぜねつ」というのと同じで、ニュージーランドではサンダルをjandalsと呼ぶということです。上に書いた”Chur”や”tea”という語のようにいくつかの語はイギリスでも使われています。

次に、この探求課題をするなかで私が学んだ語をご紹介します。

・Barbie-バーべーキュー(BBQ)

・bach-別荘

・munted - 壊れた

・stocked - 幸せな

・smoko - 休み時間

ニュージーランドでは、”Barbie”などの短縮語がたくさんあります。”Bickie”ももう一つの例で、「ビスケット」という意味です。上に挙げた語のいくつかは、イギリスやオーストラリアでも使われます。しかし、”munted”はニュージーランドだけで使われている語なので、ニュージーランド人やニュージーランドの英語を勉強したことがある人にしか分かりません。

ここで生活し始めたばかりのころは、他の人が何の話をしているのか全く分かりませんでした。しかし、今は友達と話すのが楽しいです。素敵な友達とセントラルホークスベイカレッジに通えることが”stocked”です。

皆さんが、この文章を読んで、何か新しいことを学んでくださったのであれば幸いです。この探求課題についてプレゼンテーションを行う際には、ニュージーランド英語の歴史やアクセントの特徴など、ニュージーランド英語についてもっとたくさん話をする予定です。

読んでくださり、ありがとうございました。

美月より

NZからのメッセージ(Riko)

2020/10/23

Hi guys!  How have you been?  It’s Riko from Te Kuiti High School in New Zealand.  It has already been over nine months since I came here and I can’t believe I’ll be in Japan in a few weeks.  As you know, Coronavirus is going around this year and because of that, many events such as the school ball, were canceled, which is too bad.  However, Covid-19 in NZ is almost gone and we haven’t even worn masks.  So I guess I’ll feel weird after I go back to Japan.  Haha! Anyway, I’d like to share what I’ve learned through my experience of studying abroad here.

For the last nine months, I have had many more challenges than I had expected and cried a lot.  Also I was always frustrated because I couldn’t speak English as well as I wanted.  I tried lots of things to improve my English and myself even though they were difficult or new.  I thought if I did something difficult and overcame it, I would be able to improve myself and my English skills, and enjoy my time.  Of course it’s good to try things but it’s not always the right idea.  In my case, it just put a lot of pressure on me.  Then I realized the most important thing for me was to have fun.  If I can enjoy my time, I won’t get that disappointed even though it was something hard.  Now that I realized that simple but important idea, I can enjoy learning new culture and English.

Since I started to try to enjoy my time in NZ, I think I’ve been able to spend my time in a better way.  But the reason why I have been able to enjoy my life here so much wasn’t just because of my effort.  Many people around me have been supporting me all the time and especially my host family gives me chances to have fun as well.  During the lockdown, they tried to help me find new hobbies and we did jigsaw puzzles, baked, and watched movies.  Thanks to them, I enjoyed the lockdown and have come to like watching movies.  Though I rarely watched movies in Japan, I’ve watched more than 120 movies in NZ so far! 

 It might have taken a longer time for me to get used to NZ life than my classmates.  To be honest, I got down every time I read their essays on this website because they seemed to be enjoying their life in NZ while I wasn’t.  But I know those hard times and experiences have made my life today great.  I have overcome a lot of problems and difficulties by myself and one of them is animals!  I’m sure everybody will be surprised to look at the photo below.  I used to hate animals but not anymore.  Can you believe that I touch them every day and I’ve been for a walk with them!?

Finally, I am just grateful to have many people who have supported me.  I really appreciate the fact that they gave me such a precious opportunity to study in NZ.  I can say with confidence that this experience of my studying abroad was the hardest but the best period in my life.  I’ll absolutely miss every single moment I’ve spent in NZ after I go back to Japan.  I want to enjoy the rest of my time in NZ as well and get along with animals more and more!  Haha!

Take care and see you all soon!  Thank you for reading till the end.

Lots of love,

Riko Kinoshita

 

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしですか。ニュージーランドのテクイティ高校に通っている莉子です。私がここに来てからもう9か月以上が経ち、数週間後には日本にいることが信じられません。ご存じの通り、今年はコロナウイルスが世界中で流行したため、スクールボール(ダンスパーティーのようなもの)などの行事が中止になってしまい、とても残念でした。しかし、ニュージーランドではコロナウイルス感染が確認されることはほとんどなくなり、マスクもつけていません。きっと私が日本に帰ったら、変な感じがするでしょう(笑)。とりあえず、この留学で学んだことをお伝えしたいと思います。

この9か月で、予想していたよりもずっとたくさんの困難にぶつかり、いっぱい泣きました。そして、自分が思うように英語が話せないことに、いつもいらいらしていました。私は、自分の英語力を伸ばし自分を成長させるために、大変なことにも、新しいことにも、たくさんのことに挑戦しました。難しいことができれば、困難を乗り越えられれば、自分自身も自分の英語力も向上させることができ、留学を楽しめるようになると考えていました。もちろん、挑戦するのはいいことですが、いつも正しいというわけではありません。私の場合は、自分にプレッシャーをかけるだけになってしまいました。そのとき気づいたのは、自分にとって大切なことは楽しむことだ、ということです。もし、その時間を楽しむことができれば、困難なことであっても、自分自身や結果に落胆することはないはずだからです。その単純ですが大切なことに気づけた今は、新しい文化と英語を学ぶことを楽しめています。

ニュージーランドでの時間を楽しめるようになってから、時間をよりうまく過ごせるようになっています。しかし、ここでの生活を楽しめているのは、自分の努力だけが原因ではありません。私の周りのたくさんの方々が常に私を応援してくださっていて、特に私のホストファミリーは、私が楽しめるような機会を作ってくれてもいます。ロックダウンの期間中、私が新しい趣味を見つけられるように、ジグソーパズルをしたり、ベーキングをしたり、映画を見たりしました。ホストファミリーのおかげで、ロックダウンの期間を楽しむことができ、映画を見るのが好きになりました。日本ではほとんど映画を見ることはありませんでしたが、ニュージーランドに来てから今まで120本以上の映画を見ました。

私がニュージーランドでの生活に慣れるには、クラスメイト以上の時間がかかったのかもしれません。正直言うと、このホームページでクラスメイトのエッセイを読むたびに落ち込んでいました。私が楽しめていないのに、みんなは楽しんでいるように思えたからです。しかし、辛かった時間と経験があったからこそ、今の素敵な生活を送ることができているのだと思います。私は、自分の力でたくさんの問題や困難を乗り越えてきました。その一つが動物です。下の写真を見たら、みんな驚くはずです。私は動物が大の苦手でしたが、今はもうそうではありません。私が毎日動物に触れて散歩に行くなんて、信じられますか。

最後に、私を支えてくださっているたくさんの方に感謝しています。ニュージーランドに留学する機会を与えてくれたことを有難く思っています。自信をもって、この留学は、今までの人生で一番辛かったですが最高の時間であったと言うことができます。日本に帰ったら、絶対に、ニュージーランドで過ごした全ての時間を恋しく思うでしょう。ニュージーランドで過ごせる残りの時間も楽しみ、もっともっと動物と仲良くなりたいです(笑)。

皆さんも健康にお気を付けください。もうすぐ会えることを楽しみにしています。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

愛を込めて

木下莉子

NZからのメッセージ(Ryoko)

2020/09/14

Hello, everyone!!  I’m Ryoko from Cullinane College in Whanganui.  Almost eight months have passed since I came to New Zealand.  The time has passed so quickly and I am surprised that I only have two months remaining.  As many of my friends mentioned in their essays, this year, the covid-19 has been going around all over the world.  As schools in Japan were closed for about 3 months, schools in New Zealand were closed for about 2 months.  It was a little bit unfortunate that we had to stay at home for one fifth of our New Zealand life, even though I really enjoy the new culture and relaxing life in New Zealand.  Today, I want to share my happy memories and my opinion about cross-cultural understanding with you.

In term2 and term3, I joined a badminton club.  We have practice once a week and we have competition once a week with other high schools in Whanganui.  At first, I was worried about joining the sport club because I am not so good at badminton and I knew that many kiwi students are good at playing sports.  To be honest, the first few times, it was not easy for me to enjoy badminton because I was tired of talking with many new people and playing games with them.  However, little by little I was able to make some new friends through playing the games.  Now, I enjoy talking with them and I like having practice and competitions every week.  I wish this club would continue until the end of the year but this club finishes at the end of term3.  I think I will join another sport club in term 4!!

August 30 was my birthday and I had a special time with my host family and friends. On the day before my birthday, I went to a restaurant with my friends to have a birthday lunch.  We talked a lot and we went shopping after that.  They gave me lovely birthday presents and cards.  On my birthday, my host family held a birthday party for me and their niece’s family came to the party.  We ate fish and chips and rolled sushi, which was a wonderful collaboration of New Zealand culture and Japanese culture!!  My host family gave me a Harry Potter card game and Eeyore’s onesie.  I use that onesie every night as my pajamas!  It was a really wonderful birthday and I won’t ever forget this memory.

While I am in New Zealand, I have learned how fun it is to live in a new culture and how difficult cross-cultural understanding is.  Before I came here, I had been abroad twice and I stayed for one week each time.  Through these experiences, I came to like staying in a different culture and learning new cultures. However, by staying in New Zealand more than one week, I have learned that if I really want to know about their life, culture, or people in the country, I need to stay at least half a year.  When we stay in a foreign country for one week or so, we can only know about that country’s wonderful points.  It is not easy for many people to accept the whole new and different culture.  By staying in New Zealand for about eight months, I was able to have so many more real experiences in New Zealand.  Besides, I’ve found unique points of Japanese culture, which I wouldn’t have learnt if I hadn’t come here. I was really lucky to have this experience at this age.

I have a lot more things to tell you about my New Zealand life but it would be too long to write them all here, so I will tell you all the happy and wonderful things in two months when we see each other again.  

Lastly, I want to thank all the people who have supported my studying abroad,  my family in Japan, my host family, all the teachers and all of my friends.  I will try to enjoy myself and learn as much as possible for the rest of two months. 

Thank you for reading!!

Ryoko

みなさん、こんにちは。 ワンガヌイにあるカリナンカレッジに通っている涼子です。 ニュージーランドに来てから8ヶ月ほどが過ぎました。時間が経つのは早く、あと2ヶ月しか残っていないことに驚いています。私の友達がエッセイで書いているように、今年はCOVID19が世界中で流行しています。日本の学校が3ヶ月間休校になったように、ニュージーランドでも約2ヶ月休校となりました。私はニュージーランドの文化とのんびりとした生活をとても楽しんではいますが、やはり留学生活の5分の1を家で過ごさなければいけなかったのは少し残念でした。今日は、私の嬉しかった思い出と、文化理解に関する意見を皆さんにお伝えしたいと思います。

2学期から、私はバドミントンクラブに参加しています。週に1回練習し、また別の1日は、ワンガヌイにある他の学校との試合をします。私は最初、運動部に入るのをためらっていました。私はバドミントンが得意ではなく、ニュージーランドの生徒たちの多くは運動が得意だからです。正直言うと、最初の数回は、たくさんの新しい人と話をしたりバドミントンをしたりするのに疲れてしまって、バドミントンを楽しむことができませんでした。しかし、ゲームを通じて徐々に新しい友達ができました。今は、友達と話をするのが楽しくて、毎週の練習や試合が大好きです。バドミントンクラブが今年いっぱい続いてほしいと思いますが、3学期で終わってしまいます。4学期はまた別の運動部に入ろうと考えています。

8月30日は私の誕生日で、ホストファミリーや友達と特別な時間を過ごしました。誕生日の前日、友達とレストランで誕生日のお祝いにランチをしました。たくさん話をして、その後はショッピングに行きました。誕生日プレゼントやカードももらいました。誕生日の日には、ホストファミリーが誕生会を開いてくれ、姪の家族も来てくれました。フィッシュアンドチップスと巻き寿司を食べました。ニュージーランドと日本の素敵なコラボレーションです。ホストファミリーからは、ハリーポッターのカードゲームとイーヨーのつなぎの着ぐるみをもらいました。その着ぐるみはパジャマとして着ています。この素晴らしい誕生日を忘れることはないでしょう。

ニュージーランドで過ごしていて、新しい文化の中で生活をすることの楽しさと異文化理解の難しさを学びました。ここに来る前に、2度海外に行き、それぞれ1週間滞在したことがあります。これらの経験のおかげで、私は異文化で生活したり、新しい文化を学んだりすることが好きになりました。しかし、ニュージーランドに1週間以上滞在することで、その国の生活や文化、人々について本当に理解したいのであれば、最低でも半年は必要だと分かりました。1週間ぐらいの滞在では、その国のいいところしか分かりません。新しくて違う文化全体を受けいれるのは多くの人にとっては簡単なことではありません。8ケ月ニュージーランドに住んでみて、より多くの「本当」の経験ができています。その上、日本文化についても気づきました。これは、もしここにきていなかったらできなかったことです。この年齢でこのような経験ができている自分はとても幸せです。

私のニュージーランドの生活についてお伝えしたいことはまだたくさんありますが、全部を書くと長くなるので、2か月後みなさんに直接お会いしたときに、私が経験した素晴らしいこと全てをお話しします。

最後に、私の留学を応援してくださっている人、日本の家族やホストファミリー、先生方や友達など、全ての人に感謝したいです。残りの2か月間、できるだけたくさんのことを楽しんだり学んだりしていきます。

読んでくださり、ありがとうございます。

涼子

NZからのメッセージ(Airi)

2020/08/12

Hi, everyone!  I’m Airi and I go to Hauraki Plains College ( H.P.C. ).  How are you doing? Recently, I heard the news that the number of people infected with coronavirus is increasing in Japan. I’m away from Japan so I’m a little worried about you guys. Meanwhile, in New Zealand we now rarely hear about people infected with coronavirus, and I live a relatively safe and very enjoyable life.  (Suddenly, on August 11, it was announced that Auckland will go into lockdown for three days since four new cases of community transmission were confirmed on that day after 102 days without any. The rest of the country, including where I live now, will go into level 2.)  Anyway, today, I would like to share my school life with you.

 

My host school, H.P.C. has students from year 9 to year 13 and there are more than 750 students in total. There are 4 terms a year and the 1st and 2nd term are semester A and the 3rd and 4th terms are semester B.  We change our subjects in semester A and B. My favorite subject was art which I took in semester A.  In this class, I met Emma, who is very good at drawing, and Mr. Harmzen, who is a wonderful artist and the teacher of the class. Originally, I was not good at art nor loved it, but I learned a lot of techniques from them.  I concentrated on each work and spent a lot of time on them.  Mr.Harmzen really loved my works and he gave me excellence mark every time.  He said that I’m one of the most talented students in the class.  Also, he always makes a joke, telling me to move to NZ to take his art classes.  Last week, he invited me and Emma to the special art class for only 20 students from year 11 to year 13.  He gave us the opportunity to meet a NZ artist and watch his painting demonstration.  I had a wonderful time and I learned more deeply about art.  He is my favorite teacher and the best artist ever.

 

In the first few weeks of my school life, I made friends Marianne, Rosanne, Vanessa and Logan. They are interested in Japan and we met for the first time in Japanese culture club.  Now, they are my best friends and I always hung out with them and their friends. We often talk about India, which is the country Marianne and Rosanne come from and Japan.  We have fun talking about random topics as well.  Sometimes I quarrel over trivial things, but I love them.  Since term 2, I have been a member of the badminton club with Marianne and Logan.  The people in badminton club are so nice and on the first day of its practice, they very kindly taught me the rules and how to play badminton.  When I hit a good shot, they say to me, “Nice Airi!  You already improved so much”. Thanks to them, I really love the badminton club and Tuesday and Thursday, when we have badminton practice, are my favorite days in a week.  I will enjoy playing badminton for the remaining 3 months.

 

Finally, I’d like to take this opportunity for my family.  August 12th is my birthday and I’ve turned 17 years old.  Every year on my birthday I get some presents from my family, but this year I wrote this essay as a small present from me to my family.  I thank my family for always supporting me, for having given me this opportunity to study in NZ, and for everything.  I will spend a meaningful time here in New Zealand, appreciating this precious opportunity that my family has given me.

 

See you all in November and thank you for reading!

 

Airi

 

皆さん、こんにちは!ハウラキプレインズカレッジ(H.P.C. )に通っている愛理です。お元気ですか?最近日本でコロナウイルスの感染者の数が増加していることを耳にし、日本を離れている私は少し皆さんのことを心配に思っています。一方、ニュージーランドでは現在、コロナウイルスの感染者のニュースを耳にすることはほとんどなく、私は比較的安全でとても楽しい生活を送っています。(8月11日、オークランドをロックダウンにするという報道が突然なされました。102日ぶりに4人の市中感染が確認されたからです。私の住んでいる地域を含め、他の地域は警戒レベルが2になります。)何はともあれ、今日は、皆さんに私の学校生活についてお話したいと思います。

私が通うH.P.C. には9年生から13年生、750人以上の生徒が通っています。1年間に4学期あり、1学期と2学期は A学期、3学期と4学期は B学期となっており、A学期とB学期で教科が変わります。私が一番好きな教科はA学期でとった美術のクラスです。このクラスで、絵を描くのがとっても上手なエマと、素晴らしいアーティストであり先生のハームゼン先生と出会いました。もともと美術が得意でも大好きでもなかった私ですが、彼らから多くの技術を学びました。私は一つ一つの作品に集中し、たくさんの時間を美術の作品に費やしました。先生は私の作品を本当に気に入ってくださって、私にエクセレントの評価を毎回つけ、私はこのクラスで一番才能のある生徒の一人だと言ってくださいました。また、先生は私に、先生の美術の授業を受けるためにニュージーランドに引っ越してきて、といつも冗談をおっしゃいます。先週、先生はエマと私を11年生から13年生の20人の生徒だけが参加した美術の特別クラスに招待してくださいました。私たちはニュージーランドで活動する一人のアーティストとお会いし、実際に彼がペインティングする様子を拝見する機会をいただきました。私は素晴らしい時間を過ごし、美術の技術をより深く学ぶことができました。ハームゼン先生は私の大好きな先生であり、史上最高のアーティストです。

この学校に通い始めてから数週間目で、私にはメリアン、ロザーン、ヴェネッサ、ローガンという友達ができました。彼らは日本に興味があり、私達は日本文化部で出会いました。今、彼女たちは私の親友で私はいつも彼女や彼女たちの友達と一緒にいます。私達はよくメリアンとロザーンの出身地であるインド、日本についてや、他愛もないような話をしてよく笑います。たまに些細なことで喧嘩をすることもありますが、私は彼女たちが大好きです。2学期からメリアンとローガンと一緒にバドミントンクラブに入りました。バドミントンクラブのみんなはとてもいい人たちで、最初、初心者の私に優しくルールや方法を教えてくれました。私がいいショットを打ったとき、「ナイス 愛理!とっても上手になったね。」と言ってくれます。皆のおかげで私はバドミントンクラブが大好きで、練習のある火曜日と木曜日は私の一番好きな曜日です。私は残りの3ヶ月、バドミントンを楽しみます。

最後に、今日8月12日は私の誕生日で、17歳になりました。毎年、私は家族から誕生日プレゼントをもらうのですが、今年は私から家族への小さなプレゼントとしてこのエッセイを書きました。いつも私を支えてくれていること、この留学の機会を与えてくれたこと、そしてすべてのことに感謝しています。私に与えてもらえたこの貴重な機会を大切にし、意味のある時間をニュージーランドで過ごします。

皆さん、11月にお会いしましょう。読んでいただきありがとうございました!

 

愛理より