ニュージーランドからのメッセージ

Message from NewZealand

Wakana_2(NZからのメッセージ)

2018/10/18

Kia ora koutou. (Hello.) Ko Wakana tenei. ( I’m Wakana. ) Kei te pehea koutou? ( How are you? ) I’ve heard about the earthquake and typhoon. I was worried about my whanau. Hope you guys have been good. I got just a month left. That’s so sad. I’m gonna talk about some memories which I’ve had after I wrote the essay last time.

Firstly, I went to the school ball with my friends. We dressed up, got made up and went to the ball in a cool car. That night was amazing. In Japan, we don’t have the school ball so that was a cool experience. The students at Te Kuiti High School call me Wakanda(Forever). This is a character from a movie called Black Panther.

Next, let me talk about what I’ve done before. I’m on cooking duty every Thursday. And I’ve been cooking many kinds of dishes for my host family. I’ve cooked curry & rice, seafood pasta salad, tempura, okonomiyaki, monjayaki, omurice, temakisushi, pilaf, croquette, dumplings, kakiage, potato salad, hamburger steak and mac & cheese. I’ve tried some baking and sweets as well. I’ve made chocolate & marshmallow flakes, anzac biscuits, kumara tart, snow ball biscuits, brownie and parfait. Wakana can cook, it’s surprising aye!

Next, I’m gonna talk about basketball. Before going to the basketball tournaments, we had done some mahi such as tidying up someone’s garage, planting more than 200 trees, and fundraising at the Ki O Rahi competition. We could get all money that we needed to go to the tournament. Then the other night in Cambridge, I got a sprained ankle at the game and it was 5 days before the tournament. However, my ankle luckily got better quickly. That was my first injury in NZ. My coach strapped my ankle every morning. Then we had the regional tournament held in New Plymouth. We went to the restaurant and the shopping centre, saw the beach and Mt.Taranaki and enjoyed the hot pool. We made the nationals then. We participated in Schick Secondary Schools Basketball Championships 2018 held in Palmerston North. We played well there. Especially my 3 pointers…! nah it’s just a joke haha. My 3 pointers were on a highlight of day 2. I’m so happy with that. We came last, but that was a cool experience for us and I think it’s gonna pay off for the girls next year. I’m so proud of myself and my team. Our coach said so, too. We enjoyed the hot pool and sliders, shopping and the whole trip. When we came back to Te Kuiti, we were full of tiredness. However, we were feeling honor, too. Thank you all my whanau who have been supporting me through basketball. “This bond will never end.” I’m sorry for writing about basketball a lot, but basketball gave me heaps of wonderful experiences.

The last part of this essay is gonna be an appreciation. Thank you all my family, friends and teachers at Jin-ai in Japan and also my host family, kiwi friends and teachers for supporting me through this year. Without their support, my study abroad wouldn’t be a success. Thank you again and see yah soon! No reira tena koutou katoa. Thank you for reading.

Arohanui. Much love.
Wakana Omiya

--------------------

こんにちは、皆さん。和奏です。元気ですか?地震と台風について耳にしました。皆さんのことを心配していました。皆さんがお元気でいてくれたら光栄です。悲しいことにNZ生活が残り1ヶ月となりました。前回書いたあとにしてきたことを主に話したいと思います。

始めに、スクールボール、パーティーらしきものに参加しました。ドレスを着て、お化粧をして、かっこいい車で会場に行きました。日本には、こういう機会があまりないので私にとって素晴らしい経験となりました。私の学校の生徒は私のことをワカンダ・フォーエバーと呼びます。ワカンダはBlack Pantherという映画の登場人物です。

次に、私が作ってきたものについて話します。私は、毎週木曜日に夜ご飯を作ります。今までに、カレーライス、シーフードパスタサラダ、天ぷら、お好み焼き、もんじゃ焼き、オムライス、手巻き寿司、ピラフ、コロッケ、餃子、かき揚げ、ポテトサラダ、ハンバーグ、マカロニチーズ。また、チョコマシュマロコーンフレーク、ビスケット、スイートポテトタルト、スノーボールクッキー、ブラウニー、パフェにも挑戦してきました。私が料理するなんてびっくりしたでしょう。

次に、バスケットボールについて話します。大会の前に必要な費用を集めるため、車庫掃除(過酷でした)、200本以上の木を植えたり、他のスポーツの大会で食べ物を売りました。大会5日前の夜、練習試合で左足首を捻挫しました。しかし、大会に間に合い良かったです。それはNZで初の怪我でした。コーチが毎朝テーピングしてくれました。そして、私たちは大会のためNew Plymouthへ行きました。そこでは、レストランやショッピングへ行ったり、タラナキ山を見たり、温水プールを楽しみました。なんと、私たちは上の大会への切符を手にしました。そして、Palmerston Northで行われたSchick Secondary Schools Basketball Championships 2018に出場しました。そこでは私たちらしいバスケができました。特に私のスリーポイント…!嘘です(笑) しかし、私の3Pが2日目のハイライトに選ばれました。今でもすごく嬉しいです。私たちは最下位に終わったけど、コーチも言ったとおりとてもいい経験になったし来年のチームのための手助けになったと私も思います。私たちはまた、温水プールやスライダー、ショッピングそしてこの遠征自体を大いに楽しみました。テクイティに戻ってきた頃にはくたくたでしたが、その反面自分たちを誇りに思う気持ちでいっぱいでした。バスケを通してたくさんの人たちにお世話になりました。本当にありがとうございました。“この絆に終わりはない。” バスケについて長々とすみません。しかし、バスケを通してたくさんの関わりを持てたし、数え切れない良い経験ができたのには間違いありません。

最後に、感謝の気持ちを述べたいと思います。日本で私の活躍を期待してくれている家族、友達、仁愛の先生方そしてこの1年を通してたくさん私を助けてくれた、成長させてくれたホストファミリー、NZの友達、テクイティの先生方、本当にありがとうございました。皆さんの支援なしでは、私の留学はこのような良い形で終わろうとしません。感謝の気持ちでいっぱいです。もう一度、ありがとうございました。そして、11月に会いましょう。読んでいただきありがとうございました。

愛を込めて
大宮 和奏

Karin(NZからのメッセージ)

2018/10/16

Hello, I am Karin Kano. I will talk about my life in New Zealand. About nine months have passed since I came to New Zealand. A rural town that everyone knows who lives in this country, I live in Taumarunui. The city has a population of about five thousand, and most people live on farms.

First, I am going to talk about my host family. I’m staying with host father, host mother, a dog, and a cat. My host father, Rad, is good at working with machines, so recently I fixed our house’s entrance. He loves eating. He always says to me, “Hey, Karin. Do you wanna eat this one or this one?” and gives me food. He makes me fat. He has a barbecue set, so we do barbecue once a month. My host mother, Vicki, is good at baking. She sometimes makes us peanut butter cookies and scones and they are superb!! Her hobbies are sewing and gardening. She is also making scarfs and taking care of flowers in the garden. Scooter, the dog, has become attached to me, but Seamus, the cat, is afraid of me. He doesn’t come close to me. I have two younger sisters in Japan, so I couldn’t get used to the new environment at first. But we are open with each other now. We often go to our friend’s house in Auckland and Wellington to stay. They love Japanese food, so I make it for them on Saturday nights.

Next, I’m going to talk about my school life. Unlike Japan, New Zealand’s school has four terms, and there are two-week-holidays at the end of each term. We can choose all the classes that we want to take, so we don’t have compulsory lessons because our school system has changed since this year. We have only three sessions a day, and we chose and take one class from about ten classes on Thursday and Friday. What I take are art, ESOL, girls’ gym class, and OED. My favorite class is OED. OED is short for outdoor education as its name suggests kayaking, mountain biking, and snow sports. I have been taking it since term two. But honestly, I worried about mountain biking. I have been afraid of biking since I fell off and injured my head, but I regretted not to join it first term because it was full, so I plucked up my courage and tried it. I was tired by peddling more than twenty kilometers up the mountain by bike, but I really enjoyed it. In term three, I was snowboarding in the Whakapapa ski field which is the biggest ski field in New Zealand. We put onesies or summer wear on the last day.

The event that I have remembered most is the school ball. I wore a dress, put on make up, and enjoyed dancing until twelve o’clock at night. My friend’s father arranged a convertible and took us to school.
Last, I’m going to talk about my friends. There are lots of international students in my high school. Even this year, two Italians, fourteen Germans, and three Japanese students are here. I hang out with them on the weekends. My Kiwi best friend is Jessy. She loves singing, so she joins singing events. Thanks to her sharing of songs, I am able to know a lot of western music.

I wasn’t worried about life in New Zealand before coming here. But when my life started in New Zealand, I lost my confidence altogether because I couldn’t understand and listen to English. I couldn’t say “Can I have lunch with you?” with the excuse for not understanding English. However, someone told me “Nothing will change unless you act from yourself.” My mind changed. I came to try everything. I will try scuba diving next term!! I will enjoy with full effort so that I won’t regret anything.

With love, Karin

-----------------

こんにちは、鹿野香林です。今から私のニュージーランドでの生活をお話します。こちらにきてもう9ヵ月が経ちました。ニュージーランドに住んでいる人なら誰もが知っている程の田舎、タウマルヌイに住んでいます。人口は約5000人程で、ほとんどの人が牧場に住んでいます。

最初に、私のホストファミリーについて話します。私は今、ホストファザー、ホストマザー、犬、猫それぞれ一匹と暮らしています。ホストファザーのラッドは機械いじりが得意で、この間は彼と一緒に玄関の工事をしました。あと、食べることが大好きで、いつも私に「へイ香林、これ食べる?それともこっち?」と食べ物を与えてきます(笑)。 彼は私の太る原因の1つです。BBQセットを持っていて、月に一度はBBQをします。ホストマザーのヴィキは、お菓子作りが得意で、よく作ってくれます。ピーナッツバタークッキーとスコーンが絶品です!!あと、裁縫とガーデニングが趣味で、マフラーを作ったり、庭の手入れをしたりしています。犬のスクーターは私によく懐いてくれるのですが、猫のシェイマスが未だに私を怖がって近づいてきません(笑)。 日本では私には妹が2人いるのですが、最初は新しい環境に慣れることが出来ませんでした。でも今は打ち解けられて、休暇中はよくオークランドやウェリントンに住んでいるHFの友達の家に泊まりにいきます。2人は日本食が大好きで、土曜日の夜は私が2人に日本食を振る舞っています。

次は私の学校生活について話します。ニュージーランドは日本と違って4学期制で、それぞれの学期終わりに2週間の休暇があります。私の学校は去年からカリキュラムが変わって、必修科目が無く全ての授業を自分で選べるようになりました。授業は1日3コマで、木曜日と金曜日は10個ほどある授業の中から1つ選び、授業を取ります。私の取っている授業は、アート、ESOL、女子ジムクラス、金曜日にOEDです。私の1番好きな授業はOEDです。OEDとはアウトドア・エドゥケーションの略で、その名の通りカヤックやマウンテンバイク、スノースポーツをします。私は2学期から参加しました。でも正直ものすごく悩みました。なぜならマウンテンバイクだったからです。私は3年程前に自転車で転んで頭に大ケガをして以来、自転車が大の苦手でした。でも1学期に人数が一杯で参加出来ず後悔したので、思い切って挑戦しました。初めて山の中を自転車で20キロ以上も漕いで、とても疲れましたが楽しかったです。3学期は木曜日と金曜日にニュージーランドで1番大きいファカパパスキー場でスノーボードをしました。最後の週は皆で夏物の洋服や着ぐるみを着て過ごしました。

私が1番心に残っているイベントはスクールボールです。ドレスを着てメイクをしてもらい、12時近くまで学校でダンスをしました。友達のお父さんがオープンカーを用意して、学科まで送ってくれました。
最後は私の友達について話します。私の学校は留学生がとても多くて、今年だけでもイタリア人が2人、ドイツ人が14人、日本人が3人です。休日は留学生の友達とよく遊びます。1番仲の良いキウィの友達は、ジェシーです。彼女は歌う事が大好きで、歌のイベントに参加していました。彼女が私に歌って見せてくれるおかげでたくさんの洋楽を知ることが出来ました。

ニュージーランドに来る前は留学生活を全く心配していませんでした。でもいざニュージーランドでの生活がスタートすると、英語が理解出来ない、聞こえないと自信を失っていました。英語が理解出来ないのを言い訳に「一緒にランチを食べよう」と言う事が出来ませんでした。でもある人に「自分から行動しないと何も変わらないよ」と言われて、考えが変わりました。今では何でも挑戦するようになりました。次の学期はスキューバダイビングに挑戦する予定です。残り少ないですが、後悔しないよう、全力で楽しみます!!

愛をこめて 香林

Hinata(NZからのメッセージ)

2018/10/05

Hi, guys! How have you been? It’s Hinata from Te Kuiti High School. I can not belive I have only two months to go until I leave here. Time passes so fast. Today, I’m going to share my life in New Zealand. There are heaps of things that I want to tell you.

First, I’m going to talk about my loving host family. My host parents are both teachers of my school. And, I have a little host sister. My host father is quite crazy. Well, honestly he might be the craziest person I’ve ever met. I mean he has a good sense of humor. My host mother is not just a great music teacher, she is also such an amazing musician. She is good at singing. My host sister is only 3 years old, but she is so smart. She has good imagination skills, so she always tells me her stories. I love to play with her. I always talk about anything with them. When I ask for advice, they definitely give me some good advice and side with me. Also, they praise me when I’ve done something good. It gives me confidence. I appreciate that they are having me. I think you may understand how much I love them. They are such a lovely family, right?

Next, I’m going to talk about my school life and town. Te Kuiti is a pretty small town, so we don’t even have McDonald’s. See? I told you it is a small town. However, there are heaps of farms and the town is famous for sheep shearing. Also, My friends have asked me “Do you want to go hunting?” like people in Fukui might say “Do you want to go to movie? or shopping?”. Well, this is my town Te Kuiti. Next, my school life. It is pretty great at the moment. However, I did have a tough time. I had been trying to be friendly at first and then I got some friends, but I was feeling strange. I worried whether they were thinking I was their true friend. Well,I was annoyed by such a silly problem. What a shame. After that, I realized being friendly was not the same as being friends, we should be friends. So, I stopped to be modest and too polite because it was not me. I guess I was thinking too much. Then, I could open up to my friends and be frank. One day, my friend gave me a message. It said “I want you to spend the best time when you hang out with me.” Awww. I realized there was a person who really cares about me. Honestly, I was so happy. It is hard to explain that feeling. I thought I want to keep up with her and get along with her. When she comes to visit Japan, I want to take her to a lot of cool places.

Finally, I think I’m having a pretty great time here. Through the experience, I realized how much I was supported by my parents, teachers and friends in Japan. I just want to say thank you to them. I’ll never forget my memories and experiences here in New Zealand. They are surely going to be the highlights of my life. Thank you for reading my essay. See you soon!

Best wishes,
Hinata

--------------------

こんにちは!元気でしたか? テクイティハイスクールのひなたです。ここを出るまでにあと2ヶ月しかないなんて信じられません。時間が過ぎるのはとても早いです。今日、私はニュージーランドでの自分の生活を共有したいと思います。伝えたいことがたくさんあります。

まず、私の大好きなホストファミリーについて話します。ホストペアレンツは私の学校の先生をしています。そして、一人のホストシスターがいます。ホストファザーはかなり面白い人で 、正直私がこれまでに会った人の中で一番面白い人かもしれません。そしてホストマザーはただの音楽の先生ではなく、素晴らしいミュージシャンでもあり、歌が上手です。ホストシスターはわずか4歳ですが、とても賢いです。 だから彼女はいつも色々な話をしてくれます。 私は彼女と遊ぶのが大好きです。 私はホストファミリーと色々な話をするし、時々アドバイスを求めることもあります。 そのとき彼らは絶対に良いアドバイスをくれるし、私の味方をしてくれます。 また、私が何か良いことをしたり、頑張ったときは褒めてくれます。 そのおかげで自分により自信を持つことができます。 彼らが私を受け入れてくれたことにとても感謝しています。とにかく私がどのくらいホストファミリーのことが好きか分かったかと思います。 素敵な人たちですよね?

次に、私の学校生活と町について話します。テクイティはかなり小さい町なので、マクドナルドはありません。ほらね?小さな町だって言ったでしょ?でも、農場はそこら中にあって、羊の毛刈りで有名です。友達に 「映画か買い物にでも行かない? 」 とでも言うように 「狩りにでも行かない?」聞かれたこともあります。おもしろいですね。これが私の町テクティです。そして、学校生活について。今はかなり充実していますが、私にももちろん辛い時がありました。初め、フレンドリーにしようと心がけて、それなりに友達ができました。でも、私は本当に友達だと思われているのかと不安に思っていました。今思えばなんてくだらないことで悩んでいたんだろうと思います。そして、フレンドリーにすることと友だちになることは違うことに気づきました。私は友達になるべきだと思ったので、控えめで礼儀正しくしすぎていた自分らしくない行動をやめました。それから私は友達とより仲良くなれました。ある日、友達が「私といるときに楽しい時間をすごしてくれたらいいな。」というメッセージをくれました。そのとき、本当に自分のことを気にかけてくれる人がいたんだと思い、正直言葉にできないくらい嬉しかったです。

最後に、私はニュージーランドでかなり楽しい時間を過ごしていると思います。この経験を通して、私は親、先生方、友逹にどれだけ支えられているかを実感しました。 ただただみんなに感謝したいです。 私はこの思い出と経験を絶対に忘れません。 この経験はきっと人生のハイライトになると思います。 私の作文を最後まで読んでくださってありがとうございました。みんなに会えるのを楽しみにしています。

ひなた

Riko(NZからのメッセージ)

2018/10/05

Hello, How have you been? It’s Riko here. I can’t believe seven months have passed in New Zealand. I want to tell you about my life here.
I live in Wanganui and go to Cullinane College. My school is not a big school. Thanks to that most of the students know each other. I take English, Health Study, ESOL and Religious Studies as compulsory subjects. Also I take Drama, Food, Maths and Photography.

My favorite class is Drama. To be honest, I didn’t want to take the Drama class because I’m not good at acting. However I really wanted to challenge myself. We normally do some games as exercises before we start our work. At first , I didn’t participate at all because I didn’t have enough confidence to do anything in front of everyone. One day, my friend said to me, “Have a go, Riko!” I thought, “Don’t say that. It could be an awkward situation!!!” Then, I tried. After that I knew how much fun it is to participate in the game. I really appreciate my friend encouraging me to do it. I used to assume that I couldn’t do things before I even tried.

Through this experience, trying everything, it was my first step to find my new self. Now I have the confidence to say, “ I’m a part of the drama class.”
On the other hand , I still struggle with some classes. New Zealand’s education system is really different from Japan’s. Here, we need to write essays to get credits. In Japan, we normally don’t do that so I still struggle. But I always ask friends or teachers so I manage to get credits, haha .
After school ,I play badminton and sing in a choir. I love both of them. This term, we have a badminton competition every week. My opponents are always strong and smash the shuttle cock, so I always lose. I’m sure my skill is improving though… My goal is winning before I leave. As a member of the choir, we have had concerts twice so far. At the last concert , I did a solo!!! I sang “Three little Maids from School” with my friends. That was the first time I have sung a solo part in my life. That was so much fun.

Next, I will talk about my family. I live with my mom, her partner Keith, and her son ,Hamish. Mom and Keith really like vintage cars, so we often go to events or rallies with their vintage car. They named their car. One of mom’s cars is called “Grasshopper”because he is bright green and light enough to hop.(according to mom, her car is a boy.) That’s why I said “he”. My mom is a teacher at Cullinane. Hamish goes to Cullinane as well. Keith is a builder. I like my brother. I don’t have any siblings in Japan , so this has been a new thing for me. Sometimes, we have quarrels. Don’t you think it’s because we are like actual siblings? Also it’s good practice to think of English words quickly to argue back with him.

Now I have adapted to my new life in New Zealand. However, I had a lot of difficulty. “ If I can speak English fluently, it’s so much easier to make friends” “If I can speak English well, I can…..” I was really impatient to be able to speak English well. But one day, I noticed I always assume all of it is because of my English skills. I changed my mind and tried harder at everything. Thanks to trying hard I have many good friends and I love my school days. I used to be stressed by my housework as well. For instance, I cook once a week at least, I hadn’t cooked anything before in Japan. At first I took such a long time to read a recipe because I don’t want to cook an awful dinner because of misunderstanding. I never stop trying. So now I know a lot of words for cooking and I can cook anything!!!

I learned a lot of things through my stay in New Zealand. I reckon my English skills are improving. Also I have acquired skills to live on my own. In Japan, I relied on my mom and dad so much. So it made everything worse. However, my mom and dad are always on my side and support me. That’s why they let me study abroad. If I didn’t study abroad, I would not have changed at all. I can’t thank my parents enough. This time, I have to repay the favor to my parents and people who supported me. All I can do is never give up until the last moment of my stay. I will carry on trying hard and have a meaningful time.
Thank you for reading this all.

Lots of love
Riko Yamada.

--------------------

こんにちは、元気ですか??莉子です。 ニュージーランドに来て、7ヶ月が過ぎたなんて、信じられません。 ここでの生活について、話したいと思います。

私はワンガヌイに住んでいて、カリナンカレッジに通っています。カリナンは、大きい学校ではないので、ほとんどの生徒を知ることができました。私は、必修科目として、英語、保健、ESOL そして宗教の授業をとっています。また、ドラマ、フード、数学、写真の授業もとっています。

ドラマの授業は私のお気に入りです。実を言えば、ドラマの授業はとりたくありませんでした。なぜなら演技をするのが苦手だからです。しかし、自分を少しでも変えたいと思い、とることに決めました。私たちは 課題を始める前に いつもいくつかのゲームを準備体操のような感じでします。最初は、自分から全く参加しませんでした。クラス全員の前で、演技をするほどの自信がなかったからです。

ある日、友達が、「莉子!!行けーーー!!!」と言いました。「そんなこと言わんといて! 絶対気まずくなるやん!!!」と思いながらも、やってみました。その後、私はゲームに参加するのがどれだけ楽しいかを知りました。勇気付けてくれた友達に本当に感謝しています。このようにかつて私は、なんでもやってみる前に、自分はできないと決めつけていました。今では、自信を持って、「ドラマのクラスの一部」と言うことができます。

一方で、未だにいくつかの授業で奮闘しています。ニュージーランドの教育は日本と大きな違いがあります。ここでは、単位を取るために、エッセイを書かなければなりません。日本では、エッセイを滅多に書かないので、辛いです。しかし、いつも友達や先生に質問するので、なんとか、書くことができています笑笑

放課後には、バトミントンと聖歌隊として歌を歌っています。両方とも大好きです!!!この学期に毎週バトミントンの試合がありました。対戦相手はいつもとても強く、スマッシュをうってくるので、いつも負けています(泣)

運動神経は良くなってきていると確信しているのですが、、、帰国する前に勝つことが目標です!!!笑笑 聖歌隊としては、今までに2回コンサートをしました。このあいだのコンサートでは、なんと、ソロをしました!!友達と「スリーリトルメイドフロムスクール」と言う曲を歌いました。ソロをするのは人生で初めてでした!!!とっても楽しかったです。

次にホストファミリーについてお話しします。私は、マザーとマザーのパートナーのケイス、弟のハミッシュと暮らしています。マザーとケイスは、ヴィンテージカーがとても好きなので、よく車のイベントに連れて行ってくれます。彼らは、車に名前をつけています。マザーの車の1つは、「グラスホッパー」(日本語でバッタ)と呼ばれています、なぜなら 彼は明るい緑色で、ポンポンッとよく跳ねるからです。(マザーによると、グラスホッパーは男の子だそうです笑笑)

マザーは、カリナンの先生で、ケイスは、大工さん、ハミッシュはカリナンに通っています。日本では、私は兄弟がいないので 自分にとって新鮮でした。私は、ハミッシュがとても好きです。たまに、口喧嘩をします。でもこれは、本当の姉弟のようだからこそだと思いませんか⁇ 彼に言い返すために、とっさに英語を考えて、言葉に出すことは、とてもいい訓練にもなっています笑笑

今では、ニュージーランドの生活に慣れましたが、様々な困難がありました。「英語を流暢に話せたら、友達を作るのも、すごく簡単なのになぁ」「英語がもっと上手かったら、、、、」英語が上手く話せるようになりたくて仕方がありませんでした。ある日、私は、いつも全てを英語のせいにしていると気がつきました。改心し、何事にも挑戦するようにしました。そのおかげで、たくさんのいい友達ができ、学校が大好きになりました。

初めは、家事にも、憂鬱になっていました。例えば、1週間に一度は、夜ご飯を作らなければいけません。日本では、料理をしたことがありませんでした。初めは、レシピを読むのにとても時間がかかりました。勘違いによってまずい夜ご飯を作りたくなかったからです。しかし私は、挑戦することをやめませんでした。今では、料理用語をいっぱい知っているので、なんでも作ることができます!!!

ニュージーランドでの生活を通して、たくさんのことを学びました。英語はもちろん、自分で生活していく力も身につけることができました。日本では、母と父に頼ってばかりいました。それにより、全てのことが、より辛くなりました。しかし両親はいつも私の味方であり、支えてくれます。留学をさせてくれたのも、私のことを応援したいと思ってくれたからだと思います。もし留学していなかったら、私は何も変わらなかったと思います。次は、両親や私を支えてくれた方々に私が恩返しする番です。私ができることは、最後の滞在の時まで、諦めないことです。挑戦することを決して辞めず、有意義な時間を過ごしたいと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございました。
愛を込めて。
山田莉子

Ayana(NZからのメッセージ)

2018/09/25

Kia ora! How have you been? It’s Ayana from Pompallier Catholic College. I live in Whangarei which is a very nice place. Already 8 months have passed since I came here. The time is passing so fast. I can’t believe that I have to leave here after only 2 more months. I’m really enjoying my life with my wonderful host family and my favorite friends in New Zealand, so I’d like to share my life in NZ. Are you ready?

First, I’m going to talk about my host family. There are 8 people in my host family : my host mother, my host father, 3 host brothers, 3 host sisters and one dog, who is called Alfie. In Japan, I don’t have any siblings, so I’m really happy to be able to stay with 6 siblings. My host mother works at Pompallier as a teacher, so she always helps me with my homework. My host father is familiar with trees and animals and tells me about a lot of them. My oldest host brother is active and goes running in the neighborhood. My older host brother is the funniest in the family. He always makes me smile. My younger host brother likes playing games, soccer, singing and dancing. I think he is a mood maker in the family. My host sisters like baking something, so we are baking something every weekend. Also, I cook dinner with host mother. New Zealand’s sweets and meals are very good! I can’t stop eating. That’s why I’m getting fat. When we have dinner and watch TV, it is always lively. There is no quiet time, so these times are my favorite time.

Second, I’m going to talk about my school life. I take ESOL, Math, Science, Social studies, P.E, Maori, Health, Textiles, English and Religion. Before the start of Term 3 , I was taking Drama and Wood work instead of Maori and Textiles. This school is a catholic school, so we pray every morning and every Religion class. I’m enjoying my school life now. However, to be honest, I didn’t like to go to school at first because I couldn’t understand what everyone said and I didn’t know whether I could really call my friends as friends. When I had April camp, I told everyone about my problems. And, I knew everyone had their own problems. We solved them together. Thanks to their advice, I tried talking with my friends more than before. My friends help my English every day. Thanks to them my English is becoming better and better. And, I have confidence to be able to really call my friends as friends now. But, 1 month ago, one of my friend moved to Nelson, on the South Island. It was very sad. I still miss her. When she moved, she said to me ‘’ I promise that I will go to Japan someday.’’ When I heard it, I was very happy! I appreciate having school life with them. They make me happy and give me a smile. I’m really glad to see them. They are my treasure.

Finally, I had a lot of experiences here which I can’t experience in Japan. I think these experiences can’t replace other things in my life. And, this study abroad has allowed me to change myself. I’m happy to be able to come here and study English in such a privileged environment. That is all thanks to everyone. I really want to say thank you to my family, my friends and teachers supporting me from Japan. Of course, I really appreciate my host family accepting me. I will keep challenging many things from now on and I’m looking forward to seeing you with a big smile!

Thank you so much reading my essay.

Lots of love,
Ayana Tsubouchi

--------------------

こんにちは!お元気ですか?ポンパリアカトリックカレッジに通っている坪内彩奈です。私はファンガレイというとても素敵な所に住んでいます。私がここに来てからすでに8ヶ月も経ちました。時間が過ぎていくのがとても速くて2ヶ月後、ここを離れないといけないということが信じられません。私は素敵なホストファミリーと大好きな友達に囲まれながら、毎日楽しく過ごしています。そこで、私のニュージーランドでの生活を皆さんに共有したいと思います。準備はいいですか??

まず初めに、私のホストファミリーを紹介します。私のホストファミリーは8人家族でホストマザー、ホストファザー、3人のホストブラザー、3人のホストシスター、それからアルフィーという名前の犬がいます。日本では私は兄弟がいません。だから、6人兄弟に囲まれて毎日楽しく過ごせてることが本当に嬉しいです。ホストマザーは学校の先生で宿題があるときはいつも手伝ってくれます。ホストファザーは木、動物に詳しくてたくさんのことを教えてくれます。1番上のホストブラザーは活発で雨が降ってるとき以外は近所の周りを走っています。真ん中のホストブラザーは家族の中で1番面白くて、いつも私を笑顔にしてくれます。1番下のホストブラザーはゲーム、サッカー、歌うこと、踊ることが好きです。多分、彼が家族のムードメーカーだと思います。ホストシスター達はお菓子作りが大好きで、週末によくみんなでお菓子作りをします。また、私はホストマザーと一緒に夕食を作ったりもします。ニュージーランドの食べ物、スイーツは本当に美味しくて食べることをなかなか止めることができません!そのせいで私は太ってきています(笑)夕食を食べる時、テレビを皆で見るときもいつも家の中は賑やかです。静かなときなんてありません。だから、私はこの時間が大好きです。

次に学校生活について話したいと思います。私はESOL、数学、理科、社会、体育、マオリ、保健、裁縫、英語、宗教をとっています。Term3が始まる前はマオリと裁縫の代わりにドラマとウッドワークをとっていました。ポンパリアカトリックカレッジはカトリックの学校なので毎朝それから毎回の宗教の授業のときにお祈りをします。今は学校生活を楽しんでいますが、正直、最初の頃は学校に行くことが好きではありませんでした。理由は最初、皆がなんて言ってるのか理解することができなかったし、本当に友達のことを私の友達って言えるのかどうか分からなかったからです。そんな悩みを抱えながら、私はエイプリルキャンプに参加しました。そして、クラスメイトに自分の悩みを相談しました。皆、1人1人自分の悩みを持っていて悩んでたのは自分だけじゃないということが分かったし、お互いにアドバイスをしました。クラスメイトのアドバイスのおかげで、次の学期からは前の学期よりたくさん友達と話すようになりました。そして、私の友達は毎日、私の英語が上達するように手伝ってくれます。友達のおかげで、私の英語力はだんだん良くなってきてると思います。そして、今では友達のことを本当の友達だといえる自信もでてきました。しかし、1ヶ月前に1人の友達が南島にあるネルソンという場所に引っ越してしまいました。とても寂しかったし今でも彼女に会いたいと思っています。彼女がネルソンに行く前、私に「いつか必ず日本に行って会いにいくから」と言ってくれました。その言葉を聞いた時、本当に嬉しかったです。私は彼女たちと学校生活を一緒に過ごすことできて本当に幸せです。いつも、私を幸せに笑顔にしてくれます。彼女たちに出会えて本当に良かったと思っています。彼女たちは私の宝物の1つです。

最後に私は、日本では絶対に経験できないことをたくさんニュージーランドで経験しました。この経験は私の人生のどんなものにも置き換えることができないと思います。そして、この留学は自分自身を変えることができる大きなものだと思います。私はここに来れて、そして、こんなに恵まれた環境中で英語の勉強に集中することができて本当に幸せです。これも全部皆さんのおかげです。私はこの留学を通して、家族、友達の大切さに気付くことができました。私は日本から応援してくれてる家族、友達、先生方に心から感謝したいです。もちろん、私を受け入れてくれているホストファミリーにも感謝しています。これから後2ヶ月もたくさんのことに挑戦し続け、11月に大きな笑顔で皆さんに会えることをとても楽しみにしています!

私のエッセイはどうでしたか?
最後まで読んでいただきありがとうございました。

愛を込めて
坪内 彩奈