ニュージーランドからのメッセージ

Message from NewZealand

Sakurako(NZからのメッセージ)

2018/06/05

Kia ora! How have you been? It’s Sakurako from Bream Bay College. Three months have passed since I came here. Time is passing very rapidly. I’m having a really great time with my favorite host family and favorite friends in New Zealand. There are a lot of things that surprised me, for example we cannot put money into most ATM machines. Anyway, in this essay, I’d like to talk about my life in New Zealand.

Firstly, I’ll talk about my amazing host family. I stay with my host father, my host mother, one older host sister and one younger host sister. Also we have four cows, two rabbits, one dog, one cat and a lot of chickens. My host family loves music, which is why they always listen to music instead of watching TV and also they have good taste in music. I love music too, so I ‘m so happy to listen to music every day, every time. They are very busy every week so I need to make dinner at least once a week. Sometimes I make Japanese food like curry and rice, sushi, korokke and so on. It’s pretty hard to decide what I want to make for dinner, but it’s also fun. My host mother and sisters make many things as well and those things are so delicious for that reason I can’t stop eating.  

The next thing is about my school life. I take Geography, PE, Math, Business, English, ESOL and Dance classes. We have to do our assignment tasks for every subject and of course I need to write in English so it’s still hard still now. I like class time, but I like break time more than class time because I can hang out with my best friends. I always hang out with seven girls and two of them are international students from Germany.They are so kind, funny and crazy, haha. However, the two German girls will leave here about two months later. It’s really sad for me because they gave me a confidence and taught me English. So recently, I hang out with them quite often not only at school, but also on the weekends. I will probably miss them very much after they leave here. Now, I like my friends and school very much. But actually, I really didn’t want to go to school during term one because I couldn’t talk with my friends so I felt lonely and I felt like I was just following them. When they talked about something I just listened them to their conversations. Of course I knew I have to talk with them in my mind, but I couldn’t because I didn’t have any confidence then. But now I can talk with people in New Zealand. I changed my mind after the April camp with other Jin-ai GHS students. At the camp, we shared our lives in New Zealand and got really good advice from Mrs. Oi. I learned everyone was in similar situations and we tried to find solutions for it. From term two, I started to talk with people much more than I did in term one. My English is not perfect and I make mistakes many times, but if I try to keep up with people’s conversations and try to speak, they try to understand what I want to say. So I love my life in New Zealand now.

 My host family, friends and teachers in New Zealand are as wonderful as my family, friends and teachers in Japan. My English is not so good so far so I have heaps of difficulties even now and things can be hard. I’m so so happy to come to New Zealand. By the way, I’m deeply thankful for my family, friends and teachers supporting me from Japan. Besides, I really appreciate my host family for having me. I have so many people who support me from Japan and New Zealand. I’ll keep trying many things from now on and I want to see you guys with a big smile about six months later. Thank you very much for reading.

Lots of love,

Sakurako

―――――――――――――――――――

こんにちは!皆さんお元気ですか。ブリームベイカレッジに通っている水谷桜子です。ここに来てから四ヶ月が経ちました。時間があっという間に過ぎていきます。私はニュージーランドでお気に入りのホストファミリーとお気に入りの友達ととても良い時間を過ごしています。ここには私を驚かせるものがたくさんあります。例えば、私たちは多くのATMに現金を入れることができません。ともかく、このエッセイでは、私のニュージーランドでの生活についてお話ししたいと思います。

まず、私の素晴らしいホストファミリーについてお話ししたいと思います。私はホストファザー、ホストマザー、年上のホストシスター、そして年下のホストシスターと生活しています。更に、4匹の牛、二匹のウサギ、一匹の犬、一匹の猫、そしてたくさんの鶏を飼っています。私のホストファミリーは音楽が大好きなので、いつもテレビを見るかわりに音楽を聞いています。また、彼らはとても良い音楽のセンスがあります。私も音楽が大好きなので毎日、毎時間音楽を聴くことができて、とても嬉しいです。彼らは毎週とても忙しいので、私は最低でも週に一回は夜ご飯を作らなければなりません。私はときどきカレーライス、寿司、コロッケなど日本の料理を作ります。何を作ろうか考えるのはとても大変ですが、楽しみでもあります。私のホストマザーとホストシスターもたくさんの料理を作り、それらはとてもおいしいので食べることをやめられません。

次に、学校生活についてお話ししたいと思います。私は地理、体育、数学、ビジネス、英語、ESOL、ダンスのクラスを受けています。私たちは全ての教科の課題をもちろん英語でしなければならないので、それらは今でもとても大変です。私は授業も好きですが、休み時間はより好きです。なぜなら、私の親友たちと遊ぶことができるからです。私はいつも7人の女の子達と遊んでいて、その中の2人はドイツからの留学生です。彼らはとても親切で、面白くて、クレイジーです(笑)しかし、ドイツ人の二人は二か月後に帰国してしまいます。そのことはとても悲しいです。なぜなら、彼女たちは私に自信をくれ、英語を教えてくれるからです。なので最近は、学校だけでなく、週末も彼女たちとよく遊んでいます。帰国してしまった後、私はとても彼女たちが恋しくなるでしょう。今、私は、友達も学校もとても好きですが、実は、一学期の間は本当に学校に行きたくありませんでした。なぜなら、英語が全然話せなかった為、孤独に感じ、ただ友達についていっているだけのように感じていたからです。彼女たちが何かについて話していた時もただ聞いていただけでした。頭の中では、自分から話さないといけないことはわかっていましたができませんでした。なぜなら、その時の私には自信がなかったからです。しかし今ではニュージーランドの人と会話をすることができます。私の考えが変わったのは仁愛生用のエイプリルキャンプのあとです。そのキャンプで、私たちは、ニュージーランドでの生活についての話をシェアし、大井さんからとても良いアドバイスをいただきました。また、皆同じような悩みを抱えていて、解決策を見つけようと励んでいるということを知ることができました。二学期からは、一学期より、人々とより話すようになりました。私の英語は全然完璧ではなく、たくさん間違えることがあります。しかし、もし私が、人々の会話にがんばってついていこうとしたり、話をしたら、彼らは私が何を言いたいのかわかろうとしてくれます。なので今ではニュージーランドでの生活が大好きです。

私のニュージーランドのホストファミリー、友達、先生方は日本の家族、友達、先生方と同じくらいすばらしいです。今のところ、私の英語はよくないので、今でもたくさんの困難があります。また、それらはとても大変です。しかし、私には日本からも、ニュージーランドからも、たくさんの支えてくださっている人々がいます。私は、日本から支えてくれている家族、友達、先生方に本当に感謝しています。更に、私を受け入れてくれているホストファミリーにもとても感謝しています。私は、これからもたくさんのことに挑戦し続け、六か月後、皆さんに大きな笑顔で会いたいです。

このエッセイを読んでくださりありがとうございました。

愛をこめて、

水谷 桜子

 

 

Suzuka(NZからのメッセージ)

2018/05/09

Hello! It’s Suzuka from Hastings Girls High School. I live in Hastings where is located in east coast of North Island in NZ. Hastings is a really good place. This summer was the hottest summer that my host parents have ever had. However, it was not wet like Japan, so it was comfortable for me. Now, NZ is autumn and the leaves changed the colour. Also term 1 already finished and term 2 has begun. Then, I’d like to tell you about my NZ life. I’m having a great time with my host family and friends.

First, let me introduce my host family because they are very nice and I thank them for having me. There are three people, my host mother, father, brother and one dog. My host parents are very kind to me and they help me a lot. Also they teach me things about NZ that I’ve never heard before and I really enjoy having conversations with them. However, when they ask me about Japan, I sometimes can’t answer them. So I need to know more about Japan more. I like making sweets, so I sometimes make sweets with my host mother or by myself. I’ve made cheesecake, cookies, banana cake, chocolate cake, brownies and so on. Recently, my host mother made chocolate pudding and it was very good!! I like it the best. My host brother is only 8 months old and he is very cute!

When I met him first time, he couldn’t do anything, but now, he can roll over and sit and he has been trying to crawl. I can see his growth and it encourages me a lot. I’ d like to make good memories with them.

Second, I’m going to tell you about my school life. My school, Hastings Girls High School, has really good students and teachers. They’re very friendly and kind. On the first day of the school, I was nervous and I didn’t know anything about the school. When the time of morning tea came, I didn’t know what time it was. So I asked Kiwi students. I didn’t have any friends to eat with because it was the first day, so I asked a student “ Can I eat with you?” and she said “ Sure!”. I was very happy! She took me to the place where she eats with her friends and now, they became my best friends. When we speak to Kiwi students, we need some courage, but they are very nice. They won’t say “No” if we don’t forget to smile!

I have many things that I’d like to share with you, but I can’t write them all. I’m so happy to come to NZ and meet my host family and friends. I thank my parents and teachers for supporting me from Japan. I’d like to make my studying abroad better and when I’m back to Japan, I’ll continue to grow as a person. I’ll do my best in NZ!!!

Love,

Suzuka

----------------------------

こんにちは!ヘイスティングスガールズ高校に通っている涼花です。NZ北島の東部に位置するヘイスティングスに住んでいます。とても良い所です。今年の夏は私のホストファミリーが今までに経験した中で一番暑い夏だったそうです。しかし、日本とは違い湿気がなく、私には過ごしやすい季節でした。今NZは秋を迎え、葉が紅葉しています。また、1学期がすでに終わり、2学期が始まりました。そこで、私は私のニュージーランド生活を紹介したいと思います。ホストファミリーや友達と良い時間を過ごしています。

まず、ホストファミリーを紹介します。なぜなら彼らはとても素敵で、私は彼らに感謝の気持ちでいっぱいだからです。私のホストファミリーは、ファザー、マザー、ブラザーの3人と犬が1匹います。ホストペアレンツは私にとても優しく、たくさん助けられています。また、私が以前に聞いた事のないNZの事について色々教えてくれます。私は彼らと会話をすることがとても楽しいです。しかし、日本について質問されると答えられないことがあるので、日本についてもっと知っておく必要があると実感しました。私はお菓子作りが大好きで、時々ホストマザーとスイーツを作ります。今までには、チーズケーキ、クッキー、バナナケーキ、チョコレートケーキ、ブラウニーを作りました。最近、彼女がチョコレートプリンを作ってくれ、とてもおいしく、私はそれが1番好きです。ホストブラザーは8ヶ月の赤ちゃんで、とっても可愛いです。初めて会ったときは何もできなかった彼が、今では寝返りや座ることができるようになり、今ハイハイをしようと頑張っているところです。私は彼の成長を見ることができ、そのことが私をたくさん勇気づけてくれます。彼らとともに沢山の思い出を作っていきたいです。

次に、学校生活についてお話します。私の学校ヘイスティングスガールズ高校には、とても良い先生と生徒が沢山います。彼らはとてもフレンドリーで優しいです。学校の初日、私は緊張していたのに加えて、学校について何も知りませんでした。モーニングティーの時間の時も私は何の時間か分からなかったので、現地の生徒に尋ねました。初日だったので、一緒に食べる友達もいなかったので私がその生徒に「一緒に食べていい?」と聞くと彼女は「もちろん!」と答えてくれました。とても嬉しかったです。彼女は彼女の友達のところへ私を連れて行ってくれて、今では彼女達が私の1番の友達になりました。私達が現地の生徒に話しかける時はいくらかの勇気が必要かもしれませんが、彼女達はとても優しいです。笑顔を忘れなければ、彼女達は「NO」と言うことはないと思います。

私にはシェアしたいことがまだまだありますが、すべて書くことはできません。私はNZに来たこと、そしてホストファミリーや友達に出会うことができたことをとても嬉しく思っています。日本から支えて下さっている親や先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。留学生活をよりよいものにし、帰国した時に人として成長できるよう頑張ります。自分のベストをNZで尽くしてきます!!

愛をこめて

涼花

Haruka(NZからのメッセージ)

2018/04/25

Kia ora! I’m Haruka and I go to Horowhenua College with my partner Yuina. This school is the first time that Jin-ai students have attended this school, so I was nervous at first. However, kiwi students and teachers are friendly and lovely, so I’m getting used to my school life.

First, I’m going to talk about my host family. My host father Aaron is a computer technician and when I have some trouble with the computer and my phone, I ask him. I have a funny story. After using the bathroom at night, we have to lock the door, because my host brothers play there in the morning if the door isn’t locked. In fact, a few years ago, my host family had an international student and she forgot to lock the door, so the boys played in the bathroom and their house seems to have got soaked. Then, one night, when I was using the bathroom, I heard a sound which was like the door being locked. Yes, Aaron didn’t notice that I was using the bathroom and he locked the door! I knocked on the door hastily, so he noticed me and removed the door’s lock. If he hadn’t noticed me, I might have slept with a bath towel. (hahaha) My host mother Leah is a kindergarten teacher. Also, she is pregnant. Her baby is a girl and the baby will be born in July. She likes making sweets and she bakes every Monday. I’m looking forward to eating sweets which are made by her every week. My host brothers Joshua and William are always full of energy and mischievous, so my host parents are busy especially in the morning. At first, I worried whether I’d be able to enjoy living with them, but I really enjoy it now.

Next, I’m going to talk about my Easter holiday. My host parents and their parents gave me some Easter eggs on Good Friday and Easter Day. Good Friday is the day when Jesus was crucified and passed away and Easter Day is the day when Jesus revived. Then, I went to the Armageddon Expo in Wellington with my host father the next day after Good Friday. Before we went there, I was excited, but I was also worried because it takes about an hour and a half from my town, Levin to Wellington by car, so I didn’t have confidence to talk to him for a long time. However, we talked about a lot of things. For example, about religion, transport, NZ and Japan. I couldn’t understand all of his stories, but I enjoyed talking with him. When I arrived at the stadium in which the Expo was being held, I was surprised because there were a lot of cosplayers and their cosplays were of high quality! I was so excited because I saw the cosplayers who wore costumes made to resemble my favorite anime characters and I could take photos with them. Also, when I asked them to take photos, they gladly complied with my requests. I think I could build up nerve to talk to people through this experience. There were many shops (especially anime) and a lot of goods that I hadn’t seen in Japan, so it was a lot of fun and I was excited all through. Then, I met American anime voice actors luckily. I was impressed to be able to hear their voices close to them. 😊

I have a lot of issues that I have to overcome now and it’s very difficult for me to overcome them. However, I decided the goal which is to change myself through study abroad before I came to NZ. I keep trying to realize my goal!

Thank you for reading my essay from cover to cover.

Big love,
Haruka Tsubota

--------------------

こんにちは!陽花です。パートナーの由奈と一緒にホロフェヌアカレッジに通っています。この学校は、仁愛生が留学生活を送るのが私たちが初めてだったので、初めは緊張しました。しかし、生徒や先生方はフレンドリーですてきな人たちなので、だんだん学校生活に慣れてきました。
まず、私のホストファミリーを紹介します。ホストファザーのアーロンはコンピューターのエンジニアで、パソコンや携帯電話のことでわからないことがあれば、彼に聞いています。おもしろい思い出があります。夜にバスルームを使った後、私たちはドアに鍵をかけなければなりません。もしドアに鍵がかかっていなかったら、朝にホストブラザーたちが遊ぶからです。実際に、数年前にある留学生を受け入れたときに、彼女が鍵をかけ忘れてしまい、ホストブラザーたちが遊んで家中が水浸しになってしまったそうです。そして、私がバスルームを使っていた時に、ドアの鍵がかかったような音が聞こえました。そうです、アーロンが私に気付かずに鍵をかけてしまったのてす!私は慌ててドアをノックして、彼は私に気付いて鍵を外してくれました。もし彼が気付いてくれなかったら、私はバスタオル1枚で寝ていたかもしれません。(笑) ホストマザーのリアは保育園の先生で、妊婦さんでもあります。赤ちゃんは女の子で、7月に生まれる予定です。彼女はお菓子作りが好きで、毎週月曜日にお菓子を作ります。私は毎週彼女が作ったお菓子を食べるのを楽しみにしています。ホストブラザーのジョシュアとウィリアムはいつも元気いっぱいでやんちゃなので、ホストペアレンツは特に朝が忙しいです。最初は彼らとの生活を楽しめるか不安でしたが、今はとても楽しんでいます。

次に私のイースター休暇について話します。グッドフライデーとイースターデーに私のホストペアレンツと彼らの両親からいくつかのイースターエッグをもらいました。グッドフライデーとは、イエス・キリストが十字架にかけられて亡くなった日、イースターデーはイエス・キリストが復活した日です。そして、私はグッドフライデーの翌日にホストファザーとアルマゲドン・エキスポが開催されたウェリントンに行きました。ウェリントンへ行く前、私はワクワクしていましたが不安でもありました。理由は、私が住んでいる町レビンからウェリントンまで車で約1時間半かかり、長時間彼と話せる自信が無かったからです。しかし、私たちはいろんな事を話しました。例えば、宗教、交通機関、ニュージーランドや日本についてです。私は彼の話全ては理解できませんでしたが、彼との会話を楽しめました。エキスポが開催されたスタジアムに着いたとき、私はたくさんのコスプレイヤーと彼らのコスプレのクオリティーの高さにとても驚きました。そして、彼らに写真を一緒に撮っても良いか頼んだとき、快く応じてくれました。この経験を通して、人々に話しかける度胸がついたと思います。会場にはたくさんのお店 (特にアニメ) や日本では見たことのないグッズがあり、すごく楽しくて興奮しっぱなしでした。それから、幸運なことにアメリカのアニメ声優の方々にも会うことができました。彼らの声を間近で聞けて感動しました。

今の私には克服しなければならない課題がたくさんあり、それらを克服するのはとても難しいです。しかし、私はニュージーランドに来る前に留学を通して自分自身を変えるという目標として立てました。それを実現できるように挑戦し続けます!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

愛をこめて
坪田 陽花

Miyu(NZからのメッセージ)

2018/04/17

Hi guys! How have you been? My name is Miyu. I go to Hastings Girls’ High School. I’m having a great time in New Zealand. At school, term one has finished. I am on holiday now. So I will write about the subjects I took this year. I took six subjects, ESOL, math, P.E., science, digital, and literacy which is an English class.

First, I will write about my ESOL class. There are ten Japanese students, four Samoan students, and one Thai student. We often learn the basics of English. This class is very helpful to learn English. We have reading time in the class so our reading skills can improve. In the weekends, we have homework which is writing our journal. So our writing skills can improve.

Second, I will write about my maths class. I have learnt factorization, coordinates, and inequality. Sometimes, I have to solve story problems. If I couldn’t understand the questions, I asked my teacher or my friends. They explained the questions in detail until I could understand.

Third, I will write about my P.E. class. It’s my favourite class. I like plying sports so I chose this class. I played many sports in the class. For example netball, softball, and cricket. My favourite sport is Ki o rahi. It’s from Maori culture. We also learn New Zealand’s popular sports in the class. Sometimes we study about “risk in Fourth, I will write about my science class. I like science so I chose this class but it’s most difficult subject for me. I learnt biology and chemistry. It’s interesting how to say science words in English. Sometimes I have to write a lot in my notebook, I have to write a summary. However my teacher and my friends help me to solve the questions, and to write a summary. So I can enjoy the class.

Fifth, I will write about my digital class. I always use a computer in the class. I made a poster and a game. To make a game was very difficult but I could make it. I played computer games in Japan so I’m happy that I know how to make a game.

Sixth, I will write about my literacy class. I often learn about cultures in the class. There are kiwi students, Japanese students, Samoan students, and Tongan students. So we can learn a lot about different cultures in the class. It’s very interesting. So I’m happy that I chose that class.

Finally, I’m glad that I came to New Zealand and Hastings Girls’ High School. I really appreciate my parents, and teachers. Now, I have great friends, great teachers, and great host family in New Zealand. They are very kind to me. So I enjoy learning a lot from them. I want to write about a lot of things in New Zealand but I have to finish this. I would like to write again. See you!

Thank you for reading it.

Big love, Miyu Noji

-------------------

こんにちは!お元気ですか。私は美優です。ヘイスティングスガールズハイスクールに通っています。私は今、ニュージーランドでとても素敵な時間を過ごしています。1学期が終わり、休みに入りました。今から私が今年とった教科について紹介したいと思います。私は、ESOL、数学、体育、理科、デジタルテクノロジー、リテラシー(英語のクラス)の6教科をとりました。

初めにESOLクラスについて紹介します。このクラスには10人の日本人生徒、4人のサモア人生徒、1人のタイ人の生徒がいます。私たちは普段、英語の基礎を学びます。このクラスは英語を学ぶ上で、とても役に立ちます。クラスではリーディングタイムがあるので、リーディングのスキルを向上させることができます。週末になると、日記を書く宿題があります。なので、ライティングのスキルも向上させることができます。

次に数学のクラスについて紹介します。私は因数分解や座標、不等式などを習いました。時々、文章問題を解かなければいけない時があります。もし私が問題の意味を理解できなかったときは先生や友達に尋ねます。みんな私が理解できるまで細かく説明をしてくれます。

次に体育について紹介します。これは私のお気に入りの教科です。私はスポーツをするのが大好きなのでこのクラスを選びました。このクラスではたくさんのスポーツをしてきました。例えばネットボールやソフトボール、クリケットなどをしました。私のお気に入りのスポーツはキオラヒです。キオラヒはマオリ文化から来ました。私たちはこの授業でニュージーランドで有名なスポーツを学べます。ときには、運動をする上でのリスクについて勉強します。これはスポーツをするのに大切なことです。このクラスで私は、たくさんのことを学べました。

次に理科のクラスについて紹介します。私は理科が好きなのでこのクラスを選びましたが、今ではこの教科が私にとって一番難しい教科です。私は生物と化学を学びました。知っている単語を英語でどのように言うのかを知るのが楽しいです。ときには、たくさんのことをノートに書いたり、まとめを書いたりしなければいけません。しかし先生や友達が問題を解くことやまとめを書くことを助けてくれます。だから授業を楽しめています。
次にデジタルテクノロジーのクラスについて紹介します。私たちはいつもコンピューターを使って授業をします。私はポスターとゲームを作りました。ゲームを一から作ることはとても難しかったですが、何とか作ることができました。私は日本でゲームをして遊んだのでどのようにしてゲームを作るのかを知ることかできて嬉しいです。

次にリテラシーのクラスについて紹介します。私は普段、文化について学びます。クラスには日本人生徒、ニュージーランドの生徒、サモア人の生徒、トンガ人の生徒などがいます。なので私たちはたくさんの文化をこのクラスで学ぶことができます。このクラスはとても興味深いです。なので私は、このクラスを選ぶことができて嬉しいです。

最後に、私はニュージーランドに来れて、ヘイスティングスガールズハイスクールに通えて、とても嬉しいです。両親と先生方には本当に感謝しています。今、私には素敵な友達、素敵な先生方、そして素敵なホストファミリーがいます。みんなとても優しい人たちばかりです。私は楽しんでたくさんのことを彼女達から日々学んでいます。もっとたくさんニュージーランドについて書きたいのですが、終わらなければいけません。また書きたいと思っています。さようなら!
読んでくれてありがとうございました。

愛を込めて、野地美優

 

Anri(NZからのメッセージ)

2017/11/15


Hello, I am Anri. I go to Hauraki Plains College with my best partner, Aya. I cannot believe I have to leave here soon. Looking back at my memories, I’ve gone through so many happy things surrounded by a lot of kind people during my experience of studying abroad. I appreciate my host family, friends and teachers at this school for giving me a lot of love and many good opportunities.:) People in New Zealand are so friendly and I like their style. When they have a conversation, they open their hearts to each other. I feel like it is such fun.:) I would like to write about what I’ve learned in New Zealand in this essay.
I am taking math, English, Maori, music and ESOL. Let me talk about my favorite subject, music. I love the class because many students have the spirit of making something purely for pleasure and I can do some creative activities here. Students work on interesting tasks. For example, some students form a music band and compose original songs with the members. Composing a song and writing its lyrics from the beginning as a band group was such a fresh experience for me. I sometimes have performances and record our songs using a computer and a full-scale machine. I was surprised when I came here for the first time because what the students were doing looked like what real musicians and recording engineers do. I learned many things in this class.
One of the things I’ve learned from this class is that it is very important to have fun when we acquire something. This is quite sudden, but I have a question for you. When you hear the word “studying”, what do you imagine? Do you feel excited, interested or do you have a negative impression? I used to choose the latter one. However, my point of the view has changed from the music class. This class told me studying should be fun and that learning things in that way will come back as a benefit someday.
Making a song together as a team, my bandmates and I sometimes had a slump. It had been decided what the piano part was going to be, but we could not start making the sounds for the other instruments. We had some talking time for the song but could not find a fundamental solution and repeated similar discussions for the song during the whole week in class. We noticed that we needed a new way to solve the problem. However, no one knew where to start. I felt that we were wasting our time. The performance day was getting closer! At the same time, I was frustrated about two things in my heart. One thing was that our song did not improve at all and the other was the language barrier which I had. If I had understood their whole conversation like a kiwi student, I would have understood what my bandmates were thinking better and could have given them more of a hand. I thought this many times. I did not want to finish this class, making an excuse that I had no choice but to be a bystander since I was a “foreigner.” I wanted to change something with my band members. I realized I needed to take an action by myself.
I decided to make music and write musical scores for my bandmates on a weekend. Although I had some experiences from choir and piano, it was my first time to make music scores for instruments other than the piano. To make the song, I researched information about the trumpet and the alto saxophone on the Internet. Then I learned something new. These instruments are called transposing instruments and their music scores and piano’s music scores are different. I checked how different a music score of those instruments are from that of the piano. When I was composing a music score and getting the knowledge which I had not previously known, a thought occurred to me. “Isn’t this the meaning of studying? Studying means trying to find what is needed and using the knowledge for our own goal?” Thinking in that way, it seemed to me that studying means to learn something exciting.
Also when I got ideas from what I learned, that knowledge was reflected in the song. I thought I would like to know more about music in order to play pleasurable music while making a harmony and arranging the song with my bandmates. That feeling also told me that studying is interesting and fun. Moreover, I felt one more happiness. When I gave the music score to my bandmates at school, they seemed very glad. They received it with smiles and started practicing it immediately. From that day on, we spent our music classes effectively for our performance. I also got a chance to teach my band members how to play the melody, playing the piano. They understood me very well.

I never expected that I would be involved in music like this. My bandmates supported me a lot. Music meant a lot to me and this experience taught me how important it is to take an action by myself. I will never forget these things. I’ve come to love music more in New Zealand.
I would like to take this opportunity to express my sincere gratitude to my family in Japan. I thank them for supporting me studying abroad from far away. Their warm words and the stuff they sent from Japan cheered me up. While I am here, our homeroom teacher and our agent here have been organizing many things for us. Also, they visited and encouraged us. I thank all the people who have supported me. I appreciate their help.

Love
Anri

-------------------

こんにちは。杏理です。ベストパートナーの彩と一緒にハウラキプレインズ高校に通っています。もう少しでここを去らなければいけないなんて信じられません。ここでの思い出を思い出すと、留学中多くの優しい人達に囲まれてたくさんの楽しいことに出会いました。ホストファミリーや友達、この学校の先生方が、私を愛してくださり、たくさんの機会をくださったことに、本当に感謝しています。ニュージーランドの人はとてもフレンドリーです。そして私は彼らのスタイルが好きです。特に、お互いに心を開いてして人と会話をするときはすごく楽しいです。このエッセイでは、私が何をニュージーランドで見つけたかを書けるといいです。
私は数学、英語、マオリ、音楽、ESOLの授業をとっています。私のお気に入りの音楽の授業について書かせてください。私はこのクラスが大好きです。なぜなら、たくさんの生徒が心の底から音楽を純粋に楽しんでいるからです。そしてこのクラスではクリエイティブな授業を受けることができます。生徒は音楽バンドを作り、バンドメイトと一緒にオリジナルの曲を作詞、作曲したりしています。曲の歌詞や音をメンバーと一緒にはじめから作り出すことは、私にとってとても新鮮な経験でした。そして時々その曲をパフォーマンスしたり本格的な機械を使ってレコーディングしたりします。最初に来たときは、生徒がやっていることがミュージシャンやレコーディングエンジニアのように見えて、とても驚きました。私はこのクラスでたくさんのことを学びました。
私が学んだことの一つは、何かを学ぶとき楽しむことがとても大事だということです。突然ですが、みなさんに質問があります。みなさんは”勉強”という言葉を聞くと、何を想像しますか。興味があったり、楽しいと感じたりしますか。それとも少しネガティブになりますか。私は前まで後者を選んでいました。しかし、私の視点はこの音楽の授業をとってから変わったと思います。このクラスは、勉強することは楽しいことであるべきで、その学びはいつか返ってくることを教えてくれました。
曲を一緒にチームとして作るとき、私のバンドメイトと私は時々スランプ状態になることもありました。ピアノのパートは決まっているのですが、他の楽器のパートの音を作り始めることができませんでした。曲を作るために話し合いの時間がありましたが、根本的な解決をすることができず、同じような話を一週間授業で繰り返していました。私達は解決するために何か新しいやり方を見つけなければならないと気づいてはいましたが、そのために何から始めればよいのかみんな分かりませんでした。パフォーマンスの日が近づいてきているのに、時間がただ過ぎているだけのように感じていました。同時に、私は心の中で2つのことに後悔していました。一つ目は私達の曲に成長がないこと、もう一つは私が抱えていた言語の壁です。もし私がグループでの会話をすべて現地の子のようにきちんと理解できたら、私のバンドメンバーが考えていることを今よりさらに理解し手助けすることができるのに…、と何度も思いました。私は、外国人だからということを理由に、ただ傍観者になっているだけで、この授業を終えたくはありませんでした。私は、バンドのメンバーと一緒に何かを変えたいと思っていました。そのためには自分で行動を起こさなければいけないことに気が付きました。
私は、週末にバンドメイトのために曲と楽譜を作ることを決めました。私は合唱とピアノの経験はありましたが、ピアノ以外の楽器のために楽譜を書くことは初めてでした。曲を作るため、私はインターネットでトランペットとアルトサクスフォンについて調べました。そのとき私は初めて、それらの楽器は移調楽器と呼ばれていて、それらの楽器の楽譜とピアノの楽譜は違うと知りました。そこで、私はどれぐらいそれらの楽器とピアノの音が違うのか確かめて、楽譜を作りました。知らなかった知識を入れながら作曲していると、ひとつの考えが私の頭の中に浮かびました。「勉強ってこういうことを意味するのではないか。つまり、勉強とは、何を知る必要があるのかを探して、その知識を何かの目的のために使うことではないのか。」と。そう考えると、勉強をすることがとても楽しいことのように思えてきました。
そして知識からアイディアを得たとき、それらはそのまま曲になります。私は愉快な曲をバンドメイトと演奏し、ハーモニーを作ったり、曲をアレンジしたりするため、もっと音楽について知りたいと思いました。この気持ちが、私に勉強についての興味やおもしろさを教えてくれました。さらにもうひとつ嬉しい出来事がありました。私が作った楽譜をバンドメイトに渡したとき、彼らは喜んでくれたのです。笑顔で受け取ってくれて、さっそく練習を始めました。そして私達のバンドはパフォーマンスにむけて効率的に授業に取り組むようになりました。私が彼らにメロディーをピアノを使って教えるというチャンスもできました。彼らは私のことをわかってくれました。
このような形でニュージーランドで音楽をやるとは全く予想していませんでした。バンドメイトは私をたくさん支えてくれました。音楽が私にとってどれだけ大きな意味があったのか、自分から動いていくことがどれだけ重要なのか教えてくれたことを忘れません。私はニュージーランドに来て、音楽がもっと好きになりました。
この場をかりて日本の家族に感謝の気持ちを述べさせてください。温かい言葉や日本からの荷物がどれだけ私を元気づけてくれたのか、遠い日本から私の留学を支えてくれてありがとう。そして担任の先生や留学サポーター方は、いろいろ手配をしてくださり、また私達を訪ねてくれて勇気づけてくれました。この留学を支えてくれた全ての人々に感謝しています。ありがとうございました。

愛を込めて
杏理