ニュージーランドからのメッセージ

Message from NewZealand

NZからのメッセージ(Ryoko)

2020/09/14

Hello, everyone!!  I’m Ryoko from Cullinane College in Whanganui.  Almost eight months have passed since I came to New Zealand.  The time has passed so quickly and I am surprised that I only have two months remaining.  As many of my friends mentioned in their essays, this year, the covid-19 has been going around all over the world.  As schools in Japan were closed for about 3 months, schools in New Zealand were closed for about 2 months.  It was a little bit unfortunate that we had to stay at home for one fifth of our New Zealand life, even though I really enjoy the new culture and relaxing life in New Zealand.  Today, I want to share my happy memories and my opinion about cross-cultural understanding with you.

In term2 and term3, I joined a badminton club.  We have practice once a week and we have competition once a week with other high schools in Whanganui.  At first, I was worried about joining the sport club because I am not so good at badminton and I knew that many kiwi students are good at playing sports.  To be honest, the first few times, it was not easy for me to enjoy badminton because I was tired of talking with many new people and playing games with them.  However, little by little I was able to make some new friends through playing the games.  Now, I enjoy talking with them and I like having practice and competitions every week.  I wish this club would continue until the end of the year but this club finishes at the end of term3.  I think I will join another sport club in term 4!!

August 30 was my birthday and I had a special time with my host family and friends. On the day before my birthday, I went to a restaurant with my friends to have a birthday lunch.  We talked a lot and we went shopping after that.  They gave me lovely birthday presents and cards.  On my birthday, my host family held a birthday party for me and their niece’s family came to the party.  We ate fish and chips and rolled sushi, which was a wonderful collaboration of New Zealand culture and Japanese culture!!  My host family gave me a Harry Potter card game and Eeyore’s onesie.  I use that onesie every night as my pajamas!  It was a really wonderful birthday and I won’t ever forget this memory.

While I am in New Zealand, I have learned how fun it is to live in a new culture and how difficult cross-cultural understanding is.  Before I came here, I had been abroad twice and I stayed for one week each time.  Through these experiences, I came to like staying in a different culture and learning new cultures. However, by staying in New Zealand more than one week, I have learned that if I really want to know about their life, culture, or people in the country, I need to stay at least half a year.  When we stay in a foreign country for one week or so, we can only know about that country’s wonderful points.  It is not easy for many people to accept the whole new and different culture.  By staying in New Zealand for about eight months, I was able to have so many more real experiences in New Zealand.  Besides, I’ve found unique points of Japanese culture, which I wouldn’t have learnt if I hadn’t come here. I was really lucky to have this experience at this age.

I have a lot more things to tell you about my New Zealand life but it would be too long to write them all here, so I will tell you all the happy and wonderful things in two months when we see each other again.  

Lastly, I want to thank all the people who have supported my studying abroad,  my family in Japan, my host family, all the teachers and all of my friends.  I will try to enjoy myself and learn as much as possible for the rest of two months. 

Thank you for reading!!

Ryoko

みなさん、こんにちは。 ワンガヌイにあるカリナンカレッジに通っている涼子です。 ニュージーランドに来てから8ヶ月ほどが過ぎました。時間が経つのは早く、あと2ヶ月しか残っていないことに驚いています。私の友達がエッセイで書いているように、今年はCOVID19が世界中で流行しています。日本の学校が3ヶ月間休校になったように、ニュージーランドでも約2ヶ月休校となりました。私はニュージーランドの文化とのんびりとした生活をとても楽しんではいますが、やはり留学生活の5分の1を家で過ごさなければいけなかったのは少し残念でした。今日は、私の嬉しかった思い出と、文化理解に関する意見を皆さんにお伝えしたいと思います。

2学期から、私はバドミントンクラブに参加しています。週に1回練習し、また別の1日は、ワンガヌイにある他の学校との試合をします。私は最初、運動部に入るのをためらっていました。私はバドミントンが得意ではなく、ニュージーランドの生徒たちの多くは運動が得意だからです。正直言うと、最初の数回は、たくさんの新しい人と話をしたりバドミントンをしたりするのに疲れてしまって、バドミントンを楽しむことができませんでした。しかし、ゲームを通じて徐々に新しい友達ができました。今は、友達と話をするのが楽しくて、毎週の練習や試合が大好きです。バドミントンクラブが今年いっぱい続いてほしいと思いますが、3学期で終わってしまいます。4学期はまた別の運動部に入ろうと考えています。

8月30日は私の誕生日で、ホストファミリーや友達と特別な時間を過ごしました。誕生日の前日、友達とレストランで誕生日のお祝いにランチをしました。たくさん話をして、その後はショッピングに行きました。誕生日プレゼントやカードももらいました。誕生日の日には、ホストファミリーが誕生会を開いてくれ、姪の家族も来てくれました。フィッシュアンドチップスと巻き寿司を食べました。ニュージーランドと日本の素敵なコラボレーションです。ホストファミリーからは、ハリーポッターのカードゲームとイーヨーのつなぎの着ぐるみをもらいました。その着ぐるみはパジャマとして着ています。この素晴らしい誕生日を忘れることはないでしょう。

ニュージーランドで過ごしていて、新しい文化の中で生活をすることの楽しさと異文化理解の難しさを学びました。ここに来る前に、2度海外に行き、それぞれ1週間滞在したことがあります。これらの経験のおかげで、私は異文化で生活したり、新しい文化を学んだりすることが好きになりました。しかし、ニュージーランドに1週間以上滞在することで、その国の生活や文化、人々について本当に理解したいのであれば、最低でも半年は必要だと分かりました。1週間ぐらいの滞在では、その国のいいところしか分かりません。新しくて違う文化全体を受けいれるのは多くの人にとっては簡単なことではありません。8ケ月ニュージーランドに住んでみて、より多くの「本当」の経験ができています。その上、日本文化についても気づきました。これは、もしここにきていなかったらできなかったことです。この年齢でこのような経験ができている自分はとても幸せです。

私のニュージーランドの生活についてお伝えしたいことはまだたくさんありますが、全部を書くと長くなるので、2か月後みなさんに直接お会いしたときに、私が経験した素晴らしいこと全てをお話しします。

最後に、私の留学を応援してくださっている人、日本の家族やホストファミリー、先生方や友達など、全ての人に感謝したいです。残りの2か月間、できるだけたくさんのことを楽しんだり学んだりしていきます。

読んでくださり、ありがとうございます。

涼子

NZからのメッセージ(Airi)

2020/08/12

Hi, everyone!  I’m Airi and I go to Hauraki Plains College ( H.P.C. ).  How are you doing? Recently, I heard the news that the number of people infected with coronavirus is increasing in Japan. I’m away from Japan so I’m a little worried about you guys. Meanwhile, in New Zealand we now rarely hear about people infected with coronavirus, and I live a relatively safe and very enjoyable life.  (Suddenly, on August 11, it was announced that Auckland will go into lockdown for three days since four new cases of community transmission were confirmed on that day after 102 days without any. The rest of the country, including where I live now, will go into level 2.)  Anyway, today, I would like to share my school life with you.

 

My host school, H.P.C. has students from year 9 to year 13 and there are more than 750 students in total. There are 4 terms a year and the 1st and 2nd term are semester A and the 3rd and 4th terms are semester B.  We change our subjects in semester A and B. My favorite subject was art which I took in semester A.  In this class, I met Emma, who is very good at drawing, and Mr. Harmzen, who is a wonderful artist and the teacher of the class. Originally, I was not good at art nor loved it, but I learned a lot of techniques from them.  I concentrated on each work and spent a lot of time on them.  Mr.Harmzen really loved my works and he gave me excellence mark every time.  He said that I’m one of the most talented students in the class.  Also, he always makes a joke, telling me to move to NZ to take his art classes.  Last week, he invited me and Emma to the special art class for only 20 students from year 11 to year 13.  He gave us the opportunity to meet a NZ artist and watch his painting demonstration.  I had a wonderful time and I learned more deeply about art.  He is my favorite teacher and the best artist ever.

 

In the first few weeks of my school life, I made friends Marianne, Rosanne, Vanessa and Logan. They are interested in Japan and we met for the first time in Japanese culture club.  Now, they are my best friends and I always hung out with them and their friends. We often talk about India, which is the country Marianne and Rosanne come from and Japan.  We have fun talking about random topics as well.  Sometimes I quarrel over trivial things, but I love them.  Since term 2, I have been a member of the badminton club with Marianne and Logan.  The people in badminton club are so nice and on the first day of its practice, they very kindly taught me the rules and how to play badminton.  When I hit a good shot, they say to me, “Nice Airi!  You already improved so much”. Thanks to them, I really love the badminton club and Tuesday and Thursday, when we have badminton practice, are my favorite days in a week.  I will enjoy playing badminton for the remaining 3 months.

 

Finally, I’d like to take this opportunity for my family.  August 12th is my birthday and I’ve turned 17 years old.  Every year on my birthday I get some presents from my family, but this year I wrote this essay as a small present from me to my family.  I thank my family for always supporting me, for having given me this opportunity to study in NZ, and for everything.  I will spend a meaningful time here in New Zealand, appreciating this precious opportunity that my family has given me.

 

See you all in November and thank you for reading!

 

Airi

 

皆さん、こんにちは!ハウラキプレインズカレッジ(H.P.C. )に通っている愛理です。お元気ですか?最近日本でコロナウイルスの感染者の数が増加していることを耳にし、日本を離れている私は少し皆さんのことを心配に思っています。一方、ニュージーランドでは現在、コロナウイルスの感染者のニュースを耳にすることはほとんどなく、私は比較的安全でとても楽しい生活を送っています。(8月11日、オークランドをロックダウンにするという報道が突然なされました。102日ぶりに4人の市中感染が確認されたからです。私の住んでいる地域を含め、他の地域は警戒レベルが2になります。)何はともあれ、今日は、皆さんに私の学校生活についてお話したいと思います。

私が通うH.P.C. には9年生から13年生、750人以上の生徒が通っています。1年間に4学期あり、1学期と2学期は A学期、3学期と4学期は B学期となっており、A学期とB学期で教科が変わります。私が一番好きな教科はA学期でとった美術のクラスです。このクラスで、絵を描くのがとっても上手なエマと、素晴らしいアーティストであり先生のハームゼン先生と出会いました。もともと美術が得意でも大好きでもなかった私ですが、彼らから多くの技術を学びました。私は一つ一つの作品に集中し、たくさんの時間を美術の作品に費やしました。先生は私の作品を本当に気に入ってくださって、私にエクセレントの評価を毎回つけ、私はこのクラスで一番才能のある生徒の一人だと言ってくださいました。また、先生は私に、先生の美術の授業を受けるためにニュージーランドに引っ越してきて、といつも冗談をおっしゃいます。先週、先生はエマと私を11年生から13年生の20人の生徒だけが参加した美術の特別クラスに招待してくださいました。私たちはニュージーランドで活動する一人のアーティストとお会いし、実際に彼がペインティングする様子を拝見する機会をいただきました。私は素晴らしい時間を過ごし、美術の技術をより深く学ぶことができました。ハームゼン先生は私の大好きな先生であり、史上最高のアーティストです。

この学校に通い始めてから数週間目で、私にはメリアン、ロザーン、ヴェネッサ、ローガンという友達ができました。彼らは日本に興味があり、私達は日本文化部で出会いました。今、彼女たちは私の親友で私はいつも彼女や彼女たちの友達と一緒にいます。私達はよくメリアンとロザーンの出身地であるインド、日本についてや、他愛もないような話をしてよく笑います。たまに些細なことで喧嘩をすることもありますが、私は彼女たちが大好きです。2学期からメリアンとローガンと一緒にバドミントンクラブに入りました。バドミントンクラブのみんなはとてもいい人たちで、最初、初心者の私に優しくルールや方法を教えてくれました。私がいいショットを打ったとき、「ナイス 愛理!とっても上手になったね。」と言ってくれます。皆のおかげで私はバドミントンクラブが大好きで、練習のある火曜日と木曜日は私の一番好きな曜日です。私は残りの3ヶ月、バドミントンを楽しみます。

最後に、今日8月12日は私の誕生日で、17歳になりました。毎年、私は家族から誕生日プレゼントをもらうのですが、今年は私から家族への小さなプレゼントとしてこのエッセイを書きました。いつも私を支えてくれていること、この留学の機会を与えてくれたこと、そしてすべてのことに感謝しています。私に与えてもらえたこの貴重な機会を大切にし、意味のある時間をニュージーランドで過ごします。

皆さん、11月にお会いしましょう。読んでいただきありがとうございました!

 

愛理より

 

 

NZからのメッセージ(Mina)

2020/08/03

Hi, everyone!!  I’m Mina Fukuyama from New Zealand.  I attend Pompallier Catholic College as a Year 10 student.  Nearly seven months have passed since I came here. I can’t believe that I have already been here for seven months!!  I’m really enjoying my NZ life.  Today I’d like to share some things about my NZ life with you.

 

I’m living in Whangarei, which is near the top of New Zealand.  Around my house spreads big and beautiful farmland.  There are a lot of animals such as cattle, horses, chickens, pigs…  Also my host family breeds some animals and my favorite are the calves.  My host family have five calves and they often go to calves to give them milk.  One day I helped them.  These calves always really want to drink milk quickly. However, the milk hadn’t been prepared yet, so I had to put my hand in their mouth.  I was afraid of it at first, because I had hated animals before I came here, but I tried it with a lot of courage!!  They were sucking my hand as they suck their mother’s breast.

 

Moreover my host family has two big dogs and three cats, too.  They are very curious pets.  They often pick up dead animals and bring them into my house.  I have seen them holding the dead animals in their mouths many times.  Can you believe that???  Through these experiences, I’ve come to like animals more than ever.  I can touch all animals now, of course.  What’s more, even if I am licked by animals, that’s fine!!!  These experiences were so good for me.  If I tell that to people who know that I hated animals, they will definitely be surprised!

 

Next, I’m going to tell you about my school life.  I’m a member of Year 10.  My classmates are younger than me (they are 14 or 15).  I couldn’t get along with them for the first two weeks.  It was because I couldn’t understand what they said.  To be honest, I didn’t want to go school.  I spent the lunch time crying with Saya, who is the other student from Jin-ai.  It was really painful that I had to go to school.  

 

After term 1, however, I made new friends!!  Now I spend time with three Kiwi friends and a girl who moved to NZ four months ago from England.  They are interested in Japanese and Japanese anime!!  They often ask me to write my favorite Chinese characters or Japanese letters on their legs with a pen.  When I write their names on their legs, they really like it all the time.  Moreover they give me a big hug when we see each other at school.  I’m really glad that I was able to meet them during my study abroad!

 

At the beginning of July, I talked with my classmates through Zoom because the April camp, which was to be held in April, was cancelled because of Coronavirus.  Also our teacher couldn’t come to NZ for an inspection in March.  So, she gave us an opportunity to talk to each other.  I asked my classmates for advice about my concern of how to improve my English.  Some of them gave me good advice.  Following their advice, I’ve started to write my journal every day and read ‘Read Theory”, which is the website to read English passages.  Although we talked only for a short time, I spent a wonderful time with them.  This opportunity was helpful for me.

 

There are so many things that I want to share with you, but I can’t write all of them. For the last seven months, I have had not only fun times but also hard times.  Whenever I faced problems, I solved them by myself.  I should never give up at this moment.  To my surprise, I have only another three months to study here.  I will keep challenging myself and I want to improve my English more.

 

Finally, I’m grateful to my parents and teachers who have supported my experience of studying abroad.  I have gained a lot of precious experiences and I have done my best so I will have grown a lot and become a more mature person in November.  I am really looking forward to seeing everyone in November.  Thank you for reading!!!

 

Lots of Love

Mina Fukuyama

 

皆さん、こんにちは!ニュージーランドに留学中の福山未奈です。私はポンパリエカトリックカレッジの10年生として学校に通っています。私がここに来てから7か月近くが過ぎました。ここですでに7か月も過ごしていることが信じられません。私はニュージーランドの生活をとても楽しんでいます。今日はみなさんと私のニュージーランドでの生活を共有したいと思います。

 

私はニュージーランドの先端に近いファンガレイという町に住んでいます。私の家の周りには大きくて美しい農地で広がっていて、たくさんの動物が暮らしています。例えば、牛、馬、ニワトリ、豚などです。また私のホストファミリーも何種類かの動物を飼育しています。その中でも私のお気に入りの動物は子牛です。ホストファミリーは5頭の子牛を飼育していて、よく子牛たちにミルクをあげに行きます。ある日、私はミルクをあげる手伝いに行きました。子牛たちはいつもすぐにミルクを欲しがるのですが、その時はまだミルクの準備ができていませんでした。そのため、子牛たちの口の中に私の手を入れなければなりませんでした。最初はすごく怖かったです。なぜなら、ここに来る前、動物が本当に苦手だったからです。でも勇気を出して挑戦しました。子牛たちはお母さんのお乳を吸うように私の手を吸っていました。

 

その上、私のホストファミリーは好奇心旺盛な2匹の犬と3匹の猫も飼っています。彼らはよく死んだ動物をくわえて家へ帰ってきます。私は何回もその光景を見ました。このようなことは信じられませんよね???これらの経験を通して今までより動物が好きになりました。今では動物に触ることはもちろん、動物に舐められても大丈夫です。これらの経験は私にとってすごくいい思い出です。私が動物嫌いだったことを知っている人にこのことを伝えたら、絶対に驚くと思います。(笑)

 

次に私の学校生活についてお伝えしようと思います。私は10年生でクラスメイトは私よりも年下(14歳と15歳)の子たちです。学校が始まって最初の2週間は、みんなの言っていることが理解できず誰とも仲良くなれませんでした。正直に言うと、学校にも行きたくなくて、同じく仁愛から来ている紗弥と泣きながら休み時間を過ごしたこともありました。学校に行かなければいけないことが本当につらかったです。

 

しかし、1学期が終わった後に新しい友達を見つけることができました。私は今3人の現地の友達と4か月前にイングランドから引っ越してきた友達と休み時間を過ごしています。私の友達は日本語と日本のアニメにすごく興味があるので、よく私に、ペンでみんなの足に私のお気に入りの漢字や日本語を書くように頼んできます。彼女たちの名前を漢字で書くといつも喜んでくれます。また、私が彼女たちと学校で会ったらハグをしてくれます。私は留学中に彼女たちに出会うことができてとてもうれしく思います。

 

7月の上旬にZOOMを使ってクラスメイトと話をしました。4月に実施される予定だったエイプリルキャンプがコロナウイルスの影響で中止になりました。また、3月に担任の先生が視察に来ることもできなかったので、先生がお互いに話す機会を与えてくださったのです。そこで私は自分の悩んでいること(どうしたら英語力が伸ばせるか)について相談しました。クラスメイトはいいアドバイスをしてくれました。私は今、クラスメイトのアドバイスを受け入れ、毎日ジャーナルを書くことと、Read Theoryという英語の文章が読めるサイトの英文を読むようにしています。クラスメイトと話せたのは短い時間でしたが、素晴らしい時間を過ごすことができ、私にとっていい機会だったと思います。

 

まだたくさん皆さんに伝えたいことがありますが、全部は書ききれないので、この辺にしておきます。この約7か月楽しいことだけでなくとても辛いこともありました。問題に直面した時はいつも自分で解決してきました。ここで諦めるわけにはいきません。驚いたことに、ここで過ごせるのは残りたったの3か月しかありませんが、これからもいろんなことに挑戦し続け、もっと自分の英語力を上達させたいです。

 

最後にこの留学を支えてくれている両親や先生方にとても感謝しています。私はここでたくさんの貴重な経験を積みました。11月に成長して大人になった私をお見せできるように、これからも自分の最善を尽くします。11月にみなさんにお会いできることをとても楽しみにしています。読んでいただきありがとうございました。

 

愛をこめて

福山 未奈

NZからのメッセージ(Moe)

2020/07/27

Hi everyone. I’m Moe. My classmates have posted essays about their lives in NZ. However, today, what I’d like to share with you is not about my life, but my opinion about a topic which has been actively covered in the media not only in New Zealand but also all over the world. Please read my essay below.

“Black Lives Matter.” Have you guys heard of this phrase? I often hear this phrase these days. In America, the people who oppose discrimination against black people have raised their voices. Their voices are becoming more urgent year by year.

On May 25, 2020, a policeman killed a black man, George Floyd, kneeling on him for 8 minutes and 46 seconds on the street. He was handcuffed and lay prone on the ground. The scene was filmed by a 17-year-old girl who was a passerby. Mr. Floyd repeated, “I can’t breathe” over and over again. However, the policeman did not change his mind. Passersby attempted to stop the policeman, but he didn’t stop it. On arriving, a doctor put Mr. Floyd on a stretcher, but he was already dead.

What does the phrase “Black Lives Matter” mean? It is an anthem, a slogan, a hashtag and a straightforward statement of fact. This is not a new movement. The movement started in 2013 in the USA. In that country, many black people are killed and they are twice as likely to be killed by police officers as white people. According to a 2015 study, African Americans died at the hands of the police at a rate of 7.2 people per population of one million.

Do you know the phrase “All Lives Matter?” It is used by many people on Twitter and Instagram in the same way as “Black Lives Matter.” However, “All Lives Matter” is problematic. At first, “All Lives Matter” sounds like we are all in this together. Some people are using this phrase to suggest that we should join and stand together against racism. But the problem is that the phrase takes focus away from black people. The people who use “All Lives Matter” have to understand that “Black Lives Matter” doesn’t mean that nobody else matters.

Abusing black people just because they are black, or throwing the N-word, which is a discriminatory word against black people, is obviously racism. Black people are still suffering from these direct acts of discrimination. However, at the same time, they are struggling with a different kind of discrimination, “institutional racism.” It means that a black person is born as a black person and the subsequent life automatically becomes unfavorable because of people’s subconscious stereotypes. This problem seems not to be direct discrimination, and it’s very difficult to eliminate.

Slavery continued for over 250 years in America. It is finished, but discrimination hasn’t gone away. Many black people are being killed every year by police and civilians who have guns. Here’s a similar story to Mr. Floyd’s. A black high school student went to a convenience store to buy juice. However, on the way back, he was shot dead as “suspicious”. Ordinary daily life is regarded as “suspicious” and “dangerous” because of stereotypes and institutional racism and black people are easily killed.

Nelson Mandela says, “No one is born hating another person because of the color of his skin, or his background, or his religion. People must learn to hate, and if they can learn to hate, they can be taught to love, for love comes more naturally to the human heart than its opposite. “

I think the first step to combating racism is listening to each other, no matter who you are and no matter who you are talking to. You should listen and try to understand other people’s points of view. You need to see things from different perspectives. By doing so, you’ll find something new. We must not discriminate against black people because we were born in the same world and we are living in the same age. If you hold prejudice, please take an interest in this topic. There is nothing more important than creating an equal world in which black people don’t have to be afraid to walk along the road, or to go shopping.

Thank you for reading my essay.

Moe Yamazaki

みなさん、こんにちは。萌絵です。私のクラスメートはニュージーランドでの生活に関するエッセーを掲載してきました。しかし、今日、私が皆さんと共有したいのは、私の生活ではなく、今ニュージーランドだけでなく世界中でメディアが扱っている話題についての意見です。以下のエッセーを読んでください。

「黒人の命も大切だ。」皆さんは、この言葉を聞いたことがありますか。私は最近この言葉よく耳にします。アメリカでは、黒人差別に反対する人たちが声をあげています。彼らの声は年々高まってきています。

2020年5月25日、ある警察官が黒人のジョージ・フロイドさんを膝で8分46秒間押さえつけて殺しました。彼は手錠をかけられ地面にうつ伏せになっていました。この場面が通りかかった17歳の女の子に動画で撮影されました。フロイドさんは、「息ができない。」と何度も何度も繰り返したそうです。しかし、警察官は考えを変えることはありませんでした。通行人たちもその警察官をとめようとしましたが、その警察官はやめませんでした。医者が到着しすぐに担架に乗せましたが、すでに死亡していました。

この「黒人の命も大切だ」という言葉は何を意味しているのでしょうか。その言葉は、歌になっていて、スローガンでもあり、ハッシュタグもつけられ、事実を単刀直入に表現したものです。新しい動きではありません。2013年にアメリカで始まりました。この国では、たくさんの黒人が殺されていて、警察官に殺される割合は白人の2倍です。2015年の調査によると、100万人に7.2人のアフリカ系アメリカ人が警察官により命を奪われました。

「全ての命は大切だ」という言葉を知っていますか。この言葉も、「黒人の命も大切だ」という言葉と同じようにツイッターやインスタグラムで多くの人々に使われています。しかし、「全ての命は大切だ」という言葉は、問題を含んでいます。「全ての命は大切だ」という言葉は、全ての人が同等だというように聞こえます。この言葉を、皆が人種差別に立ち向かうべきだという意味で使う人もいます。問題は、この言葉だと、注目が黒人から離れてしまいます。「全ての命は大切だ」という使う人は、「黒人の命も大切だ」という言葉は、「他の人の命は大切ではない」という意味ではない、ということを理解しなければいけません。

黒人だからという理由だけで黒人に暴力的行為を行う、黒人への差別表現であるN-wordを使うというようなことは、明らかに人種差別です。黒人たちは、このような直接的な差別行為をうけています。しかし、同時に、また違った形の差別、「制度的人種差別」に苦しんでいます。これは、黒人が黒人として生まれたために、以後の人生が自然とに不利になってしまうというものです。この問題は、直接的な差別のようには見えませんが、排除するのは難しいです。

奴隷制度は250年以上続きました。奴隷制度は終わりましたが、差別はまだなくなっていません。多くの黒人たちの命が、警察官や拳銃をもった市民によって毎年奪われています。フロイドさんの事件と同じような事件がありました。ある黒人の高校生がジュースを買いにコンビニに行きました。その帰り道、不審者と見なされて射殺されました。固定観念や制度的人種差別のために、普通の日々の生活を行っているだけで「不審だ」「危険だ」と思われ、簡単に黒人の命が奪われているのです。

ネルソン・マンデラは次のように言っています。「生まれながらにして肌の色や出身や宗教を理由に他人を憎むひとは誰もいない。憎しみは後から学ぶものであり、もしにくしみを学ぶことができるなら、愛することも教えられるはずだ。愛はその反対の感情よりも、人間の心にとって自然になじむものだから。」

人種差別をなくす第一歩は、自分たちが誰であろうと、そして相手が誰であろうと、お互いに意見を聞き合うことだと思います。相手のことをよく聞き、相手の考え方を理解する努力をすべきです。違った観点から物事をとらえる必要があります。そうすることで、新しいことに気づくでしょう。私たちは、黒人を差別してはいけません。私たちは、同じ世界に生まれ、同じ時代を生きているのです。皆さんが偏見をもっているのであれば、この話題に関心をもってください。黒人の皆さんが、怖がらずに道を歩いたり、買い物に行ったりできる平等な世界を作ることが一番大切なことです。

読んでくださり、ありがとうございます。

山崎萌絵

NZからのメッセージ(Kyoka)

2020/07/10

Hi, I am Kyoka from Central Hawke’s Bay in New Zealand. How have you been? A pandemic virus, Coronavirus is going around at the moment, which is unprecedented. I hope you are all good although we are in a hard circumstance. In New Zealand, though there are still some restrictions, I am really enjoying my life. Here, I would like to share my New Zealand life with you.
First of all, I am going to write about my host family. I have two mothers, Kerry and Tammy, an older sister, Devon, Nana, Aunty, three big dogs and one chubby cat. I now live with Kerry and Devon. They are all approachable, and I enjoy spending time with them.
In late March, the New Zealand government declared for everyone living in New Zealand to stay home in order to keep us safe from Coronavirus, which is called a lockdown. During the lockdown, my host sister, Devon, was considered as an essential worker and she worked, so I spent most of my time with my host mother, Kerry. The lockdown lasted for approximately eight weeks. I felt as though the lockdown was a much shorter time than actually eight weeks, and I’m sure it’s because of Kerry. We cooked, knitted, watched TV and went for a walk with our dogs together. We did more things than I have just mentioned, but I can’t write all of them here because there are too many. By doing those many sorts of things, we kept ourselves busy and productive. Also, we talked a lot and got to know each other. When I had a problem or a concern, she gave me good advice. Besides, when I was crying, she gave me a hug, saying “I’m giving a mama hug.” She has absolutely become my second mother. I appreciate her from the bottom of my heart.
Secondly, I am going to write about the drama class that I take at school. I have just done a solo performance in front of audience recently, which was really rewarding for me. I played the role of a ghost, Hamlet’s father. Traditional English is used in the story, Hamlet by Shakespeare, which made it obstinate for me to pronounce words and memorize lines. My teacher also said that I was learning the third language. I didn’t have any confidence in English and acting, and I was introverted about performing in front of people. So, before the actual performance, I was extremely nervous, and I was about to cry, actually. When I stood on the stage, my mind went blank. But I was able to accomplish the performance till the end with a minor prompt from my teacher. After the performance, my classmates, teacher and host family came to hug me, and they said “You were amazing!” I had heaps of feelings at that time, but I felt a sense of achievement the most.
To be honest, the reason why I chose drama class out of a list was not that I actually wanted to perform a role. I chose it just because most of my seniors from Study Abroad Course used to take it, and they recommended it to me. So, I didn’t even know whether I would like acting. But now, it is one of my favorite classes, and I want to try a different performance again.
I have four more months to study here. I’m surprised because the time has flown so fast. I will not stop trying, and I want to go back to Japan without any regret. Thank you for reading till the end.

Lots of love,
Kyoka  Hamada

こんにちは。ニュージーランドのセントラルホークスベイに住む京佳です。元気ですか?今、先例のないコロナウイルスが世界中で流行していますが、このような大変な時期でも皆さんが元気で無事なことを願っています。ニュージーランドでは、まだ多少の規制はありますが、私はここでの生活をとても楽しんでいます。今日は皆さんと私のニュージーランドでの生活を共有したいと思います。
まず初めに、私のホストファミリーについてお伝えします。私の家族には、2人のお母さんのケリーとテミー、年上のお姉さんのディヴン、おばあちゃん、伯母さん、大きい犬が3匹、そしてぽっちゃり猫がいます。私は今、ディヴンとケリーと暮らしています。みんな話しやすくて、楽しく時間を過ごしています。
3月末に、ニュージーランド政府がコロナ感染予防のために家にとどまるようにと国民に宣言を出しました。いわゆるロックダウンというものです。ロックダウンの間、ホストシスターのディヴンはエッセンシャルワーカーとして働いていたので、私はほとんどの時間をホストマザーのケリーと過ごしました。ロックダウンは、8週間続いたのですが、それよりも遥かに短く感じました。私は、そのように感じたのはケリーのおかげだと確信しています。私たちは一緒に、料理や編み物をしたり、テレビを見たり、犬と散歩に行ったりしました。ここには書ききれないのですが、他にもたくさんのことをして、時間を有意義に使っていました。また、たくさん話もしてお互いのことをもっと知りました。ケリーは、私が問題や悩みを抱えている時には、良いアドバイスをくれたり、私が泣いている時には、”ママのハグをあげるよ“と言ってハグをしてくれたりもました。彼女は、本当に私の第二のお母さんです。心の底から感謝しています。
次に、私が学校でとっているドラマクラスについてお伝えします。つい最近、観客の前でのソロ演技を終えたところなのですが、それは私にとってとてもやりがいのあるものでした。私は、ハムレットの父のゴースト役を演じました。シェイクスピアによって書かれたハムレットには、伝統的な英語が使われていて、言葉を発音したり覚えたりするのがとても難しかったです。先生も私が第三言語を学んでいると言っていました。私は英語や演技において自信がなく、人前で演技することに対して消極的でした。だから、本番前は非常に緊張していて、実は泣きそうになっていました。ステージの上に立った時は、頭が真っ白になりましたが、先生に少しだけ助け舟を出してもらって、最後まで演じ切ることができました。演技の後に、クラスメイトや先生、ホストファミリーがハグしに来てくれて、“素晴らしかった!”と言ってくれました。その時、たくさんの感情が溢れましたが、一番に達成感を感じました。
正直言うと、私がドラマクラスを選択したのは、演技がしたかったからではなく、英留の先輩方がドラマクラスをとっていて、この授業を勧められたからです。だから、自分自身が演じることが好きなのかどうかさえ知りませんでした。でも今は、ドラマクラスは私の好きな授業の一つです。そして、違う演技にもまた挑戦したいと思っています。
留学期間は残り4か月になりました。時間の経つ速さに驚いています。これからも挑戦することをやめずに、後悔なく日本に帰りたいです。最後まで読んでくださりありがとうございました。

たくさんの愛をこめて
浜田京佳