Message from New Zealandニュージーランドからのメッセージ

仁愛女子高校

Tsukino(NZからのメッセージ)

2017/10/23

Kia ora everyone!!  How have you been doing?  I’m Tsukino from Te Kuiti High School. It has already been more than eight months since I came to New Zealand.  I have had quite a few experiences here so I would like to tell you about some of them.
Firstly, let me tell you about my lovely Maori family.  I live with my host mother Pania, host father Mitchell, host brother Qaiyaan, two host sisters TeRito and Taniko.  Pania works at Te Kuiti High School and I go to school with her.  She always listens to me so I like talking with her.  Mitch is a Maori carver and tattooist.  He is good at cooking and I always look forward to eating dinner.  Qaiyaan is very energetic.  He is good at rugby and I like watching his rugby games.  TeRito is my younger sister but she is taller than me.  I thought she was my older sister when I first met her.  She is good at Kapa Haka and I like her beautiful singing voice.  Taniko is also my younger sister and she is cheerful.  I like playing with her.  Also, there are heaps of animals in the neighborhood.  I sometimes run with ostriches. lol  It is one of my good memories.
Secondly, I would like to talk about my school life in New Zealand.  As I wrote above, I go to Te Kuiti High School with my great partner Saki.  I take math, tourism, DTE, hospitality, photography and ESOL.  I like all of the subjects but especially I like hospitality and ESOL.  In our ESOL class, there are six Samoan students, two Japanese students, one Fijian student and one Filipino student.  We can learn about the cultures of our countries.  In the last term, we made the dishes of our own countries and shared them for lunch.  There were many dishes which I had never seen before and I really enjoyed eating them.  At hospitality, I can cook a lot of dishes.  I learned how to make coffee in the last term.  I hang out with my kiwi friends at interval and lunch time.  I have been having an awesome time at Te Kuiti High school.
I have joined the Kapa Haka club, in which I practiced Maori’s traditional performance.  I thought I wanted to join this club since I was in Japan.  I competed in two competitions and a festival called ‘Tainui Waka Regional Kapa Haka 2017’, ‘Maniapoto Secondary Schools Cultural Festival (WAIWAIA)’ and ‘Te Nehenehenui Tribal Festival’.  We practiced hard and we sometimes stayed at marae to practice Kapa Haka.  Singing and remembering Maori songs were easy but using poi was so hard for me.  I used a single poi in the first competition but I had to use two pois at WAIWAIA and Te Nehenehenui.  I had never used these and I’m clumsy, so I couldn’t keep up with my friends.  However, they taught me enthusiastically even if I couldn’t do it properly.  To be honest, I sometimes thought I didn’t want to do Kapa Haka anymore but I was able to continue and enjoy doing Kapa Haka thanks to them.  Also, I participated in many Maori important events such as powhiri through the Kapa Haka club so I’m very glad that I joined this club.

Next, I would like to talk about the hard time that I had in New Zealand.  I didn’t have any confidence in myself and my English ability when I first arrived here so I couldn’t talk so much with my family and friends.  I knew English was my second language so it was alright to make mistakes.  However, I was always afraid of making mistakes because I thought everyone would make fun of me.  I knew what I should do in my head but I couldn’t bring myself to do it.  I was disappointed in myself and I came to think I couldn’t do anything because I was so shy and quiet.  Then, my host mother said to me, “Oh Tsukino, we have come to learn that you are shy and that’s ok.  This is part of who you are.  It is alright to make mistakes because sometimes we don’t learn without making mistakes.  I know exactly how you feel about talking in English to people speaking English fluently since I also get very shy around people who are fluent speakers of Maori.  I think you are very brave and we will make more opportunities for you to have a go.  Chin up!  It’s a new day tomorrow.”  These words gave me confidence and I thought I had to do what I could do now.  Yes, it was so hard for me to become positive but I think I’ve built a good relationship with my friends and host family thanks to my host mother and my own efforts.

I have only one month until I go back to Japan.  Although it was very hard to spend time together with people who have different cultures but I’ve learned a lot of things from them and learned to see things from different angles.  I will never forget these experiences I had here.  Thanks to everyone who has supported me!!

See you guys soon

Love,
Tsukino Shimasaki

―――――――――――――――――――

みなさん、こんにちは。いかがお過ごしですか。テクイティ高校に通っている月乃です。私がニュージーランドに来てから、もう8か月以上が経ってしまいました。ここでかなりたくさんの経験をしたので、そのいくつかをご紹介します。

まずは、私の素敵なマオリのホストファミリーについてです。私はマザーのパニア、ファザーのミッチェル、ブラザーのクアイヤン、2人のシスターのテリトーとタニコと住んでいます。パニアはテクイティ高校で働いているので、一緒に学校に行きます。マザーはいつも私の話を聞いてくれるので、彼女と話をするのが好きです。ミッチはマオリの彫刻家で刺青職人です。料理が得意で、私はいつも夕飯を食べるのを楽しみにしています。クアイヤンはとても元気です。ラグビーが得意で、私は彼の試合を見るのが好きです。テリトーは私より年下ですが、私より背が高いので、初めて会った時には年上だと思いました。彼女はカパハカがうまく、私は彼女の美しい歌声が好きです。タニコも年下のシスターで、明るい子です。私は彼女と遊ぶのが好きです。そして、近所には動物がたくさんいて、時々ダチョウと走ります(笑)。いい思い出の一つです。
次に、ニュージーランドの学校生活についてお話します。上に書いたように、私はテクイティ高校に、私の良きパートナーの紗季と一緒に通っています。私は、数学、観光学、デジタル技術、ホスピタリティー、フォトグラフィー、ESOL(留学生のための英語)の授業をとっています。どの教科も好きですが、特にホスピタリティーとESOLが好きです。ESOLのクラスには、サモアからの生徒が6人、日本人2人、フィジーの生徒とフィリピンの生徒が1人ずついます。お互いの国の文化について学ぶことができます。前学期に、それぞれの国の料理を作り、昼食の時に一緒に食べました。今まで見たことがないような料理ばかりで、食べるのが楽しかったです。ホスピタリティーの授業では、たくさんの料理を作ります。前学期では、コーヒーの入れ方を学びました。インターバル(長い休み時間)や昼休みには友達と一緒に過ごします。私は、テクイティ高校で素敵な時間を過ごしています。

私はカパハカ部に入り、マオリの伝統的な歌や踊りを練習しました。日本にいたときから参加したかったものです。大会に2回、フェスティバルに1回参加しました。「Tainui Waka地区カパハカ大会2017」、「Maniapoto中学校文化祭(WAIWAIA)」と「Te Nehenehenui部族大会」です。一生懸命練習し、時々マラエ(マオリ族の集会所)で合宿することもありました。歌ったり、マオリの歌を覚えたりするのは簡単でしたが、ポイを使うのが難しかったです。最初の大会ではポイは1つでよかったのですが、あとの2回はポイを2つ使わなければいけませんでした。それまでポイを使ったことがなく、それに私は不器用なので、友達についていけませんでした。しかし、友達は、私がうまくできなくても、熱心に教えてくれました。正直言うと、もうカパハカをやりたくないと思ったことも何回かありました。でもカパハカを続けて楽しかったのは、友達のおかげです。また、カパハカ部で、ポウヒリ(マオリの歓迎式)などのマオリの大切な行事にもたくさん参加できたので、この部に入ってよかったです。

次は、ニュージーランドで辛かったことの話です。ここについたばかりの時、私は自分自身と自分の英語力に全く自信がなく、家族とも友達ともそれほど話ができませんでした。英語は私にとっては第二言語なので間違っても構わないということは分かっていました。しかし、いつも間違うのを怖がっていました。皆が私をからかうのではないかと思っていたからです。自分が何をすべきか頭の中では分かっていましたが、行動に移せませんでした。自分に幻滅し、自分は恥ずかしがり屋でおとなしいから何もできないんだと考えるようになりました。そんなとき、ホストマザーが私に言ってくれました。「月乃が恥ずかしがり屋だということは分かってきました。それでいいと思います。それがあなただから。そして、間違っても大丈夫。間違わないと学ばないことがあるから。英語がうまい人に話しかけることに月乃がどう感じているかよく分かります。私も、マオリ語がうまい人たちの中にいると、とても恥ずかしくなるから。月乃はとても勇敢です。月乃が挑戦できる機会をもっと増やせるようにしてみましょう。ほら、顔をあげて。明日にはまた新しい日が始まるから。」と。この言葉で、私は自信がつき、今自分ができることをしようと思えるようになりました。もちろん、積極的になるのは大変でしたが、ホストマザーと自分の努力のおかけで、友達とも家族ともいい関係を築いてきたと思います。

日本に帰るまでもう1か月しかありません。文化が違う人たちと時間を過ごすのは大変なこともありましたが、たくさんのことを教えてもらい、物事を違う角度から見ることができるようになりました。私は、ここでの経験を忘れないでしょう。私を支えてきてくださった方々、ありがとうございました。

皆さん、もうすぐ会いましょう。

愛を込めて

嶋崎月乃