Message from New Zealandニュージーランドからのメッセージ

仁愛女子高校

NZからのメッセージ(Nanami)

2020/04/16

Hello. I’m Nanami. Near my lovely house, there are many cows and they live a slow life in the green field.  On the other side of the field is the ocean which is calm and inviting and safe to swim in. People swim there with their much loved dogs and leisurely spend their weekends and holiday at the beach. I hear their laughter.  Everything moves slowly and calmly in New Zealand. It’s a big difference compared to Japan. Can you imagine this New Zealand life? Now, I surely think my decision coming here was not wrong. This year, 2020, will be a year in which I have the opportunity to experience many new things.
First night when I stayed at my host family’s house, I felt homesick and I was crying until midnight.  I had never been overseas, so I was very nervous. Also, I realised that it’s tough for me to live without my family, as I was supported by them to take on this opportunity. I couldn’t get used to the new environment at first. To overcome my challenges, I decided to just accept my situation and make the most of my time in New Zealand, even though I struggled to make friends at first.
Making friends in a foreign country where you don’t know anyone can be stressful. I had to start making friends. I spoke to students and they tried to communicate with me, but I couldn’t understand what they were saying at all.  I asked them to repeat what they had said and they said, “NEVER MIND.” I prepared myself for a situation like that before I came to New Zealand, but when it happened, I was still shocked. I am getting better at understanding what the students are saying and this feels good.  My confidence in talking to my friends is also getting better. One of my favourite events was going to camp. It is an important event for students to build a bond with each other. I spent 4 days with my friends building great memories. We slept in the bush one night where we had to build a shelter to sleep under and walked for 1 hour in the bush at night without a torch. One of the nights we had to present a fashion show to the rest of the students, and this was really funny. I felt I was beginning to understand what they were saying and also about New Zealand’s culture as well. Honestly, it was hard to stay for 4 days with new friends, but I can say that the camp had absolutely helped me to build friends with kiwi kids; a good memory for me. 
I am certain that as the year goes on, I will make more good memories. At the moment, we are in lockdown due to Covid-19 and this means I am not spending time with my friends chatting and practising English. I still do not feel I am making much progress but I will have to wait and see as the year goes on. I am looking forward to any other events that the school is going to have this year. I feel much more confident in attempting whatever my stay in New Zealand brings.
To sum up my experience this far, I have taken every opportunity that came along. It may have been hard but the rewards were worth it. Also, I’ll never give up trying to make friends, as it is just as difficult for them to understand me. Eventually, friendship connections happen naturally. Ever since I knew I was going to come to New Zealand, I could never imagine how much I have learnt and experienced a different culture and language, had I stayed at home in Japan. Therefore, embrace the adventure and come to New Zealand. Kia kaha, Wash your hands properly.

Nanami

こんにちは。七海です。私の素敵な家の近くには、たくさんの牛がいて、緑豊かな草原でのんびりとした生活を送っています。草原の反対側には穏やかで魅力的な海があり、安全に泳げます。人々は愛犬と一緒にそこで泳ぎ、浜辺でゆっくりと週末や休暇を過ごします。皆の笑い声が聞こえてきます。ニュージーランドでは全てがゆっくりと穏やかに進みます。日本とは全く違います。このようなニュージーランドでの生活を想像できますか。ここに来るという私の決断は、間違っていなかったと確信しています。2020年という今年は、私がたくさんの新しい経験をする年になるでしょう。
ホストファミリー宅での滞在初日、私はホームシックで夜中まで泣いていました。海外に行ったことがなかったので、とても緊張していました。また、自分の家族と離れて暮らすのはとても辛いということにも気づきました。家族に支えられていたからです。最初は、新しい環境に慣れませんでした。困難を克服するために、自分の状況を受け入れ、ニュージーランドでの時間を大切にしようと決めました。それでも、最初は、友達を作るのに非常に苦労しました。
誰も知らない外国の地で友達を作るのは、とても緊張します。私は友達を作ることから始めなければいけませんでした。生徒たちに話しかけてみたら、私とコミュニケーションを図ろうとしてくれたのですが、彼らが何を言っているのか、私には全く分かりませんでした。もう一度言ってもらえるように頼んだら、「気にしないで」と言われてしまいました。このような状況になるだろうことはニュージーランドに来る前に予想はしていましたが、実際に経験してみると、ショックは大きかったです。今は生徒たちが話していることを理解できるようになり、嬉しく感じています。友達に話しかける自信もついてきました。楽しかった行事の一つがキャンプに行ったことです。生徒たちが互いの絆を深めるのに大切な行事です。私は4日間友達と過ごし、たくさんの思い出ができました。一晩は、茂みに寝場所を作ってそこで寝ました。また他の生徒たちにファッションショーを披露しなければいけない夜もあり、とてもおかしかったです。みんなが言っていることやニュージーランドの文化も分かるようになったと感じました。正直、新しい人たちと4日間を過ごすのは大変でしたが、そのキャンプのおかげで、ニュージーランドの生徒たちと友達になれたので、私にとっていい思い出になっています。
時間が経てば、よりたくさんのいい思い出ができていくと思います。今は、コロナウイルスのために封鎖状態であり、友達と話して英語の練習をすることはできません。私の英語はまだ上達しているとは思いませんが、時間が経つのを待つしかないです。これから行われる学校行事を楽しみにしています。
これまでの経験をまとめると、どんなことにも挑戦してきました。大変なこともありましたが、頑張った甲斐がありました。また、これからも友達作りをあきらめないで続けていこうと思います。私が難しいと感じているのと同じくらい、友達も、私のことを理解するのは難しいはずです。でも、最後には自然と友達関係を築けると思います。日本にいたら想像できなかったくらい、私はたくさんのことを学び、文化や言語の違いを経験しています。だから皆さんも、ニュージーランドの冒険をしに来てください。皆で頑張っていきましょう。きちんと手を洗ってくださいね。

七海より