Message from New Zealandニュージーランドからのメッセージ

仁愛女子高校

NZからのメッセージ(Airi)

2020/08/12

Hi, everyone!  I’m Airi and I go to Hauraki Plains College ( H.P.C. ).  How are you doing? Recently, I heard the news that the number of people infected with coronavirus is increasing in Japan. I’m away from Japan so I’m a little worried about you guys. Meanwhile, in New Zealand we now rarely hear about people infected with coronavirus, and I live a relatively safe and very enjoyable life.  (Suddenly, on August 11, it was announced that Auckland will go into lockdown for three days since four new cases of community transmission were confirmed on that day after 102 days without any. The rest of the country, including where I live now, will go into level 2.)  Anyway, today, I would like to share my school life with you.

 

My host school, H.P.C. has students from year 9 to year 13 and there are more than 750 students in total. There are 4 terms a year and the 1st and 2nd term are semester A and the 3rd and 4th terms are semester B.  We change our subjects in semester A and B. My favorite subject was art which I took in semester A.  In this class, I met Emma, who is very good at drawing, and Mr. Harmzen, who is a wonderful artist and the teacher of the class. Originally, I was not good at art nor loved it, but I learned a lot of techniques from them.  I concentrated on each work and spent a lot of time on them.  Mr.Harmzen really loved my works and he gave me excellence mark every time.  He said that I’m one of the most talented students in the class.  Also, he always makes a joke, telling me to move to NZ to take his art classes.  Last week, he invited me and Emma to the special art class for only 20 students from year 11 to year 13.  He gave us the opportunity to meet a NZ artist and watch his painting demonstration.  I had a wonderful time and I learned more deeply about art.  He is my favorite teacher and the best artist ever.

 

In the first few weeks of my school life, I made friends Marianne, Rosanne, Vanessa and Logan. They are interested in Japan and we met for the first time in Japanese culture club.  Now, they are my best friends and I always hung out with them and their friends. We often talk about India, which is the country Marianne and Rosanne come from and Japan.  We have fun talking about random topics as well.  Sometimes I quarrel over trivial things, but I love them.  Since term 2, I have been a member of the badminton club with Marianne and Logan.  The people in badminton club are so nice and on the first day of its practice, they very kindly taught me the rules and how to play badminton.  When I hit a good shot, they say to me, “Nice Airi!  You already improved so much”. Thanks to them, I really love the badminton club and Tuesday and Thursday, when we have badminton practice, are my favorite days in a week.  I will enjoy playing badminton for the remaining 3 months.

 

Finally, I’d like to take this opportunity for my family.  August 12th is my birthday and I’ve turned 17 years old.  Every year on my birthday I get some presents from my family, but this year I wrote this essay as a small present from me to my family.  I thank my family for always supporting me, for having given me this opportunity to study in NZ, and for everything.  I will spend a meaningful time here in New Zealand, appreciating this precious opportunity that my family has given me.

 

See you all in November and thank you for reading!

 

Airi

 

皆さん、こんにちは!ハウラキプレインズカレッジ(H.P.C. )に通っている愛理です。お元気ですか?最近日本でコロナウイルスの感染者の数が増加していることを耳にし、日本を離れている私は少し皆さんのことを心配に思っています。一方、ニュージーランドでは現在、コロナウイルスの感染者のニュースを耳にすることはほとんどなく、私は比較的安全でとても楽しい生活を送っています。(8月11日、オークランドをロックダウンにするという報道が突然なされました。102日ぶりに4人の市中感染が確認されたからです。私の住んでいる地域を含め、他の地域は警戒レベルが2になります。)何はともあれ、今日は、皆さんに私の学校生活についてお話したいと思います。

私が通うH.P.C. には9年生から13年生、750人以上の生徒が通っています。1年間に4学期あり、1学期と2学期は A学期、3学期と4学期は B学期となっており、A学期とB学期で教科が変わります。私が一番好きな教科はA学期でとった美術のクラスです。このクラスで、絵を描くのがとっても上手なエマと、素晴らしいアーティストであり先生のハームゼン先生と出会いました。もともと美術が得意でも大好きでもなかった私ですが、彼らから多くの技術を学びました。私は一つ一つの作品に集中し、たくさんの時間を美術の作品に費やしました。先生は私の作品を本当に気に入ってくださって、私にエクセレントの評価を毎回つけ、私はこのクラスで一番才能のある生徒の一人だと言ってくださいました。また、先生は私に、先生の美術の授業を受けるためにニュージーランドに引っ越してきて、といつも冗談をおっしゃいます。先週、先生はエマと私を11年生から13年生の20人の生徒だけが参加した美術の特別クラスに招待してくださいました。私たちはニュージーランドで活動する一人のアーティストとお会いし、実際に彼がペインティングする様子を拝見する機会をいただきました。私は素晴らしい時間を過ごし、美術の技術をより深く学ぶことができました。ハームゼン先生は私の大好きな先生であり、史上最高のアーティストです。

この学校に通い始めてから数週間目で、私にはメリアン、ロザーン、ヴェネッサ、ローガンという友達ができました。彼らは日本に興味があり、私達は日本文化部で出会いました。今、彼女たちは私の親友で私はいつも彼女や彼女たちの友達と一緒にいます。私達はよくメリアンとロザーンの出身地であるインド、日本についてや、他愛もないような話をしてよく笑います。たまに些細なことで喧嘩をすることもありますが、私は彼女たちが大好きです。2学期からメリアンとローガンと一緒にバドミントンクラブに入りました。バドミントンクラブのみんなはとてもいい人たちで、最初、初心者の私に優しくルールや方法を教えてくれました。私がいいショットを打ったとき、「ナイス 愛理!とっても上手になったね。」と言ってくれます。皆のおかげで私はバドミントンクラブが大好きで、練習のある火曜日と木曜日は私の一番好きな曜日です。私は残りの3ヶ月、バドミントンを楽しみます。

最後に、今日8月12日は私の誕生日で、17歳になりました。毎年、私は家族から誕生日プレゼントをもらうのですが、今年は私から家族への小さなプレゼントとしてこのエッセイを書きました。いつも私を支えてくれていること、この留学の機会を与えてくれたこと、そしてすべてのことに感謝しています。私に与えてもらえたこの貴重な機会を大切にし、意味のある時間をニュージーランドで過ごします。

皆さん、11月にお会いしましょう。読んでいただきありがとうございました!

 

愛理より