Message from New Zealandニュージーランドからのメッセージ

仁愛女子高校

Nichino(NZからのメッセージ)

2017/10/13

Kia ora!  How have you been?  It’s Nichino from Taumarunui High School.  There is only a month left until I return to Japan.  It’s getting warmer and I can see some beautiful cherry blossoms here and there in Taumarunui.  The warm spring sunlight makes me happy, but I’m a little bit sad because it’s time to stop snowboarding, which I started in August.  I’ve made a lot of memories including happy ones and hard ones in NZ.  Anyway, I would like to tell you about some of them.

Firstly, I’m going to tell you about my favourite classes, which are drama and math.  I took drama in term 2 because I heard that drama would improve my English skills.  Drama is an acting class.  Let me tell you what I did in my drama class.  In each class, groups of 5 to 7 students made one story according to the topic our drama teacher gave us.  As you perform a play in Japan, what do you do with your friends?  Do you write a scenario?  Do you make memo cards to remember your lines and you practice your lines again and again until you gain confidence?  However, what students do in a drama class in NZ is quite different from what you do in Japan.  My friends didn’t practice sufficiently.  The practice time was too short for me to understand the content of the play and to think about my lines.  Surprisingly, my friends played all the stories ad lib.  Sadly, I wasn’t able to keep up with them.  I didn’t know what I should do, so I just kept standing and said only a few words.  My friends gradually started to give me a role for which I didn’t need to speak a lot because I didn’t do anything.  I was very frustrated and sad, but I knew it was my fault.  One day, a turning point came.  One of my friends suggested that I play a leading role.  First, I hesitated to do it because I had never done it even in Japan and because I wondered what their reaction would be if I made a mistake.  The topic of the day was “love affairs.”  It was such a complex story.  The topic also concerned me.  Can you imagine the situation where high school students perform a play about love affairs in Japan?  Although I was at a loss, I remembered that I had made a big goal that I would never regret anything in NZ.  My friend and my goal gave me the courage for me to play a leading role!  Thanks to them, I did it.  The success in the play was one of my biggest memories.

By the way, I like math class too.  I like my math teacher because he often talks about things which aren’t about math.  I think all of them are instructive lectures for my future, so I always enjoy listening to his stories.  After he talks, he makes sure that I understand what he has said.  Therefore, I can make sure that I’ve understood it myself.  I have been enjoying my school life including classes.

Next, I’m going to tell you what I’ve realized in NZ, which is the most important thing.  It’s how important my family is.  I changed my host family twice due to circumstances beyond my control, and I’ve learned a lot of things from my experience of living with different families.  Sadly, I hadn’t cherished communication with my family in Japan.  I thought I didn’t need to communicate because I expected them to understand me without talking.  However, it was completely wrong that I didn’t often say “Thank you” to them.  Since I came here, I have realized that kiwi people cherish their family very much and how much my family in Japan have supported me even though I hadn’t noticed.  I regret that I behaved like that in Japan, but I’m happy to have realized it.  If I hadn’t come to NZ, I wouldn’t have found it.

I have experienced so many things since I came here.  There was a time when I concentrated on learning English so much that I forgot to enjoy my life in NZ.  It was hard to control myself then, but I’m happy now.  I have learned a lot of things from my host families, friends and teachers.  I can say that this experience of my studying overseas has become a treasure in my life.  I am full of gratitude to all the people who have supported me in Japan and NZ.  I will enjoy the rest of my time until the 17th of November.

Thank you for reading.

Arohanui(great love)

Nichino

--------------------

こんにちは。皆さんご機嫌いかがですか。タウマルヌイ高校に通っている日乃です。日本に帰るまで1か月しか残っていません。タウマルヌイは暖かくなってきて、あちこちできれいな桜を見ることができるようになりました。暖かな春の陽光を浴びると、とても嬉しくなりますが、同時に、8月から始めたスノーボードができなくなるので少し悲しいです。楽しいものも悲しいものも含めて、たくさんの思い出ができました。そのいくつかをご紹介します。

まず、私の好きな授業、ドラマと数学についてお話します。私は2学期にドラマの授業をとりました。ドラマの授業をとると英語力が上達すると聞いていたからです。ドラマは、演劇をする授業です。ドラマのクラスで私がしたことをお伝えします。授業のたびに、5~7人のグループで、先生から出されたテーマにそって物語を作ります。日本で演劇をするときは、皆さん何をしますか。シナリオを書きますか。セリフを覚えるためにメモを作って、自信がつくまで何度もセリフを練習しますか。ニュージーランドのドラマの授業ですることは、日本で皆さんがすることとは違います。私の友達は、十分に練習をしません。練習する時間が短すぎて、私は劇の内容を理解することも、自分のセリフのことを考えることもできませんでした。驚くことに、友達は、すべてアドリブでこなしていました。残念ながら、私はみんなについていくことができませんでした。私は何をすべきか分からず、突っ立ったままほんの数語話すだけでした。私が何もしないので、友達は徐々に、私にあまり話す必要のない役をくれるようになりました。私はとても悔しく悲しくもありましたが、自分のせいだということは分かっていました。ある日、転機が訪れました。友達が、私に主役をしてみては、と提案したのです。はじめは躊躇しました。日本でも主役などやったことがなかったのと、もし私が間違ったらみんながどのような反応をするのかが心配だったからです。その日のテーマは、「不倫」でした。難しい話です。そのテーマで、私はまた心配になりました。日本で高校生が不倫の劇をする姿を想像できますか。私は戸惑いましたが、「ニュージーランドでは何事に対しても後悔しない」という大きな目標を立てていたことを思い出しました。友達からの提案と自分で決めた目標があったので、私は勇気を出して主役をしてみることにしました。おかげで、私はやりきることができました。この劇で成功できたことが、私の最も大きな思い出の一つです。
さて、私は数学も好きです。数学の先生が好きです。よく、数学とは関係のない話をしてくださるからです。私の将来のためになる話だと思うので、先生の話を聞くのがとても楽しいです。話の後、先生は私が分かったかどうか確かめてくださいます。そのため、私も自分で分かったどうかを確認することができます。授業も含めて、私は学校生活を楽しんでいます。

次に、私がニュージーランドで気づいたことをお伝えします。とても大事なことです。それは、家族がどんなに大切かということです。私は、やむを得ない事情でホストファミリーを2回変更しなければいけませんでした。そして、違ったホストファミリーと生活してきた経験から、たくさんのことを学びました。残念なことは、日本で自分が家族とのコミュニケーションを大切にしてこなかった、ということです。話さなくても、家族は自分のことを分かってくれるだろうから、コミュニケーションをとる必要はない、と思っていました。しかし、家族に「ありがとう」と伝えないことがよくあったのは、完全にいけないことだったのです。ここに来てから、ニュージーランドの人たちは自分たちの家族を大切に思っていることと、今までは気づかなかったけれど、日本の私の家族がどれだけ自分を支えてくれているのかということを知ることができました。日本で自分がそのように振舞っていたことを後悔していますが、今大切なことに気づけてよかったです。ニュージーランドに来なかったら、気づくことはなかったでしょう。

ここに来てから、たくさんの経験をしてきました。英語を学ぶことだけに集中しすぎて、ニュージーランドでの生活を楽しむことを忘れていた時期もありました。その時は、自分で自分のことをどうすることもできなかったのですが、今は幸せです。ホストファミリー、友達、先生方から、たくさんのことを学べました。この留学経験は、私の人生での宝物になりました。日本とニュージーランドで、私のことを支えてくださっている方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。11月17日まで、残りの時間を楽しみたいと思います。

読んでくださって、ありがとうございます。

愛を込めて。

日乃